2015年09月29日

マンチェスター行ってきた。1

日程:9月18日(金)〜23日(水)4泊6日
目的:イングランドプレミアリーグ第6節 マンチェスター・シティvsウェスト・ハムの観戦

ヒコーキはルフトハンザで、千歳〜羽田〜フランクフルト〜マンチェスター。
98年にイギリス旅行したときは、まだ千歳にヨーロッパ路線(KLM)があったので、千歳〜アムステルダム〜ロンドン、乗り換え1回で済んだのだった。なんとか復活してくれないかな〜どうせシベリア経由で行くのに、一度南下して東京に行くなんて、地下鉄で真駒内から大通り経由で札幌ドーム行くみたいなばかばかしさを感じる(例えがちっちぇぇw)。しかも遠回りのために余計なお金を使うのよ、ほんと腹立たしい。

ヒコーキに乗るのは久しぶりだったので、手荷物検査や保安検査の煩雑さには本当にびっくりした。特に飛行機に乗る毎に受ける身体検査には心底うんざりした。しかも空港によってなんとなく基準が違うんだもの。母は膝に人工関節を入れているので、毎回ひっかかるのは仕方ないにしても、こんなバァさんを頭のてっぺんから足のつま先まで調べて何が出てくるっていうの…(母談)。帰りのヒースローで母の検査を待ちながら、「もういい加減にしろや〜」と額にマジックで大書きしたよーな顔を保安員に見せたら、空気を読んで切り上げたような気がするんだけど、気のせい????

日本人はもっと感情を表に出してよいw

千歳で資材の調達が遅れて、羽田行きは出発が20分遅れるとのこと。乗り継ぎ時間は3時間あるから別にどってことない。ただ、こういう遅れって連動するわけで…羽田に行ってみると、フランクフルト行きも同じ理由で1時間遅れになってた。次の乗り継ぎ時間も2時間以上あるから、何とかなるだろうけど、フランクフルトでも遅れると、マンチェスターに着くのが現地24時を越えてしまう…。あんまり遅くなるとホテルの予約がキャンセルされたらどうしよう。

0918haneda.jpg
早く乗せてくれぇと言いつつ撮った写真w

搭乗口近くのベンチで座ってぼーっと待っていると、どやどやと外国人の団体さんがやってきた。これからドイツに帰る人たちかな?と思いきや、おしゃべりになーんか耳に覚えの響きが。団体さん、スペイン語しゃべってるじゃないですのw スペイン語しゃべってるからってスペイン人とは限らないけど、マドリッドあたりの言葉とはちょっと違うような気がした。そしてようやく搭乗時間が来て飛行機に乗り込むと、その団体さんも近くの座席で、ベンチでお向かいに座ってた女の人が通路を挟んで母の隣の席で、母がイヤホンが刺さらんとか、テーブルが出てこないとかやってたら、そっと助けてくれた。Gracias!

フランクフルトまでは10時間ちょっとの飛行時間、高齢の母が耐えられるのか心配だった。
エコノミー症候群には気をつけなきゃってことで、母には膝の手術をするときに履かされた圧着ソックスを履いてもらい、ついでに私もドラッグストアで買った圧着ソックスを履いてみた。長時間ヒコーキに乗ると、いつも足がパンパンにはれて靴が履けなくなってしまうので、これでどうかな〜と思ったら、結構アリだった。履いた瞬間からなんとなく楽だし、靴もすっと履けたし。ただ長時間はきっぱなしだと蒸れるのが不快で、途中で脱ぎたい衝動にかられたけれどもw 今度はつま先の開いたやつにしよう。

着陸前にちょっと揺れて怖かったけど、体調不良にもならず、無事フランクフルトに到着。次の搭乗口は「Z13」だというので、案内表示が指し示すとおりZ(ドイツ語は全く分からんが”ツェット”と読めるくらいのエロイカファン)を目指すわけだが…

0918frankfurt.jpg

ABCDEときたら、普通にFGHI…と続ければいいのに、なんで唐突にZなのだろう…
一番下っ端のZ君はかわいいからいいけどさ〜

家に帰ったら「エロイカより愛をこめて」を読もう。「9月の7日間」のあたり。
とどうでもいいことをつらつら考えるくらい歩かされて、電車にも乗せられて、「Z」に移動したさ…。疲れた。途中免税店やソーセージを売るスタンドにそそられたが、ユーロは持ってないから何も買えないや。いいんだ、ソーセージなら飛行機の中で食べたから!

0918breakfast.jpg

美味しかった〜
降りる2時間前に出された夕食だか朝食だか分からない2回目の食事だったけど。(1回目のメインのお料理はそれほど…モニョ…だった)

しかし、98年のスキポール空港でやっぱりアイスクリームを食べたくなって、売店の張り紙に日本語で「日本円も使えます」って書いてあったと日記に書いてあったけど、今回は日本語の案内は全然なかった。搭乗口のドイツ人の係員はすっごい怪しげな中国語でアナウンスしてたけど。時代は変わってしまったのね〜。フランクフルトで一緒に降りた日本人はみんなどこに散ってしまったのか、マンチェスター行きに乗る日本人は私と母の2人だけって感じだった。



空港のフリーwifiを使ってのツイート。
マンチェスター行きは定時だった。さすがドイツ人!(なのか?)

つづく。
posted by ぶらんか at 21:36 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月17日

ちょっと良い話〜準備編5

出発の1週間前までに

航空券…OK
ホテル…OK
観戦チケット…OK
電車予約…OK
Cityzensカード…×

旅の骨格はできた。あとはパスポートとお金さえあればなんとかなる。
HISから書面一式も届き、暑いんだろうか寒いんだろうか悩みつつ荷物を作ろうとしてた先週の土曜日、Tさんからメールがきて、ホテル代が予算オーバーになって申し訳ないと思い、ひそかにキャンセル待ちをかけていたところ、マンチェスターのホテルは別ルートから少し安い価格で予約がとれたので、差し替えさせていただきたいと。

(´;ω;`)ブワッ

ホテル代が予算オーバーになったのは、私がさっさと予約すればいいのに、勘違いからいろいろ悩んでぐずぐずしてたせいなのであって、Tさんが悪いわけじゃないのに、何てこった…。
ありがとう、すみません、助かります。ほんとにいろいろお世話になりました。今度またどこか旅行することがあったらHISを使います〜

そしてもう出発まで秒読み段階。
現地到着が夜遅いので、お金は少し日本で両替しておくことにした。仕事で利用してる北洋銀行のとある支店に行ったら、ドル以外の外貨はお取り寄せになりますだって。それとトラベラーズチェックはもう扱っていないんだと。そういう時代なのね。んじゃあ現金以外、どうやって持ち歩くの?と聞いたら、日本でチャージしとけば外国のATMで現地通貨を下ろせたりデビッドカードのように使えるVisa系のカードを紹介してくれた。便利だけど、手数料取られまくりでだいじょぶなのコレ…w

本屋さんで旅行のガイドブックをいくつか立ち読みしてみたけど、98年とあまり代わり映えもないうえに、サッカー観戦に類する情報がまったくなく、正直持ってても仕方ない。いっそ98年版を持っていこうかと思ったりして。今の時代、ちょっと疑問に思ったらググればいいんだものね。タブレットとレンタルwifiを手配。携帯電話も海外で使えるようにしてもらった。
98年には必要なかった通信費がかかる。

Cityzensカードは結局届かずじまい…。21日までに届かない場合は連絡を、とメールにはあったけど、21日はロンドンにいるっちゅーの。そういえばManchester Evening Newsで火曜日にあったCLユベントス戦で、ネットで申し込んだお客さんがチケを発券するのに長〜〜〜い列ができて、KOに間に合わず前半終了まで待たされた人もいるっていってた。そうかそうか、総じてこのパターンか。金持ちクラブなのに情けないぞ!(コンサは「貧乏だから仕方ない」で済まされる。)ところで私のチケットはこのままゲートに持っていけばすぐ入れるのかな〜なんて心配になってきちゃったじゃないの。さてさて、どうなることやら。
posted by ぶらんか at 22:15 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月16日

ロンドンにも行くだ〜準備編4

チケットも取れたし、あとはロンドンのホテルと、マンチェスター〜ロンドンの移動のことだけ。

ロンドンのホテルにはてこずってしまった。
ぐずぐずしてたら、お盆ごろTさんがお勧めしてくれたホテルはもう予約で埋まってた。それでもめげずに一生懸命探してくれたのだけど、ダブルはあってもツインはなかなか見つからないとのこと。親子でダブルだけは勘弁してくだせぇ…

4泊で1人5万以内という予算設定だったのだけど、そんなお手ごろのところはもうなくて、安いところは郊外だったりエレベーターがなかったり…w 仕方ないので予算の方を上げた。短い日程なので交通の便はいい方がいいに決まってる。取ったホテルはロイヤル・アルバート・ホールにとても近い場所で、おおおっ!!と検索してみたけど、コンサートの予定はなかったのが残念。ちなみにロンドン・フィルが20日にマレー・ペライアのピアノでベートーヴェンの第4番コンチェルトとマーラーの交響曲をやるというのもこっそり調べていたのだけど、体力的にきついかなと諦めていたりする。

さて、電車。
いろいろググってみると、特に予約しなくても乗れそうなのではあるが…と、どこかの旅行会社の現地駐在員が、ヴァージントレインズの試乗レポ書いているのを読んだ。ヴァージングループって鉄道もやってるんだ!80年代に洋楽をたしなんだ人なら、ヴァージングループってなんかおしゃれなイメージがするはずw ヴァージン・アトランティック航空には悲しいかな今まで縁がないけど、電車なら乗れそう!ってことで他にも運行会社あるみたいだけど、ヴァージントレインズに決定(イージー)。
ネット予約は簡単にできたけど、まぁまだあわてないでいいかな、と会員登録だけして保留。

8月27日にポチった観戦チケットが届いたのは9月9日だった。
うれしかった…航空券もホテルもそうだけど、今までいろいろ手続きしてたくさんお金を払ったけど、まだ確実なものを何一つ手にしてなかったから。紙のチケットが来て、これで本当にいけるんだなと実感した。



なーんてコーフンしてツイしてフォロワーさんとひとしきりやり取りして、はぁ〜と一息。改めて封筒を良く見ると、消印は9月2日になっていた。
ん?申し込み後48時間以内に発送するんでないの?どう考えても1週間後の発送だけど、何、イングランドって1日7時間くらいしかないわけ?もうヤダほんと…w こっちは気が気じゃないのにさ。
(1日9〜5時まで7時間の労働時間×7日≒48時間ってことか?んなあほな…)

メールチェックすると、ヴァージントレインズからメールが来てて、「今ご予約いただいたら5ポンド値引きします!」だって。チケットが届いたうれしさもあって、勢いよく申し込んでしまったw
ゆったりすごしたかったので1等車。お昼もつくんだって〜何気に楽しみである。

もう少しつづく…?
posted by ぶらんか at 20:35 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンチェスターさ行くだ〜準備編3

7月までは旅行の計画のことも忘れていることが多かったけれど、8月に入り航空券の予約というか請求書を久々に広げてみたら、支払期限8月20日と書いてあったので、はっとする。

試合のチケット取らないとさ!

今までほぼ無関心だったのだが、シティのファンクラブCityzenというシステム。
35ポンド払って会員になると、会員カードやらマフラーやら入った小箱が送られてくるらしい。んで、各種特典が受けられるとか。会員でなくてもチケットは取れるらしいけど、入ってた方が現地で何かと便利なのかもしれぬ…ってことでよくわからんまま、ポチ。

チケット買うときも、まずはCityzen会員に先行発売があってのち、一般発売されるらしい。
「チケットは試合の4-6週間前に発売開始されます。」ふむ。
まだお盆前、もう6週間前ではあるけど、8月15日の大一番チェルシー戦が終わるまでは何も動かないような気がして、じっと待ってた。

それと日程発表の際のあのウェストハムのEL参戦問題。
あれから続報もないし、なかなか発売にならないのは、ELに参戦するかどうかまだ決定してないからだと思ってた。ちょっと調べりゃ分かるようなもん、他チームだとここまで関心がないのか…
実は8月6日に予選ラウンド敗退が決まってたw

15日のチェルシー戦は3-0で快勝。よし、いよいよチケット発売じゃ〜!と勝手に参戦気分でいたが、チケット購入の画面が更新される気配もなく数日が過ぎ、いよいよ航空券支払い期日が迫ってきた。旅の目的のチケットがまだ手に入るかどうか分からないのに、航空券だのホテルの予約だのする気になれなかったが、Tさんには航空券の支払いのときにホテルの予約もしたいとメールをして、いくつか候補を上げてもらっていた。マンチェスター・ピカデリー駅に近いホテルが良いなと思った。

−マンチェスター・ピカデリーからエティハド・スタジアムまでは電車で20分ほどです。

むむっ!私、お店でもメールでもTさんにマンチェスター・シティの試合を見に行くとは一言も言ってないのに、よくぞユナイテッドじゃなくシティに行くと見抜いたな!おぬし、できる!
まぁ日程みれば分かるか…シティがホームゲームのときはユナイテッドはアウェイだし。

Tさんが20日は休みだというので、19日に旅行会社に。結局このときまでにチケット発売の案内なし。
マンチェスターのホテルは駅前ので申し込んだが、ロンドンのはクチコミがあんまりよさげでなかったのと、チケットが取れないうちはなんか押さえる気にならなくて、保留にしてもらった。あんなでかい街だし、一部屋もないことなかろ。

公式サイトでウェストハム戦のインフォメーションが出たのは、21日とか22日だった。
24日英国時間9時よりcityzen向けに発売しますと。まったくね、なーにが試合日の4〜6週間前だっつーの。外国人のこーゆーテキトーなとこ、ほんとヤダ。もぉ〜〜ヤダ!

早速チケットページへ飛んで、8月29日のワトフォード戦のチケットがまだ受付されてたので、途中までシミュレーションw お目当てのブロックをクリックして、出てきた座席表のあいてるところを必要な分クリックして(最大6席しか一度に買えないけど)かごに入れるだけ。簡単っすな〜。英国時間9時は日本の17時です。

でもちょっと気になることが。
ログインしてウェストハム戦の項目にアクセスすると、先行発売では1枚しか買えないようになってる。会員になったばかりでポイントがないからなんだろうか…。もちろんたくさんお金を使ってくれる人のほうが大事なお客様というのは分かる。でもさぁ…。たくさんお金を使ってくれるお客様ってつまりシーズンチケットを持ってる人でしょ?そんな人に優先的にばら売りする必要あるのぉ?

案の定発売日にアクセスしたら、1枚しか選べなかった。やはり3日後の一般発売日まで待つしかないのだろうか。いいな、と思うブロックのよさそうな席はもうあらかた埋まってて、飛び飛びにしか空席がないし、こんなので母と並んで見れるのかしら??

一日千秋の思いで3日やりすごし…27日は歯医者の予約が4時半から入ってたので、無理言ってずらしてもらい、なんとか5時に家に戻って、無事2枚ゲット。ふぅぅ。「海外のファンにはチケットは郵送します。お買い上げ日より48時間以内に発送します。」とのこと。何年か前にグッズを買ったときに、イギリスから何日かかって届いたかな、1週間だったかな、10日だったかな、定かではないが、この分だと出発までにはなんとか間に合うだろう。

つづく
posted by ぶらんか at 20:07 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月14日

マンチェスターに行くだ〜準備編2

6月17日。
プレミアリーグの15-16シーズンの日程が発表になった。シティは第2節にしてホームでチェルシーと対戦することになり、話題になっていたが、そんなことはどうでもいい!どきどきして9月の日程を見たらば…



キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━!!!
かくあれかしと希望してた通り、19日(土)にホームゲームがある!!!
対戦相手はウェストハム…?良くわからんけど、どこでもいいや。

でもなんか気になる但し書きが。
※ウェストハム・ユナイテッドはヨーロッパリーグ予選リーグに参加し、本戦出場の場合リーグ戦が17日に予定されているため、日程が変更になる可能性があります。

じわっと広がる不安。
日曜日ならまだしも、月曜開催になったらロンドン見物はボツになってまう…。
もう今更ロンドンinマンチェスターoutなんて変更はできないだろうなぁ。

それより前日の夜中について翌日すぐ試合観戦というのもしんどいのではないかと、申し込みの段階から考えていたので、担当のTさんに出発日を1日前倒しできないだろうか?とメールを送ってみたところ、やはりもう予約で埋まっているとのこと。お金さえ払えばなんとかなるようだけど、航空券に30万も40万も払えないわw

ただキックオフ時間が5時半とやや遅いので、それまでホテルで休んでもいいし、元気なら市内観光もできるし、なんとかなるかな。と旅行日程は9/18〜23日で決定。

6月7月の段階ではまだ9月の連休なんて遠い先のこと、ただ来るべき散財に備えて節約生活を心がけてたのだが、スタッドレスタイヤを買い換えたときに、夏タイヤもちょっとやばいね〜と販売店の人に言われ…中古だけど買うはめになったのが痛かった…。なんでこんなときにタイヤ8本も買ってんのさ…。

つづく

posted by ぶらんか at 21:44 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちょっと行ってみよかマンチェスター〜準備編

今年の2月くらいだったと思う。
3月に職場でちょっとした事件があって計画が危うい!と思ったし。だから思い立ったのはそれより前。
今年のカレンダーを眺めていて、あれ?9月に4連休あるじゃないの!と。

生シルバたんが見たい(ゴクリ

海外旅行は98年に2週間ばかりイギリスを旅行してから行ってない。
パスポートは前世紀に有効期限が切れてる。そろそろまた出かけてみてもいいんじゃない?

と、思ったものの、まだ実現可能とも思えなかった。でもとりあえずパスポートさえ取っとけば、あとでいつでも思い立っていける!と思い、4月にパスポートを取得した。

5月に14-15シーズンが終了して、6月に15-16シーズンの日程が発表になったら航空券予約して…間に合うわけがないよね?なんてったってシルバーウィークですもの。連休の間に試合はあるだろうけど、果たしてエティハドスタジアムでやるのか?アウェイだったらマンチェスター発着の意味ないんじゃねーの?っていうかアウェイ怖いw

ネットで調べてももちろん、日程が確定しないのにツアーなんて売ってない。
シロートがいくら考えても解決しないので、旅行会社に相談してみることにした。でも今まで何度かお世話になってた個人旅行が得意な旅行会社は手稲区に移転してしまったらしく、そんなとこまで行けないので、会社の近くのHISに行ったのが5月の中ごろ。

予想したとおりシルバーウィークは5月時点でもうかなり混雑していて、とりあえず航空券は押さえるだけ押さえておいた方が良いといわれた。予約して発券まで3日以内みたいなところは安いけど、日程が不確実なのでそれは無理。

−発券まで余裕のあるところだと…エティハド航空安いですよ!

あ、いいねぇ、スポンサー孝行だわ!
知ってる。エティハドは安い。シティの公式ページから何度か検索したからw
しかし南回りは時間がかかる。日をまたいで到着することになるので、たった4泊6日のうち半分飛行機の中で寝るのやだ!と却下。

あと足の悪い高齢の母を連れていくという無謀なことをしようとしてるので、札幌から羽田に飛んで、成田からヨーロッパへというのも無理。(一度やったけど若くてもつらかった)

−ではルフトハンザはどうですか?羽田発着ですし…あーでもマンチェスターに着くのが23時でちょっと遅いですね〜

う、23時着はちょっとやだな…

−それでしたら…大韓航空なら夕方に到着しますし、スケジュール的に一番楽ですよ。

ちょwコリアンエアーはやだww

そんなわがまま一杯でいつまでも係りの人を困らすのもどうかと思い、ルフトハンザでお願いすることにした。1人往復23万かぁ…たっかいな〜今までこんな高い料金のときに乗ったことないし。この時点でやる気がかなりそがれた。卒業旅行はヨーロッパ周遊3週間で確か25万の予算で行ったはず。もう若くないのでそこまで切り詰めた貧乏旅行をする気はないが…。とりあえず家にもって帰って少し考えて、数日後申込金2万を持ってお申し込み。そのとき概算より少し下がって21万ちょっとになった。8月の発券までに日程が分かって、変更が必要なら何回でもできるからということで、少し安心した。

ちなみにマンチェスターだけじゃなんなので、少しロンドン見物して、帰りはヒースローから飛ぶ予定。

続きはこちら
posted by ぶらんか at 21:22 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。