2011年08月18日

容赦なく倍返し

J2第3節@札幌ドーム
コンサドーレ札幌 4-0 ジェフ千葉
得点者:高木、内村2、古田
J's Goal


Gracias,Carlos! Eres crack
(どうでもいいけどカルロス君ってマラガも好きなんだよね…ぐむむ…)

当日イベントはあまりチェックもせずにドームへ行ったら、オープンテラスでいつもの移動販売車のお店が並んでいたので、迷わずにタージマハール号へw ナンカレー好きなんだもん。ポスフール藻岩店のお店が閉店してからタージマハールのカレーをずっと食べ損ねていて残念に思っていたが、厚別でもドームでもお目にかかると言うことは、コンサの試合に行けば食べれるってことなのかな?だったらうれしい。

それから売店で少しでもチームの赤字解消に協力すべくグッズを…wそうはいうけど、あまり不必要なものは買わない性格なので、行ってもスカなことの方が多いんだけど、いろんな背番号のついたテディベアストラップがかわいかったので、買おうと決心した。決めたはいいが、どの番号にするかでかなり長考…。21というかなり邪なことも考えたが、これはやっぱりいかんなと思いやめたって高原すいません!!二種登録の拓馬の27番もあってへぇ〜と感心してしまったが、これはやっぱり去年ファンクラブ来場者プレゼントの缶バッチを選ぶのに「ヒロのはないの?陽輔のはないの?」と係の人にネチネチ迫ったせいだろうかwwでもとりあえずこういうことは試合に出るようになったらね。そうこうしてるうちに、ふと「そうだ、スナちゃんにしよう!」と思いついた後、迷うことがなかったので8番に決定。

それで3アシストっすよ!
スナちゃんはわしが育てた。

さて、千葉戦。
怪我から復帰した芳賀がさっそくスタメンになり、ちょうど公式戦200試合達成だというので、花束渡されてちょっとしたセレモニー。…はいいんだけど、なんでその花束黄色いのかなぁ?!まぁ芳賀はジェフから来たってのはあるけどさぁ〜と花束の色で文句タラタラw フクアリでの対戦では0-2という点差以上にボコボコにされた記憶もまだ新しく、そんなことにもナーバスになるんだよ…

が、試合早々ゲットしたCKは珍しくトリックプレー、スナ様がグラウンダーでエリア外に戻すようなボールを出すと、純平が走りこんできてまた低い弾道のシュートが隙間を縫うようにしてゴールイン。うおー!!

ふとベンチを見ると、サブの岡山さんがトレーナーと一緒にアップをしている。
試合前のアップでつかつかとゴル裏に歩み寄って「やっちまえ」コールを要求するとか、とにかく動きの多い人だからもう待ち切れないのかな、なんて思ったけど、普通は試合開始から20分くらいはみんな座って試合をみるもんだ。やはり芳賀さんの状態が万全じゃなくて、万一に備えてるんだろうかと思い始めると心配で仕方ないのだが…。そうこうしてるうちに、こぼれ球をジェフの選手に奪われてカウンターになるのを阻止するためにスライディングタックルして、接触。けんけんしてピッチから外に出た。ほらぁいわんこっちゃない。芳賀さんは出ればこういうプレーだって何だってやる人なんだから、だましだましじゃだめなんだって!完璧に治してからじゃないとさぁ…

しばらくして一度は戻ったが、すぐに自分で×マークを出して交代を要求するので、さぁ岡山さん登場!!と思いきや、出てきたのは日高だったっていう…うーむ。謎が多いぞコンサ。

芳賀が退場してハードマーカーがいなくなったとガッカリしたのもつかの間、新たにダブルボランチを組んだ俊Pと宮澤くんが芳賀魂を引き継いだかのようにハードにがっつり行ってたのには目を見張った。彼らだけじゃなくて、みんなが球際激しかったな。そういうプレーが見たかったのよね。

そしてホーム初お目見えのジオゴ。足はあんまり早くないし、シュートは正直むにゃ…ってストライカーとしてはどうよ?!と思わなくもないが、豊富な運動量とキープ力で周りの選手を活かしまくるったらもぉ。10日の練習試合で献身的なプレーに好印象を持ったが、公式戦でもそんなプレーを発揮してくれて、そこら中でジオちゃんらぶ☆になった人続出だったw 逆にジェフにおいて彼の役目を果たしていたオーロイが怪我をして離脱中ということで、前回対戦と立場が逆転したようなものだわなこりゃ…。結局はお互い外国人選手のキープ頼みのクソサッカーだぁ(ノ∀`)

ともあれ非常にアグレッシブでいい流れで試合を進めているコンサ、26分、高い位置でユースケがボールをカットして奪うと、右サイドを突進!クロスは逆サイドに流れて行ってしまったが、スナ様がこれを拾ってセンタリングにウッチーのヘディングとか。ヘディングぅ?!前半30分にもならないうちに2点も取ってしまったよ!!!!今まで90分でやっとこ1点とか、2点入っても1点は相手チームが入れてくれたみたいなのばっかりだったのに。ジオちゃん効果すごすぎる。あんまりピリッとしない選手に業を煮やしたジェフの監督さんがまだ前半なのに2枚代えするなんて、、もう夢の展開!!!

そうはいっても数々の伝説を持つ札幌だけに、2点取ったくらいでは全然安心できない。3点目早くほしいなと思ったら、またスナ様のCKをウッチーがニアで合わせてポンっと3点目!!!どっひゃ〜!
こんな雰囲気のいいホームゲーム、すっげー久しぶりなような気がする…w

スナ様はこれで3アシスト。気がつけば一番の古株の選手で、三十路も越えて、もう昔みたいな活躍をする場は与えられないかなと思いきや、この日は改めて「よくこんな選手イラネって言ったね。強化部長でてこいや〜!」と吠えたくなったw 上手い選手はだいぶ増えたけど、勝負の肝を知ってるような選手は、まだまだスナ様を超える選手はでてきてないと思う。みんな若いからね。8番ストラップ買って良かったです、ホント。

しかし3点取ってからがちと問題。
前半はあんなにキープできていたのに、後半は徐々に運動量が落ちたこともあって、相手にパス回しを許す展開に。せっかく体を張ってボールを奪っても、つなげないっていうかそのうちつなぐのも諦めてポンポン前に蹴るだけになってしまった。ホームで3点取って勝っているにもかかわらず、試合の主導権を相手に渡すのは何なのかな?ホスンやDFはもっと時間の使い方を工夫するべきだし、中盤は少ないタッチ数でボールを回せるようにならないとさ!上をめざすなら。

そんな中、懸念のヒロが登場だ。
最近、ずっと自分がやりたいプレーと実際のプレーのブレに悩んでいる感のあるヒロ、とうとうスタメン落ちしてしまった。それは仕方ないと思うんだけど、出てきても相変わらずなんか周りと合ってないって感じがしたんだよなぁ。。そんな感じで今日もしょうがないかなと思ったっけ、ゴール前でボールを奪ってカウンター、宮澤くんだと思うけど、ヒロの前のスペースへボールを出した。そうだ、あんたの武器はスピードだ!ちぎれ!勝負しろ!思い切り打てぇ!!…と3点入ってるとは思えないほどの熱烈な応援を…せずにはいられないわけで…。ヒロの渾身の左足シュートはたぶん相手に当たってループになってゴールに入った。やればできんじゃん!!

前は1ヶ月かかってやっとこ取ってた点数を1試合で稼いでしまうとわ…!!
フクアリでやられたときは凹んだものだけど、2倍返しができてちょっとはスッとしたかなw
次の試合も見に行きたいと思うような試合ができて、ほっとしました。赤字にならないように。(最近このことが心配で心配で)

画像はなし。
posted by ぶらんか at 23:42 | Comment(0) | コンサドーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月07日

紅葉も終わり

今日はドーム周辺の駐車場も予約なしで余裕で停めることができるんじゃないだろうか、とは思ったものの、やはりシャトルバスで行くことにして、真駒内駅までの道のりをてくてく。

山の紅葉は終わったが、街路樹は葉が散ってる今が一番きれいかも。

P1000157.JPG
真駒内用水は紅葉の川に。
ここは夏は夏できれいなとこなんだよ〜。

P1000156.JPG
つきあたりの真駒内駅へ向かってずんずん歩く。あら、もう終わっちゃったかな?と思いきや

P1000155.JPG
お〜イチョウがきれいじゃ〜
っていうか誰が履き掃除するのか気になってしまう小市民。

P1000154.JPG
もみじの迫力にみんなときどき足を止めて写真を撮っていた。

こんなことならちゃんとしたカメラ持って行けば良かったな〜。今日は荷物になるのがいやで、置いてきてしまったのだった。

てなわけで

J2第33節@札幌ドーム
コンサドーレ札幌 1-0 ジェフ千葉
得点者:宮澤(87分)

いや〜勝ち試合を見たのはいつ以来か、いくら考えても思い出せないwww
4位ジェフは3位福岡が昨日負けたので、今日勝てば差を縮められるっていう絶好のチャンスだったので、サポの意気込みは感じたが、選手からは1点への貪欲さをあんまり感じなかったかな〜。22本もシュートを打たれて言うのもなんだけど。ネットが出場停止でコンサは助かったのかもしれん。しかし谷澤は相変わらずいやらしい選手だねぃ。(←好み

コンサドーレは上位が相手(や、下位のチームの方が少ないのでこんな言い方は適当ではないのはわかってはいるが)ってことで、まず守備と思っていたのか、ボールを奪うまでは人数かけてなかなか上手くできていたけど、奪った後の切り替えが遅く、カウンターにつなげられない。後半はその辺徹底されて、カウンターに鋭さは出てきたけど、シュートがそれじゃあ困るのだよ征也君!!!!

1トップは別にポストプレー専用機ではないんだけど、ウッチーはあんましキープができないうえに、後半運動量が落ちて腰に手を当ててるくらいなのに、交代が遅い。俊Pもコンディション万全とは言い難く、若いからとかベテランとか、イケメンだからとかお気に入りだからとかじゃなくて、コンディションが整ってるのからスタメンに使って行けよ!!と文句言いたいのをじっと我慢しながら見てたわけだが、交代出場のスナ様のアシストで交代出場の宮澤君が決めたんだから、まぁ采配が当たったと言えるのかな…。

しかしスナ様を手放すのは本当に惜しい。
ある程度リスクを負わないと、望む結果は得られないぞよ、三上君。
あ〜日本のどこかにいないかな〜オイルダラー。

1点取ってからの一体感は久しぶりにしびれた。
いつものコンサなら先制すると、なぜかとたんにあわててドタバタするところだけど、今回はゴールのすぐ後ろにサポがいるシチュエーションだったので、なんかみんな頑張っていたわ…。上位いじめ楽しい〜


さて、今日はファンクラブ来場プレゼントで、会員番号下3けたに私の番号があって、10年目にして初めての事態にわ〜と喜び勇んでファンクラブブースに行ったわけだが…もらえるのって背番号の缶バッチなのね。…ケチくせぇ。しかもシーズン末期だからか、そこはかとなく売れ残りっぽい番号しかなくて、「こんなのいらねぇよ」という言葉をぐっと呑みこんで、ほっちゃんの番号もらってきた。家族会員の母は「ヒロくんのがほしい」「もうありません」「じゃあ三上くんのがほしい」「まだ作ってません」とユースヲタぶりを発揮して、あえなく撃沈していた。無駄な努力だったね、おかーさん…。
posted by ぶらんか at 22:27 | Comment(0) | コンサドーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月30日

知事杯決勝

8月28日知事杯準決勝
コンサドーレ札幌U-18 4-2 六花亭マルセイズFC
得点者:大野・OG・葛西・中山(札幌)、川村・三浦(六花亭)

8月29日知事杯決勝
コンサドーレ札幌U-18 0-2 札幌大学

0829u18.jpg

あーくやしいな〜!いいサッカーしてたのに!!
第1種のおじさんたちと2日連続で試合することになったらそりゃ疲れます。もう少しコンディションが良ければもっと良いものが見られたのに。後半はいつもならまずやらないだろうミスがたくさん見られて、ただ簡単にクリアしてボールを自分から遠ざけてしまったり、やってる方もそうだろうけど、見てる方ももどかしかったな。。

試合後、みんな泣いていたけど、このチームはこの試合で終わりなんだよね。1年生から3年生までの混成チームだから新人戦に持って行くこともないし。このチームからこの先高円宮杯やJユースに起用される選手は何人もいるだろうけど、この16人で1つにまとまってやることはもうないから、やっぱり寂しさが先に立ってしまい、私もそんな彼らを見ながらしみじみしてしまったのだった。1試合ごとに自信をつけて、7月の試合ではシュートを譲り合ってたような子たちが、臨機応変に明確な意思を持って相手にパスを出すか、シュートを打つか判断するようになったし(それが入るかどうかは結局最後まで別問題だったけど…w)、チームとして本当によくまとまっていて、見てて楽しかったのは結構久しぶり。
ユース年代は選手の成長が手に取るように分かるから本当に面白い。

それにしてもだよ、、、ほんの数年前は第1種のチームとやるとなると、足技は確かにユースの方が上手いんだけどフィジカルでどうしても負けてスコアもぼろ負けというのが定番だったのに、今やBチーム(ユースでこういう書き方はあまりしたくないけど)でもこうやって互角にやっちゃうの、ものすごい隔世の感がある。数年前から走りこみなどフィジカルトレーニングを熱心にやるようになったというし、08年から始まった第1種とのスーパーリーグの存在も大きいのかなと思う。

あとプロ志向の高い選手ほど道外の大学に進学しがちなので、残念ながら大学のレベルが…というのもあるかもしれない。でもユース出身の選手が道内の大学を卒業して社会人チームに入り、六花亭FCみたいな案外いいチーム(失礼)で活躍してたのを知り、育ててるのはコンサドーレのためだけじゃないんだな〜となぜか私の鼻が高くなっちゃったりして。選手としてじゃなくてもコーチになって子供たちに教えている人もいるし、トレーナーとしてスポーツ選手の体のケアをしてる人もいるだろし、みんな各所で頑張っているんだろうなぁといろいろ考えた知事杯だった。

0829cup.jpg
あーん、1個くらい欲しかった…(まだ言ってる

さて、知事杯に優勝した札幌大学は天皇杯1回戦で岩手県代表のグルージャ盛岡と厚別で対戦して、勝てばコンサドーレと対戦するわけだが…こないだトップがヴェルディに負けた後、U-15の弟たちがクラセンで仇をとってくれたけど(^^; 長男たるトップの兄ちゃんたちは今日負けたU-18の仇打ちができるでしょうか…うーんうーん…。
posted by ぶらんか at 00:09 | Comment(0) | コンサドーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月25日

ジンクス通り

J2第19節@札幌ドーム
コンサドーレ札幌 1-2 横浜FC
得点者:西田、高地、藤田
J's Goal

ワールドカップ後初めてのホームゲームだし、ゴンとカズがいるしってことで、なぜかBS1で全国放送するくらい無駄に盛り上がってたんだけど、J2の10位と13位の試合の何がそんなにおもしろいというのだ!当事者以外。で、こんな試合やっちゃってさ…まぁ人がたくさん入った試合に限って負けるのは今に始まったことじゃないので、負けたことは別にいいんだけど、やたら持ち上げられちゃった私たちの存在意義は…あっジャッジでの問題提起か!!

0725sponser.jpg
昨日一昨日くらいに発表になった新スポンサーの看板がさっそく。

0725camera.jpg
ゴル裏にカメラがいます!!!さすがBSだよね〜!!

0725picachu.jpg
ピカチュウ(実は良く知らない)もきました!!!

0725bigtaidan.jpg
アップ後に突如としてビッグ対談!!!

0725strech.jpg
2人でおもむろにストレッチしてるとこに優也が勇気ある乱入w

純貴がメンバー入りしたので
0725junki.jpg
関係者各位。

て感じで別に昇格がかかってるわけじゃないのに2万6000人も入って、札幌駅の駅長さんと「頑張るぞー!オー!!」てな感じで盛り上がっていたのにさ〜。開始1分半で審判がぶち壊してしまった。まぁなんであんなにあそこだけぽっかり空いていたのは謎なのだが…w 一発退場になるようなプレーではなかったと思うなっていうか一発退場ならさっさとカード出せばいいじゃん?なんで一呼吸おいて、抗議する石川くんに”オマエのその態度にムカついたので出します”って感じで出したのよ。

とはいえ判定が覆ることはないので、石川くんはピッチを去り、ホバリングステージを降りる階段でユニを脱いで地面にたたきつけて怒りをあらわにしてた。それからあとはプレーを見守っていたので知らないんだけど、気がつくと

0725naoki.jpg
魂付きの直樹ユニが。優也あたりが拾ってあそこにかけたのかな。
石川くんも悔しかったと思うけど、守備固めのために前半6分で下げられたウッチーの無念さも計り知れない…こういうときこそ拍手してあげようよ…ゴンが入るときだけあんなに割れる拍手で盛り上がる必要もないじゃない。

さて。
こんな理不尽な目にあって、我を失ってはダメだと思うけど、プレーで感情を爆発させるということを知らないボクちゃんたち。1人少ないからあんまり厳しいことは言いたくないけど、20分たち30分たつうちにだんだん腹が立ってきて、走れってんだろ!前行けってんだろ!大西への怒りが3割増しでいつの間に我が選手たちにw

横浜は中盤でホベルトがやたら効いてただけに、ウチのキリちゃんのヘタクソ加減がじれったく…宮澤くんは本当にあれでハタチの若者なのだろうかと思ったり…寺田&高地コンビにヒロと征也じゃちょっと荷が重そうだったり…2失点目も2人のしょーもないミスからだった…。あぅぅ…。こちらのCKのチャンスにテクニカルエリアの一番外側まで行ってハラハラと見守る赤帽監督がウザかったですっ!

後半3バックにしてからはようやく攻めの姿勢が見られたけど、ちょっと遅かったよね。前半からシステム変更しておけば…。点差は1点、後半は気持ちを見せてみんな良く走っていたし、かなり押してたから熱気のこもったドーム(暑かった…01年ドーム初戦のマリノス戦以来の不快さだった)になったけど、初めて来た人の反応が少し気になる。まぁ世の中には「バカな子ほどかわいい」とか「私がいないとダメなのこの人」など、弱い者へ温かい気持ちを持つ奇特な人がいるらしいので、2万6千人のうち、何%くらいかは次も来てくれ…ると…いい、な?
posted by ぶらんか at 22:05 | Comment(2) | コンサドーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月19日

再開コンサ

(どうしてもまだ第1候補が”最下位”になってしまう私のPC…)

J2第18節@おれたちのフクアリ
ジェフユナイテッド千葉 0-3 コンサドーレ札幌
得点者:古田2、岡本
ゲームサマリー

フクアリってすごい…w(何が)
1点目はセットプレーから。クリアボールをキリノがキープして、走ってきたヒロが打ちやすいようにしてくれた。最初、誰が走りこんでいたのか良く見てなくて、ヒロがアップになるまで分からなかったんだけど、ヒロの得点だと分かり叫ぶ…去年から点が取れなくて予想外に苦しんでたヒロが、プロ2点目をこうしてすんなり入れるとわ。憑き物が取れたなw

それからはホームの千葉にボールポゼッションは奪われたが、とりかえしたあと、中盤でシンプルにはたけるようになってたのでほう…と少々感心する。でもそれも30分くらいまで。苦しい時間になると蹴って逃げるだけになっちゃったので、ほんと道のりは遠いわ…('A`) 宮澤君がますます特徴の分からない選手になってて残念。あと茶野汚すぎ!靴下とユニフォーム代を請求させてもらう!!!

後半は防戦一方だったので、どーせヒロ下げちゃうんだろなーと思っていたが、まず一番行方不明だったウッチー(愛媛からきたばかりのくせにもう道民の体になってしまったのかい)を下げ、2人目はなんとカズで、ヒロは残った…。この采配のおかげで2点目が生まれるんだけど、どう考えても偶然だよなw しかしアレックスの守備が軽すぎたとはいえ、あんなゴールを決めることができるのはこのチームではヒロしかいないわけで、今後も我慢して使いなさい(命令形)。

ジェフサポさんがバックスタンドから撮影したヒロの2得点みっけた。
http://www.youtube.com/watch?v=-igJfkSvZ3Q


力がいい具合に抜けてて、良い弾道です…スンバらしい。

こういう点を待ち望んでいたし、ヒロならこのくらいやって当たり前だと思っていたから、プロの世界でもできるということが証明されもう歓喜感涙でございました…試合に勝ったことよりうれしかった。ワールドカップはスーパーな選手が集うスーパーな大会かもしれんが、こういう歓喜はチームでしか味わえないものだ。うむっ

ワールドカップといえば、南アフリカから「世界基準」とやらにかぶれて帰ってきたらしいノノが、何かと言うと「スペイン」「イニエスタ」「チャビ」といったウザいキーワード使ってあーだこーだいうのがうるさかった。先日来日してたスペインのサッカー協会の会長さんもいってたべ?イニチャビみたいなのはスペインでもめったにないレベルの特別な選手で、頑張ったからってみんなああなるわけじゃないって。現状に満足したらダメだけど、上を見たってキリがない。J2の試合であんまり上の方と比べて壮大すぎる夢を抱くのもどうかと思う。そんな夢を語る暇があったら、目の前のプレーに集中してきちんと実況してほしい。

そんなことはともかく…
これでフクアリ不敗神話が続いたのだった。ジェフも今期フクアリではまだ負けてなかったんだってね…札幌の不敗神話の方がすごかったのかぁ。今後もよろしくです。
posted by ぶらんか at 14:01 | Comment(0) | コンサドーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

スコアレス〜

J2第11節
コンサドーレ札幌 0-0 東京ヴェルディ
J's Goal

今日は子供の日のイベントでテラスで出店をやったため、いつもは閉じられてるドームの窓のスクリーンが開いていた。明るい。ふと見上げると
0505canaria.jpg
シルバた〜ん!
シルバたんのように賢くてうまくてついでにめんこい選手がそこにもう1人くらい落ちてないかしら…。

0505dole.jpg
今日はドーレ君の決めポーズがなかなかうまい具合に良く撮れた。

0505norubesa.jpg
ノルベサ〜

0505golura.jpg
ゴル裏。この頃旗が増えましたね。
SA席でもひらひらと振っている人をよく見るようになった。

0505starting11.jpg
主審が吉田さんって、、今日はJ1もあったよね?

0505dole_on_birthday.jpg
4日がドーレ君の誕生日ってことで、ハーフタイムにドールズからケーキをプレゼントされました。

そんで今日の映像



世界各地1000万のヒロサポに捧げますw
そろそろ試合に出せよごらぁ〜〜

試合は…まぁ少しずつではあるけど、できるようになってきてるよね。芳賀は調子が良さそう。でもこのメンツのままで今後爆発的に点が取れるようになるとは思えん。別に爆発までいかなくても1点か2点くらいでいいんだけどさ…それすらも何か期待薄で。
選手や監督じゃなくて、強化サイドに現状をどう思ってるのか聞きたいわ。
posted by ぶらんか at 20:08 | Comment(0) | コンサドーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月03日

いよいよシーズンイン

プリンスリーグ北海道第1節@SSAP
コンサドーレ札幌U-18 4-0 札幌創成高校
得点者:三上、荒野、前、近藤

東雁来というところはなんであんなに風が強いのだろう…。
ファインダーをのぞくのに片方の目を閉じていたら、その閉じた目にホコリが入ってきてギョエ〜になるのはなぜなんだ!

それはともかく、今年2試合目のユース。(どうでもいいけどうちの母が最近すっかりリーガにかぶれて、こないだはテレビの前で征也に「あんたはカンテラ育ちなんだからもっとしっかりしなさい」と叱責していたw)

先日の昼間なのにナイターリーグではメンバーから外れて、副審として私の目の前を行ったり来たりしていた1年生の神田夢実くん。U-15日本代表もチームではまだ出れないのかなと思っていたら、今日はふつーに先発フル出場していた。

−−−三上−−−鈴木−−−
−神田−荒野−前−−菅原−
−堀米−永井−工藤−小山内
−−−−−−松原−−−−−

三上くんがキャプテン。
0503mikami.jpg
陽輔には何の問題もないのだけど、このキャプテンマークは全然イケてなくて許せないので、早々になんとかして!!>kappa様

風はメインからバックに強く吹いているので、選手たちには横風ということになる。コンサユースはいつもここで練習してるからへっちゃらなのだろうし、それほどプレーに影響なかったような気もする。私は前述の通りホコリと厳しい戦いをする羽目になったけど。

前半は相手のプレスもきつく、トップチームみたいに足元足元のパスが多くて(岩教戦でも感じたことだけど)なかなかチャンスをつくれなかった。ただコンサユースは個人技で勝るので、18分、左サイドでパスを受けた陽輔がドリドリっと中に持ち込んで右足シュートで先制。2点目は右サイドで得たFKを菅原くんがゴール前に蹴りこみ、GKが弾いたこぼれ球を拓馬くんがドーンとミドルシュート。とまぁ、個人技で2点取ってしまった。

ハーフタイムになんとなく気がついたこと
コンサはベンチに選手を座らせる
0503consadole.jpg

創成高校は監督がベンチに座る
0503sosei.jpg
どうでもいいけど…w

後半は気になってたことが修正されて、プレーがよりシンプルに、ディフェンスの間あいだに入って行ってボールを受けることが徹底されて、面白くなった。…といっても51分の前くんのシュートは交代選手に気を取られててどうしてそうなったのか見てなかったんだけどorz
たぶんスローインからドリブルで持ち込んで打ったかなと。

4点目はパーフェクト!
DFからワンタッチ・ツータッチのシンプルなボール回しで機をうかがい、最後は中央で拓馬くんから交代で入っていたナリへスルーパス。ナリはパスを受けると反転して右足シュートでゴル。やっといい形で点が取れた。それから後も何度も創成ゴールを脅かすも追加点は取れなかった。昇格してきた相手だからもうちょっと点がほしかったような気がするけど、創成もチームとしてやりたいことが伝わる良いチームだったので、これから活躍できるのではないかと思った。

試合後、ユースの練習場の前を通りかかったら、何やら練習試合がある気配だったけど、90分間強風に吹かれて髪はぼさぼさでお腹もすいたので、見ないで帰ってきた。お隣のホーマックで園芸用品をちょっと買って行ったんだけど、店員さんがホーマックのくせに親切で驚いたw
今度からここのホーマックで買うわ!
posted by ぶらんか at 23:18 | Comment(0) | コンサドーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

しょうこりもなく負けたぁ

J2第8節
コンサドーレ札幌 1-2 水戸ホーリーホック
得点者:作田2、上里
J's Goal

今日は日ハムのマスコットBBがやってきて、ドーレ君となれあい…いや、ふれあいをしていた。去年はサポも交えて3人4脚だか4人5脚だかやってたけど、今回はPK対決。デジカメで撮ってみたの。

http://www.youtube.com/watch?v=4JbFvkLustA


その2
http://www.youtube.com/watch?v=JPr7qMEAa2A

その3
http://www.youtube.com/watch?v=m5hoBFBSsng

ドーレ君はいろいろハンデあって仕方ないと思うけど、BBが結構キック力あって驚いたわ…w

楽しかったのはここまで〜。

右SBにJデビューの堀田きゅん、左サイドに今季初出場のヤス、と一向に調子の上がらないチームに活を入れるべく、人を代えてみたんだけどねぇ。2人の働きは悪くなかったと思う。水戸の右SBがなぜかいつも中にしぼるので、ヤスの前に広〜いスペースがあって、カズからそこへポンポンボールが出てムムッ!とくるのだが、ちょっとこねくりまわしすぎたかな…なんつーかこのチームはシュートしてゴールを決めるためにパスを回すんじゃなくて、自分にプレッシャーががかってキツいから他の選手に「あげる」ってパス回しだから点が入んないんだよネー。パスを受けるための動きもど下手だし。たまにしても気づいてもらえないし。
まったく毎日何の練習をしているんだか…。

そうこうしてるうち前半終了間際ににCKで押し込まれ、それまで水戸にはほとんど形らしいものも作らせてなかったのに、よもやの失点。
後半は15分までに追いつかないと勝てないな、と思っていたが、13分、今度は水戸CKを守備して速攻、丁寧につないで最後は左サイドを駆け上がったカズが得意のミドルシュートをネットに突き刺す。ほ〜カウンターできたじゃないのww

勝手に目標にしてた時間帯に追いつけて良し!これでいける!と思ったけど、まさかまたCKからこぼれを押し込まれて失点するなんて、普通は思わないから!人間にはがくしゅうのうりょくってものがありますからね。

この後行われた選手交代がほとんど奏功せず、このままタイムアップ。
あ〜ストレス。

今年は外国人選手がまるで役に立ってないのが腹立つわ〜ダニルソン返してもらうか、南米行って安くて働き者の中盤連れてくればぁ?昇格する気があるのなら。昇格する気はあってもお金がないってか…じゃあ昇格するって言うなやorz
posted by ぶらんか at 21:36 | Comment(0) | コンサドーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月18日

昼間っぱらからナイターリーグ

練習試合(コンサドーレナイターリーグ)
コンサドーレ札幌 1-0 北海道教育大学岩見沢校
得点者:宮澤(70分)

<前半>
−−−岡本−−キリノ−−−
−内村−−李−朴−−砂川−
−岩沼−堀田−藤山−藤田−
−−−−−高原−−−−−−

めんどいので4-4-2でフラットに書いてしまったけど、キリノ1トップでその下でウッチー、岡本、スナ様が臨機応変にポジション移動しながらって感じだったような気がする。

岩教大の方はGK21岩田健太郎君(3年)、DF6 左SB久松秀樹君(4年)、DF5 CB上原拓郎君(1年)、MF15 ボランチ竹内清弥君(2年)、FW11 大西洋平君(3年)というユース出身者がいて、あんまり増えたので皆さまの記憶がところどころあやふやだったのが笑えたwヒデキは征也の1個下で、岩田君と同期なのが純貴で、純貴と2トップ組んでたのが洋平で、ヒロと拓郎君が同期ってもう忘れたわってまだ数か月前だろーが!と突っ込みも激しく…w

コンサドーレの方がユース濃度が低いので、前半は心置きなく岩教の応援をさせてもらう。

岩教大は去年、北海道学生リーグで1位になり、その冬のインカレでは初戦で流通経済大と当たって1-2で惜敗してしまったけど、北海道で長年続いた道都・札大の2強時代に風穴を開けたチーム。昨年のエースだった上原宏太くん(北海高)は卒業して、弟の拓郎君が入ってきたのだが、弟君はユースでは年ごとにポジションを下げて行き、今や立派なCBに。今日も入ったばかりの1年生なのに、もう3年いますって雰囲気を醸し出し、相変わらず激しく声出しをしてたのが印象的だった。

岩教としてはラインを上げ全体をコンパクトに保ち、前線から激しくプレスをかけてなるべく高い位置でボールを奪って得点したいところ。プロのスピードやスナ様やうっちーのテクニックには手を焼いていたが、加入したばかりの朴がやっぱりコミュニケーションに難があるのか、ちょっともたつくことが多くて、この辺が狙い目だった。ともあれ朴はまだ出せないでしょう…こないだ岐阜戦の前に出場どうこうという報道があったからどんなもんかと思ったけど。途中でコンサを指揮していたムラコーチが「(岩教の)ラインが高いからキリノ見て狙ってけ」とDFラインに指示してたけど、ポカーリにもそれなりの精度がないとさ…w でもだからってやみくもにポカーリしなかったDFも偉い…かも。

前半のコンサの絶好のチャンスは26分、左サイドで起点をつくり、最後は俊Pがオーバーラップしてゴール前にクロス!それをキリちゃんが頭で合わせてよっしゃ〜!…だったはずが、岩田君の正面でパンチングの神セーブ!ジョレンテHDを防いだセサル神みたいだったでし。その直後のスナ様が蹴ったCKをファーで征也が放ったシュートも岩田君防いでいたよね。遠くて良く見えなかったけど。素晴らしい!!岩教では1年生から出てるだけあって、かなり良くなっていると思った。(試合後、赤池コーチに「おまえちょっと勘弁してくれよ」みたいな感じでからかわれていたw)まぁキックはもう少し練習しよう…(^^;

岩教大の方もプロに臆することなく、自分たちのサッカーをやろうとして一歩もひかない姿勢は、今年もやってくれそうだな!という気にさせるものだったけど、ラストパスの呼吸や質のところがまだちょっとアレで、上原のお兄ちゃんの不在を感じなくもなかった。洋平は今日はシュート打ったかな?打ってないだろぉ。27分に中盤高い位置でボールを奪って右サイドの17番君に展開、17番君のクロスにFW穴田君がゴル前でシュート!…が右にそれるという決定機が1つ。17番君とボランチの20番君は良い選手に見えました。30分、岩教スローインからヒデキがスルスルっと上がってきて穴田君へ出したパスはオフサイドになってしまったけど、「スローインだろ!?ぼけっとすんな!」とムラコーチが叱る。そうだそうだ。

前半終了間際にはキリノがついにラインを破って岩田君と1対1という場面も、拓郎君が体を投げ出して守り…後半はさらに頑張ることになるのだが、やぁ、やっぱりキャプテン候補だな!

<後半>
−−−ゴン−−−宮澤−−−
−横野−−李−上里−古田−
−上原−堀田−西嶋−藤田−
−−−−−−佐藤−−−−−

前半と同じようにゴン1トップで宮澤トップ下だと思う。
岩教大に交代なし。っつーかゴンが出てきたからって、「ゴンだゴンだ」といって喜ぶのはいいけど指は差さないようにw 後半はコンサのユース濃度も上がったから、どっちの攻撃にもワーワー言って応援してしまったけど、拓郎君が宮澤君の守備をするときだけは「宮澤には負けんな!」がまた飛び出してしまったw 宮澤君がらんたにいたとき、そう言ってユースを応援したものです…ハイ。

日刊によると、前半は控え組、後半は主力ってことだったけど、この4人のDFのどこが主力だというのだ!ww征也とヒロを右サイドに並べて、ヒロはともかく征也がヒロにパス出すわけないじゃん…(核爆)横に並んでてもそれじゃあダメなんですけどね、征也。
18分に征也を下げてうっちーを再び投入したあとは、なんと純貴が右SBに入ったんだよ??2年前に取った長身FWをどっちともDFにする気か!!上原君は入団当初からSBに転向するかもって話があったけど、純貴はちゃんとFWに仕上げてくれよ。。

後半は前半に比べたら中盤でのボール回しがスムーズになり、岩教大も前半から頑張ってきただけあって、60分以降はかなり体力的に厳しくなってしまう。61分、中に切れ込んだヒロがゴン中山とワンツー、左サイドを駆け上がった純貴に出して、純貴が豪快に足を振りぬくもシュートはバー!!70分に宮澤君が左サイドからシュートを決め、ついに均衡が破れる。宮澤君はやっぱり前の方がいいと思う。もう少し判断を早くして、パスはシンプルに早く。もし相手が受け損ねたら、何でちゃんと受けないんだとど叱ってもいいから!

それから終了まで20分、攻めてはいるけど決定力にかけ、宮の沢は何度となくためいきがもれるのだった。純貴は何としても決めてやろうとSBの位置からでもガンガン上がっていたけどね…もう少し何かがほしいかなと思った。まだ足元へのパスが多いし、エリア近くまで行って、人数揃ってるのにわざわざまた遠いサイドにふってみたり余計なパスも多くてイライラした。要はお互い阿吽の呼吸みたいなものがないんだろう。もうチーム作って4カ月になるのに。40分すぎにちんたらボール回してるので、つい「おいっ時間使ってるのか?」と容赦なく野次ってしまい…ロスタイムにもヒロは決められず1点で終わり。

まぁ私は岩教大サポなんで、こういう試合ができるようになってきたのがとても感慨深くて満足したけれど、コンサだけ応援してた人には点が入らなくてジリジリしたことだろう。得点力アップは永遠の課題だけど、来週からの試合で光明が見えたかと言うと、これという形を繰り返すと言う風でもなかったので、まぁ同じような展開が続くんだろうなぁ覚悟を決めよっかなとw

4月はまだ寒くて、体がすっかり冷えてしまい、今日はずっとお腹がピーピーいって苦しかった。今度はいつやるのか分からないけど、まだ夜はきつすぎるので、昼間やろう。昼間!
posted by ぶらんか at 23:44 | Comment(0) | コンサドーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月11日

結果はともかく盛り上がった

J2第6節
コンサドーレ札幌 1-1 柏レイソル
得点者:上里、レアンドロ
J's Goal

いつものようにシャトルバスでドームへ向かう。
今日は何はともあれ、USが発起人のデルリスへ追悼メッセージを送ろう企画に乗るのが目的だからっ!!試合なんて二の次だからっていうかあんまり考えたくない!!って感じで、なぜか意気込んでいたのだった。

B自由席へ向かうと、もうすでに人がたくさん集まって、それぞれメッセージを書き込んでいたところだった。さっそく考えてきたスペイン語で書き書き。
0411flag.jpg
思えば、デルリスがやってきたとき、ブラジル人の多いこのチームにパラグアイ人がきたってんで、宮の沢で何かスペイン語で話しかけてみようかな?って思ったのに、結局何もせずに(ファン歴10年あるけど、実は宮の沢で並んでファンサしてもらったことは一度もないっす…恥ずかしくて)シーズン終わってしまったんだった。こんなフラッグに追悼の言葉をスペイン語で書きこむくらいなら、勇気を持ってオラ!ケタル?くらい声をかけるんだったな…。

書きながら気がついたのだが、隣にヤンツーのメッセージがあるじゃないの!ってことで記念に写真を撮ったら、今改めて見ると、上の方には曽田さんのメッセージまであった!私ってば大物ゾーンにずけずけとw

0411flag2.jpg
これ以上悲しいフラッグを作らないよう、みんな長生きしてくれ…

さて、おちついて座ると、いつにもましてアウェー席がにぎやか。
0411kasiwa.jpg
J1昇格がかかった大一番でもないのにお疲れ様です。
つーかこの人たち、向こうでコンサCKとかFKとかあると、ダダーっと最前列までなだれ込んできて、ダンマクかけてあるとこバンバン叩いて威嚇するの('A`) 餌食になっていた征也を応援せずにはいられなかったw ホームゴル裏は転落予防で前3列は旗持ちしか入れなくなってるのにね…

0411dole-rey.jpg
2,3日前から札幌入りしてドーレ君と交流を深めていたレイ君も選手入場のときにピッチにいた。柏とはチア同士も交流があって、こういうのは和気あいあいとしてていいなあと思うけれども、滞在費は誰が払ってるんだ滞在費は、とどうしてもちまちましてしまう貧乏人のケチなコスト管理w

フラッグにメッセージを書くという目的を果たしてしまったので、これから以降はオマケなんだけど…始まってすぐ、柏に華麗なパスワークを見せつけられて、サポがみんな「う、うめーな(ゴクリ」と目の色が変わり、さっと緊張感が漂う。いつもの緩い感じとは違う。なので自陣に張り付いて必死の守備が続いたときは、スタジアムが一体となってサポーロサポーロやったし、それはまだ前半だというのに悲壮感が漂うものだったが(とほほ…)、選手も良く頑張って前半ゼロに抑えてくれたよ…。

今日はキリノをベンチに置いて、ユースケ1トップで右からヒロ・宮澤・征也と並ぶ形だったけど、ユースケや宮澤くんにくさびを入れてもそこでボールが収まらなかったのがキツかった。征也もヒロもスピードやテクニックでDFを交わすことができないとなると、ちょっとね…。ア〜ンド相変わらず連係がむにゃ…なわけだが、このくらいのプレッシャーをかいくぐって何とかできるようにならないうちは、昇格とかましてやJ1定着なんて夢のまた夢じゃん…?

まぁたぶん今の時点ではチームもそんなことは重々承知の上なのだろうけど。セットプレーにはいつになく工夫がみられた。遠い位置のFKでカズが中に入れるふりして、右側にしれっとフリーで立っていたヒロに出し、ヒロのクロスから宮澤ヘディングは1点ものだったし、先制点もカズのFKだったし。まさかあんな遠くから入るとわw

あんだけ押されてたのに、FKでまさかの先制点(48分)。
前半も熱戦だったけど、後半も熱い展開になったな〜。前係りになった柏から、カウンターでもう1点取れればほんと良かったんだけど、カウンターも下手な我がチームorz ほんとキープができないんだからもぉ。

30分たち、ひょっとしてこのまま勝てるかも?という淡い期待を持ち始めるが、選手の消耗が激しく、足が止まり気味。なのにちょっと交代が遅いんよ監督。柏には攻め込まれ、2回ネットが揺れるが、1回目はファウルで2回目はオフサイドを取ってくれた。ふぅ〜〜と胸をなでおろすも、三度目の正直ってやつ。上から見てるとてっぺんがとってもさみしいレアンドロ・ドミンゲスにミドルのゴラッソを決められてしまった。フリーだったのでファウルもオフサイドもありまっしぇん。もう少しだったのにな〜。

86分に同点!!それから場内表示なくて、現場では良く分からなかったんだけど、ロスタイムが5分もあって(なんでだ?ヒロが競り合いの中で倒れて鼻血を出したのは前半ロスタイムだったのに)、残り10分ほどの時間を、両チームとも最後まで攻めの姿勢を見せていたので、追いつかれたのは残念ではあるけど、それでもちょっと満足…した。ヘタクソなりに一生懸命で、熱戦だったよね。レアンドロ最初っからイヤらしかったし、まぁあんなシュートは諦めるしかないさ…。

帰ってきてUHBの中継をビデオでみたっけ、試合途中にCM入れるのに愕然とした。冗談じゃないよ!!というわけで同時に録画しておいたハム彦実況とウザい健作解説に耐えながら見ましたとさ…w
posted by ぶらんか at 23:18 | Comment(0) | コンサドーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月04日

決めるときに決めないと

J2第5節
FC岐阜 3-0 コンサドーレ札幌
J's Goal

木曜日のヨーロッパリーグ バレンシアvsアトレティコマドリのときもええ??と思ったんだけど、審判に赤い服着せるの止めてっ!!なんかすっごいイラッとくる。審判なんてねずみ色とかからし色とか地味なカッコさせてその辺にひっそり立たせておけばいいのよっ!!(シルバたんが口をひんまげて抗議してた訳がちょっと分かったような気がする…前回エントリー参照)

着てる服は別にして、今日の審判は細かすぎ。
今年から手を使った反則は厳しくというのは散々聞かされているし、良く見ているけれど、ちょっとのことですぐ笛を吹くことのどこが世界基準なんだろうか?小学生がサッカーやってるんじゃないんだからさ〜何かすごい幼稚だったよ、もぉ。流さないし。

でも審判のせいで負けたわけじゃないのも分かってる。
今日はボールを奪ってもつなげなかったし、それじゃあ点なんかとれるわけねって。それでも序盤、征也が裏をとってGKと1対1になったシーンでちゃんと決めていれば、もうちょっと冷静に試合を進められたと思うんだ…。征也もねぇ、GKがスペースを消した狭いとこをわざわざ狙うなんて、変態度高めでいいっちゃあいいんだけど、それは決めた時に限る。あと24分あたり、芳賀が前の選手と細かくつなぎながらサイドに開いてクロスってシーンはちょっとカッコ良かった。あとスナ様が入った後の5分くらい。今まで4戦、大してたくさん形は作れていないんだから、たまに作れたときくらい全力で決めろ!

あとキリちゃん。
練習で4-2-3-1を試していると聞いていたけど、今日はヒロの出場はなかったし、練習したメンバーでのシステム変更はなかったものの、なんとなくユースケを前において、キリちゃんが少し下がってボールを受けて裁いたりしようとしてるのが気になった。そういう指示なんだろか?キリちゃん、あんまり器用なタイプじゃないっしょ…頑張ってるのは分かるけど、そういうプレーが効果的かどうかはちょっと疑問だ。

かくして大学チームに毛の生えたような岐阜に初めて負ける失態。
明日の新聞記事はクラブハウスの目立つとこに貼ってずっと反省してなさい!!
posted by ぶらんか at 22:25 | Comment(2) | コンサドーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

デルリスの訃報

デルリスが交通事故で亡くなったと聞き、びっくりした。

スポナビ
J2でもプレーしたフロレンティンが交通事故死
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/headlines/20100329-00000009-spnavi-socc.html

ソースはマルカのようなので、マルカも。
Muere un jugador paraguayo en accidente de tráfico
http://www.marca.com/2010/03/28/futbol/futbol_internacional/1269787035.html

なんてこった…。
どうでもいいけど、camionetaを軽トラって訳すのはどうよ…。
今見てるスペインのテレノベラの主人公が自動車整備士やってるから、ドラマ中camionetaって単語が出てきて調べたことがあるんだけど、決して軽トラじゃないよ?車に詳しくないので、こういう車のことを何というか知らないけど。(画像検索)…バン?


デルリスが札幌に在籍していたのは05年。
道新の切り抜きをあらためてみた。
032905delris.jpg
(下に余計な部分も残っているのは、裏面にユースの記事があるからなのです…)

初得点したときの記事
032905derlis2.jpg
結局このシーズン、この1点だけだったんだよねぇ。(確かこの試合は智樹が絶好調ですごかったやつだ…。)

ヤンツー政権の2年目で、オール日本人で散々な成績を修めた04年のあと、池内・加賀の補強で守備を安定させ、04年から鍛えられた選手が成長してだいぶ点が取れるようになってきて、なんとなく昇格が狙えそうな感じになってきたので、水戸で活躍していたデルリスを引っこ抜いて連れてきたんだよね。今までコンサといえば引っこ抜かれるばかりだったのに、逆のことをしたから水戸には申し訳ないなぁと思ったけど、実はうれしかったのを思い出す。イケメンだしw

でもこの後、山形での試合が豪雨と落雷で延期になったことで何かリズムが崩れ、カズと西澤さんが前十字靱帯断裂の大けがを負い、西谷加入のインパクトはあったものの、流れに抵抗できずに風船の空気が抜けてくみたいにしゅーんとしぼんじゃったっけ。水戸ではカウンターで活躍していたデルリスも、コンサの各駅停車みたいなサッカーには適応するのに苦労があったようで、デルリスも見てる私らももどかしさを感じながら、シーズン限りで別れることになった。
残ってほしいと思っていたサポは多かったけどね…翌年やってきたフッキのおかげですっかり忘れてしまっていたが…

元チームメイトをこんな形で失うのはとてもショックで悲しい。
デルリスには加入当時もうお子さんがいたはず。ご家族にはお気の毒としかいいようがない。マルカ記事の下の書き込みをみると、今年冬の移籍で、リーガ2部のウエルバ移籍がほとんど決まりかけていたのが、何か事情があって流れたそうで。頑張っていたんだなぁ。

ご冥福をお祈りします。
posted by ぶらんか at 21:37 | Comment(2) | コンサドーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月28日

誕生日プレゼント

J2第4節
コンサドーレ札幌 2-0 ファジアーノ岡山
得点者:近藤2
J's Goal

リーグ日程が決まった時、こういうブログを書いていて
http://todoconblog.seesaa.net/article/140164678.html

今日、その日になり、お願いした通りになったので、あらっ!やればできる子たちだったのね!と。でもこの1試合だけで手綱を緩めるわけにはいかんのだ、彼らの場合。まだムチをふるうわ〜!!ピシ〜!

さて、今日はそんなに急いで行かなくてもいいだろうと11時出発のバスに乗る。バス停についたのは5分前だったから、もう座れないかな?と思ったらもう余裕でさ…('A`) まぁ開幕戦であんな試合をやっちゃったら、2回目はないよねフツー。あたしゃうっかりシーチケ買ってしまったばかりに、2回目にしてもう元を取るモードで必死です。

ドームについてお気に入りの席に余裕で座って、お昼食べてふと右手を見ると
0328sapica.jpg
いつの間にこんな広告が…札幌市交通局ってもうかってんの?などと。

しかし
0328kaeru.jpg
なぜ突然カエルなんだろう…?

カエルと言えば今日は
0328shinp.jpg
俊Pのこのカエル色のシューズが気になって仕方なかったw
まぁ目立つこと目立つこと。(他の選手が地味なのかも…)

旗を持つドーレ君
0328dole.jpg
なんかね、その旗、間違ってハイター落としちゃったのかな?なんて思ってしまったんだ…。

こないだみたいなつまんない試合やらかしたら、さっさと帰るつもりで今日はあらかじめ荷物をきちんとまとめて見ていたです…。ローカルニュースで、開幕戦の翌日の新聞記事をクラブハウス内のミーティングルームだかどこかに貼って戒めにしたと聞いたので、その記事はぜひシーズン終わるまでそのまま貼っておいてほしいわ。ちょっと2回勝ったくらいでおだっては困る。
まぁそれはともかく、その新聞作戦は功を奏し、前節はスタメンを入れ替えて勝つことができたので、今日も同じスタメンでいい流れのまま試合に入れたようで、途中で帰ろうと思わなかったので良かった。

前半から攻撃は右サイドが中心で、西嶋が征也を追い越して上がって行くのがみられたけど、中でうまく合わせられなかったり、クロスがほにゃららだったりでなかなか決まんない。でも今日は宮澤くんが前への意識が高くて、エリア内に飛び込んで行って攻撃参加とか、頑張っていたのが印象的だった。先制点は36分、うっちーが高い位置でボールを奪って運び、右サイド征也に。征也は冷静にためて西嶋の上がりを待ち、ポンと。あらっいいじゃないの!オーバーラップしてきた西嶋のクロスを逆サイドでユースケが押し込んだ。DFがかきだしたように見えたけど、主審のジェスチャーはゴールイン!

SA席からは遠いサイドだったので、リプレーで「おおおお腹で入れてるよ〜〜!!」と少し遅れて大盛り上がりだったw
泥くせぇぇぇぇ〜〜〜!!!

0328seiya.jpg
なんとなく絵になる写真。

後半は少し焦れる。
こう着状態の中、少し運動量の落ちたうっちーを下げてヒロを入れたあとはなかなか動きがなくて、2点目を狙うのか、このまま1点を守るのか、どうしたいのか良く分からなかった。つーかキリちゃん相変わらずキレを取り戻してなくて、裏に走ることもしないし、ポストはちゃらんぽらんだし、なんとかしてくれよ〜…とうるさかったのはわたしじゃなくて、後ろの兄ちゃんだが、その通りだと思う。結局、38分になってゴール前での守備から一発のボールにユースケが走って、走って、走って、DF1人か2人ふっ飛ばしてシュートをネット上に豪快に突き刺して試合を決めてくれたからよかったものの、あの時間は何なんだったんだろう…。1点目は泥臭かったけど、2点目は猛烈だったな〜!後ろの兄ちゃんは「スッキリした!!!」と叫んで満足げだったw わかるわかる。イライラしたもんね。

この直後、岡山にサイドやぶられて、決定的なクロスにFW西野が反応するという絶体絶命のピンチがあったけど、外してくれた…肝冷やしたよ〜。でも2点差あるとちょっと心に余裕が。(過去にいろいろあったことは思い出さない。)ゴン中山も出て、ロスタイム3分をつつがなく過ごし、無事にホーム初勝利をゲットしたのだった。

ドームから出たら雪が降ってるとかもうね。
お客さんは開幕戦の半分になってしまったけど、このくらいの人数でないと勝てないんならしゃーないな。お客さんもサッカーやコンサを良く知ってる人が周りに多いとあんまり疲れないし…私は動員少なくてもかまわないけど…そういう訳にはいかないか(^^;
posted by ぶらんか at 23:06 | Comment(0) | コンサドーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

あの男が帰ってくる

今日は何はともあれコレ!!
クラッキ
株式会社北海道フットボールクラブとの業務提携に関するお知らせ
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/craque/article/246

これまでもゆる〜くHFCと関わってきたクラッキこと野々村組が、本格的にHFCの仕事を肩代わりするよ(爆)って記事で、何をいまさら…とつっこみながら読んでいると、
また新たにアンドレ・ルイス・デ・ソウザ・シルバ、通称『ビジュ』が、潟Nラッキ札幌スタッフとして加入することが決定致しました。ビジュはサッポロ・イーワン・スタジアムの運営業務、及びスクールコーチとして子供たちの指導にあたります。

ビジュが帰ってくるーーーーーーー!!!!!!!!!!

スカウティングに失敗しまくりだった99年に唯一生き残ったブラジル人。アマゾンから来た男(ウソ)。宇宙人のような身体能力を持ちながら、相方のノノに自らのリモコンをゆだね、ノノが命ずるままどこへでも飛んでってつぶし役してたなぁ。引退してもまたノノにリモコン預けるのかw とにかく、01年の俺王・ビジュ・アウミールを超えるブラジル人トリオは未だないからっ(きっぱり)。02年のシーズン後にチームを去ることになったときは悲しかったけど、札幌の女性と結婚して彼女を連れてったので、絶対帰ってくる!!と信じて待つこと8年か。長かったな〜〜。まぁ引退後は狸小路か澄川あたりでブラジル料理店を開いてほしいと勝手な想像をしていたのだが、札幌のこんなディープなところに置いてみたいと思うブラジル人はそうはいないよ、うん。

ていうか、、提携内容を見たら、いっそのことHFC自体を買っちゃってもいいんですよ?>野々村社長…と思ってしまった。はやいとこ会社でかくして、頼むよ…曽田さんがMBA取得してハーバードから帰ってきたあたりで、いっちょどうよ?(と書くと、札幌OB力すごすぎる…)

懐かしくなって01年のイヤーブック引っ張り出したら、裏表紙がこんなだった。
0324biju.JPG
右端のたぶちゃん以外はみんなカムバックかw
この勢いでミルキーロッキーもカムバックしてほしい。
posted by ぶらんか at 22:04 | Comment(0) | コンサドーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月21日

今季初勝利

J2第3節
栃木SC 0-1 コンサドーレ札幌
得点者:内村(19分)
J's Goal

札幌もすごかったけど、今日は全国的に強風が吹き荒れた日のようで、この試合も前半は風下で、どっかんどっかん蹴ってこられたらどうしようと思ったw そんなコンディションなのでスタートはやや栃木がペースを握ったかという感じだったけど、ディフェンスラインでボールを回しながら機をうかがい、キリノにくさび→右サイドを走りこんだ征也に渡ってシュート…は派手に宇宙に飛んで行ったが、あらっできたじゃないの!というのが15分くらい。

んで、19分も同様に左SB俊Pのロングフィードがゴル前に入り、栃木DFがキリノにプレゼントパス、左の内村に渡して、うっちー1人交わして左足シュートがポストに当たってゴールイン。よっしゃ〜。

前回までと違ってボランチに入った芳賀が中盤でよくつぶすし、CB藤山さんがJ1レベルのディフェンスをして組み立てまでしてくれるので、もうひたすら感動っすよ。まぁ前2チームと比べると栃木は少々チーム力が落ちるということもあって、全体には割と落ち着いて見ることができたんではないかと。栃木寄りの実況氏の、誰が見ても札幌ペースなのに「それでも栃木よいとこ探し」につきあうのは苦労したがw つーか栃木の解説といえばセルジオ越後だと思って楽しみにしてたっけ、鈴木淳さんだったのね。。

あとは攻撃に関して監督がぼやくのに同意。
ボランチが2人で1つの仕事しかできない今の状態のままだと、いつまでたっても得点力がアップできないし、残留一直線ざます。(前節までは2人がかりでも何にも出来てなかったけど…)宮澤くんに前を向く勇気を!芳賀も攻撃参加を! 征也は落ち着いてシュートしよう(−−)昔はもっと嬉しそうにシュート打ってたぞ…


今日はもう1試合あって、もう寝るけど、バレンシアの召集メンバーみてフイタ。4バックの4人のうち2人がカンテラーノだなんてw
だから、もうみんな半分やけで「攻撃ハ最大ノ防御ナリ」と人数だけは揃ってる攻撃陣を頼って、殴り合いで華々しく散る覚悟をしておるw開催中のバレンシアの火祭りもクライマックスを迎えるし(ハリボテ人形をわーっと燃やすんだよ)、これでついでに厄払いになるといいなぁ。
posted by ぶらんか at 22:09 | Comment(0) | コンサドーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月20日

初宮の沢

前回の宮の沢行きは12月10日
http://todoconblog.seesaa.net/article/135262374.html

それから3カ月、今年初練習見学にでかけてみた。
もたもたしてたら練習開始の9時半になってしまった。「まぁ9時半ぴったりに外に出てくるってもんでもないし」…と余裕こいてたらまた30分過ぎて、10時に自宅スタート。我ながらやる気なさすぎw しかも財布を持ってくるのを忘れて取りに戻るなどw

さすがに急がなきゃと思い、信号の少ないこばやし峠経由で行くことにした。もう道路も凍結してないし、福井から平和へ抜ける道にはトンネルができて冬でも通れるようになり、楽々だった。前はすっごい急な坂を上って下りなきゃならなかったので、コンパクトカーにはキツい道だったけど、坂を上りきったところでパッと視界が開け、天気のいい日には日本海も見られる隠れた絶景ポイントだったんだけどね…トンネルのおかげで海まではあまり見られなくなってしまった。

ところでこばやし峠までトンネル化計画があるそうな…たまげた!
http://www.city.sapporo.jp/kensetsu/stn/genzainojigyo/kobayashi/gaiyo.html

一番急カーブのとこで去年あたり横滑りしたっけ…
山の民にとってはカーブだらけの道って結構運転楽しいんだけどなぁ。

あー練習見学練習見学。

ついたときにはもう3グループに分かれてミニゲームをやっているところだった。移動当日の練習は見てもつまんないからか、天気が良くないからか、福岡戦でクソ試合をやったせいか、見学者はあんまりいなくて、去年から開放されたクラブハウス前のスタンドにも悠々と座れたw

前に来たのは09年最後の練習で、謙伍や曽田さんと別れを惜しんでしみじみとしたものだが、彼らの代わりに若い子が入ってきたわけじゃないし、なんか意欲的に見る気しねーな、とはすっぱに構えていたら、後ろの方でカシャカシャカシャ!!とカメラの連写音がする。あーマスコミの人ね…そのうち、その音とボールの動きに関連があることに気がついた。つまり、ゴン中山がボールを持つと写真を撮るんだね、その人。

ふーん…。

そういえば最近、ちょっとローカルに落としておきたいなと思う萌え画像がローカル紙から全くなくなったような気がしてたが(今や萌え画像フォルダはシルバたん画像であふれかえっとる…)、こういう訳だったのかぁ。

ならば自分で撮るしかなかろ?とカメラを取り出し、ズームインすると、おっ!この少年は!!新3年生で先日2種登録されたFW三上陽輔くんが練習参加していたのだった。俄然やる気になる私。後ろのカメラマンとシャッターチャンスが全然違うのは言うまでもないw 次いで新2年生のMF荒野拓馬くんも発見し、これは関係筋に報告せねばなるまいととりあえずツイッターでつぶやくw

この3連休にユースは東京遠征してイギョラ杯を戦っているところだけど、2人は札幌居残りでトップ練習参加なのね。期待の2人なので頑張って伸びて行ってほしいものだ。ミニゲームの最後の方で、拓馬くんのパスを三上くんが胸トラップして反転してボレーを決めていた。よしよし。

0320miyanosawa.jpg
まだまだ雪深い宮の沢。っつーか何ならスコップで雪割りしてあげようか?
ちなみに留守番選手の指導に当たってるのがムラでした。誰この人って素で思ったから…すいませんw 白い恋人のCMもすっかり路線が変わりましたネwww

0318hiro.jpg
ストレッチをするヒロ。

今年初めてなのでいろいろファッションチェックをする…
なんかみんないろんなデザインのシャツを着て練習してるようだ。この写真のようにツートンの袖あり、無地の袖あり、右と左で色がちがうのもあったし。生足の人とかストッキングの上にソックスはかないキリノとか。ユース君たちは生足でネックウォーマーもしてなくて、若いなぁと感心する一方、1つしか違わないヒロは完全防備でやっている。

しかしこの縞々のソックスにはやはり見慣れるまで時間がかかりそう。
キャンディキャンディで育った世代としては、小学生の女の子にしか見えないんだよ〜〜w(昔、みんなこぞって縞々のソックスを履いてた時代があったのさ…)

このように変なとこを変な風にみてるので、スタメン予想とかムリだけどw まぁ報道の通りでないかなと。石川くんと藤山さんはずっとペアでやってたしね。しばらくして遠征組は練習を終え、クラブハウスに引っ込んだのだが、ヒロと藤山さんが並んで歩いていて、おんなじような背丈だったのを発見。おお〜これってバヒートスじゃね。
posted by ぶらんか at 22:49 | Comment(0) | コンサドーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月13日

何コレ!

J2第2節
コンサドーレ札幌 0-3 アビスパ福岡
J's Goal

会場の雰囲気はスライドショーでどうぞ


アップのために選手が出てきたときなんか、すんごい盛り上がっていい雰囲気だったのに、それをいとも簡単にぶち壊す選手たち…('A`)
2万人も入った試合でこの体たらくだもん、一生貧乏決定だよ('A`)

あまりに低調な試合だったので、ハーフタイムに帰ろうかと思ったけど、両脇にびっしり人が座っていたので出るに出られず、結局最後までいたけどさ…隣に上品なおばさまがいらして、こんな得点のにおいのちっともしないクソ試合にもかかわらず、「1点でいいから入らないかしら」と祈るようにして見てるわけだ。だから「このゴミボランチさっさと代えろゴラ石崎!!」と叫びたいのをぐっとこらえられたんだけど、私のよーなスレっからしのサポは別にいいけど、お隣のおばさまのようなサポのやさしい心を踏みにじるような試合はやってくれるなよ、頼むから。

つーか開幕戦じゃんよ、コレ!!!!!!

ゴル裏からブーイングが出なかったのが腹立たしかった。
このチームに必要なのは飴じゃない、ムチだ!ピシー!!(元来S気質なのでちょっと喜んでいる)

ゴン中山が入ってから懸命に走っても遅いっつーの。そんなに寄りかかられたらゴンだって迷惑だろうに。あー腹立たしい。
これが底だと信じてるから。とにかくボランチは代えてください。


…しかし福岡強いな。。
posted by ぶらんか at 21:57 | Comment(0) | コンサドーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

ま、こんなもんじゃろう…

J2第1節
サガン鳥栖 1-1 コンサドーレ札幌
得点者:藤田征也、飯尾
J's Goal

どうでもいいけどgoalってつづるのめんどいな…(スペイン語はgol)

先週のPSM大分戦は見てないので、今日が私の初コンサ。
緊張しててあんまり覚えてない…。ていうか私のキリちゃんがいきなりベンチにも入ってないんですけど。新聞各紙はゴンがどうのという煽り記事ばっかりで、なぜキリノが外れたのか分かるような記述なし。まったく、何のために熊本くんだりまで行ってるんだか。

そんなわけでオール日本人の漢字だらけのフォーメーションにやや戸惑いながらも、右SBに芳賀がしれっと入ってるあたり、堅実だなぁと感心したw 足首捻挫でしばらく離脱していたヒロも開幕に間に合って一安心。今日、一応プロデビューなのだよね、彼は。すでにそこにいることが当たり前になってて、誰も全然お祝い気分じゃないのが笑える。(ちなみに今日、ユースの卒団式だったようです)

開幕の独特な緊張感に出だしは固いな〜と思った。ボランチの宮澤くんもカズも最初は相手のプレッシャーを恐れて、大して間合いをつめられていないのにボールを落ち着かせようとせず、ヘディングでポンと戻してしまう→受けたDFは簡単にクリア→最前列で空中戦 この繰り返しでどーすんのよ、もぉ!とイライラしたが、そんなアバウトなフィードでも真面目に走って追って競って体張ってボールキープするユースケ氏乙。ほんと乙。

彼のキープに征也がスピードを生かして走るパターンが出てきて、先制点もそんな感じ。21分にコンサゴル前の守備でボールを奪ったカズが前線にフィード、征也が抜け出してシュートはポストに当たったが、跳ね返りをきちんと押し込んだ。征也って何年か前も鳥栖でゴル決めてなかったっけか。鳥栖が得意なんだね。

http://www.jsgoal.jp/photo/00058400/00058465.html
初めてみたときは征也に見えなかった。ふけ…いや大人の男になってきたな〜。つーか全身赤黒でコーディネートされてておしゃれです!(当たり前だっつの)

鳥栖はゴリゴリくるんだけど、人のことは言えないが雑で…今季から得点表示の下にシュート数をカウントする欄が出来てたんだけど、数は増えても枠内シュートがないから、全然怖くない。逆にコンサはカウンターで内村がGKと1対1になる場面があって、決め切れなかったのが痛かった。ヒロも最初は消え気味だったけど、時間がたつにつれ存在感見せて、中に切れ込んで征也に絶妙なスルーパスを送ったときは叫んだよ…。前のコンビネーションはまだまだだな!

リードを守って前半終了。
後半はボールは相手が持つことが多くなったが、前線からプレッシャーかけてなかなか前に運ばせない守備ができていたのにな。でも守備してボールを奪っても、前の方で時間稼ぎできないので、ボールがすぐ戻ってきてアー疲れちゃう。39分、コンサ右サイドで誰かがファウルして鳥栖FK。ここで一瞬休んじゃったのがまずかった。セットプレーするのかと思いきや、早いリスタートされてマークがずれまくりのコンサ、キムなんとかのドリブル突破でエリア内がわやになり1回2回はなんとかクリアしたものの、3回目に飯尾にドカーンとやられてしまた。

ふえーん。そんなこっちゃないかと思ったんだよ…('A`)

終盤に追いついて盛り上がるスタジアムに息を吹き返す鳥栖、怒涛の攻撃を跳ね返すので精一杯の、絵にかいたような超劣勢。ただでさえ疲労のたまっていたユースケが相手DFと交錯して起き上がれなくなってしまったので、ここでついにゴン中山登場。ジュビロではゴンが入ることで空気が一変するのを見たことがあるけど、コンサではどうなんだろ…


すると入ってしばらくして、コンサのカウンター、右サイドで征也がボールを持ってドリブルするのをゴンはサイドに回り込んで中にスペースを作り、征也が中に仕掛けて行き、ゴンはゴル前に。最後は左サイドで征也からパスを受けたスナ様のクロスにゴンが飛び込んできて(しかもニアに)、ぎりぎりゴールに入りそうだった!やるねぇ!!
コンサの若い連中はこのプレーをもっと意気に感じて、発奮せないかんよ。あんな時間でも。これで少し流れが変えられるといいなと思ったけど、そうならなかったのがちょっともったいなかった。つーか引き分けで終わって恩の字だったのかな?

かくして今年は引き分けスタート。
開幕戦で勝ち点もらったの4年ぶりなんだと…へぇそうかい。そんなに負けてるとは思わなかった。まぁホームで勝てばいいんよ。。でもゴン目当てのライトな人々がどんだけ集まるかは知らないけど、そういう人が増えれば増えるほど、何かやらかすような気がしてならないw
posted by ぶらんか at 23:19 | Comment(0) | コンサドーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

謙伍頑張れ

0126gekkon.jpg今日やっと月コン買った〜。なんで25日発売のもの、みんな23日に読んでるんだろうと思ってた。つーか発売日過ぎてるw この表紙を見ても、3人のいんたぶーを読んでも、どう考えても俊Pの方がヒロより体脂肪率高そうなのに、どうしてヒロは監督にお腹の肉をつままれているのだろう…謎だ!
俊Pは隠れて努力するタイプで、ヒロはお正月に天ぷらを食べ過ぎたに違いない。

次のゴン記事はさらっと飛ばして(すまんね、若い子大好きなもんで)、ユースの記録記事は凝視w この手抜き雑誌が!決勝くらいもっとねちっこく記事を書け〜!

ていうか、月コンって字が小さすぎない…?
こないだテレビでサッカー見てて、ちょっとメガネ外したらピッチ上の選手が一気に44人に増えたくらい乱視が進んだ私だけどさ〜年寄り多いんだから頼むよ道新。

ところで某所より入手した愛媛のローカルニュースでの謙伍紹介コーナー見たよ!



「ベビーフェイス」だの「北のプリンス」だの、照れるなオイ。
(っつーか”プリンス”の称号は征也のもので、今はヒロに受け継がれつつあって、謙伍は元々その系統にありません念のため)でも5分以上にわたってしっかりと紹介していただいて恐悦至極でございます。クロアチア人の監督さんに「FWですから点を取るのが仕事です」とか言われてたっけ、じゃあぜひトップで使ってくれ!サイドで使ったら許さん。

このビデオでは出場機会の少なかった去年唯一上げた1点のシーンしか取り上げられてなかったのが、仕方ないとはいえとても残念。直近で一番感動した謙伍のゴールといえば、07年のお盆にやった京都戦の決勝ゴールなのだけど、それをようつべで探したけど映像の荒いのしかなかった。そういえばこの試合後の「アフターゲームショー」はいつかどっかでブログネタにしたはずだ。。このブログだったw

http://todoconblog.seesaa.net/article/51681925.html

なぜか謙伍インタビューだけ削除されてしまっているが…なんでだ?こういういんたぶーモノは卒なく答えられる征也より、たどたどしい謙伍の方が断然面白いのに!!たしかこのビデオではスタジオにいるノノの質問にすぐ答えられなくて、隣の和田りつ子さんに通訳してもらって答えたんだよwきみはスーザン・ボイルか!
しかしこのころの征也、若いな〜w(今でも十分若いけどさ)ワールドユースの年だったね。

ワールドユースといえば、こないだちょっと前の大会で調べたいことがあって、本家FIFAのページを眺めていたのだった。
http://www.fifa.com/tournaments/archive/tournament=104/awards/index.html

コンサドーレの選手として参加したはずの山瀬の所属チームは浦和レッズになってるし、同様に藤ヶ谷はガンバ、今ちゃんもFC東京。かといって昔広島で今は札幌にいる吉弘は広島のまま。ピキッ
ならば今も昔も札幌にいる征也の所属チームはそりゃConsadole Sapporoだろう。ああ、なんて孝行息子なの!と感激しつつ、名前をクリックしたっけ、07年大会から書式が変わって、チーム名を書く欄がなくなっていた。。。orz

えーと、話がずれたw

謙伍ビデオの続き。
ようつべで愛媛へ旅立った謙伍を応援するビデオ見つけました。



これは素晴らしい。

コンサドールズ加入宣言から始まって、ああそういえばあったあった!と思うゴールの数々。もちろん京都戦の変態ゴールも入ってる。いつぞやの愛媛戦でのボレーなど素晴らしいではないか。こないだあんなシュートをビジャさん外していたよw
ほんと、きみとの5年間は楽しかったよと思える秀逸なビデオで、しばしひたってしまった…。まぁ私はユース時代から7年くらい見てたことになるのだけど、04年の高円宮杯遠征前日の練習で決めたミドルはすごかったよ。たぶん観客としては私しか見てないだろうけどw…謙伍が3年生だった04年はこれでもかってくらいユースばっかり見てた楽しい日々でした。。

謙伍がコンサドーレからいなくなるのは寂しいし悔しい気持ちもあるけど、謙伍にとっては飛躍のチャンスだと思うんだ…札幌はいいとこだけど、5年もいたらそろそろ次を考えなきゃいけないんじゃないかな。プロになって引退するまでの選手の人生をまるまる預かることができるほど、コンサはいろんな面で大きなクラブじゃないからさ…。
わ〜私変わったーー

まぁとにかくみんな頑張れ!!
posted by ぶらんか at 23:29 | Comment(0) | コンサドーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

キックオフイベント

今年は駐車券前売りするわ、シャトルバス運行するわ、どんなカオスになるのかと思ったキックオフイベント。13時開場のところ、12時15分くらい前にドームについたら、西ゲートのW杯の思い出グッズが展示されてるあたりが列の最後尾だった。去年もこの辺で待ってた気がするので、このくらいならまぁ例年通りだよなぁと思った。周りの人もハウスメイトのマフラーやら、かばんにコンサアクセサリーじゃらじゃらつけた、いかにも「長年応援してます」って人だったし、みるからにゴン景気に釣られて来たような人はいなかったような。そういう人は1時間以上も前から並ばないかw

1時になって列が動き出し、入口でもすんなり入れて「よしっ席取りがんばるぞ!」と張り切って階段を上ろうとしたら、中でまた列ができていて、並ばされた…寒いから早く入れることにしたのか?その人の数に驚く。やっぱりいつもと違う…。しばらく待たされてようやく場内にはいることができた。なんかもうこの時点で少し疲れたw

ゴンがくるってことでローカルマスコミがこぞって宣伝していたので、人がたくさん来ることを想定していたであろうに、イベント内容やステージ構成はいつも通り。まぁゴンが来たってお金がないことに変わりないしな〜。久しぶりに観戦仲間にあって、新年のあいさつして、おしゃべりして。なんでも今日の様子はすぽるととか、全国放送でネタにされるらしいよ?つーかこんなゴザ敷いて座って見るようなローカルな集まり、放送されたら恥ずかしいわ!とかなんとか。

イベントの雰囲気はスライドショーでどうぞ。
アルバムのURL:http://picasaweb.google.com/picblanca328/0117?feat=directlink


あと、ようつべに選手紹介を上げてくれたひとがいました。


選手紹介の前に期待のユース君の顔が見られて、そこでひとしきりコーフンしてしまったので、選手紹介あたりでさらにまた疲れるw
背番号は大きい変更は宮澤くんの11番→10番くらいじゃないかね?石川くんに曽田さんの4番というのも一瞬どうかと思ったが…つーかヒロの14番説というのはどこから飛び出したんですの?!

ダニーと西きゅんがレンタル移籍したので、それぞれ14番と22番は欠番になっていた。こういうのって許されるのかな?今までにないことで、どう考えたらいいのか…いろいろ考えてしまう。どうせピクシーにはコンサからきた外国人は使いこなせっこないから、途中で返してもらうつもり満々なのかしら。西きゅんはグアムドールズにひっそり参加してたから、心はまだこちらにあるのね…と少々留飲が下がった。新潟が嫌だったらいつでも帰ってきていいんだからねっ!とでも?

0117nishi.jpg

まぁ2人とも「絶対返してもらう」って意思の表れなのかな。。
西きゅんはともかく、ダニーは一度名古屋の高いお給料もらった後に帰って来る気になるのかなって思っちゃうけどさぁ。転売目的なら欠番にしないだろうし…わからんな〜。

ゴンについてはいろんな人がいろいろ書くだろうから、私はいいよね、別に。ただノノとのトークは、お互いに頭の回転早いし空気読めるし、質のいいしゃべりを聞かせてもらったと感心した。
「のんのん。」の収録は余計だったナ。ロクな相談事がなくてw

それにしても選手だった人が移籍して、移籍先で引退しても札幌に帰ってきて(道民でもないのに)、スタッフにいる…ムラ、なにかしらコンサ周辺で仕事してる…健作、岳也、ノノetc とか、こんなの他のチームでもあるのかな?札幌という街がこういう人を呼び戻す性格を持つところという気はしているけれど…ともあれコンサ周辺にお金を稼げる環境があるのはいいことだ。こういうイベントがあると、若い子萌えしながらもOB会の雰囲気も漂ってきて、長くサポやってると楽しみも増えるもんだな、と思って帰ってきた。駐車場から羊ヶ丘通りに出るまで30分かかったけどね!
posted by ぶらんか at 22:17 | Comment(0) | コンサドーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする