2009年12月31日

今年の反省その2

じっくり反省しようかと思ったらもう今年もあと3時間を切っている…。

今日はパブロ君の公式サイトがオープンしたとかで、朝はそこで遊んでたw 
Pagina oficial de Pablo Hernandez
http://www.pablohernandez19.com/

個人サイトとしてはかなり使えるっていうか、顔に似合わずサービス精神が旺盛だなパブロ君。ブログとfacebookとツイッターとようつべでファンと交流をはかるとわ…!バイオグラフィーと小さいころの写真しか載ってなくて、開設以来一度も更新されてないシルバたんおひさるよりかなりいい!シルバたんも同じ運営会社にやってもらえばいいのに。

facebookは良くわかんないけど、ツイッターはさっそくフォローして、TLまだかなまだかな…と待っていたら、さっきやっと1個きたんだけど、ちょうどスーザン・ボイルが紅白で歌ってるときで、あっというまに流れて行ってしまった…間が悪すぎるwww

内容は訳せば「練習帰りなう」だったwクリスマス休暇後の診察でふくらはぎに怪我が見つかって、さらに2週間の離脱ってことなので、しばらくリハビリ日記になっちゃうねぇ。
ところでシルバたんは順調に回復して、今日はフツーに通常メニューをこなしたそうな。あさってのエスパニョール戦にメンバー入りするかもしれないので、年明けが楽しみでしかたないるんるん

えーさて、タイトルの反省会だが…
書こうと思ってたことが2つくらいあったんだけど、なんかもうどうでも良くなってしまった。こまけぇことはいいから、次に目を向けよう。来年はいよいよショパンイヤー!(生誕200年)ユンディくんもオールショパンプログラムひっさげて札幌にも来るみたいだし、そこそこ盛り上がるのではないだろか。(シューマン生誕200年は意図的に忘れる)

私が来年チャレンジするのはこれ
1222andantespianato.JPG
メンデルスゾーンのいい加減さにイライラしてた9月についうっかり買ってしまった「アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ」。難易度が「F」ランクですよ。Fっていうと単位落ちを意味する恐怖のアルファベットだが、全音のレベルランキングでは「最上級向け」の意味。

楽譜開くとおたまじゃくしが異常繁殖してひしめいていて、永遠の中級者はここでまずひるんでしまうのだが、落ち着いて拾ってみると、ショパンの初期の作品ということもあり、構成も単純だし、派手に聴こえるわりにはそう難しくなかった…。逆にいえばそれほど難しくないけど演奏効果の高い美味しい曲、かも。
まぁ来年はとりあえずこれを頑張る!

来年もこのブログはこのままで、シンプルに「好き」だけを集めて騒ぐつもり。トドコンはまだ決心がつかないけど、たぶん閉めてコンサネタもここでやるつもり。ちょっと最近はもう「コンサだけ」じゃやっていけないなぁと思っているので。それにこっちの方があまりアクセスがなくて気楽なの…。
数少ない読者のみなさま、いつもありがとうございます。良いお年を。
posted by ぶらんか at 23:17 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

今年の反省その1

1229takamado.jpg
高円宮杯U-15決勝
コンサドーレ札幌U-15 1-2 ヴィッセル神戸ジュニアユース
得点者:神田

JFAのネット配信でライブで見た。コンササポの動員力なめんなよと思ったけど、スムーズで全然ストレスなかったわ…いい時代になったものだ。紙芝居は完全に過去の時代のものなのねw 時間表示くらいしてくれてもいいかなと思ったけど、得点シーンは折を見てリプレイしてくれたし、このくらいの飾りのない中継はいいわ。でもJFAにお礼を言うなんて癪だしとんでもない。03年の準決勝・決勝はスカパーで見た覚えがあるしっ!!

最初はいい年した大人がほんとに大人げなく声張り上げて応援するもんだから、子供たちびびってるんじゃないかと思ったけど、どうみてもこれは神戸に押されているんだと気がついたのは10分くらい。やりたいこと何にもさせてもらえなかった前半だった。後半もついに先制されて、あーダメかと思ったけど、神戸の方があまり意欲的に2点目を取りに来なかったこともあって、一転、攻勢に。下田・蒲生・神田の3人で狭いとこつないで崩すなんてやるじゃん!夢実くんのボレーが決まったときはうれしかったな〜。すぐに失点してしまったが。

笛が吹かれた瞬間、神戸の選手もばったり倒れている子が多かったから、どちらにとってもビッグゲームだったのだろうね。みんなオイオイ泣くだろうかと思ったら、冷静な子もいて半々という感じで、相手との力の差に打ちのめされたのもあったんだろな。神戸の2番?の坊主頭の子がそこらじゅうに握手して回っているのがいいヤツ風味を醸し出していて、と微笑ましかった。いい試合だったよ、うん。ここまできたらもう勝ち負け以上のものを得ることができるんだから、友情をあたためて胸張って帰ってきなさい。

そんなわけでコンサユース下部組織全体としてこれで5個目のシルバーメダルをゲットしてしまったわけだが…私はゴールドよりシルバーの方が好きなんだから、べっ別にゴールドなんかいらないんだからっ!

ふぅ。


話は全然変わって…
サッカーチームの下部組織はスペイン語でカンテラというけど、カンテラとは採石場って意味だというのは、こないだ日テレアナにしつこいくらい解説されていまさらなのだが、なぜか私はどうしても「ろうそくの明かり」とか「ランプ」を想像してしまって、なんでかなぁと思ってしまう。久しぶりにカーステレオでBuena Vista Social Clubのアルバムをかけたっけ、「El Cuarto de Tula(トゥラの部屋)」という歌の中で、トゥラの部屋が燃えてる燃えてるという歌詞にカンテラって言葉が聞こえてくるじゃん。ほら見ろやっぱり〜

と、念のため歌詞を調べたらcanteraじゃなくて candelaだった…
英語でキャンドルってか。だよなぁ。

どーせ「r」と「l」の区別もつかないし、「t」と「d」の聴きわけもできないよ〜だorz
「d」と「b」の聴きわけもできなくて、重婚(bigamo)をディガモだと思ってましたよ〜だ。聞き取れなくても「bi-」が2とか両とか重複の意の接頭語だと思いつけば、こんなことにはならないはずだけど。つーか重婚なんて言葉を知ったところで日常生活に何の役に立つって、そりゃテレノベラを見るときに必要なんすよw

そんなわけで、今年1年は年始にテレノベラに出会ってしまい、シルバ熱の高まりもあって、スペイン語泣き笑いって感じで終わろうとしている…。我ながらよく途中で飽きずに1年頑張ったものだw 今までさっぱり使えなかった接続法もだいぶ分かるようになってきたし、来年はスペイン語を使ってコミュニケーションを取れる方向に持っていくようにしたいな、と思っている。書く・しゃべる方は何度も恥をかかないと上達しないのよね〜キツー!
posted by ぶらんか at 22:38 | Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月26日

クリスマス終わった

海外のサイトばっか見てたので、例年になくクリスマスムード味わったわ…向こうの人は贈り物しまくることとか、有名人はチャリティーに明け暮れるとか。「<3」これはどうやら投げキッスを表しているらしいとかw

先月怪我してただでさえ情報量減ってるのに、島に帰っちゃって(親戚に礼文島出身のおじさんがいて、帰省することを「島に帰る」というのでマネしてみた)、何やってんのかなぁと気になっていたシルバたん。故郷で銅像になっていた(マジ

除幕式

ほぼ等身大か?変なポーズ…w

家族で記念撮影

7パルマスという地元チームのスタジアムの一画に作られたっぽい。それにしても暖かそうなところだネ。ワールドカップの前に銅像とは少々びっくりしてしまったが(フ、フラグとか言わないからっ)、去年のユーロ優勝後に島に帰って来た時の大騒ぎを見ると、もう大英雄なのね…。そのときのフォトアルバムはこちら。アルバムの最後の方に生まれ育ったアルギネギン村で表彰されてる写真があって、そのローカルぶりが微笑ましいっていうか、レオンもこんな感じだったな〜ととても懐かしくなってしまった。

で、その英雄ダビド・シルバたんはグラン・カナリア島観光のイメージキャラクターも務めていて、今回その契約を延長したそうな。契約延長後の記者会見の1枚。

そうそう、その後ろのポスターほしぃな〜〜。

除幕式のニュース映像。


さらにうろうろと調べたところ、イメージビデオのメイキングを発見したのだが。


見てるこっちが恥ずかしくなるわ!
もう1年も前に投稿されてるけど、この撮影で出来上がったやつを見たい。観光局のサイトに行けば見れるかなと思ったけど

Bienvenidos a Gran Canaria
http://www.grancanaria.com/patronato_turismo/index.php?id=276

いかにもモデルっぽい人の画像映像ばっかりで、シルバたんのシの字もないし…いわんやプロモビデオをや。現地に行かないと見れないんじゃプロモビデオの役割を果たしてないと思うがどうよ?
スペイン政府観光局のサイトは日本語対応してあるけど、グランカナリア島のもカナリア諸島のも日本語対応してないってことは、日本人はあんまり来ないってことなんだろな。だろーな…もう20年くらいスペインが好きで興味を持っているけど、カナリア諸島はシルバたんを知るまで関心の外だったもの。マヨルカ島と混同してたくらいにしてね。だからこの観光大使のプロモが見たいんじゃ〜。

それはともかく銅像はここにあるらしい。

大きな地図で見る

いつか見に行きたいものだ。典型的インドア人間なので、こんなリゾート地に放り込まれてもどうしたらいいか分かんないけどw そういえば昔、こんなローカルな銅像目の前にしてつい悪事をやらかしたことを思い出したわ…シルバ像にもぜひアタックしたい!!


真狩村の細川たかしの像(歌も聴けます)によじ登るの図。
posted by ぶらんか at 15:42 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月24日

ASにもキターw

いつものようにRSSリーダーでいろいろ読んでいたら、スペインのスポーツ紙AS(アス)で、ベニテスがどうとか、トーレスがどうとか、トットナムがなんちゃらいう記事にまぎれて

El japonés Nakayama firma por el Sapporo y seguirá jugando con 42 años - AS.com
(中山、札幌と契約し42歳で現役続行)

今日は全国放送ローカル放送を問わず、ずっと入団会見のニュースばっかり見てて、さすがに少々食傷気味だったのだが、この記事にはびっくらこいたww まぁ通信社から流れてきたのをそのまま載っけたっぽいけどね。。やっぱり42歳で現役続行するのはレアケースだもんね。カズはこれからブラジルに行くとか言ってるけど…w

中身はさんざん報道された通りで、ゴン中山のことは「1998年のワールドカップで日本の初得点をマークした選手」「90年に磐田に入団し157得点、98年と00年に得点王、代表では53試合で21得点」とシンプルな説明。で、契約更新しないといわれた後、どこからもオファーがなかったので2部のチームに決めたって書いてあるけど、2部なんてチームのうちに入らないですかそうですか。

それにしてもローカルのニュースキャスターやらコメンテーターとやらのはしゃぎっぷりが痛々しかった。逆にこれだもん、もし熊本に行ってたら彼らが何というか想像するだに…来てくれて良かったと言わざるを得ない。まぁしばらくは退屈しないだろうけど、ダニーが移籍してしまうと楽しさも半減だわぁ。
posted by ぶらんか at 23:23 | Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月23日

クリスマスにやってきた男

テレビで「今日は祝日なので、1日早くクリスマスのお祝いをします」って街頭インタビューに答えてる日本人を見たが…

素直に自国の天皇の誕生日を祝えよ!

と思ってしまったウヨクですよw
1日早くっていうけどイエス・キリストが生まれたのは25日なんだけどね。。ツッコミまくりだな。

それはともかく…
中山雅史選手 コンサドーレ札幌へ新加入のお知らせ
http://www.consadole-sapporo.jp/news/diary.cgi?no=2161

新加入って新卒者かよ。
夕方のローカルニュースはトップニュース扱い、NHKの7時のニュースでも流れちゃったりして、さっそくメディアの力を思い知らされましたよっと。つーかマスコミにとってはJリーグに関しては10年前から時間が進んでいないかのよう。こんなニュースが大きく報道されるんだからさ。

明日は札幌市内のホテルで入団記者会見を開くそうで、大騒ぎになるだろなw

2002年に名塚氏を現役引退という形で見送ってから、コンサドーレの選手はすべて自分より年下になった。それどころか”弟”というのもはばかられるような若すぎる年齢層で戦うのを見守る時代を過ごし、気がつけば私もアラフォーという年代になっている。そんなときに自分より年上の人をよもや選手として迎えるとは思わなんだ。ははははは。

コメントに困るので今日の晩ご飯画像貼る
1223cenadehoy.jpg
今日は買ってきたコロッケとニラとあぶらげの味噌汁。ご飯の友はたらこだよ〜先月仕込んだたくあんも食べ始めました。質素だな〜!!!

まぁとりあえずお元気で頑張ってください中山さん。(年上なので敬称付きw)純貴のことをどうかよろしく。

名塚といえば札幌U-15の監督をやっているのだが、辺鄙なところでやってる高円宮杯U-15は2勝1分でグループ首位に立ち、決勝トーナメント出場が決まった。25日に準々決勝@大阪で、準決勝は27日@西が丘、決勝は29日@国立。選手たちはみんな本気で優勝を狙っているだろうけど、この過密日程と移動の多さはどうよ?体調維持だけでも大変な仕事だね、名塚さん。。今年こそシルバーコレクター卒業してくれ!!

と思ったっけ、準決勝でヴェルディと当たる可能性が…うぇ〜ん
posted by ぶらんか at 21:53 | Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

年内最後の試合

リーガ第15節
Deportivo La Coruña 0-0 Valencia
marca

得点のにおいのしない試合だった。おわり。

バレンシアとデポルティボの勝ち点差は2しかないので、デポルティボは勝てばCL圏内の4位に上がることができ、土曜日の試合でセビーリャが負けたので、バレンシアは勝てば3位に浮上して2009年を締めくくることができる。

といった意味合いを持つ試合だったんだけどさ。
バレンシアは最後のパスを出す選手がおらず、デポルティボはシュートを打つ選手がいないときたもんだ。見ててもしゃーないからもう寝ちゃおうかと思ったけど、雪がわっさと降っていたので起きて除雪…。

そんでさっきまでWOWOWの録画を見てたっけ、解説者が点は入らないけど双方の思惑がよくわかる面白い試合ですね〜と盛んに褒めるので、私の第一印象とかなり違うけど、そーゆー風に言われると、そうなのかなって…いや、私は点が入ってワーーーっと騒ぐ(できればたくさん)のが好きだし、点が入らなくてもやらしいプレーがたくさん見れればそれでもまぁいいんだけど、思わず悶えてしまういやらしいシーンはあんまなかったよな。というわけで無理に意見の一致をみなくてもいいや。怪我人がたくさんいて、過密日程でやりたいこともできない状態だったのは分かるし。

これでクリスマス休暇で1週間くらい休みなんだと。年末はやっぱり天皇杯しか楽しみがないな。せいぜい名古屋を呪ってやるか。


ところで「JIN-仁」の最終回、なんだあれ?!
私は海外ドラマの方が見慣れてるから、シリーズが続くならあの終わり方でも納得なんだけど、第2シリーズ放送決定とかそんな話は出てないわけでしょ?某ドラマのように続きは映画館で!とか言ったら怒るよ!!(某ドラマの方はピアノを担当するのがランランだそうで、ちょっと興味があるのだが…w でもストーリーの都合でぶった切りされる音楽なんか聴いてもしゃーないし、人いきれの中2時間弱も映画館に閉じこもるのやだ。)
posted by ぶらんか at 22:47 | Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月20日

カンテラカンテラ

CWC決勝
Estudiantes 1-2 FC Barcelona
得点者:ボセリ、ペドロ、メッシ
なぜか3位決定戦は録画してないのに気がつかずにのだめ見てたので知らない。浦項が勝ったそうな。

Estudiantesの固い守備と日テレ実況にくじけそうになりつつも、最後まで見れて良かった…ってこんな達成感いらね!!藤井アナいらね!!勝手に試合の筋書き作るな!! 高校サッカーの放送権持ってるから日本の「カンテラ」は不当に貶めるくせに、カンテラカンテラほめそやしてんじゃねーよ!!伝統があって強いカンテラを持つヴェルディを捨てたくせに、何を偉そうに。(それを利用できないヴェルディもヴェルディだが…)

えーと、試合試合。
何年か前もこんな風に固い守りに苦しめられて0-1で負けなかったっけ。ロナウジーニョがいたとき。南米のリアリティには毎回驚かされるw 前半37分にロングボールにプジョルがかぶる形になり、Estudiantesボセリのヘディングシュートが決まる。後半もEstudiantesの固い守備をなかなか崩せず時間だけが過ぎていき、こないだ「ほっといても勝つチームなんか応援してもつまらんわ」なんて言ったことをすっかり忘れて、おいこら何やってんだペドロ!と普通に叱咤激励しながら応援していたりするw 

終盤はピケ大作戦を繰り出す大スクランブルに敗色は濃厚だったけど、ほんとにギリギリでペドロがヘディングシュートを決めて追い付いた。Estudiantesの精神的ショックは大きかったと思うなぁ。延長戦はさすがのEstudiantesも疲労が濃く、ついに延長後半5分にロングボールに抜け出したメッシがボールを胸で押し込んで逆転。あとはプジョルのおいたんが吠えまくって無失点に抑え優勝、と。

リーガでメッシがヘディングで点を決めると、いつもつい笑っちゃうんだけど(そういえばシルバたんの今季のリーガの得点はまだ1点なのだが、ヘディングだったのでやっぱり笑わせてもらった)、今日のは頭どころか胸ですよ。しかも華麗なパス回しが笑っちゃうような放り込みを受けて。中山元気もまっつぁおな泥臭さ!スーパーな選手にこんなことされたら、もう誰も勝てないわな…どちらも素晴らしいファインティングスピリットでおいしゅうございました。

あとでようつべで表彰式の様子を見たら、グアルディオラ監督が両手で顔を覆って激しく泣いていたのに女心くすぐられて(どわっ)、こないだのエメリの破顔一笑といい、「若い監督禁止!!」とつくづく思った。
萌えるのは選手だけでいい。


あともう一個。
ELのグループリーグが終わった翌日、決勝トーナメントの抽選会があってバレンシアの相手はクラブ・ブルージュ(ベルギー)ということだ。

私はまずSuperdeporteの速報で知ったんだけど、「Brujas Belga」というチームと対戦決定〜って書いてあってびっくりした。この世に「魔女」って名前のサッカーチームがあるのかよと。brujaは魔女の意で、藤井アナがしつこくいってたベロンの愛称「小さな魔法使い」もLa Brujitaと言うらしい。スペインの作曲家マヌエル・デ・ファリャの代表作「恋は魔術師」はEl Amor Brujo。テレノベラでは女同士のの知り合いのけんかを始めるときは、相手に「Bruja!」と言いながらジャブの応酬を始める。(中年以上の女性を悪くいうときはほとんど出てくるな…魔女はやっぱり年寄りのイメージなんだろね)

そういう単語なので…
信じられない思いで辞書を引いたら、Brujasでベルギーの都市ブルージュを指すんだと。そっか。別にこれ、複数形じゃないのか。めんどくさがらずに辞書は引いてみるもんだなぁw また1つ賢くなった!
これ、バレンシアネタじゃないw

バレンシアといえば、今日はこれからアウェー('A`)でデポルティボ・ラ・コルーニャと対戦なのだが、ジェノア戦が激しかったためパブロ君とマルチェナさんが怪我で出れなくなってしまい、いよいよ人が足りなくなって、いわゆるカンテラからイスコ君が呼ばれたそうな。こないだのU-17WYで大活躍したというイスコ君、期待の星だね!でもさすがにバレンシアのユースヲタまではとてもやれないから、今日もホアキン父さんの応援頑張るわ。。
posted by ぶらんか at 22:52 | Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

首位通過

EL第6節
Genoa CFC 1-2 ValenciaCF
得点者:ブルーノ、クレスポ、ビジャ
marca

どうせすぐ削除されちゃうだろうけど、ダイジェスト


3時からの試合を見て、朝再び起きて「どれどれ…」とネットチェック。上のマルカのリンクをクリックしたらば、いきなりタイトルが

una victoria de locos

もしお茶を飲みながら読んでたら、吹いてた。試合のことを思い出してブーーーッですよ。
しかしこれをどう訳すべきか…。

しょっぱなからかなりlocoだったのはこれ。
1217genoa-vcf.jpg

アウェイユニのシャツは黒のはず。ジェノアが暗めの赤と青でまぎらわしいから白を着たんだろうけど、だったら下も白にしろ〜!!オサスナ戦は全部白で美々しくまとめていたでわないかっ!しかもマタたんとミゲルはコーディネイトしてるつもりなの?ソレ!!(まぁビジャとホアキンも大概だが…)
昨日おとといとオレンジ色に関して敏感になっていただけに、過剰反応してしまった。
つーかやっぱおかしいよ、オレパン…。

試合開始と同時にジェノアゴル裏から発煙筒が焚かれ、GKモヤの周りがもやもや…先週のレアルマドリ戦のときは、バレンシアゴル裏もカシーリャスに対して相当ひどいことをやらかしていたけど(You Tube)、こりゃモヤも大変だったべな。2分、久しぶりに右SBに入ったミゲルからパスを受けてビジャがエリアに切れ込んでシュート。マドリー戦よりかはパスがつながるようだと、最初はなかなか良い感触だったんだけどな〜。激しい試合で、20分過ぎにジェノアの中盤?の選手が負傷交代。ほどなくボランチのマルチェナさんもボールを競りあったときに相手の膝が腰に入って倒れ、しばらくしても痛みがひかないらしく、30分ごろマドゥーロと交代する羽目に。

この交代の影響か、変調をきたすバレンシア。ボールを奪っても自陣から単純な裏狙いのボール蹴るばっかりの雑なぽっかりサッカーっすよ。プレッシャー早いからって逃げてるんじゃねぇ…。前半ロスタイムにバネガがうまいことファウルをもらって、FKゲット。ちょっと遠目だが右サイド45度って感じの場所からホアキンがゴル前に蹴り入れる。ニアにいたブルーノが頭で合わせたというよりは、すらせたのかな?ってボールがびみょーに弧を描いてGKの頭越しに入ってしまったw
それまで正直、得点のにおいのしない前半だったから、ラッキーだった。

ハーフタイムに同じBグループのもう1試合をチェックすると、リールが2-0でプラハをリードしていた。バレンシアは勝ち点9、リールとジェノアが7だから、バレンシアは引き分けでも通過が決まるけど、プラハが2点差をひっくり返すなど期待の出来ないジェノアはもう絶対に勝ち点3が必要なわけで、後半はしびれた…。50分に裏をとられ、ロマンスグレーなクレスポに同点弾を許す。追いつかれるの早すぎっ!しかもハーフタイムにどんな指示受けたのか知らないけど、ボンボン蹴ることを止めないし、そのうちセカンドボールを全然拾えなくなって、自陣から前に出れないw 特にマタたんは何にも出来てなかったけど、どうしちゃったのかね?

DF陣は体を張って良く守っていたが、引き分け狙いでゆるゆる時間使っているようには見えなくて、早くなんとかせぇよ!とおっかなくて仕方なかったが、監督が動いたのは79分。マタoutパブロin。パブロ君はネックウォーマーしてるのに半そでで出てきた!何だよその中途半端なファッションw(ファッションじゃないって)「全裸に靴下」並みに可笑しかった。
が、そんなパブロ君が入ったことでようやく前線で起点が作れるようになり、焦るジェノアをビビらせるカウンターもできるようになった。84分、パブロ君中央からスルーパスにホアキンが走りこみ、エリア内で倒されてPKゲット!!

キッカーは当たり前のようにビジャなんだけど、私のPK失敗の予感ってね、かなり高い確率で当たるの。これが。今回もゾ−−−−−ッときた。ビジャのおでこに「これから外します」って書いてある!(日本語で)
案の定、狙いすぎて左に外れて、フツーに試合再開。えーん。

でも引き分けでもいいんだから、すぐ気持ちを入れ替えてあと5分少々耐えしのげばいいだけ。ロスタイムになり、前線へ送ったボールはジェノアGKの元へ。時間がないからGKはすぐ大きく送ってくるだろうから、みんなその準備をした時だった。ボールをもったGKへ、早く蹴るようにちょっとだけ近づくビジャ。普通ならGKの蹴ったボールはビジャの頭上を越えて飛んでいくはずなのだが、、引いた映像だったので一瞬何が起こったか分からなくて、なぜかビジャがボール持って1人でドリブルしてるがな!!キックミスして目の前のビジャにパスをしてしまったらしい。がら空きのゴールだったら決めるわな、そりゃ…。

キックオフの直後に終了の笛。あまりの出来事に布団の中でクロールしてしまった。
これでめでたく首位に立ってグループリーグ6試合終了したけど、毎度毎度残りの5分にドラマというか、ありえないことが起こるよな。コンササポのオマエが言うな!って言われたらそこまでだけど、もうちょっとみんな落ち着いてサッカーしようよw

そんなわけでタイトルのlocoには、バカとかアホくさって意味もなくはないし、でもなんか笑い転げちゃうような展開は楽しさと驚きにあふれていて、結局いろんな意味が含まれているため、やっぱり一言では訳せないのだった。

最後に萌え画像
1217emery.jpg
これは間違いなくビジャさんの得点に歓喜する図。
今まで選手には数限りなく惚れてきたけど、この笑顔やばい。新ジャンル開発しちゃうじゃないのww

posted by ぶらんか at 22:40 | Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

謙伍ぞなもし!

今日はまずこのにうす。
コンサドーレ札幌 石井謙伍選手 愛媛FCへ完全移籍のお知らせ
http://www.consadole-sapporo.jp/news/diary.cgi?no=2152

契約満了が知らされた後ですぐそういう話を聞いていたので、その通りになって安心した。愛媛の監督さんはクロアチア人だというから、戦術面でしっかり磨かれれば、もっともっと成長していけるのではないかしら?ととても楽しみに思っている。愛媛もオレンジ色のチームだけど、こっちはまさしくナランハのチームだし、実況アナは暑苦しいけど勉強家だし、ここのオレンジ色は全然嫌じゃないよ〜!

しかし愛媛の人ってほんとに「ぞなもし」って言うの?
(「坂の上の雲」読書中)

それと…選手ブログってつまんないのであんまり読まないんだけど、中国事情がおもろいので読んでた徐暁飛くんのブログを読んで驚いた。

もうサッカーが....|徐 暁飛
http://ameblo.jp/xiaofei17/entry-10412207506.html

あのやたら頑丈そうなジンギスカン大使が病気で引退を決意するなんて悲しいね。まだ若いからしっかり病気を治さねば。ブログは続けてほしいな…。

CWC準決勝
FCバルセロナ 3-1 アトランテ
得点者:ロハス、ブツケツ、メッシ、ペドロ


メッシって怪我で出場が危ぶまれてたんでなかったのけ?

開始5分でアトランテ先制。ロングフィードの処理まつがえて失点って、こないだもやってなかったか?そうかそうかw(←バルサが失点するとなぜかとてもうれしいww
引いた相手にさすがに手をこまねいていたが、35分にセットプレーで同点に追い付く。まぁそんなもんだろうな。でも1-1の状態が長く続けば、そりゃあ面白いだろうと思ったが、メッシが後半の早い時間に出てきて、その直後ファーストタッチで点を取ってしまうんだから、もぉつまんな〜〜い!まぁあのゴル前へのダッシュは素晴らしかったし、そこにちゃんとボールが出てくるんだもんな…。

んで、今日はイニエスタたんがおとなしいなと思ったとたん、キュキュっとドリブルしてペドロへ変態アシストしたのでもう呆れた。もう勝手にしろって感じwww
あー強いチームってほんと、応援のし甲斐がなくてつまんなーい。ほっといても勝つもん。どーしてこんなに世界中にファンがいるのか不思議だっ


さて、バレンシアは今日はこれからELのグループリーグ最終戦。アウェイに乗りこんでジェノバと試合。勝てば文句なしで1位通過、引き分けでもたぶん大丈夫という状態だが、イタリアへは20人で遠征してて、スタメンスタベン微妙に読めないみたい。ビジャさんは2試合有給とったんだから、責任持って3,4点とってほしいなw
イタリアでは19時という常識的な時間にKOなので、早いとこやることやって仮眠をとらなくっちゃ。
posted by ぶらんか at 21:57 | Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

知らなかった

1216tenjo.jpg今日はノートを買いに本屋に行って、なにげなく、本当に何気なくコミックのコーナーに立ち寄った。もう少女マンガのコーナーでさえ、立ち止まるのが恥ずかしいと思うお年頃、足早に去ろうと思ったが、「天上の虹、どうなったかな〜まだ出てないだろな〜」とふと気になって、講談社のコーナーへ行ったらば…

里中満智子のライフワーク
書き下ろし単行本 待望の最新刊

という帯のかかった「天上の虹」第21巻が本棚に表紙が見えるようにして置いてあった。あんまり長いこと待っていたので、今まで何巻出てたのかも思い出せなくて、上記のような帯がかかっていたにもかかわらず、「これいつ出たやつかな?同じ本買ったらマヌケだな」と疑いの目でまじまじと見てしまったw ようやくどう見てもこれは今まで見たことない表紙だ!と思い至り、サッと取ってコソコソっとレジへ行って買って本屋を飛び出した。やっぱりマンガ買うの恥ずかしい(^^;

政権が変わって立ち消えになってしまったけど、マンガ博物館?を作る話になって喧々諤々やってたとき、里中先生がテレビや新聞で「文化財産を守るために絶対に必要です!」と推進派として意見を述べていたのを、私はその通りだなぁと思って聴きつつも、「古い原稿保存もいいけど、早く、早く天上の虹にケリをつけてくれぇぇぇ〜〜!」と祈るような気持ちでいたのだった。ちゃんと描いていたのね…お疲れ様です。

話は…思ったほど進まなかったけど、大津の息子と対決した讃良△
やっぱし讃良ちゃんはこんな風にピシッとしてないとダメです。あとは相変わらずの里中ワールドで、ちょびっと疲労感を感じつつも、氷高皇女のモノローグにはとても共感してしまったので、、急いで20巻を読んでなんで新田部皇子と別れたのか思い出さねば。

思いがけず待ち望んでいたものが手に入って、今日は運がいいなぁと家に帰ってきたらこれですよ。

コンサドーレ札幌 西大伍選手 アルビレックス新潟へ期限付き移籍のお知らせ
http://www.consadole-sapporo.jp/news/diary.cgi?no=2148

はぁぁぁ?
レンタル移籍っつーのはさ、普通強いチームの若手が出場機会を求めて格下のチームで修行するためのシステムだしょ?J2から選手レンタルって恥ずかしくないの?>新潟

よりにもよってかわいいかわいい西きゅんがあんなカッコ悪いオレンジ色のユニフォーム着るとか(あーバレンシアファンの人がいたら申し訳ないっす。私、新潟が嫌いでオレンジ色も嫌いなんです実は)悪い冗談だよまったく。

ついこないだ「札幌のバンディエラ」になるって月コンで宣言したばかりなのに…まぁ同誌で似たようなこと言った藤ヶ谷も次のシーズンにはガンバにいって、そこで守護神になってしまったわけだが…。

でも、、北海道って日本の中ではちょいと特殊だから、道民は一度は外で生活するのも悪くないって常日頃思ってるので…1年だけだからね!妹の桜子ちゃんは人質だからね!w
それにしてもなんか腹立つわ。シーチケ購入は少し考えさせてもらう。
posted by ぶらんか at 21:47 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

エビス!

さっき、ブログをアップして改めて敗戦をかみしめていたら、ピンポ〜ンと呼び鈴がなる。私宛に宅急便がきたみたいだけど、通販で注文した化粧品は昨日届いたし、全然心当たりがない。

届いたのは、エビスビール1ケース。
1213yebisu.jpg
送り人は「日本テレビ放送網(株)」。
ふーん?

封筒に入ってた文書によると、土曜日の夕方やってる「満天・青空レストラン」という番組に、いつか応募したやつが当たったらしい。
そう言われてみれば、なんか送った覚えが…うーん、そうだったかも。

わ〜いエビス当たったぞ〜!!!
よし、さっそく完敗だ!!


…ホラ、さっき負けレポをアップしたばかりなので、正しく変換されないし。なんというKYなエビスビール。「勝利に完敗!バレンシア」だな。(そういえば昨日の乾杯コンサ、録画されてなかった。なんでだろう?)

でもこのエビスは親戚のおじさんにあげようと思う。
いつも年末にいろいろ持ってきてくれるので、そのお礼に今年もビール買って用意しておかなければと、クラシック6本パックを2つ買っていたんだけど、それだったらエビス24本の方がおじさんもうれしかろう…。余ったクラシックは私がいただくw みんなハッピーウェーイ!
posted by ぶらんか at 13:36 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

負けた〜

リーガ第14節
Valencia 2-3 Real Madrid
得点者:イグアイン2、ビジャ、ホアキン、ガライ
marca


うーん、粘ったけど完敗だったぁ。
前半スタートはなかなかいい具合にできていたんだけど、30分くらいから中盤の主導権を奪われて、結局最後まで盛り返せなかった。それでも0-0で我慢して折り返したっけ、54分にイグアインに先制を許し、60分にらしいパス回しからビジャのヘディングが決まってよっしゃ〜!と思ったけど、せっかく苦労して追いついたのに、5分後にはまたマルセロの個人技の突破からイグアインに追加点をやってしまう。1-2になったとき、エメリ監督が「どうにもならんなぁ」って白旗あげちゃったような顔をしたんだよねぇ。。

負けてる試合は時間がたつのが早いけど、この試合はそうじゃなかった。あれ?まだ20分なの?って感じで。交代も遅いし…おじさんボランチでは後半入ってきつそうだから、早くフレッシュなマヌフェルくんを…あれっベンチにもいない!ってか。つーかまずボランチのどっちか下げて、ホアキンを入れてバネガを中盤に下げるべしというのが誰もが思いつくことだけど、たぶん監督もそれを考えてホアキンを準備させていたんだろうけど、そんなときナバーロさんがカードもらって、有給決定。じゃあ予定変更で、退場回避のためにナバーロ下げちゃえという、あんまり前向きじゃない交代をした。

でもホアキン入ったことで前線は息を吹き返し、ホアキンが点を取って追いついたんだから、まぁ交代は悪くはなかったけど…必死で追いついたのに数分後に安易なファウルをおかして、FKを与えて勝ち越し点をやっちゃった。2-2になったら、今までの戦い具合を考えればホームだけどこのまま引き分けでオッケーで、そういう采配してくのに、そのヒマすらなかったんだからもぉ〜。ホアキンを出しちゃうと攻撃したくてももう持ち駒がないのにさぁ。

シルバた〜〜〜〜〜〜〜ん!!早く帰ってこーーーい(;;)

ところで、前半終了間際にマドリーのペペがビジャとヘディングで競った後、着地したときにひざを痛めて負傷交代した。前回シルバたんが倒れたのと同じような場所だったっすよ…。シルバたんは幸いにも1ヶ月程度ですんだけど、ペペの方は最悪今季絶望だそうで、、メスタージャのピッチ良くない!暖かいとこなんでしょ!?早くなんとかせんか!!(犬飼サンのせいで寒くなると気が荒くなります)

最後に、負けたついでに八つ当たりするけど、WOWOWの中継ひどかったな〜実況解説。ほとんど雑談してるし、あげくにビジャのこと
「こんなにスター選手がいるレアルに行っても出れるかどうかわかんないから、バレンシアに残ってよかったんじゃないすか〜」だと?!ちょっとあなた、お豆腐の角に頭をぶつけてはかなくなってはいかがでしょうか!(とりあえず言葉遣いだけは最大限努力してみた)
あんまり腹が立ったので、テレビ音声消してネットでスペイン語放送にアクセスし、そっちを聴きながら見た。スペイン語実況の方が誰がボール持ってるか分かるし。映像とずれがあるけど、ストレスないっす。せっかく高い放送権料払って独占してるのに、自分で質を落としてどうするよ>WOWOW


書いてたら悲しくなってきたので、なごむ映像貼って終わり。

月曜日からまたがんばろ…。
posted by ぶらんか at 12:53 | Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月12日

アリオ札幌

献血促進イベントにヒロと宮澤くん(略してヒロヒロ)が出るというので行って来た。
1212ario.JPG
うーん、なんかね、司会の兄ちゃんたちがコンサドーレのことを全然知らない人みたいで、話がさっぱり膨らまなくて、ヒロヒロ目当てで行った人(がほとんどだろうに)には面白い内容ではなかったな〜。
もう少し勉強して来い。

あ、そういえば宮澤くんが「野次はへこむのでやめてほしい」って言ってた!
誰だ、そんな野次飛ばすやつ!!
いるんだよ、これが…や〜ね〜。


と棚に上がってみる。
でも私は選手へ個人攻撃はしないよ?

まぁこれは献血促進イベントなんで、少子高齢化に加え新型インフルエンザが流行ってるせいで血が慢性的に足りないとか、血小板は3日しか保存しとけないとか、こちらが勉強したことはそれなりにあったのだが…1時間半のイベントの間、ず〜っと立ってたのですっかり疲れてしまい、献血する元気がなくなってしまったw つーか何回かトライしたことあるけど、いつも比重不足で断られるんだもん。

1212sal.JPGイベント後、そのままアリオのレストラン街でお昼を食べて、雑貨屋ひやかしてこまこまと買い物した。輸入食品の店はどうしてもワクワクしてしまうな(^^; 円高還元とか言う割にそれほどでもなかったけど。(トマトの水煮缶が108円→円高還元で98円って、ギャグでやってるのかな?)

スペイン大好きなので、オリーブオイルはスペイン産を使うことにしている。スペインはオリーブオイルの生産量世界一なんだよん。なのにその辺のスーパーではイタリア産とかギリシャ産とかトルコ産とかばっかり売っていて、スペイン産は「街」まで行かないと手に入らないのが面白くない。

※このサイトおもしろいです
ASOLIVA スペインオリーブオイル輸出協会
http://www.asoliva-jp.com/user/index.html

ちなみにこういう「専攻したが故のスペインびいき」のことを、大学時代の友達に話したら、彼女も独文科出身だったのでよくわかってくれた。っていうか彼女の車はドイツ車だったw 私も独文科を併願してたので、もしスペイン語学科が不合格だったら、今頃ワーゲンポロに乗ってバイエルンの応援してたりするのかしら。いや〜ポロはともかく、ブンデスリーガはやだ('A`)

閑話休題。

さすが輸入食品の店は品ぞろえも豊富で、スペイン産オリーブオイルが安かったので1本購入。んで、山積みになってた塩が「地中海の塩」で原産国がスペインだったので、つい必要もないのに買ってしまった(写真)。さっき料理に使ったっけ、甘みがあってなかなかおいしかった。

そんなこんなで楽しく買い物して、帰り道に事件です。
札幌に帰ってきて初めて、踏切の信号待ちをした!!感動した!!南区民の私には鉄道が珍しいざます…。というわけで、記念撮影w
1212fumikiri.JPG
北海道の通勤電車はごついな…。
posted by ぶらんか at 20:16 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月10日

今度こそ本当にラスト宮の沢

11月3日に宮の沢でユースのホーム最終戦を見て、これが最後と思ったのに、なぜかそれ以降、いつにもまして足しげく通うことにw 練習試合とかおうるず観戦で…そして今日はコンサドーレの今季最後の練習を見に行って来た。

寒いけど風はないし、日に当たるとまぁまぁ。でもレジャーシートも座布団も持っていかなかったので、お尻がちゃっぷいのだけはどうしようもなかった。

1210miyanosawa.jpg
罰ゲームをする吉弘くん。
雪が積もってるのはまだ山だけなのはありがたい。天皇杯はもうないけどな〜(チクッ

着いたときには9人ずつ3チームに分かれてミニゲーム中だった。最終戦は出れなかった曽田さんも元気に参加してた。ダニルソンが唯一半そでの男だった…。コロンビア人寒さにも強いのか。ていうかダニーがあるとき大きな声で「ハンドー!!」と言ったのには驚きあきれたw manoでもhandでもなく、日本語でハンドー!!だものww あーん、ダニーかわいい。名古屋に行って不幸になるところなんて見たくないっす。行かない方がいい!絶対に。

例年ならトライアウトに参加した選手のリストはJ's Goalで発表されるけど、今年は結局発表がないので、謙伍が参加したのかしなかったのか分かんないけど…まぁ栃木や愛媛といった具体的な名前が上がって噂があるので安心して見ていられた。謙伍の活躍はユースの時からつぶさに見てきて(彼が高3だった04年はこれでもかってくらいユースばっかり見てたしw)、これからはそうも行かなくなるのは寂しいけれど、きみの前にはこれからも世界への道が開かれていることに変わりはないのだから、しっかりやるように。尊敬する先輩、新居も外に出て成功したのだし、後に続いて(つーか新居はどうするのかな…)コンサユースの名を高めてください。札幌はきみのふるさと(いや、石狩市だというツッコミは今盛り上がってるとこなのでナシで)なんだから、いつでも帰ってきていいんだから、今はまっすぐ前を向くんだよ!!!

ってなことを暑苦しく本人目の前に演説できるような性格だったらいいのになぁ、私。

さて、ピッチ整備の人たちがそろそろとやってきて、おもむろに観客席前のネットを開け始めた。恒例の練習着投げ込みの準備だ。ミニゲームのリーグ戦はどうやら紫ビブスチームが勝利を収めたようで、監督から袋に入った何かをご褒美にもらっていた。それからちょっとした徒競争があって、負けた吉弘が一発芸を披露して、監督のあいさつがあって、練習着のプレゼントがあって(わーこっちにくれくれ!!と手を伸ばせるような性格だったらいいのになぁ、私)、選手会長の曽田さんから今年一番貢献したチームスタッフ表彰をやりますというあいさつがあり、そのプレゼンターが謙伍だったという。。謙伍って選手会副会長とか役つきだった?

選手から表彰されたのは沖田コーチと後1人誰だったかな〜。コーチ以外はもう古株の斎藤さんやウリくんくらいしか分かんないや。うっかりすると赤池さんまで誰?とか言ってるしw (←いまだにトップのGKコーチなことに慣れていない)

で、和やかな雰囲気のうちに終了。ヤスと西きゅんはしばらくランニングを続けていた。2人とも来月のキャンプインには元気で戻れるといいな。は?新潟にレンタル移籍?寝言は寝てからどうぞ。(精一杯丁寧な言葉遣いで頑張ってみました)

ヒロは代表合宿でいないというのは了承済みだったけど、おひさるからイベント参加のご案内が…。

ティーンズドナー献血推進キャンペーンイベント コンサドーレ札幌 選手出演のお知らせ
http://www.consadole-sapporo.jp/news/diary.cgi?no=2141

数日前の報道では、18歳のヒロだとてトップ昇格したからにはイベントなどに参加してもらいます!って社長さんが当たり前のことをいっただけなのに、「サポ拡大へイケメン古田大抜擢」と針小棒大な記事が踊っていたっけ、これのことだったのか…。

つーか来季の契約はもうすんだのか?
まだ昇格決定の発表もしないうちから、イベントでおばちゃん相手に愛想笑いさせてタダ働きとか、未成年者略取じゃねーの。




アリオ札幌ってどうやっていくか調べなきゃ!!!
posted by ぶらんか at 22:06 | Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

1字違いで大違い

朝、ネットチェックしたらゴルコムにこんな記事。

D・ナバーロの手術は成功 - Goal.com

曰く、アスレチック戦で左手の4本の指を骨折して手術した。

思わずぢっと手を見る。
いつそんな怪我したか全然気がつかなかったけど、そりゃ大変だったなぁ。でも次のマドリー戦に問題ないならいいよね。どーせ手だし。

でも他のサイトにソース不明ながら「怪我に気がつかずにバレンシアに帰ってきて、翌日痛いから診てもらったら折れてた」情報がw
ちょ、経験者だから語るけど、関節の骨がちょっと欠けただけでもその指1本紫に腫れあがるのに、まして4本も折れてて気がつかないなんてあるんだろうか?でもかのマヌフェルくんだって、腓骨が折れてたの翌日まで気がつかなかったっていうから、マッチョな男はそーゆーものなのかな、なんて思っていたら、ちょっと前に更新されたSuperdeporteの記事。

Navarro esta hecho de acero - Valencia CF - Superdeporte

鋼鉄の男ナバーロw
でも写真見たっけ、どうみても4本折れたよーに見えないんですけど。

El central del Valencia jugó el último cuarto de hora del partido contra el Athletic de Bilbao con el cuarto dedo de la mano izquierda roto como consecuencia de un golpe en uno de los muchos balones colgados al área de los de Caparrós.

左手の第4の指って書いてありますけど…?
写真でも包帯されてるのは左手の薬指だけですけど…?

1208lamanodenavarro.jpg
証拠写真

こら〜〜!数詞(cuatro)と序数詞(cuarto)の区別もつかんのか!
確かに区別付きにくいけどw、複数形ならelもdedoもrotoも全部複数形になりますわ。
そうかそうか、道理でゴルコムはいつもいつもガセ情報ばっかり流すわけだ…納得した。

また、指を折ったのは浮き玉を処理するときにぶつけたから、みたいに書いてあるけど、指が折れるほど激しい競り合いってどんなのよ、、分かるような分からないような。

まぁそれにしても、ダビド・ナバーロさんは顔に似合わず、すんなりと繊細な指をしているのう…とつい指フェチぶりを発揮してしまう。サッカーのフィールドプレーヤーはそんな感じ。みんな案外可愛い手をしている。ピアニストの方がよっぽどごつごつとたくましい指をしているw 指だけじゃなくて手のひらや腕、肩も実は隆々としているんだよ…世間にはピアノを弾くなんて上品で優雅だなんてイメージをお持ちの方がいるけど、結構力仕事でアスレチックなところもあるんざます。
posted by ぶらんか at 22:47 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月07日

しびれる勝利

リーガ第13節
Athletic Bilbao 1-2 Valencia
得点者:ムニアイン、ビジャ、マテュー
marca


ハイライト


いや〜〜しびれた!!!
間違いなく今季これまでで一番いい勝利!!

そりゃもちろん、PKを外してくれたというラッキーがなかったら、引き分けで終わりだっただろうけど、やることやってなきゃ幸運の神様も微笑んでくれません。これでアウェイでは6勝1敗になり、これは首位バルセロナよりいい成績なんだと。(ちなみにホームでは2勝4分のサポ泣かせw)

熱狂的な雰囲気の3豆s…いや、サン・マメスだったけど、こないだのオサスナみたいにボカディージョ(スペインのサンドイッチ。フランスパンにトルティーリャや生ハムなんかをはさんで食す)は飛んでこなかったw (オサスナ戦で副審にぶつけられたのはボカディージョだったんだと…腹の減るニュースだ)割とこまめにピッピと笛を吹く審判で、前半はセットプレーの守備が多かったかな。ジョレンテくん目がけて飛んでくるボールへの処理とか、私はおっかなびっくりだったけど、シュートまで許してなかったんだから、落ち着いて対処していたよ、、な。で、前半30分くらいに、ジョレンテくんが接触プレーで腰を痛めて退場。ラッキー。

攻撃の方は前半は大方ボールキープして優勢に進めてはいたけれど、決定的なところまでは至らず、中盤で裁いたり、やらしい仕上げのパスを出す人の不在(シルバ、バネガ)をちらっと感じずにはいられなかった。チャンスらしいチャンスはパブロ君がドリドリっと切れ込んで、ゴールライン近くから出したクロスにマタたんのカンフーキックが右に外れたくらい。

後半開始早々、ビルバオにまた怪我人?が出て、めんこい顔のお兄ちゃんと交代。なにっ、まだ16歳だと?で、この16歳のムニアインきゅんにやられてしまうのだが…57分、左サイドの低い位置でマテューがボールを奪われ、クロスがエリア中の選手に。シュートは一度はセサルがはじいたけど、こぼれたところに16歳がいて、押し込まれてしまった。むぅ。若いめんこい子の得点はどんなんでもうれしいよな。

こんな盛り上がった中でどうやって反撃するん?と思ったけど、その瞬間はすぐに来た。
先制点の3分後、ホアキンのスルーパスにパブロ君が抜け出して、ゴールラインぎりぎりってところからクロスが入る。ニアに入ったマタたんがつぶれる格好でボールはファーへ…そこで待ってるのがビジャ。ダイレクトのボレーシュートはワンバウンドして、右サイドネットに突き刺さった。ビジャ△〜〜〜〜!!!!

その後、エリア手前でマタたんを倒した選手が2枚目イエローで退場。ビルバオの方はもう交代枠を使い切っていたし、次第にホームだけど引き分けでいっかなという感じになったが、バレンシアの方は79分になってようやく1人目、ホアキンに代えてジギッチ投入。う〜んなんかよくわかりません!長身のジギッチに関しては、今までずっと効果的な使い方をされてるようには見えないので、ちょっと心配に。。まぁFWを入れたんだから点を取れってことだよな。

したっけ…その数分後、マタたん中央から浮き玉クロスをゴール前のジギッチに。正直ジギッチが競るには低いクロスだったけど、GKが飛び出してきてパンチングでセーブ!が、その先にいたのが左SBのマテューだった。ダイレクトでドッカーンですよ。ひゅ〜ゴラッソー!!
あらっ!ジギッチを有効活用できたの初めてじゃないですの??

これでスタジアムがシーンとなっちゃったのは痛快だったけど、この試合はこれじゃまだ終わらなかった。直後のビルバオゴールはオフサイドで幻になったけど、ビルバオCKの時、ゴル前でナバーロが相手を倒したということでなんとPKの判定。そりゃないよ〜…でも2点目が入るまでは「今日は引き分けでもいっかな…」と思ってたくらいなので、まぁそうなのかなって諦めるのは早かった。

ぐぁ…

PKキッカーはディエゴ・ロペス様。(つい敬称をつける)
狙って打ったPKは左のポストにパツーンと当たって外れた…あの音、忘れられない。

またもやスタジアムがシーンとなってしまったが、これならまだチャンスは作れるってことで、ビルバオも最後に猛攻をしかけてきた。こっちはビジャさんが余計なカードをもらわないようにひっこめて守備固め。ガンガン前に蹴ってくるだけだったけど、16歳だけが少々しゃれていて、右サイドからの突破を許して至近距離からシュートを打たれた。しかし今度は39歳のセサルのおじちゃん頑張った。ロスタイムの肉弾戦はほんとにすごかった。攻める方も守る方も執念感じたわ…。

難しい敵地で勝ち点3をしっかりゲット。ご褒美は「3位浮上」。
2位のレアル・マドリーとは勝ち点差3で、次はホームでそのマドリーと。まだ今節のマドリーの試合は見てないけど、CR9さんはイエロー2枚で退場なさったとか。ビジャさんは今日は激しい試合だったけど、つとめておとなしくしてたので、リーチで踏みとどまった。ふふふ。
前半はちょっと物足りなさを感じたけど、後半はシンプルさが戻って4人で取ったビジャ弾とか、ファンタジーに目覚めたというマルチェナさんとか、総合力はかなりアップしてると思う。行くよ〜!

シルバたんがいないので、萌え画収集は正直あまり楽しからず…。
でもやっぱりどこの世界にも「女の子のためのファンサイト」っていうのはあるもので、最近そんなサイトを見つけて、今日の試合のも眺めていたら、マテューの得点を喜びあう大きな画像がアップされていた。私はたいていウィンドウは小さくしているので、とりあえずこんな感じで

1206villazigic.jpg
ジギッチのおんぶお化け重そう!!

が、スクロールしたら下は
1206villazigic2.jpg
ジギッチd…でない。

ジギッチ…202センチ
マテュー…192センチ
ビジャ…175センチ

なるほど。

全容
1206villazigic3.jpg
posted by ぶらんか at 22:54 | Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

ワールドカップ組み合わせ抽選会


夜の2時からだというので、一度寝て、起きて見た。最近分割睡眠もすっかり慣れた。

でも2時に始まるのはあくまで「セレモニー」で、実際の抽選会にはまだ40分あると聞き、ちょっとくじけそうになる…。で、またついったーのTLを眺めたり、オシム爺ちゃん…についている通訳さんの声に眠りを誘われたりしながらぼんやりしていると、現地映像が赤いドレスを着たピザデ…ふくよかな女性シンガーが歌を歌うステージになった。

あれぇ?

なんかこの歌、知ってる。。なんだっけ?
するとステージ上ではお調子者っぽいおじさんが解説するに「この曲はパタパタといって、意味はtouchtouchです」と。

そう!パタパタ!パタパタだよ!!!

高校生のとき、体育大会のアトラクションでみんなで踊ったんだ!
うわ〜なつかしい!!

でもなんで学校でパタパタなんだろう?と早速ググって調べてみようとしたが、抽選会がすぐに始まってしまい、緊張してきてそれどころじゃなくなってしまった。

ときどき写る岡ちゃんの顔もひきつってるし、緊張したな〜。
あんなに前フリが長かったのに、抽選会は異常なほどスムーズに進み、あっというまに日本はグループEで、オランダ・カメルーン・デンマークとに組み入れられてしまった。なんか良くわかんないけど、日本はホント、たいしたことないんで、みんな安心して舐めてかかってきてください!!

スペインはグループHでホンデュラス、チリ、スイス…だっけ?ちょっと楽なんでない?イングランドはゲストのベッカムがアメリカを引いて、策士のアメリカの監督さんの目がキラリと光ったのは見逃さなかった。もうこのおっちゃん勘弁してくれよ〜(コンフェデのアメリカのプレッシャーには心底うんざりしたので)。

抽選会が終わったらもう限界がきたので、オシム爺ちゃん始め解説者の感想を聴くのは後にしようと寝た。
で、翌朝じっくり?パタパタのことを調べる。

この辺のブログが役に立った
「パタパタ」ミリアム・マケバ:YouTube動画で楽しむオールディーズ(ヨーロッパ編)
http://oldieseu.seesaa.net/category/3219481-1.html

Hot'n Cool : ミリアム・マケバ Miriam Makeba
http://zenigeba.exblog.jp/10197050/



ふむ…明るくて自然と体をゆすってしまうダンスソングだけど、南アフリカの人たちにとっては大切な曲なんだろうな。しかし70年代に振付けつきのレコードが発売になって、それを学校で流行らせた先生というのは訳が分からん…ww まぁ私はこの曲で踊ったのは80年代中ごろで、70年代に踊ったのはそりゃあなた、「マイムマイム」ですわ。これは確かイスラエルの歌だったよね。

耳は記憶力がいいけど、体の方は全然ついてこない…ので、踊りはちっとも思い出せなかったんだけど、ようつべで何度か聴いているうちに、ちょっとさわりだけ思い出してきたかも。踊って楽しかったことも。

今日のヴェルディ戦のことは明日以降。
でもとりあえず、、ビジャさんを初めて見たときから今までずっと、なんか知らない人だったような気がしなくて、なんだべなぁ〜と思っていたのだが、今日、ヴェルディ戦を見て一気に解決したことだけ。

飯尾くんに似てない??!!
しかも28歳ってことは、アルゼンチン世代で、同い年だよね?!
そうだ飯尾くんだよぉ。ルパンのようなもみあげとかさ。
あ〜〜〜スッキリ。異論は受け付けます。
posted by ぶらんか at 22:30 | Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

昨日は

ビジャの誕生日だったんだと…。
こないだまで年齢すら知らなかったくらいなので、全然気がつかなかった。まぁそんなことはともかく、Superdeporteでは練習場でのサポとの心温まる交流の写真がいくつかアップされていた。常日頃?自分の子供を選手に抱っこさせて写真撮るのってどうよ?って思ってたら、スペインでもフツーにやられてたw 

1203villa3.jpg
こっちは選手にサインさせるだけじゃ飽き足らず、ぬりえさせるのかよ!!とびっくりしたが、ゴチャゴチャと塗りつぶしたように見えるのはやっぱりサインだった。


1203villa.jpg
バブル期に青春を送った昭和の人間には、裏からつぎ当てされたズボン(もはやジーンズとは言いたくない)を着るなんて、よっぽど貧乏なのねとしか思えなくてつらいよビジャさん…あなた、とりあえず契約違約金が5000万ユーロでお給料もたくさんもらってるんでしょ?もう28歳で2児の父なんだから、ファッションもそろそr(以下小言ババァ

1203villa2.jpg
お祝いダンマク。
なんかつづりが違うのでよくわかんない。全スペイン的にそうなのか、カタルーニャあたりだけなのか定かじゃないけど、この頃ようやくchの代わりにxを使うことがあるらしい(あくまでくだけた使い方)と分かってきたので、下のはムチョス・アニョスって読むんだろうけど…意味は?
ビジャおめでとう、いつまでも幸せでありますようにって感じか。。ずっとバレンシアにいてねっていうのは深読みか…w

それにしてもXeresをシェレスって書くのはどういうことなんだろう?ヘレスでしょーが。
Xaviの読み方とかxに関しては分からんことばっかりだ。


ところで…
ある懸賞サイトを見てたら、バレンシア市観光局のキャンペーンがあって、バレンシアの旅が当たる!というのでうっかりクリックしてしまいましたよっと。

Ninotizate
http://spain.heteml.jp/index_suite.php

↑日本語。スペインは観光に力を入れているので、政府観光局もデジタル化する前から日本語パンフ作ってプロモーションしてるんだけど、今の時代はすっかりこなれた日本語になってて感動したw

ただ住所と名前書いて応募するんじゃなくて、バレンシアの有名な火祭りで燃やす人形をデザインしてネット上に公開し、人気投票で票を集めた10人の中から抽選で1組2名様ご招待だって。な〜んだめんどくさ…。

といいつつ、しれっと旅行日程をクリックして妄想タイムスタート!
http://spain.heteml.jp/contenidos/html/bases.html

火祭りの時期は一番ホテルの予約が取りにくいときだろうし、そんなときにホテルも食事も全部ついたツアーをプレゼントするなんて太っ腹だなぁと思うけれども、せっかくバレンシアに行くのにサッカーが何もないってありえんろっべん…

が。
2010年3月17日(水)

午前 サイクリングツアーで、旧市街地やトゥリア川公園、芸術科学都市などバレンシア市内を見学。
昼食 レストランA TU GUSTO
午後 バレンシアのサッカーチーム バレンシアCF (Valencia Club de Futbol) の練習を見学。ビジャやシルバ、アルビオル、マルチェナなどEUROチャンピオンの選手たちに会えるかも!?
夜 午後はフリータイム(火祭りのメインイベントの一つである献花パレードも行われています)。
練習見学がルートに入ってるじゃん!!生シルバたんキタキタキターと最高に盛り上がる。練習見るの楽しいし興味あるし。でもどんだけ探してもアルビオルはいないと思う…。バレンシア市の観光局のくせに情報が古いネ。

で、ここで試合日程を見るのだ。リーグ戦はないけど、カップ戦があるかもしれないし。
案の定ELの決勝トーナメントの2回戦が18日にあって、もし勝ち残っていたら前日練習は非公開の可能性が…つーかアウェイでの試合ならいづこへ旅立った後じゃないの?微妙だ…。

あと、試合日に到着して、試合日に帰国するというのも致命的。。
観光局的には火祭りを存分に楽しんでもらおうというスケジュールなんだけど、そんな大きな都市でもないバレンシアに5日も滞在しながら、試合もなければ生シルバたんのチャンスも半日しかない(しかも確定じゃない)なんて、ニーズに合わない。どうしても合わないw

ちなみにバレンシアには1回行ったことはある。
1ヶ月レオンにホームステイした後で、文化財てんこもりのスペインの都市にすっかり慣れ切っていたので、どこの街の何を見ても大した感動もなく、バレンシアも万事その調子で半日で通り過ぎてしまった。この若い驕慢が怖い、というかもったいない。でも大聖堂で結婚式を見たのを覚えている。こんな文化財みたいなとこで本当に結婚式するんだぁとバカな感想を持ったのでよく覚えてる(当時はホラ、愛知県人だったから結婚式は○○殿みたいな結婚式場で挙げるもんだと信じて疑わなかったのさw)。名物のパエーリャを食べたのはお隣のアリカンテだったかな。

ま、行くなら自分でちゃんと計画立てて行くのだ。どうせなら1月13日のVillarreal戦がいいな〜。航空券が一番安い時期だし、バレンシアダービーだし。妄想タイム終わり。
posted by ぶらんか at 21:44 | Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月03日

今日も朝っぱらから

UEFAヨーロッパリーグ
バレンシア 3-1 リール
得点者:ホアキン2、マタ
marca

5時からの試合、4時半に目がさめちゃったので、時間までついったーのTLを眺めていたら、アグエロくんがジャンニーナと破局!ってTL見つけて、うぉ〜と読んでしまった。朝っぱらからゴシップかよw
http://www.kickette.com/its-over-sergio-kun-aguero-and-giannina-maradona/

こないだ息子くんが生まれたばかりじゃないか…つーか今別れちゃってワールドカップ大丈夫なの?と下世話なことを考えていたら5時になる。



シルバたん怪我、ビジャはこないだの罰がまだ1試合残っていて出れない。てことでsin(=without)Villa ni Silvaでどうなの?みたいなタイトルが並んでいたけど、ビジャの代わりにマタたん1トップ、トップ下にはバネガが入った。両脇にはパブロくんとホアキンが並び、ほぼガチメンバー。もうそろそろ勝たないと上のステージいけないし…。それと私の好きなマヌエル・フェルナンデス君が怪我明けでようやくベンチ入り。どうでもいいけど今シーズンは変な髪型なのが気になる…。

開始30秒くらいでマルチェナさんが接触プレーで倒れて治療を受ける。いきなりマヨルカ戦のシルバたん思い出して嫌な気分になる…。でも何でもなかったらしく、元気にプレー再開。その直後だったと思うけど、マタたんがゴル前に持ち込み、パブロ君とワンツーで左サイドに流れて出したクロスにホアキンがドーンと先制(3分)。あっさり。ファーストチャンス・ファーストシュートでございました。ほんにあっさり…。

それからも前の4人で何度もいい形作って、マタたんはGKも諦めるような絶妙なシュートを…バーに当てるw はて、マタゴールをしばらく見てないような気がするんだけど、あんな顔しててもまだハタチそこそこの若い選手だし、調子の波はあっても仕方ないってどんな顔だ。でも今日はビジャがいないんだから、キミに頑張ってもらわないと…ってことでマタたん応援モードで見ていた。

こやってチャンスを多く作りながら決めきれないチームの末期は…いまさら説明するまでもないので、2点目早く早く!!とじれる。すると30分ごろ、マルチェナさんがセンターサークルの手前なんて位置からボイーンと蹴ると、そこにホアキンが走りこんであっという間に裏をとり、ちょちょっとトラップして自分のものにすると、豪快にシュート打って決めてしまった。カウンターにも程があるw しかしマルチェナさんのフィードは絶妙だったな…びっくり。

2点取って少し楽になったけど、2点差くらいあっという間に追いつかれるしさ…。
ハーフタイムは珍しくCMじゃなくて、前半リプレーとスタジアム映像だった。アップするマヌフェル君を見れて良かった。いつからか知らないけど、雨がかなり強く降っていた。バレンシアでも雨が降るんだ…と怪しいことをつぶやくw(米どころなんだから雨は降るわな)

次の得点こそマタたんで!!と強く願った甲斐があって、53分、自陣ゴル前の守備から一発の…クリアだろそれ!!なフィードにマタたんが1人走って追いついて、切り返しで相手DF2人を翻弄し交わすと、得意の左足シュート炸裂!わ〜!それにしてもほんと、カウンターにも程があるw

さすがにホームで3点取れば勝つだろう!!
この油断が睡魔を呼ぶのだ…。60分すぎからもうつらくてつらくて、マタたんがミクと交代したのはおぼろげに覚えているが、80分台は完全に寝ちゃった。あとでWEB実況みたらマヌフェル君が復活してるじゃないの!!!あんなに待ち望んでいたのに、全然気がつかずに…orz でもロスタイムにCKから失点したのだけはしっかり見たという。。飛び出したら絶対触ろうね、モヤたん…('A`)
あとパブロ君が無表情のまま(←ここがポイント)、なにか熱くなってあっちの選手ともめていたのを見たような気がする。一体何があったんだろう?見たかったな〜。

同グループのもう1試合はスコアレスドローということで、この勝利でグループ首位に立ったバレンシア。首位通過にこだわらなければ、引き分けでも大丈夫かなって感じ。でも次はビジャも戻ってくるし、シルバたんいなくても攻撃陣好調なんで、バンバン点を取って勝ってほしいです、ハイ。。
http://jp.uefa.com/competitions/uefacup/standings/round=2000037/group=2000432.html

寝不足ながら3-1の結果に気をよくして、ネットチェックして唖然。

ゴン移籍先は札幌最有力 代理人が初交渉 - サッカーニュース : nikkansports.com
http://www.nikkansports.com/soccer/news/p-sc-tp0-20091203-571969.html

昼間の段階では、相変わらずニッカンは飛ばすなぁと思ったっけ、夕方のローカルニュースで石崎監督まで「ぜひ来てほしい」とかなんとか言ってたとかで、もうねもうね…率直なところはついったーでつぶやいたからここではもう書かない。
posted by ぶらんか at 22:03 | Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。