2009年05月03日

花見

SSAPへ行く途中、石山通り藻岩下あたりのコブシ
0503kobushi.JPG
電線が邪魔〜

SSAPからの帰り、真駒内公園に寄ってみた。
0503makomanai3.JPG
国道からも桜が咲いているのが見えるのに、お花見してる人はほんとにまばらで(土日祝は駐車場が有料だからか?w)、はっきりいって穴場だと思います!!!

0503makomanai2.JPG
北海道っぽい構図。白樺の木立の向こうに桜の木が見える。

0503makomanai.JPG
芝生が枯れてるのが興ざめだけど…。
遠くの山にはまだ雪が。

煮炊き禁止の公園だからうざいジンギスカン焼き焼きもなくて、レジャーシートにお弁当の人や、折りたたみ椅子でただひたすら桜を眺めている人など、正統派が多くて心強かったw

さて、この時期の真駒内公園といえば、カタクリの群生地があって、カタクリが一斉に咲くので知られているのだけど、かなーり歩いて「カタクリ群生地」看板発見。少し急な坂を上ると、ピンクのカタクリが咲いていた。咲いていたけど、群生というにはちょっとまばらで…遅すぎたのか?場所が違うのか?

0503katakuri.JPG
とりあえず2輪だけパシャリ。

歩きすぎて疲れた〜。
ようやく国道に戻って公園を出ると
0503suisen.JPG
道端にスイセンがずら〜っと。

疲れたので六花亭でソフトクリーム食べて帰った。

南区で桜だけ見るなら真駒内公園よりお隣の真駒内中央公園の方がコンパクトでいいかも。藻南公園と十五島公園は炊事公園なので、正統派にはおすすめできない。(臭いでぶちこわしなんだよね…)
posted by ぶらんか at 16:47 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月02日

花写真

今日はずっと庭の草むしりしたら腰が痛い〜。
去年は庭いじり放棄してたので、仕事も倍ある感じ('A`)

これはコブシ。
0429kobushi.JPG
雪の重みで折れてしまった枝を花瓶に挿しておいたら、ちゃんと咲いたかわいい

満開のエゾヤマツツジ。
0502ezoyamatsutsuji.JPG

やたらちびなスイセン。草丈が10センチくらいしかない。
0430suisen.JPG
この写真とってカメラのAFとかMFとか使い方がなんとなく分かった。今更だけどw

オキナソウも咲き始めました。
0502okinasou.JPG

うちの庭には八重桜しかなく、開花はかなり遅いので、明日はよそに花見に行くべかな…。
posted by ぶらんか at 19:12 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

ゆ〜りが咲いたぁ

0713lily1.jpg
0713lily2.jpg

ヨーロビアンリリー”フェルメール”。

花が咲くまで3年かかった(^^;
1年目は芽も出なかった。
2年目はつぼみはついたけど、虫がついてつぼみが食われてしまったorz

今年はいやに立派な芽が出てきたから、隣のバラと同じだけ肥料をやって(バラだけはいつも特別待遇なのだ…)、オルトランをこまめにばらまいて(虫がついて隣のバラに移ったらイヤだなと思って)、いつも「ついで」に世話をしていたのに、こんな可憐な花を咲かせてくれた。

たった1株だけど、気分は百合が原公園ヽ( ´∀`)ノ

百合が原公園ブログ
http://sapporo.100miles.jp/yuri87/
posted by ぶらんか at 00:00 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月16日

6月

今年もバラの季節になりました。

0616rose.jpg

4月に冬がこいをはずし、まだ新芽も満足に出てこない時期に、「趣味の園芸」を参考にかなり深く剪定したっけ、ほんとに小さくしてしまい、ふと北海道向けの園芸雑誌を開いたら「本州のよーに深い剪定はしないこと」なんて書いてあって、ギョエーなんたるこっちゃ〜〜!!!!と驚き、落ち込んで2ヶ月。

雪がなくなってから寒い時が続いて心配してたけど、気がつけばぐんぐん枝が伸び葉もこんもり茂って、いつもと同じ光景になり、そして花が咲いた。
株のスタイルも良くなったし、花もたくさんついて、強剪定は正解だったなぁと思う。

0616manzanilla.jpg
バラの隣にはマンサニーリャ(カモミール)がいいらしい。
posted by ぶらんか at 10:13 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月30日

7月の庭と畑〜もうすぐ8月

バラはちらほら咲いているけど、一休み中。
ラベンダーは終わった。
ききょうが咲き始めている。ソープワートが咲き出したら夏も終わり。

殺風景な8月。

0730girasol.jpg
けど、8月にはひまわりがある!

0730girasol2.jpg
大きいのは手におえないのでミニを植えた。草丈30センチくらい。
こんなにかわいいなら、来年はもっとたくさん植えようっと。

ひまわり。girasol(ヒラソル)。
girar(回る)+sol(太陽)。スペイン語も”向日葵”と同じ発想。

しつこいようだが、ひまわりといえばヘンリー・マンシーニなのだ。
YouTubeで福田さんのひまわり見つけた(゚∀゚)

http://www.youtube.com/watch?v=Etqd4knYfB4

ええ曲、ええ編曲じゃ…


ところで、先日観察日記を実の収穫をもって終えたズッキーニだけど…

0730zucchini2.jpg
ちょいとうどんこ病がでてしまったらしく、葉っぱがちぢれてしまった。
実もナンチャンのほっぺのように表面がでこぼこしてる…

0730zucchini.jpg
病気じゃない株のズッキーニはご覧のように健やか。
今日はこの2本をグラタンにして食そうかと思う。

春、何の気なしに植えてみたナンバンもたくさん実をつけている。
0730nanban.jpg
でも、どうやって食べればいいかわくゎんない…( ゚д゚)
うち、焼肉とか野菜炒めとかあんまりしないしなぁ…。

posted by ぶらんか at 14:37 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月08日

7月の庭

急がなきゃ…
しかし花の名前を忘れて思い出すのに時間がかかっちゃった。

0708garden.jpg
バラの中で一番最後に咲いたセントセシリアと、ツルバラ、デルフィニウム(白)。

0708saintcecilia.jpg
Saint Ceclia
綺麗すぎる…。そして今年はやけに樹高が高くこんもりとなった。

0718hissop.jpg
ヒソップ

0708hanabisisou.jpg
花菱草
4つの花弁が作る形が菱形なのでこういう名前がついたのかな。
赤かったらあのチームに献呈したいものだw

0708popy.jpg
つい最近、園芸店の半額セールで手に入れて植え場所を考えているポピー。
「てんとう虫」という名前がついているとおり、黒い斑点がかわいい。
そもそも赤黒なのが(・∀・)イイ!
posted by ぶらんか at 10:44 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月01日

7月の庭

ぷらら、落ちたままだな…

ジキタリスと都忘れ、ギボウシ
0628hikage.jpg
フキまでw
倉庫の影で日当たりが余り良くない場所だけど
こうしてみるとなかなかいい風情。

0701wilds.jpg
ワイルドストロベリー。
酸っぱくて余りおいしくないので放置していたら
小指の先ほどまででかくなってた(;゚∀゚)

0701rose.jpg
バラが咲きました…

1ヶ月か2ヶ月に1週間ほど、定年退職して悠悠自適の叔父が横浜から遊びに来るのだが、このバラのつぼみと終わった花の区別もつかない園芸オンチのくせに、この私に向かって

雑草は根っこから引っこ抜かないとダメなんだ!わかったか。

と講釈を垂れる。
元が大企業の重役様だから、下手に逆らわずにへぇへぇ、と適当にあしらっていたら、翌日、ユリが植わっているところがみごとにハゲあが…いや、雑草が抜き取られていた。
雑草の中に日本スミレがあったことも知らず…まっさらの不毛の地になっていた。

そればかりか、ただでさえ元気がなかったデルフィニウムも、あるものはひっこぬかれ(つぼみがついていたのに!!!!)、あるものは踏みつけられていたのだ。
大事に大事にしていたのに。

このクソジジィ…

あんたの父親は花と風流の分かる粋な男だったのに、このザマか。
この産業廃棄物!!!キーーーー!!!
私の数少ない憩いの場で、よもやこんなヒステリーを起こすとは。

そういえばこないだも、パセリが2種類ほど「紛失」していたっけ。
刺身の飾りについてるでしょ、良く見てから抜けよ、おるぁ…(脱力

そんなわけで私の花園は善意の荒らしの真っ只中にあり、ああ、早く横浜に帰ってくれ…そして雪が降るまで戻ってくんな…_| ̄|○
posted by ぶらんか at 15:21 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さくらんぼ!

さくらんぼが色づいてきた。
0701sakuranbo2.jpg

0701sakuranbo.jpg

今年は天候不順でどうなるかと思ったけど
なぜか札幌からスズメの姿が消えて久しく…
おかげでさくらんぼも無傷のものが多い。

たくさん食べられるぞ、やったーヽ( ´∀`)ノ

しかしその一方で、毛虫を食べてくれるスズメがいないので
バラやユリのつぼみは毛虫に食われて穴だらけ( ´Д⊂ヽ
ナスタチウムの丸い葉の一面に毛虫がうじゃ!と密集しているのを見つけ
近所にもう黄色くない声をとどろかすハメになり…orz

スズメや、そろそろ戻っておいで。

あの虫が一斉に蝶やガになってまた卵を産み落とすと思うと(((( ;゚Д゚)))
秋が思いやられる。

posted by ぶらんか at 10:13 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月24日

雨上がり

1週間、ほとんど日差しらしいものがなく、雨ばっかりだったけど、植物はすくすくと育っていたらしい。庭全体が草ボーボーでジャングルみたいになってるよ('A`)

2月に種をまいて育てていた金連花がきれいになってきた。
0624kinrenka.jpg
うっかり除草剤撒き用に使ってたジョウロで水やりしたこともあるこの金連花。信じられないほどタフである。肥料やりすぎで葉ばっかり茂っているが、夏頃には肥料も切れて、たくさん花をつけるだろう。

夏がちゃんとくるかどうかは別問題だが…

0624syakuyaku.jpg
芍薬も花開く。

0624rose.jpg
今年も一番に咲いたのはこの紅バラだった。
他にも2つ3つ花をつけていた。他のバラもつぼみが膨らんで、もうちょっと。

0624ichigo.jpg
赤い花のイチゴちゃん。
一番最初に咲いた花がイチゴになりつつある(゚∀゚)
posted by ぶらんか at 10:20 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月17日

雨が似合う

雨上がりのあやめ
0617ayame.jpg

日照不足が気になる今日この頃。
来週こそ、お日様に恵まれますように。


それにしても強いな〜アルヘンティーナ。
昨日のセルビア・モンテネグロ戦の2点目なんか美しすぎて。
ゴン中山がおおはしゃぎなのも微笑ましい。てかJ1は選手も監督もみんなドイツに行っとるのかーーーいいご身分だ。

アルゼンチンは01年アルゼンチンWYで名を馳せたサビオラやコロッチーニ、アテネ五輪のテベスなど、順調にA代表に上がって活躍してて、いいね…
本当にうらやましか。

それに比べ、前ワールドカップの遺産を使い果たそうとしている日本。
posted by ぶらんか at 11:49 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月03日

可愛い

このごろヒマさえあればホームセンターや園芸店を覗く日々。
今夢中なのは、このピンクの花。
0603ichigo.jpg
イチゴの花!
イチゴの花といえば白と決まっているものだと思っていたけど、あんまりかわいいのでながめて飽きない。園芸店のおじさんによると、ちゃんとイチゴもなるそうだけど、花がかわいいから、実はなったらラッキー!くらいに思っている。

ほかに「アネモネ」「エーデルワイス」を入手。
ともに歌の歌詞でしかしらない花。

ツツジはそろそろ終わり
0603tsutsuji.jpg
ミツバチがお食事中。

サクラソウが満開
0603sakurasou.jpg

バラはようやくつぼみが見えてきたところ。
そのつぼみにアブラムシがたくさんたかっていたのでひねりつぶし、払い、薬をぶっかけてやったので(←全く容赦のないヤツ)明日にはきれいさっぱりいなくなるだろう。( ´ー`) y-~~

6月、いよいよバラの季節へ。
posted by ぶらんか at 10:35 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月27日

札幌の木、札幌の花

今日は予定ではバラに薬を撒こうと思っていたのだけれど、風が強くて明日は雨の予報なのでやめた。ほんの少しアブラムシがつき、うどんこ病の気配もあるので心配なんだけどなぁ…。

そんなわけでズッキーニの植え替えをしたらやることもなくなってしまい、例によって撮影大会。

ライラック
0527lilac.jpg

この香りをかいで私は育ったのだよ。
ライラックが札幌の花かと思いきや、市役所の「札幌市のあらまし」
http://www.city.sapporo.jp/city/aramashi/
によると、ライラックは「札幌の木」なのだそうだ。

では札幌の花とは
0527suzuran.jpg
すずらん。
うちの庭には昔はもう少し咲いていたのだけど、今はこれぽっち。とてももったいなくて切花にはできないや…。

すみれ
0527sumire.jpg
ビオラじゃなくて葉が細長い、日本のすみれ。

勿忘草
0527wasurenagusa.jpg
子供の頃、川崎苑子「あのねミミちゃん」というマンガがあって、苗をもらった小3のミミちゃんが「わすれな草」というロマンチックな名前に妄想を膨らませて、バラやカトレアみたいなうっとりするほど美しい花が咲くのよ〜!とクラスメイトに自慢したところ、実際に咲いた花は直径5ミリほどのチビた花がたったの1つ。クラスメイトに笑われてガッカリっていう話があったなぁ…とこの花を見るたび思い出す。

その後、たくさん花をつけ、小さくても「忘れないで下さい」と一心に咲く花を見て、ミミちゃんは気持ちを取り直す、ほんわかとしたストーリー。(これ、もう一回読みたい!と思って調べたら絶版なのだそうだorz)

確かに、苗をもらって1年2年はほんとにシケた花で、んじゃこりゃ〜なのだが、数年ほったらかしにしておくと、あちこちに種がおちてチラチラと咲き出して、砂利の上とかコンクリの隙間とか、いたるところで咲くたくましさがあり、「忘れるな」たって忘れられんほどの攻勢をかけてくるのだ…だから花が終わったら、場所によっては容赦なく抜かないと…。
ロマンチックな名前に騙されてはいけない。
posted by ぶらんか at 11:30 | Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月20日

春の庭

さくらんぼと八重桜が満開である。
今年は屋根の上から撮ってみた(゚∀゚)

八重桜
0520yaezakura.jpg

さくらんぼ
0520sakuranbo.jpg
今年の実のなりぐあいはどうかのう…

ついでにしゃくなげも撮ってみた。
0520syakunage.jpg
ツツジは散り模様。

庭に降りる。
幸せを呼ぶらしいワイルドストロベリー。
0520wildstrawberry.jpg
完璧なヘキサゴン。

ヤマブキが咲き始めた。
0520yamabuki.jpg
この花を見ると、いつも亡き祖父を思い出す。
昔、花の名前を知らなかった頃、祖父に尋ねたら、呆れたように
「何、知らねのか!

七重八重 花は咲けども 山吹の みの一つだに なきぞかなしき

というべさ」
とスラスラと歌を詠みながら教えてくれたのだった。
明治41年生まれのじいちゃんは山形の農家の次男坊以下で、そうそう家にいられないので、小学校卒業と同時に小樽にいる兄さんの元で大工修業に入った人である。そんないわゆるガクのないはずのじいちゃんが、こう淀みもなく百人一首をサラリと暗唱してしまうことにとても驚いたのだった。新聞以外のものを読んでいる姿なんか見たこともないのに。何かそのとき

明治の人にはどうしても勝てない…

と驚き以上に敗北感のようなものを感じたっけなぁ。
和歌は高貴な人が教養としてたしなむものばかりじゃなく、シモジモの者もこうしてくちすさび、親しんできた文化なのに、なんかやばいぞ…

このヤマブキはじいちゃんが南6条の家で愛でていたのを移したのだが、去年、周りに除草剤を撒いたらヤマブキにもかかってしまったらしく、往年の美しさが損なわれてしまった。ごめん、じいちゃん…。
posted by ぶらんか at 13:28 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

今日の花

さくらんぼ@人の庭w
0515sakuranbo.jpg

明日は今年初めての夏日予想。
posted by ぶらんか at 19:35 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月12日

今日の花

0512hitorisizuka.jpg
ヒトリシズカ。

うちの庭の日当たりの悪いところにひっそりと咲く。
それこそ物置の裏の薄暗いところで、腐った材木は置きっぱなし。
夏になると草がボウボウ、自分の家の庭なのに気持ち悪くて
あんまり足を運びたくない場所に、こういう清楚な花が咲く不思議。
posted by ぶらんか at 22:28 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月25日

フリージア

一足早く春がほしくて、数日前、花屋さんでフリージアを買ってきた。
買った時は茎に一番近い花が1つだけ咲いていただけだったが、3日たったらこんな感じ。
freesia.jpg

写真をとって画像を保存するとき、「フリージア」ってどういうつづりなのかな?と辞書検索したところ、『大辞泉』に

フリージアのあるかなきかの香に病みぬ/みどり女

という俳句が季語(春)の例として示されていて、とても印象に残った。
阿部みどり女(1886〜1980)、札幌生まれの俳人、かぁ。へぇー。

”あるかなきかの香”というよりはもっと強烈な香りを持った花だと、子供のころは思っていたけれど(鼻がいいので…^^;)、誰かがフリージアのそばを通り過ぎて、そのとき動いたほんのちょっとの風に香りが乗って届く感覚が「あるかなきか」ということなのか、匂いを感じてあっ!と瞬間、狂おしくなるのが「病みぬ」という感覚なのか、とあれこれ思ってみたりした。

お花屋さんにはもスイートピーもたくさん売られていたけれど、
私は断然、香りのフリージア。
posted by ぶらんか at 13:18 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月03日

春のバラ

2日連続日光に晒され続けて具合悪くなった…_| ̄|○

庭のバラでなごもう…。



5年くらい前に大叔母から譲り受けた黄色いバラ。
黄色…といっていいものかどうか。

というのも
つぼみ
つぼみは確かに黄色だが

開花
花が開くとこんな感じ。

香りも強く、もううっとり…(*´Д`*)

posted by ぶらんか at 16:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月23日

ユキヤナギ

今日は雨。

ゆきやなぎ

「雨の日と月曜日は」の通り、月曜日に雨に降られるとちょっとガッカリ。
でも今の時期は草花が大きくなるための大切な恵みの雨。それに昨日、義経も言っていたではないか。「春の雨は気持ちがいい」と。毎度、あのヘタクソな演技には心底('A`) なのだが、雨に打たれてみんなで笑うシーン、一昔前の青春ドラマじゃあるまいし、クサくて良かった(良かったのかよw)。
だから私も今日は傘を持たずに家を出た。



どーせ車だし。

今日の写真はうちの車庫の脇に植えてあるユキヤナギ。
満開になると小さな白い花がこぼれるように咲いて、とてもきれいなのだけど、この種類はつぼみがピンク色で、咲くと白くなるので、つぼみの時期に写真をとらないとどもこもならん、というもの。
posted by ぶらんか at 21:40 | Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月13日

サクラサク

青空

今日はいい天気だったなぁ。
できればお布団干したかった。
んで、布団叩きもって「しばくぞ!」とか叫びながらバシバシして…

写真は通りがかりの桜の木。
まだまだ満開には程遠い咲きっぷり。
春先には日本人、というか本州の人はさくらさくらと心待ちにするけど、私はライラックが咲くことの方がずっと楽しみだ。愛知県に住んだことでその心情をなんとか理解することができるけど、札幌に帰ってきたら、やっぱりライラック。だって…たぶん、北海道では桜も梅もつつじもレンギョウもこぶしも、みんな一遍に咲くから。日本の国の花、さくらといえどワン・オブ・ゼムでしかない。ライラックはそんな第1陣に少し遅れたころ、芳香と共に咲き始めるから、存在感がある。

で、実はさくらより梅の方が好きだ。梅は実がなるし〜。
明日は厚別帰りに平岡公園に寄ってみようかな?混んでいるだろうなぁ。
posted by ぶらんか at 22:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月16日

小さな春

札幌の積雪ゼロが昨日発表になった。

ウソツケ!!
といいたくなるような見事な雪の残り具合だけど、我が家でも日当たりのいいところでクロッカスが咲き始めた。

白いの
白いクロッカス

黄色いの
黄色いクロッカス

いつもに比べたら花がちょっと小さい感じ。
雪の影響か、土地が枯れてきたのかな?

天気がいいので、スペクタクルな雪捨て場の撮影をしに散歩に行きたいのだが、京都戦がはじまってしまうので、とりあえず以上。
posted by ぶらんか at 14:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。