2016年07月21日

Cityzens Weekend2日目(7/3)

前の晩やってたドイツvsイタリアはグーグー寝てて見てないけど、ふと目が覚めたときにPK戦やってて、イ、、イタリア負けた・・・?(意識喪失)という感じ。せっかく近いところにいるのに、ちっともユーロを体感できなかったのが残念。それもこれもスペインとイングランドがとっとと負けるのが悪い。

着いた日にウェールズがベルギーに勝って、初出場でベスト16だというので、BBCではトップニュース扱いだったけれど、私はツイッターで騒がれていたバングラデッシュのレストランでのテロ事件のことが気になっていた。確か日本でも最初はBBCからの情報によると、という報道がされてたような気がするが、当のイギリスではこんなもん。その後ウィンブルドンのニュースのあとに、バングラデッシュから事件現場の近所の人が当時の様子を語るのがさらっと流されただけだった。ニュースの大半はBrexitの問題。政治的な話は良くわからないが、国民の不安は良くわかった。

どんなに疲れていても、3時すぎには目が覚めてしまう。
まぁゴロゴロしてても体を休められるからいいや、と諦めている。この日は日曜日で、コンサドーレが函館で横浜FCと試合をやるし、退屈はしないw

そういえば数ヶ月前は函館に行くつもりしてたんだよなぁ。
なんでマンチェスターにいんだべ…

14時KOはすなわち朝の6時。やはり早起きしないと「海外」サッカーは見れないんだなぁw
こういう時に限って5-2のゴールラッシュで快勝するコンサ。ゴールシーンの1つも見たいわぁと思って、誰かがアップしてくれた15秒ほどの動画を再生しようとしたら、重いの何の。20分くらい放置して、やっと見れたような気がする。そんなだから、とてもリーさんのリクエストには答えられない。

Greenflyの名前で時々メールが入って、今日のイベントはいかがでしたか、印象を述べて動画をアップしてください!といったリクエストがくるのだけど…。何をしゃべれとw いちおう「あとで翻訳するから、英語じゃなくても母国語でもいいよ、顔は写さなくてもいいよ」と言われてはいるが、いや、それでも恥ずかしくてとても。しかしご招待されてる身で、やだやだ我がまま言うのも仁義に反するような気がして、とにかく悶々としていた。Greenflyを開くと、アップロードリクエスト一覧があって、誰かアップすると分かるようになっているのだけど、今のところインドネシアの人しか上げてないから、もう少し様子見…。
ていうか15秒の動画をダウンロードするのに20分かかるのに、アップロードは何時間かかりますか。

さて、朝にリーさんからメールがくる。
4時にみなさんお集りの上、みんなで写真を撮って、今回の旅の手配をしてくれたエティハド航空の人を紹介したいと。ふーん、やっぱりね。わかった。あと、明日はよければスタジアム・ツアーにご案内します。とのこと。あら、素敵。

こ日のイベントも11時オープン。メインのペップ新監督をお迎えする会はリーさんによれば13時スタート、MENは14時スタート、公式ページは15時スタートと諸説あって、訳わからんw 
時間までまだ何時間もあるけど、ホテルでぼーっと時間をつぶしていてはホテルの人も仕事がしにくかろうから、とりあえず外に出る。スタジアムとは逆方向のメトロリンクに乗って、マーケット・ストリートで降りる。そして両側がお店の広い歩行者天国をぷらぷら散歩すると、右側にシティ・ストア発見。おっ!せっかくだからここも覗いていこう!と立ち寄ったら、日曜日のオープンは11時だと…?

とぼとぼ。適当に歩いていると大聖堂が見えてくる。
0703catedral.JPG
前回はあれなんだろう?でほぼ終わってた大聖堂。
スペインではバカでかい大聖堂ばっかり見学して歩いたが、それに比べたらかなりこぢんまりとした大聖堂ではある。ちょうどミサ中で中の見学はできなかったけれど。しかし時計が組み込まれた大聖堂って珍しいなぁ。

それから国立フットボール博物館を遠巻きに眺めて、ビクトリア駅からメトロリンクでCFAへ行くと、さすがに昨日とは人出が違う。2日目はアカデミー・スタジアムの入場ゲートから入場するので、あ、やっぱりスタジアムの中でやるのかな?と思ったらやっぱり昨日のステージで(;´∀`) この日も前日と同じ首からぶら下げるプログラムをもらって、それによると監督登場は15時とのこと。見るべきものはもう昨日見ちゃったし、どうやって時間つぶせばいいのよ…(;´∀`)

昨日同様、ステージの前には椅子などは一切なく、いい場所で見たかったらそこに立って待っとけよということか。ブルーシートにガムテープ持って場所取り…みたいな日本的手法は誰も取るわけないし、誰も場所取りしてないw どうやって時間つぶそうかな〜と、ふと誰かの視線を感じる。


あらまっ!

カメラで撮ったもっと大きいかわいいの
0703david.JPG
1週間の旅行でこれだけだったな〜シルバ成分感じたの…(;´∀`)

他に見つけたのはこれだけ。探せばもっと見つかったんだろなぁ。
0703aguero.JPG0703Iheanacho.JPG

お昼は昨日おいしかったピザをもう一度。
0703pizza.JPG
お父さんが接客、お兄ちゃんが生地を伸ばし、お母さんがトッピングして、弟が焼く。家庭内工業の手際の良さw 昨日以上に行列ができていて待たされたけど、見ていて飽きなかった。移動販売車でもちゃんと薪で火を熾して焼いている模様。


順番がくると、お父さん私のことを覚えていて、また来たの?とニッコリ。
私も昨日おいしかったからとニッコリ。受け取るときにまた来てねと言われたけど、それはどうだろう(´・_・`)
0703pizza2.JPG
なんていう名前だっけ…(;´∀`)
2日間おいしかったな〜またいつかどこかで!
http://www.streatza.co.uk/node/1

会場内あんまり座るスペースがないので、母をテーブル付きのベンチに座らせたまま、トイレに行ってプラプラして戻ると、母の向かいに老紳士が座ってる。娘です〜と自己紹介しながら聞くと、その人も娘と一緒に来てて、待つ間座らせてもらっているんだとのこと。英語が全くしゃべれない母(若かりしときに会社帰りに英会話習ってたって言ってたくせにw)とどうやってコミュニケーションをとっていたかは知らぬ。こっちはそんなに話に花を咲かせる親子じゃないので、2人でいる間はシーンとしてても別にかまわないんだけど、誰かが間にいるとそうもいかなくて、お互いぽつ…ぽつ…と話を(;´∀`)きっついな〜

ウールのジャケットをシャンと着てる人で、襟には十字のバッジが付いてたので勝手に退役軍人さん認定してしまったけど、聞かなかった。ファン歴は70年だそうな。そんじゃあ「44年前の優勝」も当然知ってる人なんだなぁ。本場の底力を実感!そうこうしてると、おじさんの娘が登場。おじさんがわりとダンディなので、キャリアウーマンタイプを想像してたが、現れたのはどてっとしたおばちゃんで、イメージがガラガラと音を立てて崩れていった…。

おじさんが娘について行ってしまうと、隣のテーブルに座っていたおばちゃんのグループが、ほかに座るところあるのに、何なんだろねあのひと、ねぇ?とからかう感じでケラケラ笑ってたので、相手にしない方がいい案件だったのかしらん?まぁ何事も日英友好ってことで…旅先ではいい人ぶるようにしているw

それから間もなく、そろそろ座っててもステージが見やすい場所を探すべく移動するかな…と立ち上がったところ、テーブルの脚につまづいて、派手にどてーんと転んで尻もちをついてしまった私。うわー恥ずかしい!…と、さっきのおばちゃんは駆け寄ってくるわ、少し先に救護施設があって、そこからも人が飛んでくるわでちょっとした騒ぎになってしまった。ほんとみんな親切だわ…できればスルーされたかった(;´∀`)恥かちぃ

見つけたのはメインストリート沿いのベンチ。母と似たような年齢のお年寄りがずらっと座ってたので、混ぜてもらうことにした。スクリーンでステージの様子は見えるし、小さいながらも実物は…見えそうw
でもリーさんからの指令のことも頭にあったから、少しはそれっぽい動画も取らないと、とステージ前に行ってみると


もうこんな感じで…w
でも応援チャント歌ったり楽しそうだった。マスコミのカメラもずらっと並んでいて注目度高し。
母をほっとばしとけないし、立ちっぱも疲れるので(昨日の街歩きが効いてて足が痛い)ベンチに戻ってじいちゃんばあちゃんと一緒に見た。

まぁ監督登場まで引っ張ること引っ張ること…
「今会場につきました!」とか「この建物に入りました!」とかやってるw
新加入のギュンドアンがゲストで出てきたんだっけ…(うろおぼえ)前日に加入が発表されたノリートのインタビューもビデオで流れたような…(うろおぼえ)アカデミーの若い子も出てきたような…(自信ない)
自分の中で全然盛り上がってないのだw ジジババもじっと座って黙って聞いてるし。

それでも時間がきて、いよいよ監督登場という気配になったら、ジジババもすっくと立ってお出迎え体勢をとったのが素晴らしいと思った。

望遠レンズいじったらぼやけちゃった(ノ∀`)
なんかもう、役立たずですんません。

話はあんまり聞いてない。何言ってるかわかんないし。
ツイッターのTLにはステージの様子はライブ中継ありとあって、んじゃあ帰国してからゆっくり見ればいいやと思ってた。ファンからの質問コーナーで「メッシを連れてきてくれませんか?」と言ってたひとがいたけど…「彼はバルサの選手だから無理!」って言ってたwですよね〜

今年の2月からグラウディオラがくる!と大騒ぎになって、リーグ戦とかそっちのけで来シーズンは誰が来るとか、誰彼はペップのお眼鏡にかなわないからもういらないとか、そんな話ばっかりのメディアにすっかり嫌気がさしていたんだけど、現地の人はさぞかし彼の登場を救世主のように待ちわびていたんだろうなぁ・・・と思っていたら、まだステージでMCと監督がおしゃべりしてるっつーのに、みんなぞろぞろと帰り始めるww 

えー!!
監督をお出迎えしてチャント歌ったらそれでもう満足なのかーーー
4時間も待ったのにもういいの???

そういえば試合展開に関わらず、終了5分前には帰り始める人々だった(;´∀`)
なんだこの謎の帰宅力w

と、あっけにとられたけど、これから何年間はスタジアムにいけばフツーにいるもんね。あわてて欲張らなくてもいいもんね。。うらやましいことだ。

まぁ私もこれがシルバたんだったら、かぶりついて一言ももらさず聞き取る勢いで参加するだろうけど…監督だしぃ…。ユーロでスターリングが絶不調をかこっていて、イングランドファンから役立たずだの、とっとと帰れだの非難されていたのを、グラウディオラ監督がかばって「きみは私の重要な選手だ」と励ましたという報道が数日前にあって、そこで初めて人柄に触れたような気がして、いいひとだ見直していたので(単純なんです私)、数ヶ月前に持ってたもやもやした気持ちはなく、応援する気持ちになっていたけれど、それでもやっぱり熱狂するほどではなかったな。

イベントはぴったり4時に終わった。
これから他の当選者に会ったり、エティハド航空の人に会ったりするべく、リーさんからのさらなる連絡を待っていたのだが、メールも何も来ない。さすがにちょっと嫌気がさしてしまったので、黙って帰ってきてしまった。ビデオは上げないし、エティハド航空の人に不義理を行うのは気が引けたけど、航空券のこととか、空港で待ちぼうけくらったこととか、チケットの受け渡しのこととか、リーさんの対応にはかなり疲れていたので、これ以上自分でアクションをとる気になれなかった。何かしてほしいのなら、ちゃんと自分できっちり手配して、相手を誘導しなさい。彼と一緒に働くとしたら、私はきっと恐ろしいお局になることだろう…(確信)

提案のあった翌日のスタジアム・ツアーも、前回行き損なっていたこともあって、お誘いは魅力的ではあったけど、またどんな連絡不十分があるかわかったものじゃないので、あきらめたw 自分でネットで予約した方が絶対にスムーズww

でも相手からしたらずいぶんな招待客だよね…
今後同様の企画で日本から選ばれないようなことがあったら、きっと私のせい。
申し訳ない。ほんと申し訳ない。

こんな感じでCityzens Weekendは終わった…

一度ホテルに戻って少し休んだあと、テイクアウトごはんは食べたくない気分だったので、再び街に出た。
前回外観だけ写真に収めて、あとでパブだと知った「ザ・バンク」。
0919thebank.jpg
写真も去年のやつw
きけば、もとは図書館だったのを改装したそうなんだけど、なぜバンクw

大きな扉を押して入ると、天井が高くて広々した店内には数グループがいるのみ。9時過ぎまで明るいので時間の感覚が変だけど、普通に夕食時の7時くらいだったと思う。前日はどこもすごい人出だったから、戦々恐々として出向いたけど、なんか拍子抜け。日曜日はおうちでのんびりって感じなのかしら。
システムが分からなかったのでカウンターの女性に聞いたら、好きなテーブルについて、メニュー見て決まったらカウンターまで注文しにきてねってことだったので、窓際のテーブルに座って、メニューを…よくわからないw

やっぱり前菜からのメインなんて手順を踏むのかしらん…?などと考えていたら、向こうのテーブルに大きなお皿に乗ったハンバーガーやポテトが運ばれてきた。そっか、気取らない感じのようだから、私もステーキ&ビールパイ(←街歩きの受け売り)だけ頼もう!と思って
0703menu.JPG
そのものずばりの名前じゃないけど、エールってビールの一種よね。よしこれに決定!
うまく言えそうにもなかったので、メニュー持ってって指さし注文したw

レトロな写真や展示物を眺めてたら、そんな待ったような気はしなかったけど、10分くらいで出てきたような。
0703pie.JPG
ふおぉぉ〜固形物が出てきたーー(イギリスの夕食というと全部スプーンで食べるようなドロドロのものという先入観を前々回の旅行でうえつけられたため驚いているw)
大体10センチ四方というサイズなので、楽勝だな!と思ってナイフを入れる。パイはパリッパリ。

0703pie2.JPG
中身がとろ〜り♪
うむ、やっぱりイギリスはドロドロだなw ナイフで切り分けるほど大きい肉は入ってないけど、良く煮込まれていても肉の歯ごたえはある。見た目ほどそう重たくもなくて、優しいお味だった。ソースをかけながら半分くらい食べ進んだところで、満腹感が…そんなに大きくないけど厚さがあって案外ボリュームが(;´∀`)

おなかパンパン。これをペロっと食べるんだもの、そりゃ体がでかくなるわけだ。
ヨーロッパ人は基本的に肉とポテトで生きてるんだなぁと実感しつつなんとか完食。おいしゅうございました。土地の名物を食べると、旅の満足度はかなり高まるものだ。イベントのことを思い出してモヤモヤしてたけど、少し心が軽くなって、あと1日楽しもうと気持ちになった。

つづく。
posted by ぶらんか at 22:38 | Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]