2016年07月08日

2度目のマンチェスター 準備編

リーさんへのメールの中に質問を2つ。

1. 出発日を30日にできるか?
2. 私は札幌在住で東京まで飛行機に乗らなきゃなんないが、その手配もしてくれるのか?

返事はすぐにきた。どっちもオッケーとのこと。
国内線の手配もしてくれるなんてさすが金満クラブは太っ腹だな〜。

そんなわけで突然1週間後に旅立つことになった。
航空券とホテルの手配をしないでいいとか、旅行する気分になんないわ…w
まずお金、旅先でのネット環境、それと保険。これだけ。

行くまでを時系列で。

6月24日(金)
23日のイギリスの国民投票の結果、大方の予想に反してEU離脱派が大勢を占め、離脱が決定してしまったのでさぁ大変。ポンドがじゃんじゃん売られて、円高キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━!!!
一時1ドル100円切るし、ポンドも137円とかになっちゃって、前回1ポンド192円で交換したお金が少し残ってるのだが、その価値が…(T^T) でもこれから両替するならドンと来い!って感じで、月曜日にさっそく銀行に行こうと決める。

6月25日(土)
 26日(日)
まぁ土日だから連絡が来なくても致し方あるまい。旅行の準備の買い物に出たけど、化粧品などは前回の残りがまだあるので、特に何も買うものはなく、まったり。旅行保険も当日でも間に合うから急がなくてもよさそう。
旅先のwifiは前回お世話になったユーロデータに今回もお願いしようと思っているが、日程がはっきりしないうちは申し込めない。

6月27日(月)
北洋銀行で両替。5万円をポンドに変えてもらうというより、100ポンドずつパックになってて、そのパックをいくつ買うかという感じ。前回は5万円で2パックしか買えなかったが、今回は3パック買えてしまったw レートは148円で期待したほどではなかったけど、192円に比べたら…!

待てど暮らせど日程詳細届かず。
夜の試合(28日早朝)でスペインがイタリアに負けて、私のユーロ終了w 準決勝まで勝ち上がったら、フランスのお隣の国のパブで観戦して楽しめたのにな。

6月28日(火)
あんまり連絡が来ないので、騙されたんじゃないの〜?と母が疑いだす。
もしそうだったとしても私はまだ一銭もお金使ってないから平気平気、と答えたものの、強い円を弱っちいポンドに替えたのは損失ではある。気分は良くはない。

イギリスとの時差は8時間なので、仕事的には1日遅れという感じがする。1つ何かアクションしたら1日後に返ってくるという感じ。夕方にようやく、国内線のフライトはこれでいいですか?と千歳〜成田間のJAL往復便が記載されたメールが来て、あーそれでいいよっていったら、29日朝に「これですべて整いました!!」とようやくEチケットが送られてきたというペースww

6月29日(水)
Eチケットが添付されたメールは6時58分送信だから、イギリスでは夜の10時58分か。リーさん激しく残業してるのね。なんか申し訳ない…と思いながら内容を確認すると、そのエティハド航空発行のEチケットには、JAL便の記載がない。

それでこのチケットで本当にだいじょぶなの?とメールしたが、さすがに深夜に返信はなく、仕方ないのでこちらでJALに電話して聞いてみたけど、エティハド航空の予約番号では追跡できないとのこと。そりゃそうだよね。しかしエティハド航空はオペレーターは英語とアラビア語対応とのことで、アキラメタ。
明日にはもう出発という日にこのゴタゴタ。

もういいや、行けなくても。とすっかり行きたくなくなって、ぶーたれながら家に帰るとメールがきてる。曰く、「今から3時間以内に連絡します。国内便はエティハドとは別に予約しなければいけないんでした」だって。

リー、貴様・・・(-_-メ)

もーだから散々確認したでしょ!!!この時点でかなりうんざりしたのは間違いない。
慎重かつせっかちな私がこんな目に遭ってて、正気でいられるわけないっしょや〜!爆発寸前といったところだが、母は私に輪をかけた心配性なので、事態を全部説明したらきっと死んじゃうwと思い、グッとこらえていまだ航空券が全部確保されていないことは黙ってた。

結局3時間以上たった9時ごろ、バニラエアのチケット送ってきたリー氏。JALはダメだったんかい!
格安航空会社っていろいろ不便があってどんなもんかなぁと思ったけど、もうあと3時間で出発の日を迎えるので、贅沢は言ってらんない。急いで旅行保険のネット申し込みして、寝た。

成田からアブダビ便は21時20分出発という遅さで、成田までのバニラエアも14時出発なので、朝ゆっくりできるのはこんな場合は悪くない。


つづく
posted by ぶらんか at 21:41 | Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2度目のマンチェスター旅行 〜そもそも

それは6月22日のこと。
別にどってことのない一日を過ごし、家に帰ってきてご飯食べて、テレビの前に座ってパソコン開いて、今はもうあまり使ってないメールのチェックをしたのだ。したらば

Winner - Fly to Manchester for the Cityzens Weekend

てタイトルのメールが入ってた。ふーんって感じで開くと、日本語で

mail.png

ふーん…って、はぁぁぁ?
Cityzensとはマンチェスター・シティの公式ファンクラブのことで、申し込むとなんかいろいろ入った箱が送られてきて、チケット割引などのサービスが受けられる。チケットを買ったりすることでポイントがもらえて、選手のサイン入りユニフォームやら、観戦チケットが当たる懸賞にそのポイントを使って申し込んで楽しめるシステム…らしい。日本に住んでちゃあんまり恩恵ないし、全容は知らん。

とはいえ、去年ウェスト・ハム戦を見に行ったので、それなりにポイントを持っていて、たまーに何かに応募してた。最終戦のアーセナル戦観戦ツアープレゼントとかw ゴールデンウィーク明けに行ける訳ないじゃんやだー当たったらどうしようwwと言いながら。当たりたい気満々なときは当たらないものなのね。

今回グラウディオラ新監督のお披露目会に招待するよ〜!というメルマガが来たのはさらに1週間くらい前だと思う。特に興味もなかったが、どうせポイントは1年経ったら失効しちゃうだろうし、使っちゃお使っちゃお♪と10ポイント(1口=1ポイント)ポチっとな。どんなイベントかもいつやるのかも調べもせずに(メルマガなんて隅から隅までは読まないわ…英文ならなおさら)、軽はずみとしかいいようがないが、だって当たると思わないもん。
そして応募した後はそのメルマガはゴミ箱へポイ。ほとんど忘れていた。

で、このメールw

しかし、こんなメールだけじゃあんまり現実味がない。HTMLメールってなんかインチキ臭いし。(ちなみにこの日本語の文章の後に、英語で同じことが書かれている)
「おかーさん、私なんか懸賞に当たったみたい。マンチェスターにタダでいけるよ〜」
母も全然真に受けないで、「そーかいアハハハ」
そんな夕方のひとときだった。

すると私のケータイがなる。こんな時間に誰だろう?と画面を見ると、「+44××××…」
えっ国際電話?えっこのメールマジ??ようやく事態の深刻さ?に気がつく私。ケータイを片手に固まっていたら、電話はなりやんだ。国際電話高そうだからかけ直さないw 

メールにはなるべく早くお返事お願いしますとあったので、1日考える時間もらうようにメールしようかなと思いつつ、結局何もせずに寝た。今から1週間後に海外旅行って無理だし、正直試合でもないのにそこまで行きたくはないし、このまま黙ってたら向こうも諦めて別の人に権利が渡るかもしれないが、それでもかまわないと思った。

だって、ネガティブな理由は他にもいろいろある。
・ 仕事:月末と月明けはやるべきことが多々ある。
・ EU離脱か残留かの国民投票の結果で治安とか大丈夫なわけ?(投票は23日)
・ エティハド航空だと行くのに時間がかかって体力的につらい
・ 行った所でシルバたんは休暇中でいない
・ そもそもペップ嫌いw

これで何で応募したんだよ(チッ…とお思いでしょうかリーさんw

まぁそんなこんなをツイッターでぐちぐちしてたら、フォロワーさんは皆さん前向きな方で、こんなチャンスはめったにないのだから、仕事の都合がつくなら行ってくれば?と背中を押してくださる。それで私もそうか、夏のヨーロッパはやっぱりいいよね〜、前回見逃したあれこれにまた行けるのはうれしいかな?とちょこっと前向きになって、職場の人に相談したら、行ってくればいいんでない?とあっさりOKが出た。

いっそダメって言ってくれたほうが楽なんだがなぁ。
そして次の日、前日と同じような時間に電話が鳴る。今度は意を決して出ると、メールの主・リーさんからだった。英語できますか〜?と聞いてきたけど、できないって言ったらどうするつもりだったんだろーね。
それはともかく、まだ決心つかないのと、英語が出てこないのとでやたらモジモジしてしまったが、「決めるまであと3時間待て、メールする!」とぶっきらぼうに言って切ったw 
実際ぶっきらぼうだよなぁw

母もあまり乗り気ではなさそうだったけど、2回目の気安さもあり、パスポートをほいほい出してきたw
パスポートをスキャンして、リーさんにメールで送った。行くことに決めたと。
なんかなりゆきで。流れで。

つづく。



posted by ぶらんか at 19:47 | Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする