2010年05月31日

週末の試合

位置情報第1試合
親善試合
スペイン 3-2 サウジアラビア
得点者:Villa,Xavi Aronso,Llorente
marca

全部見る
http://www.rtve.es/mediateca/videos/20100529/futbol-amistoso-arabia-saudi-espana/785832.shtml

スタメンを見たらこんな感じで
      バルサ
バルサ バルサ マドリ バレンシア
      バルサ
マドリ バルサ バルサ マドリ
      マドリ

('A`)
シルバたん1人でなんかかわいそうなので、本番はせめて左SBはカプデビラでお願いします。

試合始ってすぐ、セルヒオ・ラモスのバックパスをカシーリャスが受け損ねてコーナーキックになってしまったあたり、気合入ってないな〜と思ったら案の定、17分にコーナーキックから失点。飛び出したら触ろうねってやつ。それでもまぁそのうち追いついて、逆転するだろなと思った通り、徐々にパスサッカーの感触を取り戻して31分にイニエスタのクロスをビジャが頭で合わせてちゃんと追いついた。

ハーフタイムでの交代はなし。たぶん戦前のプランとしては前半で2点くらい取って、後半に選手をごそっと入れ替えてテストするつもりだったのだろうけど、勝ち越すまではテストできないよな。60分に華麗なパス回しでサウジDFを翻弄したあげく、シャビ・アロンソがミドルシュートずどーんでようやく逆転したら即、4枚代えとかあからさまで笑わせてくれるw ちなみにこの時プジョールに代わって入ったマルチェナさんは、この試合で代表での不敗記録を50に伸ばし、世界記録を塗り替えたんだと。幸運をよぶコロボックルさん的にこれからも愛されるのであろう。

ところが、74分にサウジアラビアが同点においつく。ミドルシュートが別のサウジ選手の背中に当たって角度が変わるという不運な失点だったけど、シュートに対してろくに守備もしないで何突っ立ってるんだろうねって感じで。んで、ロスタイムに得たCKを長身FWジョレンテが頭で合わせて決め、何とか優勝候補として面目を保った。ってそれだけ。カシーリャスのコンディションが悪そう、ブスケツはセナの後継者としてどうよ?とか、イニエスタたんは怪我から回復したばかりなのにキレキレで良かったとか、そんな感想が上がったようだ。私は特に最後の方は睡魔と戦うのが精一杯であんまり覚えてない…全体的にあっ!と思うような変態プレーや面白プレーが少なかったよな…。大会に向け、盛り上げていくのはこれからなんだろう。

この日のシルバたん
0529silva.jpg
パンツのひもさえなけりゃ完璧だったのに…('A`)
こないだビジャとメッシが宣伝してたアディダスの新しいスパイクを履いてるのにへーと思って、他の写真も見たらビジャさんは当然として、チャビ、シャビ・アロンソ、ジョレンテなんかも同じの履いてたわ。ってほんと、たまにこんなどうでもいいことが気になる私。

オモシロと言えば
0529busquets.jpg
こういうのを北海道で「ツッペ」というのを知ったのはごく最近…。
前半に接触プレーで鼻血を出してから、ずっとツッペで試合をやってたブスケツ、睡魔と戦ってたわりに、彼の顔がアップになるたびしっかり笑っていたような気がするww


位置情報第2試合
J2第15節@札幌厚別公園競技場 13:00キックオフ
コンサドーレ札幌 3-1 カターレ富山
得点者:苔口(富/13分)、西嶋(42分)、宮澤(50分)、古田(70分)
J's Goal

P1000108.JPGこんな素晴らしい天気の厚別開幕戦なのに、カメラがなくてがっかり。ヒロの兄ちゃんリサイタルが終わってヒロが兄ちゃんの元に駆けつけたときとか、歯ぎしりしたわ〜('A`)

陽輔が他のユースっ子と一緒に練習参加してるというのは聞いていたけど、試合の2日前あたりからメンバー入りするかもってことになって、ついにはスタメン濃厚らしいよ?とまで。そして実際スタメンデビューしてしまうとわ…完全に想定外だったごめん!今までユースの試合を何試合か見て、3年生になって存在感大きくなったな〜と感心してはいたんだけどね。でも報道によれば「若手に刺激を与えるため」に抜擢することにしたとか…。もちろん起用の最大の理由はは陽輔自身が持ってるものが評価されたからだろうけど、こんなかませ犬みたいな書かれ方されちゃかなわんな。しっかりせぇよ、トップの若造。

元々体つきのがっしりした選手だったけど、プロの中に混じってもすんなりなじんでしまうとは…恐ろしい子!最初は緊張あったようだけど、全体には普段通りの陽輔だったと思ったな。堂々として良かったよ〜。去年のヒロと違って普通の高校に通ってるから、この先どうなるのか分からないけど、これからも見たいものだ。でも今年プリンスで優勝できないとシャレにならんと思うのだけど(プリンス優勝チームにのみ来年の全国リーグへの参加権が与えられるため)、陽輔抜きでも頑張らないといかんかー。

さて富山戦。
ユースっ子が1人入ったからって、別に何かガラッと変わるわけでもないよなw
試合の入りはそんなに悪くなかったと思うけど、13分に左サイドを破られ、苔口に角度のないところから決められる。前半は陽輔のポジショニングが少々謎で、人につきすぎてスペースを空けてしまうので、そこを使われていたかも。つーか苔口っていつから富山にいたの?今だからいうけど、ゴラッソだったネ。(そして相変わらずコケッコケッって大熊氏の声も聞こえてきた)

昨日は私の後ろに人生に少々くたびれているらしい文句おばさんがいて、もう1つのミスも許せないらしく、何か失敗するごとにくどくど文句たれるので疲れた…。自分で好き好んでJ2下位の試合をわざわざ見に来てるくせにミスが許せないだなんて、言動に矛盾があるとは思わんのか?!と、富山じゃなくてそのおばさんと戦いたくなってしまったよ。まぁミスには許せるミスと許せないミスがあるけど、ちょっと転んでしまったとか、トライしてのミスにまでガーガー非難を浴びせると、人間やる気なくすだろ!つーかミスがいやならサッカーなんか見んな!

あと、コンサがうまくいかないので審判に八つ当たりするおじさんとか、昨日は本当にカオスすぎてつらかった。あんまりなのでケータイでもう帰りたいとツイートしていたら(爆)、西嶋がミドルシュートを決めたw 内容良くなかったけど前半で追いついて何より。

2点目は後半5分、セットプレーのクリアボールを陽輔が頭でゴル前密集地に戻し、宮澤くんがそれに反応して押し込んだ。おー!陽輔がアシストしたよ!!
これでようやく文句おばさんのご機嫌も良くなったか、直後に陽輔がミドルシュートを宇宙開発しても笑って許してくれたww 

さてここからはヒロ。お兄ちゃんに応援歌歌ってもらうし、1つ下の陽輔に突き上げられるし、いよいよ追い込まれてきたなって感じだったけど、自分の他に陽輔も「出して走る」というごく当たり前のことをやっているのに励まされたか、昨日は結構周りと良くからんでいていたと思う。でも何をしても結局、今のコンサは最後は「行け!キリノ」作戦だから、初得点も自分で持ち込んでミドルシュートだったんだけど…いやいやどんな点でも、ヒロ自身がどれだけ待ち焦がれていただろうと思うと、じーんと来た(T^T) いやぁ良かった、本当に良かった。陽輔に先を越されなくて!

過去ログ見たら、初ゴールで感涙したのは征也以来らしい。征也もあれで初得点まで結構時間のかかった人だった…(遠い目)。ヒロもこれからは普通に量産できるようになるよ、きっと。

以降、富山に反撃の余力があまりなさそうだったので、2点差でも安心して見られたw(コンサドーレの場合、3点差でも安心できません)


気分よく帰宅して、ネットをつけると

位置情報第3試合
女子アジア・カップ3位決定戦
中国 0-2 日本
得点者:安藤、澤

スカパーのテレ朝チャンネルは見れないので、ネットの中国語放送を見るしかなく…つけたときにはもう85分で、宮間たんが一生懸命時間稼ぎをしている最中だった。中国に反撃の糸口を与えず、残りの5分見ただけだけど完勝といった雰囲気。つくづく準決勝で変なミスをして、放り込み以下のオーストラリアなんかに負けたのが悔しい。これでワールドカップ出場権を手にしたわけだが、佐々木監督の「W杯でベスト4を狙う」という言葉はとても現実的なものだと思う。


位置情報第4試合
親善試合
日本 1-2 イングランド
得点者:闘莉王2、中澤(えっ?

韓国戦で絶望の淵に立たされたのがウソのように、いきいきとした日本代表が見られた。いつもはテレビで憧れのまなざしで見てる選手と試合やるんだから、みんなはっちゃけちゃうよね。サウジアラビアの選手もきっとそんな気持ちだったに違いない。イングランドは(スペインも)どーせ練習試合だしって気持ちでやってるから、はっちゃけた日本が先制したって驚かない。でもルーニーだけはすごい一生懸命でガチだったのが大変にありがたく…大久保がファウルを受けて倒れたままなかなか起き上がらないので、ひょいと抱き起したルーニーさん。私は大久保はあんまり好きじゃないけど、このときばかりは大久保になりたいと心底うらやましくなったがじゃ…。

で、なんと日本が日本らしく試合を進めたまま前半終了。
去年のオランダ戦の記憶が残っているから、後半は前半飛ばしたツケが回って運動量落ちてそして…と予想した通り、だんだん押し込まれ、雨も強くなって難しいコンディションに。そして早いクロスに対処しきれずにオウンゴールが2点も入るという、ここにきてようやく得点力不足解消に光明がって違ーーう!!

TVEの別アングルのリプレー見たっけ、2点目の中澤は触ってなさそうだったんだけど。。まぁそんなことは些細なこと。これが本選だったらとんだ物笑いの種だから、恥はいまのうちにかいておくべし!と前向きにとらえておくか。問題は運動量が落ちた時の対処があんまり良くなかったこと。親善試合で何人も代えられるからって、ホイホイ代えていたらシミュレーションにはならないけど、交代のタイミングとか選手のチョイスとかあんまり良かったようには感じられなかった。選手のコンディションに問題があって、狙い通りの采配ができなかったのかもしれないけれど。


さて、このイングランド戦のあたりでseesaaブログがなぜかとても重たくなってしまい、画像のアップに四苦八苦する羽目に。そして記事も上げられそうにないので、下書きをしておくか…ともたもたしてたら12時半になってしまった。よせばいいのいついうっかり

位置情報第5試合
U-17ヨーロッパ選手権決勝
スペイン 1-2 イングランド

バレンシアカンテラのパコきゅんが得点王の活躍っていうから、どんなもんかと思ってさ…もうユースまで見始めたら人間終わりだって!!
しかしさすがに厚別で騒いで疲れたので、ぼーっと眺めている程度だったっけ、スタンドが映し出されて、なんと同じオーストリアで合宿してるスペインA代表の選手がぞろ見に来ていたので、うおおーーと閉じかけた目が大きく見開くw シルバたんはマタたんとマルチェナさんと並んでバレンシアトリオで座っていた。3人でパコきゅんを応援するなんて、微笑ましくも美しい図だ…。プレーがきれるとちょくちょく”La Roja"を写すので寝るに寝られず、おかげでスペインの先制点は見逃さなかったけど、だんだん意識不明に…1時半ごろ一度目が覚めたのだが、なぜかローランギャロスのテニスの試合をやってて、改めてチャンネルを探す気力がなかったので、そのまま寝た。

勝手に4-1で勝ったイメージを持っていたんだけど、おっさんみたいなイングランドの選手にフィジカルで圧倒されて力負けとか。じゃんねん。ビジャさんが去りし今、バレンシアの人たちにはパコきゅんの活躍はさぞかしまぶしく頼もしく見えるんだろうなと思ったら、アーセナルが第2のセスクよろしく彼を狙っているとか狙ってないとか、もうかなわんわ…('A`)
posted by ぶらんか at 23:37 | Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月29日

カメラ修理中につき

先週「昼間でもナイターリーグ/コンササテvsコンサユースU-18」を見てる時、カメラを落として壊してしまったのがちょっとショックでレポもなし。

帰りにヨドバシに寄って修理に出して、昨日見積もりの電話がきた。9600円とのことだったので、修理をお願いすることにした。1万円じゃこのカメラは買えないし。覚悟してたほどじゃなかったので、ようやく元気が出て、壊れるまで撮ってた写真を見ると

0523benkei.jpg
白い恋人パークに鉄道が走ってたw
相変わらず儲ってまんな〜!

でも大人も子供も乗車券300円はぼったくりな気がして感心しない。

ところで、修理が終わって戻ってくるにはまた1週間ほどかかるという。それも予想してたので仕方のないことだけど、明日はひょっとしたらようちゃんのデビュー戦になるかもしれないのに、ケータイしか保存方法がないとか、もうがっかりだよ…orz
posted by ぶらんか at 16:37 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

1冊できた

もう何度目か忘れたけど、スペイン語を勉強しなおそうと単語帳をつけ始めて、ぼちぼちやってたら、最後のページに到達した。
0522note2.jpg
こんなA5のリングノート。
最初は試行錯誤してたけど、そのうち

0522note.jpg
右に単語とその例文、左は文法のおさらいや、印象的だった文章などを書き写すようになった。

ノートの始めにある単語から思い出すに、始めたのはマリナが行き別れた息子チュイに再会して、彼を養うために夫リカルドから贈られた結婚10周年記念のネックレスをうっぱらったのが姑アルベルタにばれて、ネチネチやられているとき。アグエロ君の子どもっつーかマラドーナの孫が生まれた頃。バレンシアが選手の給料を払えなかった頃。
ってことで、去年の2月から始めたということが分かるw

最初は「おいおい、こんな言葉も忘れていたのかよ」って単語が多くてちょっと恥ずかしいけど、サッカー用語は大学じゃ教えてくれないしさ…。

辞書は
0522diccionarios.jpg
小学館の初版本と、ラルースの西語辞典。もう20年くらいたってるので、ネット関係には全く役に立たないし、囲みのFutbolの用語集も”フルバック”とか言われても良く分からないw スペイン語の方も今はこういう風には言ってないなぁという単語があって、やっぱ辞書は最新版に限ると思ったけど、このくらいのことで買い替えしませんw

ネット関係といえば、こないだ必死こいてtuitearという単語を調べた。どの辞書にも載ってなくて、ネット翻訳かけてもダメで、何なんだろう…と改めて他の文章を読んだっけ、これはどうみても「ツイッターでつぶやく」という意味の書き手の造語だったw 辞書に載ってるわけないよね。わはは。

Owly Images
使い方としては、まず単語を辞書で調べて赤線ひきひき。もしもう赤線がついてたら、ノートの前をめくってどこで出たか調べる。出てきたらその単語にチェックを入れて、覚える。これの繰り返し。「あれ、この言葉見たことあるな」と思い出せたら調べやすいけど、全く忘れてたら時間がかかる。まだ全く忘れてしまうことは少ないから、ボケてはいないと思われるw

そんなことを1年3カ月繰り返して、一番最後のページに来たわけだが、書きこんだ最後の単語がビジャさんの惜別コメントからになるとは思わなかったorz

Siempre llevaré a Valencia en mi corazón
(これからもいつもバレンシアのことを心に抱いて行く)

でもこの文章の中で分からんと思って調べた単語はrecalcar(強調する)という単語だけ。毎日というわけにはいかなかったけど、勉強つづけた甲斐があったなーと我ながら感心する…んじゃなくて、平易な言葉でこんな心のこもった感謝の意を伝えるビジャさんに感動したわ…最後の方なんかもう涙涙で、まぶた腫れるほど泣いたっす(汗
スペイン語が読めて良かったわ〜切なさも倍増かもしれないけど。
posted by ぶらんか at 22:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

mitoは水戸ではありません

リーガ第38節
Valencia 1-0 Tenerife
得点者:Alexis
Marca



リーガ最終節のスケジュールは土曜日にEL・CL圏内争い、日曜日に優勝・残留争いと分かれていて、同時間KOなので、2強様以外にチャンネル権はないんですのよ…('A`)ってことで、消化試合とはいえバレンシアにとってもいろいろ大事な意味のある最終戦なのに、ネット観戦するしかないとかもうね。

バレンシアのこの日最大のイベントは、10年に渡り在籍し活躍したバラハが契約満了で更新しないということになったので、チームもサポも一丸となって彼に感謝をし、ねぎらい、お見送りをすること。私は去年から見始めたにわかなので、どんな素晴らしい選手だったか分からないのがじゃんねんなのだけど、マタたんがいんたぶーで、プロの選手としても人間的にも素晴らしい人!と賞賛を惜しまないのを読んで、それもそうだろうなぁと納得するだけのものは2年の間だけでも見たと思う。

ところで、スペイン語で「伝説」って、leyenda(レジェンド)の他にmitoともいうのだけど、今日の地元紙の見出しが

Baraja, nace el mito(バラハ、伝説の誕生)

こーんなで、なんかカッコいいぞ!と思うシーンなのは分かるけど、私は年季の入ったJ2サポなので(こんな女に誰がした!)、「水戸ちゃんの誕生」と脳内変換されてしかたなかったという、全然感動的じゃない話。

さて、バレンシアには他にもチームを去るんじゃないかという人が結構いて、その筆頭がビジャ。そしてシルバたん。マタたんも。マルチェナさんも本人は残留希望だけど、チームが売りたがってるという噂。こないだ発表されたスペイン代表候補30人のうち、バレンシアから選ばれた4人まるまるそんな噂があって、特にビジャさんのバルサ移籍確率はかなーり高いっぽい。貧乏ってイヤね…('A`) なので白黒ユニを着たビジャシルバコンビを見るのもこの試合が最後かも…と思えば、消化試合でも気合が入ってくるというもの。

なのにKO時間の30分前に起きて、スタメンを確認したっけ、2人ともベンチにも入ってないじゃないの!こ、この仕打ち…こら、エメリ、おまっ自分契約更改したからって、来季いない選手なんか使ったって仕方ないしとでも言うのか〜!(バラハのおじちゃんはスタメンです念のため)夜中の2時に暴れたくなった…orz 試合後会見で、ビジャシルバはフィジカル・メンタル両面で休息を与えるべきと判断したと言ってたけど、だったら最初から召集メンバーに入れるなや…。
中継ない、ネットのみ、シルバたんなしの三重苦でモチベーション維持しろと言われても、ちょっと厳しかった。なんせ土日は畑耕したり草抜きしたり、肉体労働をしてたのでちょっと疲れていたんだもん…。

テネリフェは降格圏にいるチームだけど、下位5チームの勝ち点は拮抗していたので、勝てば残留という燃えるシチュエーション。そういう相手に最初は攻め込まれたけど、途中からたくさんチャンスを作っていて、惜しいシーンがあったような…。こないだ動きすぎだったジギッチは今回は真ん中にドンといて、その頭に合わせてみようなクロスが良く上がって、こぼれも良く拾って…的な攻撃が出来てたと思う。眠くていちいち覚えてないけど、30分のミゲル→ジギッチのヘディングは決定的だった。ただテネリフェGKのアラゴネセスが当たりまくりで、やたらセーブされてしまった。

一方、その頃シルバたんは…
0516tenerife.jpg
”頭検”に引っ掛かって無理矢理前髪切られた高校生かっ!!
なんかほんと、どうでもいいのね、シルバたん…。

前半はなんとか持ちこたえたけど、ハーフタイムに睡魔に負け始め、後半は…ごめん、ほとんど覚えてないorz
たしか途中まで、ジョルディくんはほんと成長したなぁと喜ばしく思っていたのだけど、いつの間にか全治3カ月の怪我を克服して戻ってきたマテューと交代してて、いやいやマテューさんのパワフルなプレーも捨てがたいと思った記憶がある。来季はどうなるのか、左SBは楽しみ。

で、マルチェナさんが入ったとこまでは記憶があるけど、、次に目が覚めたらもうCMの時間になっていた。勝敗なんかもうどうでも良かったけど、マルカ見たら、ロスタイムにアレクシスが1点とって勝ってたw ということはテネリフェは降格してしまったのね…ううっかわいそうに(;;)どうせ降格の介錯をするなら、さっさと点をとって早く楽にしてやればいいのに、ロスタイムまでじらして引導渡すなんて、サディスティックで感心しない。まったく。
ツイッターのTLからは、バラハが3人目の交代で退くときに感動的だったとか、胴上げがあったとか、見逃してしまったものが大杉で悔やんでも悔やみきれなかったけど、本当に眠かったのですぐ寝たw

きっとあると思ってたビデオ!!
http://www.youtube.com/watch?v=Gt3lwOLce0Y


お疲れさまでした。
2mの人に肩車されて目線は3m超ってか?こわっw

最終戦終えて、しみじみするのはまた今度ゆっくり。
posted by ぶらんか at 23:28 | Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

平岡公園

梅林で有名な平岡公園に行ってきた。
ご近所のS藤さん宅の白梅がとてもきれいに咲いていたので、もうそろそろかと思いでかけたわけだが…人出は結構あったのだが駐車場から公園内への入り口の掲示板に
「紅梅…一分咲き、白梅…未開花」という掲示が。おいw

0514bairin.jpg
うーむ寒い。

0514bairin2.jpg
でもちらほら咲いてるのも風情があっていいかも!

0514koubai.jpg
つぼみはふくらんでいるので、もうじきと思われる。

0514bairin3.jpg

0514bairin4.jpg
一分咲きでこうだから、満開のときは華やかなんだろうなぁ。

寒かったのでそぞろ歩きもできず、適当にながめて、適当に写真を撮ったあとは早々に引き揚げてしまったw 老人ホームのお年寄りたちのグループが多かった。車いすの移動は大変だから空いている平日に、というのは大叔母のホームもそうなので分かるけど、おばあちゃんたち寒そうでかわいそうだった。来週まで待てば良かったのに。私モナー。
posted by ぶらんか at 22:44 | Comment(0) | さっぽろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

ダービー

プリンスリーグ第2節@浜厚真野原サッカー場
コンサドーレ札幌U-18 6-1(4-1) 帯広北高校
得点者:菅原、三上4、近藤

浜厚真はなぜいつも雨が降っているのだろう…。
胆振地方は曇りのち晴れという予報だったので、期待して雨の中出発したら、恵庭についても苫小牧についても雨がやまなかったorz

スタメンはこんな感じ。
−−−近藤−−−三上−−−
−榊−−荒野−前−−菅原−
堀米−工藤−小山内−山下−
−−−−−松原−−−−−−

ゴメスこと堀米くんがさっそく定位置を確保してるのは偉いなあと思いつつ、右サイドの山下くんにおっと思う。山下くんは旭川ユース出身で、そのときは10番つけて攻撃の核として活躍していた選手(過去ログ参照←ここの写真に写ってる子はGKを除きみんな昇格してる♪)で、柔らかい足元がいいねぇと思ったのだけど、U-18に昇格してからは札幌U-15からの昇格組による厚い選手層に阻まれて…でもまぁ1年生のうちは仕方ないか。それが今日はサイドバックで出場ですよ奥さん。

前半の最初のうちはボールを持つと安全策で前に蹴り出すだけの消極的なプレーをしていたけど、徐々に右サイドの菅原くんとのコンビネーションでオーバーラップしたり、中にドリブルで切れ込んでシュートを打ったり、あっ変わってないな!と思わせるプレーを見せてもらい、楽しめた。ただ前半は!コンサ右サイドは観客席からはベンチや見物人の傘が邪魔になって、遠いサイドはほとんど見えず、何をやっているのかさっぱり分からなかったので、今書いたことは私の想像です!!(核爆
中に切れ込んでシュートというのは、中は見えたので本当w

陽輔くんは強引な突破により前半だけでハットトリック達成。
後半は目の前で得点シーンがたくさん見られるぞ!早く後半にならないかな〜と待ち遠しかったのだが、後半になったら帯北に攻められる時間が増えて、相変わらず遠いサイドで何やらこちゃこちゃとやっとる('A`)

仕方ないので隣のピッチでやってる別の試合を眺めたりして…
ちょうど1時間遅れで始まる北海対室蘭大谷の選手たちを見て、ムムッ?
0508derbi.jpg
この色みはビジャレアル対バレンシア?!
夜やるバレンシアダービーのことを思い出さざるを得ない配色で…配置も北海ホーム、らんたアウェイだから、つい私にしては珍しくらんたの応援をしてしまうw

とはいえ基本は目の前のユース応援だから、常に見ていたわけじゃないけど、ユースが遠いサイドで守備をやってる間に、向こうのピッチでワァ!と歓声が上がるとついそっちを見てしまうのだw なんとバレンシア…ちがう、らんたに一発レッドですよ。雨の中、赤いカードがやけに光って見えた。「なにしてはるんですか、マルチェナさん…('A`)」じゃなくてw でも良く考えたら敵陣でレッドをもらうなんて、守備の選手じゃなさそうだし、おかしなカードだと思った。その数分後、またわぁ!と歓声が起こったので見たら、CKかららんたが点を決めてた。よしよし。先にコンサユースの試合が終わったので、さっさと帰ってきてしまったが、結局退場者を出したらんたのほうが3-0で勝ったという。

この結果に少々縁起のいいものを感じて4時に起きたっけ、ごっちゃにしても特に何の意味もないなとという、当たり前の結論に至った。

リーガ第37節
Villarreal 2-0 Valencia
得点者:Rossi,Llorente
marca



前節の勝利で4位以内を確定させ、その翌日マヨルカがマドリーに負けたので他力で3位も決まっちゃったバレンシア。この結果を受け、役員会は正式にエメリ監督と契約延長の交渉に入りますと発表し、監督の地位も安泰w つーことで、誰にもモチベーションがない、これぞ消化試合!!口では「ダービーだし」とか言ってても、ビジャシルバを温存(ワールドカップに向けて協会の要請があったとかなかったとか言われてる)して遠征?させなかったし、まぁ勝つのは難しいだろうなと思っていた。ビジャレアルはEL圏内を目指してやる気満々だし。

0508derbi2.jpg
これがほんとのダービー画像w

優勝争いもCL圏内争いも残留争いも佳境なので、10試合同日同時間KOだったため、私もマドリー・ビルバオ戦とセビーリャ・バルサ戦とこの消化試合を3つ同時に見ていたわけだが、マドリーの試合が一番カオスで面白かったかもw バレンシアはやる気に満ちた他の5チームの見る影もなく、走らないしパスは2つ以上つながらないし('A`)、前半20分もたたないうちに2失点。そのうち回線もつながりにくくなってしまったので、もういっかと諦めた。

優勝争いは、まず前半早い時間にメッシが決めて、2点目もすぐ決まってバルサ優勢!ついでマドリーがクリロナで先制し、ビルバオの選手が1人退場!でも前半のうちに1人少ないビルバオに追いつかれるw 試合前の記者会見で誰かが「セビーリャ頑張れ超頑張れ」みたいなことを言ってたけど、まずお前が勝てよと、朝から笑い転げてしまった。

後半に入ってペドロがダメ押しの3点目を決めたので、あーこれでバルサは決まったからもう見なくていいやと思う。バレンシアは相変わらず危なっかしいプレーをしてイエローもらったり、FKを与えたりして得点のにおいがしないっていうか、今日も誰かが退場しそうな気配がプンプンw でも退場したのはビジャレアルのジョレンテだった。SBのジョルディくんを激しく削って2枚目のイエローで。ははぁ、FWが敵陣で退場になるってこういうパターンがあるな…でも一発退場はあんまりだよね。

まぁビジャレアルは1人少なくなったからって、勝ってるんだから慌てることないし…。そうこうしてるとマドリーに2点目!ちっ勝ち越したか!そして気がつけばセビーリャが2得点して、バルサにあと一歩と迫っているじゃないの。やっぱり一筋縄じゃいかないなぁっていうか優勝争い面白いな〜…。バレンシアはなんとか反撃しようとマタ・チョリ・パブロの順に攻撃の選手を投入してたけど、もう映像がカクカクで訳分からないまま、終わってしまった。終了間際にカプデビラまで退場してた。こういう試合の場合、バレンシアの方が退場したり怪我人出したりするのが今までのパターンなのに、あの〜…わたしたちは退場しなくてもいいんですか?と信じられない気持ちがするww

優勝争いの方は、バルサはなんとか3-2のまま耐え忍び、マドリーは1人少ないビルバオに攻撃力爆発させて5点も取って勝ったw すべては最終節へ。セビーリャは負けてしまったけど、5位マヨルカも負けたので、4位をキープして最終節へ。7位ビジャレアルは6位のヘタフェと勝ち点で並んで望みをつないだ…みんな面白そうだな〜うらやましい。
こんな状態でバレンシアが放送枠4のうち1つ取るなんて無理だよね('A`)

最終節にビジャシルバ出すかはまだ分からないけど、ビジャさんの移籍確率はかなり高まっているらしいし、最後に見たいんだけどなぁ。ビジャシルバコンビ。
posted by ぶらんか at 14:57 | Comment(2) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

マタ⇔シルバ

リーガ第36節
Valencia 3-1 Xerez
得点者:Mata2、Silva
marca

ダイジェスト


土曜日に試合をやって中2日でまた試合。終盤だけど結構忙しい。
今回はというか最近ずっとビジャに疲労がたまっているというので、前回大活躍のジギッチを先発で起用。シルバたんが帰ってきて、両脇にマタとパブロ君。相手は最下位(悔しいことに私のパソは相変わらず一発で変換してきやがる…)のヘレスで、ここで負けてしまうと他のチームの結果次第で降格が決まってしまうというがけっぷち状態。「介錯つかまつる」ことになるのかーーー

バレンシアは2分にジョルディくんが中に切れ込んでシュートして攻撃開始。10分くらいにはもう両サイドとも上がって攻撃参加して、2バック状態になっとるw 29分には大きなサイドチェンジでボールを受けたミゲルが中にいたマタたんに預け、シルバ経由で再び前のスペースでボールを受け、DFに倒されFKゲットなと、やっぱシルバたんがいるとボールがサクサク回るなぁ〜と感心してたら、36分にカウンターを受け、あっさりと失点。おい。

完全にペースを握っていたのに、ちょっとしたミスから失点。よくあることです。でもさすがにこのまま終わるとは思わなかったけど、降格する前って、切れかけた電球のように一瞬だけ輝くことがあるじゃんね…(経験者は大いに語る)。すると44分、前線でハイボールを競ったジギッチが倒されたという判定でFKゲット。ヘレスの監督さんはあんなんないわ!ってあとで怒っていたけど、もう覚えてないw ともあれエリアのちょっと後ろという直接狙うには絶好の場所でFKを蹴る。蹴ったのはマタたん。バレンシアでFKが直接決まるの、今まで見たことなかったので、今回もそんなもんだろうと思ってました。ごめんなさいすいませんぺるどなめ。

直接FKをネットに突き刺すと、真っ先にピッチサイドでアップをしていたビジャさんのとこに抱きつきに行ったマタたん萌え。この時の写真ないかと探したっけ、あんまりいいのがなかった。カメラマンもちゃんと予測していいポジション取っとけって! 

ともあれ前半のうちに追いついてなかなか良い展開だった。
チャンネルを3つ同時にアクセスしてたのだけど、1つはゴル裏から延々とピッチを映すチャンネル、もう1つはスーツを着た2人の紳士がマジメに前半を振り返り議論するチャンネル、もう1つはバレンシア戦の前に試合の終わったバルセロナの試合のダイジェストを流すチャンネルとバラエティ豊かだった。私はスタジアム映像を無言で流すのを見てたっけ、スプリンクラーで水をジャージャー撒いてた。スペインのチームは試合前に水をまくとは聞いていたけど、ハーフタイムにも撒くとは。まぁでも試合後選手が残ってるのに撒くのはカンプノウくらいだよね。

後半に入ってすぐの48分、セットプレーのこぼれを拾ったバネガ?のスルーパスにジギッチが抜け出してシュートはレナンにセーブされる。ジギッチはやっぱり先発だとイマイチw 前半からちょっと動きまわりすぎで、肝心なときにゴル前にいないので、マタたんやシルバたんが競って負けてるというミスマッチが笑…ってる場合じゃないw このシーンだって頭でズドーンとかじゃなくて、ビジャがやりそうなプレーだもん。

57分に2点目。右サイドミゲルからボールを受けたシルバたん、目前をナナメに走り抜けるマタたんに一瞥もくれないでひょいとスルーパス。信じて走り続けたマタたんがそれを拾って、角度のないところから右足で左サイドネットに突き刺す!全く、いつ見てたんだろう。ミゲルからパスを受けたときに見てるし、マタたんはすでに動いてるんだからすごいわ〜。

0504mata2ogol5.jpg
マタたんの2点目に喜ぶ選手たちっていうかジギッチは保父さんだなこりゃ。

62分にジギッチoutビジャin。ビジャさんものすごく精彩を欠いていたわ…そんなわけで代わりにマタシルバで今日はもう1つ。67分、右サイドから大きなサイドチェンジでマタたんがボールを拾い、左サイドを深くえぐってライン際からニアに走りこんだシルバたんにパス。角度はほとんどなかったけど、左足で見事に流し込んで3点目。これで試合は決まり。

ところでシルバたんは出場停止明けのきれいな体になって帰ってきたせいか(確かにちょいちょい足を引っ掛けられたり蹴られたりしてんのに笛を吹かれないということがあったんだけど)、副審にガン飛ばしたり抗議したり感情を表に現すことがあって、ついに81分に倒されたときにキレてイエローゲットw もうあと2試合しかないから、退場しない限り毎試合もらってもいいけど、逆に今まで長いリーチ状態を我慢して過ごしてたんだなと想像してフイタww キレキャラ萌え。

この結果、今節未消化の5位セビーリャと勝ち点差が11に開き、残り2試合の結果を待たず4位以内が確定した。またこれから行われるマヨルカvsマドリー戦でマヨルカが引き分け以下なら3位も確定することになる。シーズン当初の目標だったチャンピオンズリーグ復帰を果たし、地元紙の論調もおだやかになって、まぁたぶんエメリ監督との契約を1年延長するのではないかということだ。6日に話し合いがあるんだと。

ヘレスも自力残留が消え、今日の他の結果次第で降格が決まってしまう。最初はなかなか勝てなかったけど、終盤にきてかなり粘れるようになってきたのにねぇ。試合後会見で奇跡が起こるかもしれない?と聞かれたゴロシート監督のお言葉。

En el fútbol no hay casualidades, hay causalidades

「サッカーには偶然はない。あるのは必然だけだ。」
かっちょええのでメモらせてもらいました。
いや〜向こうのサッカー業界の人は詩人だね〜。
とっさにこんな韻を踏んだ言葉が出てくるんだもの〜。

かっちょええといえば、ちょっと前にあったいんたぶー記事で、W杯メンバーに選ばれるのは現状ではちょっと難しいパブロ君が言ったお言葉

La ilusión no la voy a perder.
希望だけは捨てない

文章としてもきれいなので丸暗記させてもらいやした。
ラ・イルシオン・ノラボイ・ア・ペルデール。
posted by ぶらんか at 23:52 | Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スコアレス〜

J2第11節
コンサドーレ札幌 0-0 東京ヴェルディ
J's Goal

今日は子供の日のイベントでテラスで出店をやったため、いつもは閉じられてるドームの窓のスクリーンが開いていた。明るい。ふと見上げると
0505canaria.jpg
シルバた〜ん!
シルバたんのように賢くてうまくてついでにめんこい選手がそこにもう1人くらい落ちてないかしら…。

0505dole.jpg
今日はドーレ君の決めポーズがなかなかうまい具合に良く撮れた。

0505norubesa.jpg
ノルベサ〜

0505golura.jpg
ゴル裏。この頃旗が増えましたね。
SA席でもひらひらと振っている人をよく見るようになった。

0505starting11.jpg
主審が吉田さんって、、今日はJ1もあったよね?

0505dole_on_birthday.jpg
4日がドーレ君の誕生日ってことで、ハーフタイムにドールズからケーキをプレゼントされました。

そんで今日の映像



世界各地1000万のヒロサポに捧げますw
そろそろ試合に出せよごらぁ〜〜

試合は…まぁ少しずつではあるけど、できるようになってきてるよね。芳賀は調子が良さそう。でもこのメンツのままで今後爆発的に点が取れるようになるとは思えん。別に爆発までいかなくても1点か2点くらいでいいんだけどさ…それすらも何か期待薄で。
選手や監督じゃなくて、強化サイドに現状をどう思ってるのか聞きたいわ。
posted by ぶらんか at 20:08 | Comment(0) | コンサドーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月03日

いよいよシーズンイン

プリンスリーグ北海道第1節@SSAP
コンサドーレ札幌U-18 4-0 札幌創成高校
得点者:三上、荒野、前、近藤

東雁来というところはなんであんなに風が強いのだろう…。
ファインダーをのぞくのに片方の目を閉じていたら、その閉じた目にホコリが入ってきてギョエ〜になるのはなぜなんだ!

それはともかく、今年2試合目のユース。(どうでもいいけどうちの母が最近すっかりリーガにかぶれて、こないだはテレビの前で征也に「あんたはカンテラ育ちなんだからもっとしっかりしなさい」と叱責していたw)

先日の昼間なのにナイターリーグではメンバーから外れて、副審として私の目の前を行ったり来たりしていた1年生の神田夢実くん。U-15日本代表もチームではまだ出れないのかなと思っていたら、今日はふつーに先発フル出場していた。

−−−三上−−−鈴木−−−
−神田−荒野−前−−菅原−
−堀米−永井−工藤−小山内
−−−−−−松原−−−−−

三上くんがキャプテン。
0503mikami.jpg
陽輔には何の問題もないのだけど、このキャプテンマークは全然イケてなくて許せないので、早々になんとかして!!>kappa様

風はメインからバックに強く吹いているので、選手たちには横風ということになる。コンサユースはいつもここで練習してるからへっちゃらなのだろうし、それほどプレーに影響なかったような気もする。私は前述の通りホコリと厳しい戦いをする羽目になったけど。

前半は相手のプレスもきつく、トップチームみたいに足元足元のパスが多くて(岩教戦でも感じたことだけど)なかなかチャンスをつくれなかった。ただコンサユースは個人技で勝るので、18分、左サイドでパスを受けた陽輔がドリドリっと中に持ち込んで右足シュートで先制。2点目は右サイドで得たFKを菅原くんがゴール前に蹴りこみ、GKが弾いたこぼれ球を拓馬くんがドーンとミドルシュート。とまぁ、個人技で2点取ってしまった。

ハーフタイムになんとなく気がついたこと
コンサはベンチに選手を座らせる
0503consadole.jpg

創成高校は監督がベンチに座る
0503sosei.jpg
どうでもいいけど…w

後半は気になってたことが修正されて、プレーがよりシンプルに、ディフェンスの間あいだに入って行ってボールを受けることが徹底されて、面白くなった。…といっても51分の前くんのシュートは交代選手に気を取られててどうしてそうなったのか見てなかったんだけどorz
たぶんスローインからドリブルで持ち込んで打ったかなと。

4点目はパーフェクト!
DFからワンタッチ・ツータッチのシンプルなボール回しで機をうかがい、最後は中央で拓馬くんから交代で入っていたナリへスルーパス。ナリはパスを受けると反転して右足シュートでゴル。やっといい形で点が取れた。それから後も何度も創成ゴールを脅かすも追加点は取れなかった。昇格してきた相手だからもうちょっと点がほしかったような気がするけど、創成もチームとしてやりたいことが伝わる良いチームだったので、これから活躍できるのではないかと思った。

試合後、ユースの練習場の前を通りかかったら、何やら練習試合がある気配だったけど、90分間強風に吹かれて髪はぼさぼさでお腹もすいたので、見ないで帰ってきた。お隣のホーマックで園芸用品をちょっと買って行ったんだけど、店員さんがホーマックのくせに親切で驚いたw
今度からここのホーマックで買うわ!
posted by ぶらんか at 23:18 | Comment(0) | コンサドーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月02日

ペリコキラー

リーガ第35節
Espanyol 0-2 Valencia
得点者:Zigic2
marca

ダイジェスト


もしまだ俊輔さんがエスパニョールにいたら、問答無用で放送してくれてただろうに、ばかばかばか!…と、ちょっと前まで「クソつまらんエスパニョールの試合なんかやるな!」と言ってたことも忘れて文句をいう。だってお金払ってるのに、見たい試合が見れないなんてやっぱりひどいっしょ!がんばって3位につけてるのに!

さて、前節デポルティボ戦で勝利をおさめやれやれと思っていたら、試合後のスタジアムでとんでもないことが起こっていたという。いつも試合後にクールダウンを兼ねたトレーニングをするそうなんだけど、その日出場のなかったチョリ・ドミンゲスがフィジコと口論の末、トレーニングをせずに帰ってしまったとか。こないだバネガが監督と問題を起こした時も、監督の怒りの矛先はバネガだけでなくチョリにも向けられていたと書いてるとこもあったので、出場機会なくてフラストレーションたまってるんだろうなぁとは思っていたけど、ついに爆発したということか。

でも練習拒否は重大な規律違反ということで、チョリには1週間の練習参加停止&給与支払い停止の処分が。週給いくらなのか知らないけど、厳しいのう…。こんなことばっかりなので、火曜日の練習はチョリを除く選手全員で練習場を飛び出し、隣のクエンカ県までバス移動して、フィールド・アスレティック施設でアドベンチャ〜!で親睦をはかる作戦。

ビデオその1
http://www.youtube.com/watch?v=MRmdPuGQeok
ビデオその2
http://www.youtube.com/watch?v=HpAZ95CbZkc

その2のカヤック編がおもろかった。男の子ってバカよね…(爆
コンサドーレも岡ちゃんのときにオーストラリアキャンプでこんなのやってたけど(命綱をチームメイトが持って綱渡りを助ける、もうちょっと軍隊的なマジメっぽいやつだったけど)、シーズン前ならともかく、あとリーグ戦4試合を残すばかりなのに、チーム運営苦労してんな…。


そういうことがあって、アウェイでエスパニョール戦。
デポルティボ戦でシルバたんの累積警告がついに5枚になっちゃったから、チョリは暴れなくてもこの試合に出られたのに…('A`)トップ下の選手を出場停止と懲罰で失ってしまったエメリ監督。ただでさえアウェイで勝ててないのに、何自らハンデを背負ってんだか…。トップ下にはマタかミチェルかなんて話だったけど、ふたをあけてみればバネガ・アルベルダ・マヌフェルの3ボランチにホアキン・ビジャ・ビセンテの3トップ(クリスマスツリー型かも?)できてた。

前半はシステムが変わったからか、効果的にサイドを使うことができず、中もシルバたんがやるようなえぐいスルーが出てくるわけでもないので、ビジャさん孤立気味…。エスパニョールにはときどきゴール前に放り込まれてヘディングシュートなどピンチが数回。

後半13分にジギッチ登場。
誰と代えるのかなぁと思ったっけ、ビジャで!!驚いたけど、采配ズバリだった方が驚きだよ…。3分後、怪我からようやく復帰してスタメン出場してたマルチェナさんから前線へ大きなフィードにビセンテが追いついて、ゴールライン付近からゴール前へ折り返し、ニアに走りこんだジギッチが流し込んで先制!きたーーーー

今まで前線にスペースあんまりあいてなかったのに、長身のジギッチを警戒するあまり、中にしぼってしまうんだろか、先制点のあとは面白いようにパスも人も動いて、エスパニョール守備陣を翻弄してた。73分にもビセンテのクロスに真ん中でホアキンがDFをひきつけ競ったので、ファーサイドでジギッチがどフリーで!右足でかるーく2点目!!

うぉおおお今日は勝てるーーー!

ジギッチも出場機会に恵まれず、冬の移籍を画策してたし、マヌフェル君だって一度はイタリアのチーム(チーム名忘れちった。今話題のインテルだったっけ?)に移籍が決まりかけたのが流れて、失意の中から復活してきた選手。ホアキンも文句い言いながらやってるw だからチョリもがんばろーよ…。それにしてもジギッチはホームのエスパニョール戦でもロスタイムに決勝点を決めたし、ペリコに強いなぁw

それからあとはホアキンとビセンテをパブロ君とマタたんに代える余裕の采配でゼロに抑え、完勝。交代がパブロyマタとか、なんだかんだいって贅沢なチームだな…。あとこの試合、イエローカードが1枚も出なかったのが地味にすごいと思う!今まで全くダメだったアウェーで完勝、イエローも退場もなしだなんて、やればできるじゃないのチミたち。つーかあれだけ大騒ぎしていろんなことしたら、なんとかしないわけにはいかないよな。

もうあと3試合しか残ってないこの状況で、後半戦アウェーで初勝利w
水曜日のヘレス戦に勝てば4位以内確定というところまできた。ビジャさんバルサ移籍の報道が出る季節になって、後3試合しかないのが惜しくなってきたワ…もうちょい、いやいつまでも見たいビジャシルバコンビ。
posted by ぶらんか at 23:22 | Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする