2010年02月27日

ペプシのCM

スペイン代表は3月3日にフランスと親善試合するので、昨日そのメンバーが発表されたんだけど、そんときのデル・ボスケ監督の会見の様子↓
http://www.cuatro.com/deportes/videos/bosque-da-lista-francia-espana/20100226ctoultpro_35/
または
http://www.youtube.com/watch?v=IkOV-8M9LfU

「FWはマタ、シルバ…(名前読み上げる)…ネグレド…これで全部かな?23人。ブスケツも言ったよ。」
(字幕)「ちょ監督、グイサ忘れてますよ」

何このほのぼの会見。
グイサのおじさんかわいそすwつーか暗記じゃなくてメモを見て言えw ってか裏を返せば空で言えるくらい、本番に向けたメンバーはほぼ決まってんだろうね。いーなースペインはよりどりみどりでさ、パブロ君使わないんなら日本代表に貸してくれ('A`)

我が代表はといえば、岡ちゃんは会見で真面目くさってユーモアがないだの暗いだのなんだの言われて、ここまでくるとイジメなんじゃないかと、お気の毒になってしまう。ユーモアたっぷりに会見したらしたで、なに能天気こいてんじゃアホ!世論が沸き起こる、いやマスコミが沸き起こすだろうに。結局は結果次第、か。


ところで、最近こんなCuatroのビデオを見ていると、プログラムの前に流すCMが高い確率でペプシだったりする。

http://www.youtube.com/watch?v=5LzJRbvTJu0


コメント見るとスペイン人に大ウケなのだが、何がそんなに可笑しいのかいまいち分からんw

内容的には
ペプシコーラのCMの撮影現場。トーレスきゅんが「ペプシでリフレッシュ!」ってキャッチコピーを言うとこで「ペプシ」を「ペシ」と言ってしまい、「P」をちゃんと発音しろ!とイギリス人監督からNGが出る

何度もダメ出しされてついにキレるトーレスきゅん
「僕はフエンラの出身なんで、ペシって言うんですっ!」といってPEPSIポスターのPを破り取る

エンディング「ペプシと言おうがペシと言おうが、節約できます」

というお話。
最後のahorrarの意味がちょいわかんない。ペプシってコカコーラより安いのけ?

トーレスきゅんはフエンラブラダというマドリー郊外の街の出だそうで、そんな陸の孤島みたいなクソ田舎でもなさそうだし、スペイン中でこの街だけがペシって言う訳じゃなくて(書き込みを見ると”私は○○に住んでるけどペシって言う”ってのも一杯あるから)、まぁちょっとしたスペイン人と英語との摩擦をネタにしているんだろうなぁと思う。

スペイン語は母音と子音が組み合わさってできてる単語が多い(ゆえに日本人に発音しやすい)けど、二重子音はもちろんあるし、psだって発音できないわけじゃないと思うんだけど。。だって人をバカにするときに「プスプスプス」て音出してくるじゃん!(←スペインにいくと結構被害にあうw)
pues(だから、それで…)っていうときもほとんどpsにしか聞こえないときもあるし。

これはスペインの純朴青年、トーレスきゅんがイギリスで英語に囲まれてても、スペイン魂忘れずにがんがってるんだぞって理解でよろしいのかな。前にプレミアリーグの試合後インタブーを見たけど、流暢に英語しゃべってたけどね。ちなみに英語圏の人のスペイン語は何言ってるかマジで分からんので要注意。
posted by ぶらんか at 22:52 | Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

帰ってきたパブロ君

UEFAヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦その2
Valencia 3-0 Club Brugge
得点者:マタ、パブロ2
UEFA.COM
marca

小さい画面で見てたし、もともとフォーメーションはあんまり気にしない方なので、複数の記事を読むまで全然知らなかったわけだが、前半は3バックでやってたらしい。もし、メスタージャにいたら、「へ〜右からマルチェナ・アルベルダ・デアルベルの3バックか〜」なんて双眼鏡でチェックしてるうちに周りがワー!!!って騒ぎだして、華麗に先制点を見過ごしたことに気がつくんだろな。開始19秒でゴールってw 1列上がった左サイドのミゲルからゴル前へのクロスが通り(そんなにクリアの難しいボールでもなかったのに…)、真ん中でマタたんが左足でゲット。

第1試合で0-1で負けてるから、第2回戦進出には今日は最短で2-0で勝つこと。でも先週は先手を取られてからは固く守られたから、苦労しそうだなぁと思ってたっけ、あんまりあっけなく追いついてしまい、かなり拍子抜け。でもこれで気はかなり楽になったはず。その後もなんとなくぼんやりしてるクラブ・ブルージュDFを翻弄してたから、さっさと2点くらい取れそうな感じだったのに、それ以上の得点はなし。

ハーフタイムでボランチのバラハout、髪を切ってさっぱり好青年になったアレクシスin。うん、ヒモなしはさわやかでいいね!バラハはフィードはいいんだけど、中盤でボールを奪われることが多くて、アルベルダがついカバーに入ろうと飛び出して「ぎゃ〜〜真ん中開けるな!!」ってことがちょっとあったので、この交代は納得…(^^;これでいつもの4バックに戻ってアルベルダはボランチ。この人のカバー範囲は相当広いのでやっぱり中盤の方が安心できる。

58分、ジギッチoutホアキンin。
ホアキンの姿が見えたとき、「あ、パブロ君代えられちゃうな、仕方ないな」なんて思いましたすんません。つーかジギッチの存在を途中から忘れていた…みんなビジャには放り込むくせに、ジギッチにはなぜかあんまり放り込まないし、たまに来るハイボールの競り合いでも今日はあんまり強さを発揮できなかった。これで2トップもやめて、2列目の並びは右からホアキン・マタ・パブロに。今にして思えばパブロ君残してほんとに正解だったよね〜〜。

監督がこうして珍しく早めに手を打ち、ホアキンが入ったことで攻撃の起点が1つ増えてなかなかよさげだったのだが、チャンスに決めれないマタたんとパブロ…30分台に差し掛かり苦しい時間に先に落ちたのはブルージュの方で、ビジャ様がメッシのよーなするどいドリブル仕掛けてシュートを打つのも見られてわたくし自身は大満足だったのでございますが、、もう急がないとこのままでは延長戦になってしまうです。日曜日のアトレティコ戦のことを考えたら延長戦なんか絶対やりたくないし、こっちはもう朝の7時になろうって時間で相当せわしない気分になってるのに、ちんたらやってんじゃねーよとつい切れるw しかしFKに得点のにおいがしないな!

結局延長戦突入。延長戦ってほんとやだ。なんか見ててかわいそうになってくるし。
でも最後までバレンシアの選手が足を止めなかったのは、スタジアムに集まった5万人って人たちのおかげだネ。数日前パブロ君がつぶやいたところによると、3万枚もチケット売れたって言ってたのが前日には4万枚に増えて、当日は5万人来たってすげーよ。そんな中、95分、中央でバネガがゴル前にいたパブロ君にパス。一度失いかけたが粘って右足でゴール左に流し込んだ!!きた〜〜!!!

待ちに待った2回戦進出を決めるゴールだっただけじゃなく、年末にリタイアして復帰してからもなかなか調子が戻ってこなくて、ドリブルにいまいちキレがないし、あっけなくボールを奪われることが多く、もちろんノーゴール状態が続いていたパブロ君のゴールだったってことで、喜びもひとしおだった。15分たってエンドを替える時は何て言ってるかよくわかんなかったけど、スタジアム全体から鳴りやまぬバレンシアコール。素晴らしい雰囲気だった。…でも相手が1点でも取ったら向こうの勝ちになってしまうという危うい状態なのに、ウェーブが起こるのはどうよ?と思ったけどw ブルージュは相当疲れていて、反撃なんかされるもんかって雰囲気だったのかしら?

そして後半10分、ホアキンのスルーパスにパブロ君が抜け出してGKを交わし、右足で追加点!もうこれならあと1点やっても大丈夫!!ってことでやっと安心できたw 人生に保険は大切です。
つーかこの得点の時、決めたパブロ君はもちろん偉いが、逆サイドにアルベルダが走りこんできてたの、もちろんボールがこぼれてくるかもしれないから。この時間にどんだけー!ほんと頭下がるわ…その後ミドルシュート打った拍子に足がつって倒れてた。だよね〜。でもキミはアトレティコ戦には有給休暇を取っているのだから、今日はあと5分くらい全力で走れ!とか思ってしまう鬼畜。監督もそう思っていたのか、同じく足をつらせていたマタたんを下げてマドゥーロ投入で試合を閉じた。

こんなやればできる子だとは知りませんでしたバレンシアw
できれば90分の間に決着をつけてほしかったけど、あの一体感は貴重な瞬間。

0225pablo3.jpg
帰ってきたパブロ君。
でもちょっと代表には間に合わなかったようだ…次があるさ。。
posted by ぶらんか at 23:25 | Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

もう水曜日なのに月曜日のリーガ

火曜日にseesaaのメンテナンスがあり、夜には復旧するかと思いきや、そこはさすがseesaa、時間通りに終わるはずもなく、なぜか今日の午後になってようやく復旧したらしいけど、なんか今でもとっても不安定。

リーガ第23節
Valencia 2-1 Getafe
得点者:ビジャ2
marca

30分寝坊した。やっぱり月曜開催ムリ。
なのでちょっと詳しめのビデオ貼っとく。

前半
http://www.youtube.com/watch?v=9muYq-Q-Zpw&feature=sub


後半
http://www.youtube.com/watch?v=VqjVPn674xg


何かとっても感激した試合だったので、このカンドーを忘れないうちにとりあえず下書しておこう!!と昨日せっせとメモ帳に書いといたんだけど、一晩経って読み直したらまさに「チラ裏」。でも書きなおそうにも2日もたてばもう冷めちゃってなんだか盛り上がってこないのだ。
まぁコーフンして書いても冷静に書いても所詮チラ裏なのだが…。

最初の方を見そびれたので、とある新聞記事読んだら「ヘタフェは中盤を制圧しポゼッションを高め、そこにサイドが絡む形が見られたが、バレンシアはディフェンスラインからビジャにロングボールを蹴るだけで、それはたいていオフサイドにひっかかった」って書いてあった。
えーそぉ〜かなぁああ。。…そうかもw

39分の得点なんかまさにポゼッションサッカー(笑)というシーンで。
GKセサル神様が自陣PAからハーフラインめがけキック→左SBのアレクシスがヘディングで1列前のチョリに落とす→チョリ走る。→エリアに入ったとこでビジャさんはいどーぞなグラウンダーのクロス→ビジャ、右足で難なくゴールゲット。ボンと蹴ってガーっと走ってドカンと決める。これね。点取ればいいんでしょ。それにしてもチョリの足は速かった。

2点目は52分、ヘタフェの中盤でのパス回しにミスがあって、シルバたんの元に。シルバたんがためを作り、ビジャが左サイドに開く。そこにタイミングもパススピードもドンピシャの美しすぎるスルーパスが出て、ビジャがラインを抜け出すと、エリアに入ったか入らないかってあたりで右足でカーブのかかったシュート。ゴル前でワンバウンドして入った!
ちょっ、、何これ、カッコよすぎ!!もぉ、

ビジャ様抱いてぇぇえええ〜〜〜〜!!!

メスタージャにいたら、どさくさまぎれにこう叫ぶであろう。日本語で。
ちなみにこちらはCheTVの2点目のビジャ様ゴールの時のスタジアムの盛り上がりを写したもの。

http://www.youtube.com/watch?v=L1eJvDs0b1k


ピッチはほとんど写ってません。でもほんとこういうビデオ好きだw
ベンガシルバシルバシルバのおじさんの声がありがちで笑ってしまった。(ボール持ってためてるときに「いいぞいいぞ!」と声をかけたに違いない)んでおじさんがビジャ!って叫んだ後、歓喜の大爆発が起こるまでにかなり時間がかかってる。私も「これ入るのかなぁ?」って思う余裕があったもん。すごいシュートだったな〜。

ホームで2点取ってよっしゃ行ける!と思っても、そう簡単には問屋は卸さない。

61分、それまで何度となくやられていたが、今回も左サイドの突破を許し、アレクシスがボールを持ったペドロ・レオンに…何もしてないのにペドロ・レオンはばったり倒れ、審判が笛を吹く。アレクシスにイエローが出て、またもや私が見てない間にすでに1枚もらってたらしく、退場っすよ。これにはスタジアム全体で大ブーイングで、それからペドロ・レオンがボールを持つたび口笛とブーイング。結構可愛い顔してるのにね。まぁ上手い選手で、みんなてこづっていたな。
そんなわけで、前の試合と同じく退場者が出て

今日の「ヤンツーごみんなさい」
0222alexis.jpg
上目使いワロタwでもアレクシスのは濡れ衣なんだから肩ぐらい叩いてやって…。


残り30分。
不当な理由でホームの方が1人減らされたら、そりゃ体の中で変なものが分泌されるのを感じるわな。サポならば。騒然とした中で65分、またもや左サイドをペドロなんとかに突破を許し(っつーかいいかげん修正して('A`)、ペドロがトラップをミスってボールがゴールラインに流れたのを、彼に対して体を入れ懸命に守備をしてボールを外に出そうとしてペドロに突き飛ばされた選手がいる。このプレーでペドロにイエローが出て、「ザマァァァ」の大喝采かと思いきや、守備をしたのはなんとビジャ様。CFで今日2得点の大英雄が、最終ラインまで戻ってこんな泥臭い守備してるの見れば、また体の中で変なものが分泌されて、自然スタジアムが一体になるのであ〜る。

ま、、1失点しちゃってヤバい場所でのファウルもあってヒヤヒヤだったけど。この後、1点差しかない状態でビジャ様を交代させてしまったのは不可解だった。追加点を取ること以上にビジャ様の存在はチームにとって心の支えだと思うから。や〜こないだまで「盛り塩〜」とか言って師匠化を危惧してたオマエが言うな!かな?でも試合後の監督会見でやっぱり「なんでビジャ下げちゃったん?」という質問があったらしい。「別に次の試合のことを考えてるわけじゃないけど、休ませたかった」って答え。微妙に意味が分からない。後でもう一回読んでみよう。

終盤はヘタフェに攻め込まれたが、前がかりになった相手に対してカウンターのチャンスは結構あった。なのに決め切れなくて、2-1の試合をしびれるほど堪能させていただきました…。かくしてギリギリつかんだ勝利、ベルギーで悪い負け方して帰ってきたあとだっただけに、チームも観客もこの試合の意味合いをよく分かっていて、苦しみながらも勝てたのはほんと良かったと思う。これで引き分けとかだったら、ズルズル行きそうだもん。

0222villa3.jpg
雪合戦では敵陣の旗を奪ったチームが勝ち


※アレクシスの2枚目のイエローは不服申し立てが認められて、取り消しされたので次のアトレチコ戦オッケーとのこと。
posted by ぶらんか at 22:27 | Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月20日

今日のひとこと

ベルギーから帰ってきて一夜明けたパブロ君の記者会見でのひとこと。
No tenemos nada contra el Brujas, queremos revancha contra nosotros mismo.

クラブ・ブルージュに対してではなく、自分たち自身へリベンジしたい。

パブロ△〜〜〜

どうでもいいけど
revancha(レバンチャ)がリベンジで、
venganza(ベンガンサ)が復讐、かたき討ち。

最初、かなーり混同してなかなか覚えられなかったけど、リベンジと復讐では意味合いがだいぶ違う。テレノベラではこの手の語彙を増やすことは、内容のより良い理解のために必須ですw

マテュ〜は左足首の手術をして成功し、全治3カ月ながら、そんなにクソ悪い怪我でもなかったそうな。意味がいまいち分からんが…。今季は左SBはマテュー一択できてて、かなり効いてたから、この先とても心配。。

ところでバレンシアおひさるでは選手がちょっと重い怪我をしたときには医師の診断結果がちゃんと発表されるし、1ヶ月以上かかるような怪我だと、お医者さんが怪我の具合と今後の見通しについてコメントしたのが音声でアップされるからすごい。私のヒアリング能力ではお医者さんの話なんか理解不能だけどorz、きっと分かりやすく説明してるんでないかと思う。

んで、箕輪さんの状況について担当医に説明してほしいって思うわ。真剣に。
ほんとに、いつまで何やってるの?


今日はお昼過ぎにカーリング女子の試合があって、ついったーでもかなり盛り上がっていた様子。私は少し出かけていたので、ネタばれしないように注意しながらおっかけ再生で見てたのだけど、昨日の中国戦ではみんなどこかショットがほにゃららしてたのをよく立てなおして、今日はスーパーショットをガンガン決めていてカッコ良かった。解説の小林さんもだんだん我を忘れて、解説を忘れて、ひたすら応援していたしw

チーム青森は土曜日の昼間という絶好の時間帯に中継された試合で、ああいういい試合をするんだもん、また注目を集めてカーリング人口が増えるんじゃないかな?って思った。注目の一戦というと思い切りコケて顰蹙を買う、彼女たちのふるさとのフットボールチームとは大違いなのである。うんっ。
posted by ぶらんか at 22:49 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

今日も空気を読まずに

フィギュアスケート男子は散々?ツイッターでつぶやいたので、ブログにはしない〜。

UEFAヨーロッパリーグ 決勝トーナメント1回戦1stレグ
Club Brugge 1-0 Valencia
得点者:Kouemaha
marca

前半は回線が安定しなかったのでじっくりは見れなかったけど、そんなに悪くなかったと思う。。したっけ映像が止まっている間に左SBのマテュ〜が足首を痛めて退場してしまっていた。開始20分あたりのこと。こないだやっと怪我から復帰したばかりだったのに、なんてこった…。

後半、ようやくスムーズに見れるようになったと思ったら、50分、ゴール前に入ってきたボールの競り合いで、シルバたんが足の裏を見せて飛び込んでってイエロー。で、主審は引き続きおもむろに赤いカードも出して「ほらよっ」。えっ? どうやら前半、映像が止まっている間にすでに1枚もらっていたらしく…ちょっおまww

0218emeryysilva.jpg
えーん、ヤンツーごみんなさ〜い
(こういう写真をみるとヤンツーとフッキのコンビを思い出すやつ)

シルバたんも確かに軽率だったけど、全部を見たわけじゃないけど、どうやらかなりホーム寄りのジャッジだったらしく、、マテュ〜がひ骨骨折が疑われる怪我をしたのに、削ったヤツにはイエローも出なかったし、エメリ監督の目の前でホアキンが足を掬われて倒されたんで監督が抗議したっけ、逆にひっこめって注意されてたし(退席になるかと思った)、言われて思い出せばムカツク試合だな。

そんなアウェーで1人少なくなってしまったからにはここは引き分け上等、のはずなのだが、6分後に失点。ドリブルする40番にDFがそろって棒立ちだったのもどうかと思うけど、シュートに対しちゃんと反応してボールを触ったのに、ファンブルさせてころころゴールを許すモヤさんカッコ悪い…カッコ悪いよ('A`) せっかくイケメンなのにもったいない…。

シルバたんがいないと攻撃があんまり機能しないバレンシア、さぁどうすんの!
そこはこないだから調子を取り戻しつつあるマタたんが結構中で勝負してたような気がする。アルベルダ・バラハの渋めボランチコンビもうまくバランスとっていて、1人少ない割にあまり押し込まれた感じはしなかった。バラハは見た目アグレッシブに見えないんだけど、すごいエレガントなフィードを出すからこないだからちょっと萌えてるw で、70分。中に切れ込んだマタたんから絶妙なスルーパスがビジャに出て、左サイドの角度のないところから左足で鋭いシュート!!

うおっしゃ〜!!!もらったぜ〜!!な完璧なシュートだったんだけど、なぜか右側のポストに当たって跳ね返る。ビジャさんに盛り塩。なんか最近、ほんとおかしいね('A`)

その数分後にはマタたんに惜しいシュートチャンスがあったようだが、見れなかった。70分台はバラハ・マタ・ビジャが絡んで相手DFを崩すシーンが見られたが、時間がたつにつれ人数をかけて守る相手に攻撃の人数がどうしても足りなくて、得点のにおいがしなくなっていってしまた…。ロスタイムに入ったところで映像が止まって、そのまま終わってしまったので、なんで試合終了後にパブロ君がイエローもらったのかは謎。
かくして下馬評では圧倒的にバレンシア優位と言われた試合で負けてしもうた。

そしてただでさえDF陣に怪我人抱えてるのに、マテュ〜は最悪今季絶望。試合に負けた以上に痛すぎる離脱…。またシルバたんがいないと攻撃に厚みがでないからってことでチョリを補強したのに、チョリは前チームでCLに出場してしまったためにELの出場資格を持たないとかで、2ndレグは誰をトップ下に置くのやら…シルバたんやらかしすぎたね。ベルギーから歩いて帰って来い!

ヨーロッパリーグについて、チームがどう考えてるのかイマイチ良く分からんのだけど(優勝したいと言ってみたり、その一方で今季の目標はあくまでCLと言ってみたり)、突破のためにはホームで2-0で勝てばいいんでしょ、2-0で。そんなの別に全然不可能じゃないし。
でもこないだもそんな状況でしっかり2点取ったけど、失点をゼロに抑えられなくて散った大会があったべな。…。
posted by ぶらんか at 22:27 | Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月18日

オリンピック中だけど空気を読まずに

ひとのお給料についてあれこれいうのも下品な話だけど…
サッカー選手のお給料・世界トップ50はこちら。
http://www.valencianista.es/noticias/ampliar/28937/solo-un-valencianista-entre-los-50-mejor-pagados-del-planeta

ユーロは今123円くらいらしい。ってことで電卓をパチパチ。


月給が1億3千万とかもうね。はははは…

totoBIGで6億円当たったらどうしようかなって夢見るのもばかばかしくなったww
しかし、スペインなんかヨーロッパの中でも不況の嵐がすごいって話なのに、トップ10中5人がリーガの選手っつーかレアル・マドリーとバルセロナの選手だけど、一体どこからお金が湧いてくるのやら…。他のチームはスポンサー料が正常に払われなくて財政難に苦しんでいたりするらしいのに。

この記事はバレンシア応援サイトなので、「トップ50の中にバレンシアの選手は1人だけ」というタイトルがついてるが、その1人とはビジャさんのこと(30位)。んで、「あなたはどう思う?」って最後に書いてあったから、クリロナよりビジャの方が点を取ってるし退場もしないのに給料が少ない!ガー!!

とか?w
まぁ上の方がもらいすぎだよネ…税金のことは良く分からんが。
実力的にはビジャさんは上の方の選手たちと何のひけもとらないけど、お給料もそれに見合うだけ出せよっつったらチームを出ろって言うのも同じだから、何とも言えましぇん。


あと、今日は唐突に
Miku: "Los enanos del Valencia son los peligrosos" - MARCA.com http://www.marca.com/2010/02/17/futbol/equipos/getafe/1266420347.html

ミク「バレンシアのエナーロスは危険だ」
enaroって何?と思ったけど、辞書出すのがめんどくさかったので、グーグルに相談。はきだしたのは「小人」。余計訳分からん。辞書開いて「ひどく背の低い」。…?

あっおまっ、ビジャシルバマタパブロのことを言ってるのかっ

本文中もlos pequeñitosとか書いてあるし、ペケーニョって背が高い低いじゃなくて、サイズ自体が小さい・あるいは子供ってことじゃないかw みんなとりあえず170センチ以上なのに…。

先日紹介したシルバたんいんたぶー記事にも
http://todoconblog.seesaa.net/article/140520176.html

-¿Molesta que a usted, Villa, Mata o Pablo Hernández les llamen 'los bajitos'?
-No, porque es cariñoso.

あなたたち4人が「los bajitos」と呼ばれるのはいやですか?
いいえ、愛情がこもった感じがするので大丈夫です

ってやりとりがあって、へー巷ではバヒートスって呼ばれてんのかぁと思っていたところだったっけ。本人たち嫌じゃなかったらまいっか。bajoは(背が)低いという意味。「-ito」という縮小辞をつけるとかわいらしさや親しみを表すことになるけど、それにしても人をあからさまに「ちびっこ」って呼ぶなんて、スペイン語って容赦ないなって思ってしまう。まぁ日本でも「ちびっこ2トップ」はありがちだけどさ…しかし

−−−−ビジャ−−−
マタ−シルバ−パブロ

こんな感じに並んでる4人を「何ちびっこ」と訳すべきなのかw
わたしゃネーミングセンスないので無理。


ところで、そもそもなんで突然ミクがこんなこと言いだしたんだろ…
と思ったりして。ミクは冬の移籍でバレンシアからヘタフェに移籍した人で、週末、いや週明けのリーガで対戦するからだと気がつくのにしばらく時間がかかった。今日はこれからベルギーでヨーロッパリーグの決勝トーナメントがあるのは頭にあるが、オリンピック期間中だからいろいろ見たいものがあって、2試合先のサッカーことまで考えられなかったんだもん…。ま、なんだ、トリノのときも思ったけど、あんな雪の降らないとこで冬季五輪なんかやるなって思うわ。いっそニセコオリンピックやろうよ!!
posted by ぶらんか at 21:37 | Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

いろいろ

今更だが、バレンタインデーの話。
スペイン語ではdia de Valentinと言うそうだけど、dia de los enamorados(恋人たちの日)って書いてあるサイトもあった。日本では古来?女の子が男の子に愛を告白する日っていう位置づけだけど、あちらではどっちからでもいいみたい。プレゼントするのは男の方だったりとか。

そーなんだよ。恋の日なんだよ、バレンタインデーって。
なのに最近、チョコレートを誰かれ構わずプレゼントする日に成り下がっていないか?!

社内での義理チョコは不景気のせいもあってだいぶ下火になったけど、女の子同士でお気に入りのチョコ交換とかレズかって!!まして自分にご褒美ってそれオ(ry
おもわずおばさんは吠える。

そんなわけで、というほど事例を並べ立てちゃいないが、この時期は商魂たくましすぎる売らんかななお菓子屋さんが憎たらしくて仕方ないのだった。

唐突に今日の1枚。
100216sergioramos.jpg
「エル・パイス」紙にセルヒオ・ラモスくんのいんたぶーが載っていたのだが、今チーム事情でSBじゃなくてCBやってるけどどうかとか、SBやってるときに一列前の選手との関係はどうだった(そうそうたるメンバーだよね、やはし)とか、いたって真面目にサッカーのお話をしているわけだが、写真がこれだと説得力ないよ、せるひお〜。
まぁ脱ぐ前に本性分かっていいかなってw

で、何々?
P. ¿No cree que mucha gente le juzga por su imagen y piensa que usted es un frívolo? Juerguista...

R. No voy a cambiar mi personalidad y tampoco mi forma de vestir. La gente habla sin conocer nada. Sólo espero que puedan conocerme mejor.

Q.多くの人があなたのイメージを見て、あなたを軽薄な人だと思っているようですが

A.自分を変えるつもりもファッションを変えるつもりもありません。みんな何も知らずに騒いでいるだけ。ただ僕をよく知ってほしいと願うのみです。

そうかそうか。
私はキミの奇抜なファッションやつきあう彼女についてやいやい言ってるサイトを見るのが好きw なのでどうかいつまでもそのままでいてくれ!緑色のジーンズをはきこなせるサッカー選手は、世界広しといえどもキミだけだと信じている。


あと、昨日、Superdeporteでビジャさんが長年依頼していた代理人と付き合いを止めたようだって記事を読んで「ふーん」と思っていたのだが、一晩経ったらこんな記事になってて
ビジャ、代理人を変更し移籍か? - Goal.com

まぁ驚いたの何の。慌てて辞書を引っ張り出して真面目に読もうと思ったっけ、アトレチコの試合やら「リンカーン」やらあって、明日以降の懸案事項にすることに。って明日からカーリング始まるし〜…
この手の話はまだいいだろうと油断してたら、ゴルコムに華麗に先制パンチくらいましたとさ。
posted by ぶらんか at 00:20 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

気持ちを盛り上げるものから

ああ我が国の代表サッカーどうなんの?
とさすがにため息が出た…。

バレンシアもまた勝てなかったし、ノーマルヒルはまぁ予想通りっちゃあ予想通り…だったけど、ろくに知りもしないサンモニのジジィ共が喝してるところをうっかり見てしまってムカついて、日韓戦ときたらもうね。

なのでとりあえず萌え映像で気持ちを和ませてから…

http://www.youtube.com/watch?v=eQiPZiYoQlU


2,3日前の公開練習の風景から、シルバたんだけにフォーカスオンしたビデオ。
最近練習見学というと、こんな風に誰か選手1人だけをじっと見てることが多いので、日本にいながらにしてシルバたんをスネークしてる気分になって、サイコーだった。つい何回も見てしまた。
ちなみにパブロ君のソックスは大変によろしい。

あと、これは何か知らんけど、ファンの子たちの出待ちシーン。

http://www.youtube.com/watch?v=rioxr1c2vqE


最初は「みんなすげー車に乗ってるな〜」とか「気さくに応対してくれるんだなぁ〜」と思って眺めている程度だったが、途中からいきなり「ハポネスハポネス(日本人)」って言って選手にアタックしてる子たちが出てきたのでカオスな展開に。どこのユースか知らんけど、スペイン遠征しに来た子らしい。んで、地元の若い子と一緒になってひとしきり盛り上がったあと、「鹿島学園」って宣伝してるww

鹿島学園のキミたち、ファンサイトに貼られてるよコレww

いやぁ、素直にうらやましいなぁ。
コンサユースの彼らにもこんな体験をさせてやりたいよ…あの子らの場合、恥ずかしがってもじもじしそうだけどw
強化費ほしぃぃぃ〜〜(切実)

あと、ビデオ見てて気がついたけど、何か頼む時にいう「por favor ポル・ファボール」(お願いします)が、若い子の口からは「ポルファ」になっている。そういえば今見てるテレノベラでもマリオたんがよく「ポルファ」って言ってるから、これは若者言葉なんだろーなーと思った。ただ萌えているように見えて、これでもスペイン語を勉強しようという姿勢でいるので念のためww


さて。

リーガ第22節
Sporting de Gijon 1-1 Valencia
得点者:ディエゴ・カストロ、マタ
marca

俊輔がついに日本復帰という路線が色濃くなり、メンバー入りしていないにも関わらず、相変わらずWOWOWはエスパニョール戦を外さないので、この試合の中継はナシ…。仕方なく2時に起きてネットで見たが、みんなオリンピックを見てるのか、最初から最後まで信じられないほどスムーズだった。

バレンシアは全然スムーズじゃなかったけど(−−)
試合開始直後から攻勢に来た相手にバタついて、CKの守備からボールを奪ったのに中盤で悪い取られ方をして、ディエゴ・カストロに左サイドからループ気味のミドルを叩き込まれてしまった。なんかそうめったにない感じのゴラッソだったので、諦めるしかないかなって思ったけど開始5分だよ5分〜〜〜。

その直後にもまたネットが揺れるが、その前にファウルがあってノーゴールになったから良かったものの…10分すぎてやっとエンジンが温まったのか、ようやくボールを保持して攻め込むバレンシア。

でも…ボールは持ってるんだけど、なかなかビジャの待つ最前線まで持って行けず、どう見てもボールを持ってるんじゃなくて、引いた相手に持たされている状態。たまにビジャに渡ってもシュートのことごとくがGKにセーブされちゃってるよ…こないだから対戦相手のGKが当たりまくるんですけどなぜですか。

前半のうちに追いつけたらと思っていたが、それもダメで、ならば後半15分までに…!!と路線変更したけどダメだった。引き分けじゃダメなんだよこの試合…70分すぎるともうイライラだったっけ、75分にようやくバネガのスルーパスにマタたん抜け出して左足で豪快にゴル。攻める4人と守る6人というように、中盤が分断されてやけにスースーしてたから、バネちゃんの攻撃参加で得点が生まれ「ほら見ろ!」と思わずつぶやく。

でも今日はそれ以上の点は生まれなかった。。最近調子の上がらないパブロ君に代えてチョリ、怪我したブルーノに代わりミゲルはいいけど、最後はジギッチ大作戦やってくれよ監督…放り込みもたまには悪くないぞw いくらドリブルしてもパスしても持ってけないんだからさぁ。

終了間際には相手カウンターで相手FWとセサル神が1対1になってるし!!もうダメだ('A`)と思ったけど、神様は体を張ってお止めになった…シュートストップがほんとうまい。そんなことがあったので、勝ち点2を失ったのか、勝ち点1をやっとこ握ったのか、良くわかんない試合になってしまった。なんだかな〜。

0213silvaymata.JPG
いつもなら真っ先にゴレアドールの元にかけつけるビジャさんは、古巣ヒホン戦では得点を絶対に祝福しないので、2人寂しく…つーかなんちゅうかわいいのこの2人…
posted by ぶらんか at 23:04 | Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

萌え画映像収集

なんか最近どや〜んとした画像が多かったから
0209entrenamiento.jpg
たまにこういう写真をみるとほっこり。無精ヒゲだけ余計だけど。

画像じゃないけど、萌えた一文。
Superdeporteの「みんなの質問にバネちゃん答えるよ」の記事より。

¿con qué jugador sólo le basta una mirada para planear una jugada?
—Con Silva. Lo veo y sé lo que va a hacer. Apenas mirarlo, ya está haciendo el desmarque.

目と目で通じあう♪古っ
深く考えるととても訳しにくい文章だけど、、ちらっと見ただけでどうプレーすべきか分かりあえる選手は誰?といった質問に、「シルバ。彼を見ただけで何をしようとしているかが分かる。ほとんど見なくても、彼はもうマークを外す動きをしている」

こんなセリフ、コンサの選手に言わせてみたいもんだわ。。
そーいえばVillarreal戦の得点のアシストはシルバたんだったっけ。


1週間くらい前だろうか、スペインのテレビ局TVEのサイトに、「バレンシアの5人の代表選手があなたの質問に答えます」(こればっかだな、スペイン…)ってページがあって、どういう答えが返ってくるのか楽しみにしてたら、なんか良く分からんが5人でキーコキーコ自転車漕いでるビデオがリリースされてそれっきりということがあった。
http://www.rtve.es/deportes/20100126/consigue-camiseta-cinco-fantasticos-del-valencia/314342.shtml

今日はセビーリャの代表選手3人がセビジャーナスを習うビデオ発見!
http://www.rtve.es/deportes/20100209/sevilla-a-sudafrica-a-golpe-tacon/317203.shtml

フラメンコはスペイン人なら誰もが踊れると思ったら大間違いのようだ…w
セビーリャ生まれのナバスくんもへっぴり腰だった。ふーん?

んで、スペイン地図の上に自分の名前?を書いた紙をピンで止めてるシーンはバレンシア編でも見たので、あのスペイン地図は各チームを巡回するんだなと思った。次はどこのチームでどんなおバカをさせるか楽しみだ。良く見ると、自分の生まれた街のところに、名前を書いた紙を張っているみたいだった。スペインではどこの地方の選手かっていうのが割とこだわりがあるようで。日本は部活かクラブかで大論争だけど。

しかしスペインは楽しそうでいいね。
日本代表なんか、もううっかり冗談も言えないさ〜…。


最後に…なぜか曙がアメリカでひっそり歌手デビュー?してるわけだが。
http://www.rtve.es/mediateca/videos/20100209/del-sumo-a-cancion/689397.shtml

なぜこんなビデオをスペインのテレビでww
アナウンサーのおっちゃんがいうには、「スペインではスポーツ選手の中でサッカー選手が最も有名で人気があるが、日本では相撲取りがその地位を占める」うーん、ちょいと違うと思うけど〜。で、「曙は今、日本のテレビで歌って踊ってる」って言ってるけど、思いっきり「FOX」って書いてるやん!こんな、若い女の子が堂々と土俵に上がって踊ってるの日本で放送されたら、やくみつるが黙っちゃいないってば…w

しかも外国人で初めて横綱になった元力士捕まえて、負けても歌があるとか失礼にも程があるじゃん…プロレス挑戦のことはあたしゃ良く知らないw

そんなわけで今日もスペインのサイトは楽しゅうございました。
posted by ぶらんか at 22:36 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

ばやどり戦

wowowの放送はこれからなので、ネタばれ予防にまずは適当なことを書く。
0130lasprovincias.jpg昨日、とあるファンサイトでローカル新聞のシルバたんいんたぶーをスキャンしたやつ見つけて、それをゆっくり読んでいた。タイトルの「soy un poco cabezota」とは「僕は少し頑固者だ」という意味。つーかcabezotaって頭cabezaの大きいやつでしょ?頭がでかいって自分でいってら〜ははは〜って読み流したっけ、それじゃあその後の「でもそれはいつも欠点になるわけじゃない」という文章といまいちつながらないので、、念のために辞書開いて良かった…w

たしか前にもマタたんバージョンのがあって、第1の質問が「あなたは世の母親にとって娘のお婿さんにしたい男性No1ですがどう思いますか?」とかだったような。いきなり猛チャージかけてくる新聞だなぁと思った記憶がある。今回の第1の質問は「なぜあなたはお母さんの姓を使っているのですか?」だった。あ〜地味だけど私も知りたいw 答え「ここ(バレンシア)に来た時、そう呼ばれたのでこうなった」
そんなアバウトな…。

「あなたは早寝の方ですか?」との質問にはノーで、「1時か2時頃までテレビを見たりして起きている」とのこと。さすがスペイン人。ってかパブロ君の”つぶやき”時間から想像するに、サッカー選手ともなると12時ごろまでには寝る、わりと常識的な生活(爆)してるんだなと思ってたんだけど…。まぁ「練習して食事がすんだら、たいていシエスタをする」ので夜更かしでもオッケーという理屈らしい。はっは〜こないだ16時からやったテネリフェ戦で冴えない顔してたのは、いつもならシエスタしてる時間だったからか〜とかなんとか。

そしてインタビューは核心に…「女性の下着は何色が好きですか?」「黒」。おいw
いや、ちょっと待て、女の下着の色を云々する前に、君は自分の下着を自分で選んで買っているかな?って。インタビュー中、何度かお母さんの話題が出るんだけど、この人とお母さんの関係は何かとても興味深い。ふっ。
んで、「あなたはコンキスタドール(征服者)だと思われていますか」という質問。コンキスタドールってなんて訳そうかな。もてますか?みたいな感じか?テレノベラ見てると、異性を口説いたり、そぶりをみせて落とすことをconquistar(元の意味は征服する)と言うのだが、一度壊れかけた夫婦や恋人関係を直すようなときも「相手をconquistarするんだ」って言ってるので、あっちでは恋愛は狩りや戦争みたいなもんなんだな〜熱いわ〜って何の話だ!

そんな質問にシルバたん、面食らいながらも「人がどう思ってるかは知らないよ!でも何か気に入ったことがあれば、手に入れたいと思う」へぇ意外。さらに「若いしサッカー選手だし、ファンの女の子から逃げるのも大変でしょう?」と畳掛けられて、「そんなことは噂にしかすぎませんっ」と完全否定。つーかmitoは神話でrunrunが噂話か。ルンルンっていうんだww
ほんならまた久しぶりに「David Silva Girlfriend」でぐぐってみるかね。数ヶ月前にぐぐったときは何もヒットしなかったけど。(このページがヒットしてもしゃーないので、全角で入力しました)

つづく。かも。

リーガ第21節
Valencia 2-0 Valladolid
得点者:バネガ、ビジャ
marca

http://www.youtube.com/watch?v=6OLAH4mNDz8&feature=related

でもやっぱりPublicoのビデオの方が試合の様子が良く分かる
http://www.publico.es/deportes/292314/valencia/amarga/debut/onesimo

試合開始してたったの6分後に、ナバーロがボールを蹴ったあと突然倒れこんでマルチェナさんと交代。右太ももの二頭筋を痛めたそうな。二頭筋って何?そういえば今週、いつだったかナバーロが怪我して出場微妙とか言ってなかったっけ…わずか6分で起こったアクシデントだったにもかかわらず、マルチェナさんはいやにさっさと出てきたので、最初から万全じゃないって分かってたのかな。

しかしこのわずか1分後、右サイドのライン際でのビジャの粘りから、パスを受けたパブロ君中央へ折り返し、バネガがダーン!と豪快に決めてしまったので、アクシデントによる嫌な気分はあっというまに払拭されてしまった。2点目は28分、CKの流れから、バネガの大きなクロスにファーでビジャがダイビングヘッド!在りし日の黄川田賢司クンのよーなありえないダイビングだった〜ステキーーーwww
なんにせよビジャさんが得点するととてもうれしい。

Valladolidは前節の結果を受けて監督さんが解任され、コーチが内部昇格して監督になったそうで、こういうショック療法を施されたチームの初戦は注意しなきゃね、ってシルバたんも試合前会見で述べていたのだが…あまりよろしくない。30分までに2点だし、他にもシュートチャンスをいくつも作っていたので、こりゃこのあと何点入るかなぁとワクワクする試合になる…はずだった。

後半は例によって回線が安定しなくて飛び飛びに見たので、明日以降録画を見て反省会をしたいと思うけど、マタたんが3回くらいシュートをセーブされて(相手のGK当たってたなと今は思う)、ギョーーありえん!!の思いが強く、試合の後マタたんにお説教する夢をみたくらいwちなみに私の隣でビジャさんが腕組みしながらウンウン、と私に賛同してくれたけど、そういうビジャだってすげーダイビングヘッドの他は良く外したりセーブされたりしてたよなぁ。。

まぁ私の夢の話はともかく、シュートが決まらない以上に、組み立ての段階でのミスに対して、スタジアムでもいらだちの声が上がってたような。だから40分すぎにパブロ君とチョリが交代するときは、チョリのメスタージャデビューということはあったけど、攻撃の流れをこれで変えられるとものすごい拍手が起こったんだと思う。。結果的に2-0の完封勝ちだけど、勝てなかったテネリフェ戦・セビーリャ戦から、何かまだ修正できてない感じがした。

あとは録画見てから…。
posted by ぶらんか at 23:11 | Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月06日

パエーリャの素

先日、届いたDHCのカタログをめくっていたら、こんな商品を発見。

本場スペインのパエリアの素
http://www.dhc.co.jp/goods/goodsdetail.jsp?gCode=32011

迷わずぽちっとな。
それが木曜日に届いて
0206paella.JPG

今日はりきって作りました!!
0206paella2.JPG
うちのは具だくさんにも程があるな。
ご飯もえびも見えないw

0206paella3.jpg
お皿によそって

味は…おいしかった!
けど、自分で作るいつもの味とあんまり変わらないw
レシピを見たら、サフランの代わりにこの粉末を投入するだけなんだもの…つまり私はこれを使わなくてもちゃんとスペイン風に作れるんだ!!ということか。

ネットでスペインの代表戦見てた時、ハーフタイムにパエーリャの素のCMやってて、それはどろっとした液体を入れて炊くだけよ♪みたいなやつだったんだよな〜今度はこいつを輸入してみてくれ!>DHC

粉末をちょっとなめてみたら、要はサフランと他のスパイスを配合したものって感じだったので、今度はこれをから揚げに応用してみようっと。なんせ3箱も買ってしまったので、いろいろ工夫して消費しなければww
posted by ぶらんか at 21:14 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月05日

水道管凍った

昨日、台所で洗いものしてて、ふと久しぶりにお湯出してみようと混合栓を赤い方にひねってみたら、水が止まってしまった。灯油代が値上がりして以来、油ものを洗うときはストーブの上のやかんの湯を使いながら、水だけで頑張ってたのだ。そしたらお湯の方の水道管がこのところの寒波のせいで凍ってしまったらしい。エコ生活って厳し〜〜

去年の冬も同じことしてたけど、凍らなかったのになぁ。
っていうかこの家に住み始めて20年近くたつけど、こんなこと初めてだよ…どんだけ寒いんだ!

知り合いの水道屋さんに電話すると、シンクの下の扉を開けっぱなしにして(温度を上げるため)、ファンヒーターでも当ててみたら?と言われたので、しばらくその通りにしてみたけど、変化なし。いつから凍ったのか、どこが凍ったのかもわからんもん、効果あるわけないよなぁ。水道屋さん「じゃ、明日行きますw」

水道管の解凍なんてどうやるんだろね?床下にもぐってなんかするのかね?お金いくらかかるんだろね?と戦々恐々として水道屋さんを迎える。まぁ私が立ち会ったわけじゃないんだけど、母に聞いたところによると、「レンジでチン」と同じ原理のものをシンクの下の水道管につなげて、ものの10分で直してくれたんだそうな。ええ〜何それ!どういう機械だったのか、見たかった〜!工賃は篠路から来てもらったのに(←車で1時間はかかる)出張料込みで8000円。ほげ〜

テレビをつけたらいみじくもこんなニュースやってて

NHKニュース 凍結水道管 加熱したら火事に
http://www.nhk.or.jp/news/k10015472751000.html

8000円は安かったね…としみじみと語りあってしまった。
まぁうちはお湯の水道管が凍っただけで、急を要するものじゃなかったからよかったけど、家のあらゆる水が全然出なくなったらすごい焦っちゃうよね。でも今時はチンすれば直るみたいだから、水道屋さんにお願いしましょう。
posted by ぶらんか at 20:41 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

日程発表

待ちに待った?Jリーグの日程が発表になった。
http://www.consadole-sapporo.jp/info/topteam/

少ない!!

去年51試合だったしねぇ…w
コンササポを始めて10年、初めて自分の誕生日と試合の日が重なった。しかもホームだなんて。選手の皆さま、お祝い弾お待ちしております!!!あ、岡山の選手はご遠慮ください。

岡山といえば、今日はこの公式サイトの記事が各所で話題になっていた。
ファジアーノ岡山 「お知らせとお願い」
http://www.fagiano-okayama.com/cgi-bin/web/index.cgi?c=topics_view&pk=1265159060

プレーイングタイムを長くするために、選手が倒れても主審が笛を吹かない限りボールを出しませんよと。ルールでそう定められているのだから、別にこんな「おことわり」なんかしなくてもいいと思うけど、岡山の選手が倒れて相手チームがボールを出しても、ボールを返しませんっていうのは、ルールには反していなくてもフェアプレー精神的にはどうなのよって気はするな。

また、負けてるときはそれでもいいけど、勝ってるときに相手が痛んで倒れても本当に出さない?それで時間を使えるし、ボールも戻ってくるのにw もっと賢くやろうよ。臨機応変にさ。
スペインリーグはプレーイングタイムが長い例として挙げられるらしいけど、それはパスミスが少なくてボールがなかなかタッチを割らないからであって、別にファウルが少なくて選手が倒れないからではないw
問題をすり替える前に、とっとと練習するんだ!!

もしコンサがこんなお触れを出したらこう怒るよ。

さて、まだ手帳を買ってないので、とりあえずケータイに日程を入力したけど、ユースの日程が出てこないとまだ完全とは言えないのじゃ…。昨日の道新1面に高速道路の無料化がどうのって記事が出ていたけど、無料化部分はユースの追っかけにはあまり恩恵がなく、帯広に行くのだけはちょっと早く行けそうだなぁって感じがしただけだった。函館方面は有料のまま…民主党のうそつき〜ばかーーー!
でもたとえ函館まで無料であっても、片道300キロの距離を1人で運転なんかしたくねぇっす…。
さて、それでも謙伍が見たいとなると、どうするかな。
posted by ぶらんか at 22:05 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

ココ一番

リーガ第20節
セビーリャ 2-1 バレンシア
得点者:ネグレド2、ナバーロ
marca

録画してあったけど、なんとなく4時半に目が覚めてつけて、しょっぱい試合内容に加え、だんだんネットのつながりが悪くなる中、相当我慢しながら見てたのだが、69分にネグレドがシュートモーションに入ったとこでブツっと切れた。死刑執行直前にストップがかかったみたい…wもうこの先見ない方がいいなと思ってPCの電源落とした。アレを外す人なんていないもん。

スタメン見た段階で、バネガ外してマルチェナさん入れて大丈夫なんか?と思ったら、やっぱりその通りだったじゃん。セビーリャのホームだからその気持ちはわかる。じゃ、守備的に行くつもりなら、全員でキッチリと真面目に守備をやれ!みんな動きが緩慢だし、スペースだだ開きだし、ぽっかりぽっかりとミスするし。前半21分にCKから失点してプランが崩れ、そもそも最初から攻撃が機能してないのに、手を打つのが遅すぎる。人の貴重な睡眠時間を浪費させてこの結果かよ!!負けて寝不足は本当に腹が立つw

まったく。
慈英さんじゃないけど、ほんと、ここ一番に弱いチームだのぅ…。
ここで勝てばこの先グンと楽になるって試合を常に見事に落としまくってさ、私たち真正ドMなので最終節までヒィヒィ言うまま放置してくださいっていうなら別に止めやしないけど、いつも策におぼれて自滅してるような気がするんだよ、エメリちゃん。
でも早くマテュ〜が帰ってくるといいね…ブルーノとミゲルの両サイドはなんかもうイヤっ

そんな試合なのでいろいろ読む気もしないけど、↑のリンク先に「GKパロップのビジャに対する明らかなファウル(PK相当)を審判が見逃した」って書いてあったから、んじゃ同点のチャンスもあったのかと少し気を取り直して、さっきまで我慢してもう一度見たですよ…ネグレドの2点目は見事だったぞなもし。ループだなんて嫌らしい。2点目が入ってセビーリャの勢いが少し減ったあとは、ビジャにもシルバにもマタたんにもジギッチにも惜しいシュートがあったけど、ことごとく入んないでやんの…。やっぱり最初から頑張らないと、幸運も飛び込んでこないのね。
問題のシーンはボールをキャッチに行こうとしたパロップがビジャを蹴ったのでは?ということらしいけど、私はPKじゃないと思った。っていうか気がつかなかったw

2試合前には2位レアル・マドリーとの勝ち点差は3だったのが、眠ったような試合を2回したため8に開いてしまい、4位はセビーリャが勝ち点差3で追い上げてきた。2,3位との間の3は果てしなく大きく、3位と4位の間の3はほんのちょびっとに感じる不思議。

だるいので字のみ。
posted by ぶらんか at 22:02 | Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。