2012年09月15日

札幌たべあるき

月に一度の街歩き。今回はちょうど14日から大通り公園でグルメ・イベント「オータムフェスト」が始まるというので、食べまくるぞ、いざいざって感じで出かけたのだが、

とりあえずまずはこちらへ。
0914kaminariyokesinko.jpg
おなじみ、雷除志ん古。
11時過ぎに行ったら、もうしんこ餅しか残ってなかったorz
私の大福…。
しかもそのしんこ餅も15日で終わりというので(なんでも温度と湿度がある程度ある時期でないと、作れないんだそうな)、あわてて買い占めたw 今度こそ電話予約して大福買うぞ〜
大福の電話予約って…

それから第一ホテルでランチバイキング。3カ月ぶりかな。平日はさすがにゆとりがあっていい〜!オータムフェストに行くから、すこしお腹に隙間作っとかなきゃと思いながら、でも所詮屋台メニューに比べたら、どう考えてもこちらの料理の方が上品で美味しくてヘルシーだよな〜とあれこれ目移りして、気がついたらいつものボリュームw もうお腹いっぱいw
何を食べてもおいしくてもう大好きだよ第一ホテル…

それからいよいよ大通に移動して、車は丸井さんの駐車場に預ける。平日は空いてていいよいいよ〜!でも9月も中旬になるというのに、バカみたいに蒸し暑くて、大通公園に直行する気がしないので、ジュンク堂をうろうろ、大通本館をうろうろして衝動買いしつつ涼んだあと、よっこらせと外に出た。お腹は一杯だし、荷物は増えたし、やる気はかなりそがれてるw

0914oodoori.jpg
もう信じられないほどベタな札幌の風景w

この乙女の像は昔札幌駅南口にあったのよね。青い駅舎の時代。私が子供のころは札幌駅は汽車に乗るため寄るところであって、札幌市民は買い物などは大通ですませるもの、札幌駅は田舎者が使うものってずいぶんな差別意識があった。しかも母の実家はすすきのに近いところにあったので、北○条とか、東○丁目(創成川より”向こう”という言い方w)は田舎プッって意識もあったの。タクシーに乗って行き先を指定するのに「6条9丁目」といえば、すなわち「南6条西9丁目」ということで、「南ですか北ですか?」なんてヤボなことは聞れなかった時代もあったのよ…と昔話。

ところでこの像の脇に、石川啄木の像がライラックの木の間に立ってたけど、そこはなぜか人だかりができていた。啄木がそこにいたことも知らないんですけど…それより水飲み場というにはちょっとおしゃれなあのブロンズのオブジェはどこにいったんだろう?子供の頃、こんもりと水が流れる吹き出し口を手で押さえていたづらしたわw

そして4丁目から
0914fest.jpg
8丁目まであったらしい。7丁目で疲れて戻ってきちゃったけど。

1時過ぎ、まだまだ食事時なのですごい混んでいた。北海道のたべものから外国のたべものまで、いろいろありすぎて悩むわ〜。まぁこっちはお腹いっぱいなので、眺めるだけで決断する必要なくて楽だけどw でもできれば晩ご飯になるものを何か買えたら。

6丁目でパエーリャ発見!
0914paella2.jpg
去年暮れのミュンヘン・クリスマス市でも見かけたおじさんのパエーリャだ!この手前のパエーリャパンほしい…と思ったけど、中身のパエーリャを求める人でかなり長い行列ができていて、おじさん忙しそうだったので、写真だけ。っていうかオイ

0914paella.jpg
毛ガニだーーー!!ロブスターもいるし、豪勢だなぁ。
でも原形をとどめてるから、パエーリャには入ってないってことだよねw

さらに西へてくてく歩いてると、なんか見覚えのあるのぼりが。「いしやま朝市」。まさかとは思うが、石山商店街ってもろ地元ーー!いつも旧じょうてつ石切山駅舎で毎週土曜日に朝市やってるなぁと思ってたんだが、こんなとこまで出張してくるとは。思いっきりローカルな産地表示の野菜や果物売ってた!これで石山の知名度も…上がらなくていい別に。札幌軟石を使った古い建物見たときに(上の雷除け志ん古の建物とかね)じんわり思い出していただければ。あと定山渓近くの佐々木果樹園さんも来てた。

0914yubari.jpg
夕張メロン熊だー!
その存在は早くから知っていたけど、実際見るのは初めてだったかも。小さな子供が、お母さんに「ほらメロン熊だよ」と促されてるのに、全然近寄ろうとしないから笑えるw

0914mernguma.jpg
ポーズ取ったりサービスはいいw
でもメロン熊って頭の下にすぐ足がついたニコちゃん大王みたいなやつだったのに、いつの間に胴体と腕ができてるのね。

人ごみでちょっと疲れちゃって、公園のベンチで休んでいると、なにやら面白い物売りの声が。
0914namaramen.jpg
レンジでチンするだけで、すすきのの名店と同じラーメンが!だって。
名付けてすすきのなまらー麺。ベタすぎる…。でもどんぶりに麺と水500ml注いでかき混ぜてチンするだけなんだって。(話を聞いてたやつ)試食をすすめられたらわ〜っと人だかりができたのだが、一通り話が終わって今なら千歳空港より安い300円!ってことになったら、みんなさーっといなくなっちゃったw 写真は人がひけたあと撮ったw
トークはなかなかおもしろかったのに惜しい。まぁ私も黙って見てたんですけどね。
千歳空港で売ってるみたいだし、観光客にはおなじみなのかしらん。

結局、このなまらー麺のとなりのブースにあった、礼文島の鮭のコンブ巻とトルコのケバブを巻き巻きしたのを晩ご飯用に買って、ふと名物とうきびワゴンをみたら、黒もちきびがスイートコーンと同じ300円で売られていたので、即ゲット。黒い昔ながらのとうきびがワゴンで手軽に売られてるとは知らなかった。その辺の農家行っても売ってないし。
いやぁ充実したわ〜。

家に帰ったら、HBCの「今日ドキッ」という番組で、オータムフェスト特集やってて、待ち時間75分の行列は「さっぽろシェフズキッチン」といって、名店のシェフが提供するプレート料理だったと分かる。そうだったのか…。でも食事を得るために並んで待つという行為は、被災したんでもない限りしたくないので、私には縁がないブースだなぁ。おいしそうなんだけどね。

札幌は観光地として有名な割に、時計台が三大ガッカリとか言われちゃうし(中の博物館は結構おもしろいのに…)、見る観光はちょっとしょぼいという評判だから、こういうイベントで勝負していかないとw 全国からお客さんがくるようになったらいいね。おなかいっぱい、楽しゅうございました。
posted by ぶらんか at 15:41 | Comment(0) | さっぽろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

平岡公園

梅林で有名な平岡公園に行ってきた。
ご近所のS藤さん宅の白梅がとてもきれいに咲いていたので、もうそろそろかと思いでかけたわけだが…人出は結構あったのだが駐車場から公園内への入り口の掲示板に
「紅梅…一分咲き、白梅…未開花」という掲示が。おいw

0514bairin.jpg
うーむ寒い。

0514bairin2.jpg
でもちらほら咲いてるのも風情があっていいかも!

0514koubai.jpg
つぼみはふくらんでいるので、もうじきと思われる。

0514bairin3.jpg

0514bairin4.jpg
一分咲きでこうだから、満開のときは華やかなんだろうなぁ。

寒かったのでそぞろ歩きもできず、適当にながめて、適当に写真を撮ったあとは早々に引き揚げてしまったw 老人ホームのお年寄りたちのグループが多かった。車いすの移動は大変だから空いている平日に、というのは大叔母のホームもそうなので分かるけど、おばあちゃんたち寒そうでかわいそうだった。来週まで待てば良かったのに。私モナー。
posted by ぶらんか at 22:44 | Comment(0) | さっぽろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

硬石山の紅葉

10月に入ってなぜかやる気満々で毎日更新していたけど、昨日でついにネタ切れを起こしたので、今日は写真を撮ってみた。
1010kataishiyama.jpg

この辺から撮った


まだあんまり紅葉していない。。
でも去年もまだかなまだかな?って待ってるうちにただ枯れて、そのうち雪が降ってきてしまったし、これがマックスだったら嫌だなぁ。
(しかしウソくさい空の色だ…フィルムカメラがちと懐かしい)

あちこちの家の庭にコルチカムが咲いていて可愛かった。
花だけ地面からポポっと顔を出して咲く様子はユーモラス。我が家の庭にもあるけど、春の間は葉っぱだけ生えてるのがなんか邪魔で、雑草抜きしながらちぎってしまったりしてたので、家のはもうないかもしれない…と思いつつ久しぶりに庭に出て見ると、あったあった。
1010colchicum.jpg
雑草の間から…w
3時ごろ撮ったのに、もう夕方の雰囲気だ。
日が暮れるのが早くなったもんだ…寂しいなぁ。
posted by ぶらんか at 22:11 | Comment(0) | さっぽろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月19日

ノースレッド

9月に入ってからワクワクして待ってて、先週はまだ!といわれ、そして今日ついに!!

P1000072.JPG
みやにし果樹園
http://napzak.com/ikocca/index.php?action=item&id=18

たねなしぶどうの「ノースレッド」
P1000073.JPG
ゲットォ〜〜
「旅路」「キャンベル」など何種類かおいてあるけど、これが一番甘みが強くておいしい、と思う。なにより名前がいいでしょわーい(嬉しい顔)
早生なので、来週くらいまでかな…とのお答え。
連休で定山渓とかニセコとかお出かけの方は途中白川に寄り道してぜひ。

あと、昨日のコンサニュース。

コンサドーレ札幌チームサプライヤー「エルムソーイング株式会社」様2009シーズン新規決定のお知らせ
http://www.consadole-sapporo.jp/snews/diary.cgi?no=328

【J2日記】札幌:ハンサムスーツ
http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00089510.html

エルムソーイング…?
あれ?なんか初めて聞いた気がしない…。

あっ!まさかっ!石山交番の向かいのあの工場?!

そうなんす。地元も地元。看板に「高級紳士服縫製 エルムソーイング」って書いてある小さな会社というか武骨な工場だ。正直、スーツ2着で1万円?とかそんな安売りばっかの世の中で、どうやって中国製に対抗してるんだろう?と謎の会社だったw

昨日、ぐぐったときには公式ページはなかったのだが、今日は
http://www.elmsewing.com/
表紙だけできてたw 連休中に乙です。

こういっちゃなんだけど、私の住んでる石山は石山商店街ってそろって某球団の応援始めて、何年か前から「勝ったら企画」とかなんとかやってるのだ。長年住んでるのにある日突然超アウェー('A`) いっそ西町商店街の近くに引っ越したい…。
そんなこともあって、このニュースに勇気づけられた石山住民がここにいると高らかに宣言しよう!!

(まぁ「勝ったら企画」で盛り上がっているかというと、決してそんなことはないのだが…買い物はたいてい隣町の藤野とか川沿に行っちゃうし。フン。)

エルムソーイングの場所は、453号線の石山陸橋の下をくぐって定山渓方向に降りて行き、最初の信号の左手にある。連休中に定山渓やニセコとかお出かけの方は(以下略

石山ガイド終わりw
posted by ぶらんか at 21:08 | Comment(2) | さっぽろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

雪まつり会場に行ってきたどー

(※タイトル表現に注意)

昨日、再び丸井さんに行ってきた。
今年はシーチケ買ったよ〜!
ノブリンにああ煽られちゃ反応しないわけに行かないもんね。
4万円のチケットが入ったハンドバッグは急に貴重品になったw

丸井の民事再生法申請のニュースが道民に与えたショックは結構あったようで、先月は逆に売上げが増えたらしい。そういえばこないだよりお客さんが多かったかも。札幌市民はこの手の応援が好きだよね…コンサドーレの缶バッチ運動思い出すわw このニュースに次いで今度は西武が札幌と旭川から撤退するかもというニュースがあったけど、「五番館」の名前を外しやがった西武なんか、なくなったところで別に困らないからいいっすよ?
でも丸井さんはそういうわけにいかないので、私も応援買い物してきた。

0207touman.jpg0207touman2.jpg

12個入り504円のとうまん1パックでどれほどの応援になるかは不明。
実を言うと子供の頃はあんまりおいしいと感じなかったとうまん。今はこのあっさりしたしろあんがいいなと思う。これで狸小路の「ぱんじゅう」があればもっといいのになぁ。(←数年前に復活したけど、元祖とは似てもに似つかぬ味に心底ガッカリした)

さて…大通での用は済んだ。
雪まつり開催時期でもあるし、食の広場だかに行って「ごっこ汁」を食してみるか!と思い立ち、地下鉄大通駅構内を東から西へひたすら歩く。真上では雪まつりをやっているわけだが、雪降ってるし、足元悪いし、信号待ちあるし地下街歩いた方が早い&快適。と思ってしまう私は名古屋生活経験者。
そんなわけで5丁目でようやく地上に上がり、6丁目の食の広場でごっこ汁と室蘭焼き鳥を買って食べた。雪が降ってて、屋根のあるところは人で一杯だったので、立ち食いするハメになり、ケータイ画像ナシ。
室蘭焼き鳥はおいしかったけど、ごっこ汁には具がほとんど入ってなくてあれで300円は詐欺だわ…パンチ でもどんなものか分かったから、今度は自分でごっこ買ってきて作る。

5丁目には姉妹都市ミュンヘンがらみのブースがあって、ドイツソーセージ食べたらお腹も一杯になったので、満足してまた地下に戻り、丸井さんの駐車場から車を引き取って退散した。あっ、6丁目で北方領土返還要求署名もした!早く返せコラー

で、肝心の雪像だが…
ジュンク堂のレジ前に雪まつりの絵葉書が売られていたので、それを買い、うちに帰って鑑賞しましたとさ。そんなわけで「雪まつり」でググって来た人にはごめんちゃい。
posted by ぶらんか at 13:26 | Comment(0) | さっぽろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

藻岩山

1014moiwayama.jpg
ちょっと前に撮ったままになってたこの画像。
真駒内大橋から紅葉の藻岩山をパシャリ。(信号待ちのタイミングでw)
今日の強い風と雨で紅葉は終わってしまったから、削除するのが惜しくなってしまい、アップしてみた。

山すそのあたりに建物が多いけど、藻岩下という地区で、最近はイタリアンレストランやカフェといったオシャレな店が建ち並ぶちょっとしたスポットになっている。昔はこの上に藻岩山スキー場がある他は民家がポツポツとあるばかりで、黙々とスキーをかついで山を登る通過点でしかたなかったんだけど。学校でのスキー遠足や家族でスキーってときもみんな歩いたんだよね…ウチ、車なんかなかったし、、その健脚ぶり、今はとても考えられん!

しかし今年は変な紅葉だったなぁ。
毎日裏の硬石山を見てたけど、ついに「今が一番キレイ!!」と思えるタイミングに出会えなかった…。赤や黄色になる前に、枯れ葉色になってしまった木あり、かと思えば隣のはまだ青々としていたり。猛暑の年は紅葉があんまりきれいじゃなくなるらしいけど、今年はそれほど暑くなかったけどな。
来年はきれいな紅葉が見たいナ。

ところで今朝、いつものNHK−FMの「クラシックカフェ」で、ふと気づけばグリーグの「春に寄す」かけてて、その季節感のなさに泣けたw

演奏を公開してる人がいました↓
http://musicinyourheart.seesaa.net/article/38034703.html

グリーグのピアノ曲では一番有名なのではないかな?子供の学習向けにポピュラーなピアノ曲ばっかり録音したアルバムに入っていた。冒頭は右手が和音で伴奏、左手が静かに歌いだすのだけど、まだ表向き春の気配が感じられない雪原も、日は冬の間のそれと違って光に力があって、足元の雪からはポタポタと水滴が垂れてて…(ブーツで踏むとパキパキと割れて面白いやつw)

この曲を聴くたびそんなシーンを思い浮かべて、「札幌に帰りたいなぁ〜」と思っていた中学生の頃。まぁ私は道民といっても札幌しか住んだことないから、雪原とかいってもどーせ想像力の範囲は真駒内公園がせいぜいで、フィンランドのグリーグが知ったら鼻で笑うかもしれないけどw
上の奏者は本州の人だからか、雪解けが始まろうとする北国の情景&光や風のパワーは知らないのだろうし、暖かさが強すぎる感じがするな。

というわけで、雪解けどころかまだ初雪も降ってないっつーのに「春に寄す」もないだろーよ!鬱々とチャイコフスキーの「秋の歌」でも流しておけ!(←これほど初雪前のうんざりした気持ちを表す曲もないと思っている)
posted by ぶらんか at 20:45 | Comment(0) | さっぽろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月27日

写真の整理

最近、大叔母が荷物の整理をするといって、母と2人でよくガサゴソとやっているが、大叔母には子供がいないので、後を引き継ぐ者がいない。てことで、不用品だろうが何だろうが、どっちにしても捨てなければならないのだけど、人生を写し取ってきた写真を捨てるのは切ないなぁ…。

大叔母は大正10年生まれで、アルバムにゃ今流行の?昭和の庶民の全てが収まっている。ふる〜〜い物が大好きなので、「捨てる前にアルバム全部見せて」とお願いして、アルバムを全部引き取ったのが1週間前。量はダンボールに3つばかし…いろいろとり忙しくて、まだ1つしか改めていないのだけど、期待したとおりの古いアルバムが出てきた。

こんなの。
04277.jpg

1ページ目にはいきなり
04276.jpg
大叔母の父、つまり私の曽祖父の写真が。
いいねぇ、こういうセピア色の軍服の写真。平民だから派手な勲章がついてないのが残念w

母に「おじじ(とうちでは呼ばれている)は何年生まれ?」と聞くも、「しらな〜い」という無責任な返事。いいよ、あとで過去帳調べるから。曾祖母が明治19年(1886年)生まれだから、それより数年前の生まれだろう。
「で、これはどこの戦争に行くのよ??」
「え〜それこそ日露戦争じゃないの??」

母は歴史があまり得意ではない(−−)
でも日露戦争は1904年だからそんなもんか。
おじじは大工の棟梁で、その辺の職人を束ねてなかなか偉かったらしい。大叔母によると、北大の何学部だかの校舎を建てたそーだ。

そのおじじには1人息子がいて、私の祖母の弟・大叔母の兄に当たる人だけど、この人がなかなか芸術家肌の人で写真や絵をよくし、本当は写真家になりたかったそうなのだけど、戦前の大工の棟梁の1人息子ではそんな自由もきかず、また第2次世界大戦も始まって、結局病気になって戦地から帰ってきて、終戦まもなく亡くなった。その人が大学時代にとった写真が、今回バラバラと出てきたのだ。

ちなみに大学は日本大学で、父の言うとおり建築学部に籍を置いていたそうだが、東京で目が届かないのをいいことに写真ばっかりやっていたらしいw

04273.jpg
大叔父の後ろ姿。正面向いた写真もあるけど、これはすごい雲海だなと思って。

04274.jpg
どこで撮った写真か分からないけど、なんともいえない懐かしさを感じる1枚。印象派の絵画のようでもある。

後半は家族の写真が中心で、
04271.jpg
このワカメちゃんは私の母。ぎゃは。
母はいい被写体だったようで、赤ん坊の頃からたくさん写真があった。
この自宅の庭に咲いたツツジはおそらくオレンジ色のもの。私の子供時代の昭和50年代でも変わらず咲いていたし、家はもう取り壊して引っ越してしまったが、ちゃんとこのツツジは移植して、今年ももうすぐ咲くだろう。

04272.jpg
3つ下の弟と。この叔父は現在はもうすでに定年退職して、横浜で遊び暮らしている。
で、今でも時々こんなスタイルで立っているwww

戦後まもなく亡くなってしまった人のこと、母とこの叔父以外の親戚はもう知る人もいなくて、どんな人だったのか分からないけど(母はこの「おじちゃん」を相変わらずとても慕っている)、写真を見れば優しい人だったんだろうなぁと分かる。光り輝くツツジと子供のはじける笑顔の構図は見事だし、下の写真も子供目線で、被写体への温かい愛情を感じるもの。
祖父は子供達には無口で怖い人だったみたいだけど(私にとってはファンキーなじじぃだったw)、この叔父の存在は幼い母たちには救いだっただろうな。

まだいい写真は一杯あったけど、スキャンするのもちょっとくたびれてしまった。それにしてもいろんな人の写真を見たが、昔の人はつつましくて、品があるな。
posted by ぶらんか at 19:03 | Comment(0) | さっぽろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月25日

真駒内公園の桜

0425sakura.jpg
国道からパシャリ。
ポプラの芽吹きもまだ頼りなさげな緑でかわいらしい。
ぽわぽわと綿のような花をそこら中に撒き散らす頃になったら、かわいらしいどころの騒ぎじゃないけど。

そういえば今年は白樺花粉がすごいという話だが、花粉というか、花は毛虫みたいで気持ち悪いよな…白樺って。葉っぱが茂ったら今度は緑色に黄色い1本線模様の本物の青虫がつくし、白樺なんかキライだw といいながら、子供の頃、白樺の幹の白い皮がなくなるまでむしったらどうなるんだろう?と思って、長いことそのキライな白樺の木の近くで遊んでいたっけ。

と思い出話モードなのには理由があって、続きは連休中にでも。
posted by ぶらんか at 21:37 | Comment(0) | さっぽろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月23日

真駒内 南こう園

1223nankouen.jpgThis IS my soul food!

真駒内本町のオリンピアビルにある南こう園。(こうは交へんに邑)
子供の頃、真駒内曙団地に住んでて、父がたまに飲み会かなんかで遅く帰るときはいつもここのラーメンが晩ご飯だった。外で食べるラーメンといえばここか、母の実家近くにあるすすきのの「寶龍」。寶龍の方はじっさまが「あんな観光客向けのとこ!」と言い始めたので、いつしか行かなくなってしまったwので、南こう園のラーメンの味が私にとっては札幌ラーメンを代表するもので、他のラーメン屋に行っても、南こう園に比べてうまいとかまずいとか判断してしまう。

12年間の愛知県暮らしのあと、札幌に帰ってきて真っ先に行ったのも南こう園。あまりの懐かしさ、味の変わらなさに涙もちょちょ切れたっていやマジで。
それからちょくちょく通っているけれど、やはり時代の流れか、昔はスープに大きな油の輪っかが浮いていたけど、いつの間にかそれもなくなってあっさりしてると思う。炒めたもやしときくらげのトッピングがポイントw
奇を衒わない、昔ながらのラーメンである。

そして今時ラーメン1杯450円( ´Д⊂ヽ4つ頼んだら1杯350円!(これでも値上げした方で、帰ったばかりのころは350円くらいだったような気がする…)原油高騰で何でもかんでも値上がりしてるのに、こんな安くてやっていけるのかなと心配になってくる。

それからおばさんの焼くギョーザがまた美味いのだ。
うっ、今日も頼めば良かったなぁ。


※調べたらけっこうクチコミがあった
「ラーメンデータベース」
http://www.ramen.ne.jp/db/view.php?MiseCode=316801

「ラーマニ」にもw
ここ
posted by ぶらんか at 16:37 | Comment(0) | さっぽろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月25日

そば屋開拓

歯医者さんの行き帰りに通りすがって気になってたお店…

1125sobanbana.jpg手打ちそば そばん花

札幌市南区真駒内南町4丁目5-1
このサイトくらいしか見つからなかった。

警察学校の向かいにある。
周辺道路に駐禁マークはないので路駐したけど、ちょっとドキドキしちゃったw とても人通りの少ない(っていうか、ない!)通りにお店開いて大丈夫なのかしらん…。

小さいお店で、カウンター席と小上がりのテーブルが3つ。靴を脱ぐのがめんどくさいので(爆)カウンターへ。常連さんになればお店のご主人と会話が弾みそうな、そんな喫茶店のようなカウンターだったので、頼んだもりそばが出てくるまで「白い恋人が無性に食べたい」とかそんなおバカな話をご主人としてしまった。

私がそば屋さんで頼むのはもりかざるに決まってる。
今日はもり。こしのある麺でおいしかった。500円で安いけど、プラス100円で大もりを頼めば良かったな…w またお土産そばも2人前750円、3人前でも1050円とリーズナブルなので、年越しそばの候補にいれておこう!(うちは大晦日にそばを大量に仕入れて、大晦日から三が日にかけて食べまくるのだ)

それにしても…そば屋の経営者は音楽にこだわりがある人が多いのかな?このお店ではずっとスタンダートジャズがかかっていた。近所のおそば屋さんはフラメンコギターだし(初めて入ったときはかなりたまげた)…。そば屋自体、ある種のこだわりがないとできないお店だと思うけど、個性的な店主の様々なこだわりを探すのもなかなか楽しい。



蛇足…。
今日は14時KOだと勘違いしてたのよね…。
帰ったら14時半で、もう70何分になっててびっくりした。
だから…悪い念はそれほど送ってないのにな〜もぉ、京都のバカ。
posted by ぶらんか at 21:25 | Comment(0) | さっぽろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月11日

石山deランチ

今日は家から徒歩で1分か2分のとこにある

いとう食堂
南区石山2条9丁目

データはこのへんか。
http://www.ramen.ne.jp/db/view.php?MiseCode=318201

やっぱり車で行ったわけだが…(−−)
まぁ用事を済ませた帰りだったんだよ〜!

1110itou.jpg多々あるクチコミ情報では「ここでは塩を頼め」ということだけど、わたしゃ醤油党なので、いつものようにおしょうゆ…。

11時半というお昼にはちょっと早い時間だったので、すぐ作って出してくれたけど、12時にもなるとお客さんがどっと入ってきて、しかも出前の注文もひっきりなしなので、とても待たされたこともある。そんなときはケータイでもいじってじっとうつむいて待ってるのが吉…まちがってもカウンターからひょいと厨房の様子をのぞいてはいけない。なぜかというと、一言で言えば…キチャナイからwしかも修羅場だし。

でも、さ、こぎれいなラーメン屋ってあんましおいしくないじゃん?
勝手な印象だけど。
私はラーメン屋には昭和時代の雰囲気を求める。

そんな昭和ないとう食堂のラーメンは味も昔風。野菜ももやしと白菜がしゃっきりと炒められていて、おいしい。ラーメンに入ったもやしというと、死んだじいちゃんが「もやし抜きがツウなんだ」といっつももやし抜きで注文してたのを思い出す。でもラーメンに入ったもやしって…なんでこうおいしいんだろう!食べないのがツウならシロートでいいよ、じいちゃん。
いとう食堂へはじいちゃんと一緒に来たことはないけど、いろいろ昔の事を思い出すラーメンではある。

ちなみに、野菜不足が気になる人は「野菜ラーメン」を注文すべし。
1週間は食べなくてもいいや、ってくらいてんこ盛りで出てくるのでw

ところで…上のURL内のお店の写真は、改装前のもの。
今は壁がなぜか真っ黄っ黄に塗られている。
改装オープン後、中もどれだけきれいになってるんだろうとワクワクして行ったら、中はキチャナイままだったので、ガッカリしたやら安心したやら…。

ともあれ地元の大切なお店である。
posted by ぶらんか at 19:22 | Comment(2) | さっぽろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月07日

今日は藤野

今日は1人なので、吉盛飯店で晩ご飯…
1107kichimori.jpg
吉盛飯店
南区藤野2条5丁目

藤野生協の向かい。バス停2つか3つ分なので、車で行った。
2軒目にしてもう「歩いていける地元グルメ」崩壊。
そんなたくさん食べ物屋さんがあるとこじゃないから、食べ歩きなどどだい無理な話なのだ!(←開き直り)

今日は夜だったので、なんとなく定食物を頼んでしまったが(写真は八宝菜定食)、いつもは「海鮮あんかけチャーハン」がお気に入りで、コンサドーレの試合の前後に食べるのが定番になっている。夏の間はさすがに敬遠しちゃってたけど。

ここは中国人がやってるお店らしく、厨房のおじさん(か、息子さん)は無口な人だけど、料理を運んでくれるおばさんは愛想のいい人で、なんとなくまた来たいな…と思わせる雰囲気があって好き。でも何よりボリュームがあって安いのがいい。この八宝菜定食もごはんがてんこ盛りで、どうみたって若い兄ちゃん向けのサイズなのだが、780円。マーボー定食に至っては550円で、なんだか申し訳なくてかえって頼めない(^^;
しかもランチタイムだと、さらに安くなる…。

そんな気取らない店なので、お店にはいつ行ってもお客さんがいる。
今日も酒盛りしてるおばさまたちがかしましかった…w
地元民人気のお店だ。

折りしも食欲の秋なので、この山盛りご飯はあっさりおなかに収まってしまった…体重計が恐怖だ…でも付け合せのザーサイがあっさり塩味でおいしくて、止まらなかった。はふ。

そんなパンパンなお腹も、家に帰って天皇杯のガンバ-山形戦見てるうちにすっかりこなれてしまった。疲れる試合だった…。
しかし山形がんばったなぁ。藤ヶ谷は良く止めたなぁ。
posted by ぶらんか at 22:43 | Comment(0) | さっぽろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月04日

石山グルメ

ガソリン代値上げしたし、11月になったら週末遠征もないし、紅葉も大体終わったし、ひきこもり…。

いや、歩いて行けるところにいくべさ!
てことで、しんがりラーメン食べてきた。

らーめん しんがり

食べログより
http://r.tabelog.com/hokkaido/rstdtl/1005289/

石山通りからちょっと入ったところにあって、目立たなくて、住民の私もいつからそこでやってたんだか、全然気がつかなかったでや…。定山渓に向かって左手にあるが、道路から全然見えないので、定山渓から帰ってくるときに寄る方がいいかもなぁ。でも店を発見したところで、2車線ある右折帯に入ってなけりゃ曲れない難しいところだし、駐車場ないし、ということで近所なのに入ったことがなかった。

歩いていけばとっても簡単w

1103singari.jpgさて、店のドアを開けると、煙がもうもう。
狭い店内が白くかすんでる…ケムイ…。
野菜を炒める度に火が飛んでて、さもあらんという光景だw
どうやらチャーシューに力をいれてるお店みたい。しょうゆを頼んだが、とろとろの厚めに切ったチャーシューが2枚入ってた。ミニチャーシュー丼を別で注文するお客さんが多かったから、大きなウリなのだろう。

麺は細麺で、スープは見かけよりあっさり…だったと思う。
きっと若い人に人気の、流行のタイプじゃないかと。(←「評判の店」にはあまり行かないので良く分からないw)
炒めた野菜が焦げてるのはちょっといやだったけど、全体的にはおいしかった。


まだまだ続く?石山・藤野グルメ…
posted by ぶらんか at 16:41 | Comment(0) | さっぽろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

紅葉狩りの穴場

平岸の親戚のところへ届け物をしに行く。

ケータイ画像なのだが…
1020htb.jpg
HTBの裏手のつたがきれいなグラデーションになっていた。
私は「どうでしょう」には関心ないので高台公園には行かないw

で、平岸霊園の周りを走っていると、墓石の群れのところどころに見える木が見事な赤で、誘われるままに霊園へ…。
1020hirragisi.jpg

息をのむ世界だったよ!
霊園内の道路脇に並んで植えられたもみじやななかまどの赤、そして林の中に白樺の黄。紅葉のアーチ。おんこの緑の葉の中の赤い実。
その世界はこの写真からは伝わらないが…だって墓地だけにパシャパシャと写真をとるのは憚られて…(^^;ここには祖父母が眠っているが、実はお盆にしか行ったことがないから知らなかったよじいちゃん。

お盆でもお彼岸でもない霊園には人の姿はほとんどないので、もみじを見ながらゆっくり車を転がしても後ろからプップーされることもないし、お供え物がなければカラスもいないし、街中にありながら街の喧騒もない。
いやちょっと、これってすごい穴場じゃないの!!

さすがに墓地にきて、自分ん家の墓を素通りするわけにいかないので、お墓参りもした。お花も線香も何も持ってないけど…さっきもらったビスケットの包みがポケットにあったので、それを供えてナモナモ。

その後しばらく紅葉を眺めてウロウロしてたら、ビスケットがカラスに襲われて持っていかれてしまった…どこかで見てて狙ってたのねorz

紅葉スポット穴場情報でしたw
posted by ぶらんか at 11:02 | Comment(0) | さっぽろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

夕暮れの札幌ドーム

ドーム近くの駐車場に車を停めて、ドームの敷地内に入りしばし散策…
散策路はすでに日が翳って肌寒い。
1022path.jpg
前から気になってたけど、今年は紅葉がきれいじゃない。
ナナカマドの赤は色あせて透けるようなマヌケな色だし、黄色というよりそのまま枯れちゃった葉っぱも多いし。何年か前、記録的な猛暑が続いた年の紅葉ももやもやとしたものだったから、猛暑の年はダメなのかな。

1022lilac.jpg
6月の花、ライラックがなぜか花をつけているのでビックリ。
何を勘違いしちゃったのかな?

1022ichou.jpg
イチョウの黄色はきれいだった。まだまだこれからという感じだったけど。
見とれていると、ドームの管理をしているおじさんが何か声をかけてくる。勝手に銀杏取ってくな〜!と注意にくるなら的外れだぞぉ。ただ見てるだけなのに…
と思ったら、逆で、銀杏あったら拾っていってね〜というフレンドリーなおじさんだった。けど、枝にはたくさん実をつけているのを見つけたけど、まだ落ちてないんだな…「まだみたいですね」というと、「じゃあまた来てください」と。

でも…次の試合のときには初雪も終わっているだろう。

サブグラでユースくんたちが練習試合をしている。
相変わらず風の通り道にあるグラウンドで、寒くてお疲れさん。

1022hitujigaoka.jpg
オープンアリーナの土手の上から南方、羊ヶ丘を望む。(クリック拡大)
雲の間から日が差し込んでいるのがきれいだった。子供の頃、こんな光の筋が見えると必ず「天国からのお迎え」という友達がいて…これも一緒に見てたらきっと言うだろうなぁ。

札幌の秋は本当に短い。
posted by ぶらんか at 11:28 | Comment(0) | さっぽろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月02日

ごまそば八雲

某所で智樹がトークショーの前に八雲のそばを食べてきたという話を聞き…

ごまそば八雲
http://www.goma-soba.jp/

子供の頃、4丁目プラザでここのごまそばを食べるのが週末の定番だったけなぁ〜。
4プラの地下に喫茶店があって、その奥にあったお店だよん。
昔は大人と子供の区別が厳しかったから、喫茶店はめったに連れて行ってもらえなかった。だから憧れのまなざしで「西林」を通り過ぎて…。子供が出入りを許されるのは、大通駅にある不二家かデパートの最上階にあったレストランくらいだったよなぁ。食券半分にちぎってうんと待たされるやつw

さすがに高校生になる頃には「喫茶店に入る子は不良」といわれる時代ではなくなったけど、校則をかいくぐり、こっそりお好み焼き屋が関の山だった。大学生になって1人で喫茶店に入り、コーヒーを頼んだ瞬間はすげー大人になった気持ちがしたもんだ。

えーと、ごまそばの話。

このURLの会社案内を見ると、私が足しげく通っていた頃にはまだ、4プラに出店していなかったことになる。あれぇ? 松坂屋かパルコと勘違いしてるんだろうか…?でも、「西林の奥」は4プラしかありえないし…納得いかないなー
うーむ…

昔はごまそば大好きだったけど、実は今はあまり食べる気がしない。
だってごまが入ってるってことはそれだけそばの香りがしなくなっちゃうような気がして。それにここのそばはやけに麺が長いし…つまりそば粉の分量が少ないってことじゃん…?

<おまけ>
なつかしの味その2
「プードル」 松坂屋の地下2階にあったカレー屋さん。ロビンソンがデパ地下を改装してから行ってないので、今もあるかどうかは不明…
posted by ぶらんか at 22:45 | Comment(0) | さっぽろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月09日

魅力的な都市

昨日のニュースだけど。

最も「魅力的な市」、第1位は札幌市!
〜「訪れたい」札幌市/「住みたい」横浜市/「環境にやさしい」富良野市〜
http://tiiki.jp/about/news_release/2006_09_07.html

札幌市民としては1番と言われて、素直に喜ばしい。
まぁみなさん、札幌に遊びに来て、時計台にガッカリして帰っていってねー。

観光ガイド
「ようこそさっぽろ」
http://www.welcome.city.sapporo.jp/

ぜひここもチェック。
「札幌市ヒグマ出没情報」
http://www.city.sapporo.jp/city/kuma/

クマー
まぁおもしろい街であることには間違いないな…w

けど、たまには自転車で駅まで行って、そこから電車で通勤通学する生活が懐かしいと思うこともあるけど。

ちなみに私のあこがれの街、というか地域は奈良の南の方かなぁ。
古代史ファンなのと、道民にとって日本の原風景が見られる場所は貴重だ。
あちこち旅行に行って、好きになった都市は結構たくさんあるけど、住んでみたいと思ったところはあんまりない。日本全国暑すぎるし、札幌でまぁいいや。
posted by ぶらんか at 15:12 | Comment(0) | さっぽろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月20日

藻南公園

2時過ぎ、ちょっと野菜の苗でも買ってくるべかと車で出たところ、定山渓方面から1台の赤いバスが私の前を通り過ぎる。

あっコンサバスやん!

0520consabus.jpg
今日は選手もオフだし、フロントガラスには「藤野○○会」と書いてあったので、町内会のジジババの花見にでも貸し出されたのかな、などと思いつつ↑の通りストーキング。いや、行きたい方向が同じなんだってw

休日で道路はわりと混んでいたのだが、コンサバスはスイスイと行ってしまった。ストーカーをまくのは慣れているのだろうか…

さて、川沿で苗をいくつか買った帰りに、藻南(もなみ)公園に寄ってみた。
ここはなんといっても、その昔すすきのの花魁が世を儚んで身を投げたという「おいらん渕」で有名なところ。

小学生のとき、遠足で藻南公園まで歩いて、おいらん渕をみた記憶がある。
大きな岩が並んだところで、豊平川は緑色に深くよどみ、真駒内でいつも見るさらさらと流れる川の表情とは全く違う。本当に深そうで、見てるだけでも怖かった。

確かに身を投げたら死ぬわ…と、思った。
(花魁云々は単なる言い伝えで事実かどうかはわかんないそうだ)

ところが今日のおいらん渕は、雪解け水の放水で濁流の中にあった。
0520oiranbuchi.jpg
遠足のときは岩づたいにぴょんぴょんと飛んで遊んだぞ…
これじゃあ子供はもちろん、大人も立ち入り禁止だ。いやいやいや…
せっかくの情緒ある名前も、これじゃ台無し。

0520moiwayama.jpg
札幌の山、藻岩山。
posted by ぶらんか at 18:17 | Comment(0) | さっぽろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月30日

春を探して

探すまでもなく、もう春だけど。

福寿草
我が家の福寿草。

天気がいいので再び無意根山スポットへ散歩してみた。

無意根山
今度こそどうだ!!という雄大さ。

スポットを変えてみる。

無意根山
手前は雪解けで水が豊富な豊平川。
橋の上から撮ったのだけど、運動靴が片側1つだけポツンと落ちていてヤーな気分。(−−;
道路は混んでなく、車がスイスイ通り抜けていくので、ドライブに行きたくなってきた。どうせ徳島戦は中継もないのだから、昼から出かけてこようかな。

倒木
川っぷちの木は去年の台風で倒れたままなのか、はたまた大雪に耐えられなかったか、倒木が多数。山の木もこんな感じだろう。今年の夏は少し緑が少ないかもしれない。でも自然がどうやって再生させていくのか、興味がある。

おなかが空いたので家に戻る。

裏の空き地にはまだ雪の山が残っているが、ふきのとうはたくさん出てた。
ふきのとう


※3枚目の撮影ポイントはここ。この道路は定山渓への抜け道なので、230号線の渋滞が嫌な人はこっちへどうぞ。(ここすらも混むときがあるが…)だって230号線が渋滞してると買い物とか困るもん…。
posted by ぶらんか at 12:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | さっぽろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月24日

無意根山

むいねやまと読む。
230号線を南に走り、川沿と石山を隔てる橋にさしかかったあたりで見え始める。

もう少し空がすっきりはれていたら、山肌の雪とのコントラストが鮮やかできれいなのだけど。

無意根山

posted by ぶらんか at 18:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | さっぽろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする