2008年10月28日

文句タラタラ

10/25に上げたエントリーに書いた干し柿だけど…
雨の日に家の中で吊るしてたら、カビが生えてどろどろに腐ってしまったorz
それは恐ろしい有様だった…。やっぱり今の季節の北海道で干し柿なんか無理みたい。いただいたお向かいさんに見つからないよう紙に包んでゴミに出した。

あ〜あ。

そういえば高校選手権、北海道大会の決勝をビデオでざっと見た。
ノノの解説を聞いても、その話の内容を何一つ理解してなさそうな実況アナ、後半5分すぎたころに「ここまでの戦いはどうですか?ここ5分間の総括をお願いしますっ!」とノノに振って絶句させていた。序盤5分間の総括ってアンタ…。すごい、すごすぎる。話を引き出すどころか絶句させてんだから。

降格したことで、道内マスコミは揃ってチームや会社の成長のなさを嘆いているけれども、いつまで経っても実況の腕の上がらないテレビ局、コンサドーレの他にサッカーを見てる形跡もなくて、日本野球が比較対象の新聞社に批判されてもねぇ。

うちの母も高齢者の一員だが、コンサドーレの応援をする前はサッカーのサの字も知らなかったけど、いまやユースから海外サッカーまで見て、なかなかツゥなこと言い始めているんだぞぅw
HFCはそんなマスコミの作り上げるサポーター像に騙されて、「勝ちゃいいんだろ?」とか「要するにJ1ならいいんだろ?」などと軽軽しく思ってはいけませんよ、今後は。
サポの目だってそれなりに肥えてきているのよ、前よりは。

ところで今日、ファンクラブ会員の皆様へってことで、HFCの社長さんからお便りがきたけれど、ホームゲームの残り2試合、先行予約使ってきっときっときっと来てね!!というお話。2試合の相手はレッズとアントラーズなわけで、レッズはほっといてもたくさん来るし、鹿島はきっと優勝がかかった一戦になるだろうから、どっちも赤い服着て大挙してやってきそうな気配…ホームなのに応援で負けるのはヤダヤダヤダ!!
ってこと?

あのさぁ…先に試合に勝てよ、先に!!せめて意地を見せろよ!!!
あの川崎戦の後に、これからも頑張るだなんて、いけシャーシャーと。
よくもこんなハガキ送ってよこしたな!50円も使って。

何をしてもHFCにはつい文句を言ってしまうw
でも言ってることとやってることが合致しないんだもの。
私のこの一年はほぼ「拒否」の一語で語られるけど、こんなこと、やってても楽しくなかったよ。来年は楽しませてくれるのかい。。
posted by ぶらんか at 21:54 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

ドミニカ料理

宮の沢行ってきた。
藻岩山麓道を入ったすぐのとこに藻岩山ロープウェイ乗り場があるけど、その手前にいつからか見かけていたドミニカ料理のお店。「今度宮の沢に行くときは寄りたいな」と思いながらなんか行きそびれて数ヶ月(先日のサテのときは駐車場に車が一杯で入れなかった)、今日も善庵の新そばにしようか真剣に悩んだが、善庵ならよく通りかかるし、いつでも行けるよなと思い、ついに足を踏み入れることにした。大げさな…。でも各国料理のお店に初めて入るってときはわりと勇気がいらない?

11時半ごろに行ったらお店に誰もいなくて、ドミニカ人のオーナーシェフが1人準備にいそしんでいた模様。ワンプレートのメニューがいくつかあって、

母オーダー「ドミニカ定食」
1026dominica2.jpg
白いご飯と鶏肉の煮込み。

私が頼んだのは黒豆ご飯の定食(名前わすれちった)
1026dominica1.jpg
黒豆のご飯と豚肉の煮込み。

左側に添えられているのはバナナのフライ。ネットで調べて「わっ食べてみたいな」と思ってたのだけど、味は果物コーナーでよく売られているバナナチップスみたいなもんかしらん?と想像していた。でもこれは青いバナナをスライスして揚げてあるそうで、甘くないのでびっくりした。ちょっとほこっとしていてじゃがいもを食べているようでもあった。なるほど、これならご飯の代わりになるなぁ、美味しい。

肉はナイフがいらないほど柔らかくて、不思議なほどあっさり塩味。ご飯も塩味でサラダはオリーブオイルがぐっと効いている。スペインでホームステイしてたころを思い出した香り…。全体にとてもヘルシーなお皿だった。食事していると観光客らしき女の子2人組がやってきて楽しそうだったので、ガイドにも載ってるらしい。でもこの人たち、オーナーとおしゃべりしてるのをなんとなく聞いてしまったのだが、札幌駅から1時間半かけて歩いてきたんだって…。山麓道は南19条通りだから、南19+北4=23条も歩いたのかよ!道すがら観光スポットは何にもないのにw
電車に乗れ、電車に!(「ロープウェー前」で下車)

まぁ旅行に出ると、交通機関使いづらくて、ついクタクタになるまで歩いちゃうよね。

ドミニカ家庭料理の店 Pa' Mi Casa(パ・ミ・カーサ)
このブログが素敵だったのでリンク。
http://tkss.jp/pjn/archives/2008/10/11182135.php


さて、おなかが一杯になって店を出ると、ポツポツと雨が降ってきた。宮の沢に近づくにつれ、雨足は速くなるばかり…でも誰の日ごろの行いが良いのか、試合が始まる頃には上がって、観戦に傘は必要なかったのでラッキー。
ラッキーだったけどさ…

コンサドーレ札幌U-18 1-2 東京ヴェルディユース

またしても勝てなかった…orz
なんだろ?数年前は強豪とは「どこもかしこも全く歯が立たない」と思ったこともあったけど、今はどことやってもそこそこ戦えるようになってきた。
今日のヴェルディも昔に比べたらいまいち迫力がないなぁ〜と思ったし、完全に崩されたことはないんだけど、思い返してみると要所要所は締められて、前の選手の個人技でズドンズドンとやられてしまった。ヴェルディ1点目のFKはすごかったな〜サテやトップの練習試合でだって、宮の沢であんな見事なFKは見たことねぇ!

それにしてもコンサユースもらしくないプレーが目立ったけどね…。
時節柄、Jユースはみんなで目標を1つに定めにくい大会だからか、なんとなくチグハグだった。それぞれ頑張ってるのは分かるけど。
さて、ホームではあと1試合。(いつどこでやるんだ??)まだ新人戦とちゃんぴよんずリーグは残っているけど、次の千葉戦はずぇったいに勝って、すっきり終わろうじゃないの。(決勝Tを諦めたわけじゃないが…)
posted by ぶらんか at 20:33 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月25日

晩秋

1025sibugaki.jpg紅葉は終わったけど、それにしても暖かい。こんな時期になってもまだストーブつけなくてもやっていけるんだから。。そして渋柿を干していたりもする。

そろそろガソリン入れなきゃ明日はこばやし峠でガス欠しそうな今日この頃、朝のニュースでOPECが減産を決定したのに原油価格の下落は止まらず&来週から元売各社値下げへと言ってた。寝起きの耳にもちゃんと聞こえた。
じゃあ今日はとりあえず、明日宮の沢に行って帰ってこれるだけ給油して、来週か更に下がるという来月まで待つかと思う。

でもね…
ここんとこずっと「来週からもっと下がるっぽいからちょっとだけ入れて待ってよ♪」とケチケチやってるから、しばらく満タンにしたことがないw かえって値上げし続けていた頃の方が「今のうちに入れておかないと」とせっぱつまってGSに駆け込んでいたような気がする…。値下げになったら買い控えってなんやねん。
まぁリッター85円の時代を知ってるから、まだまだ高すぎて節約しようという気持ちに変わりはない。


さて、降格決定から1週間、道新ではお決まりのHFC批判があったわけだが…そんなことよりお宅んとこのスットコドッコイな政治記者何とかしろとと思わなくもないけどね。道民として恥ずかしいから。お役所に日の丸掲げるなとか、もう顔から火が出るわ。

何の役にも立たない批判のほかに、提言が3つあったけど、事情をよくご存知の柴田先生以外は正直何を言ってるんだとしか思わなかった…野球のことしかご存じない方にだけは、サッカーの育成システムについて語ってほしくないわ。よく知りもしないことについて偉そうに語らってお金もらうとは、いい商売ですね>大学の先生 
ノーベル賞騒ぎの後だけに、「これだから文系は」といわれても仕方ないと思った。生まれ変わったら私も理数系一生懸命勉強しょうw
posted by ぶらんか at 12:52 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

藻岩山

1014moiwayama.jpg
ちょっと前に撮ったままになってたこの画像。
真駒内大橋から紅葉の藻岩山をパシャリ。(信号待ちのタイミングでw)
今日の強い風と雨で紅葉は終わってしまったから、削除するのが惜しくなってしまい、アップしてみた。

山すそのあたりに建物が多いけど、藻岩下という地区で、最近はイタリアンレストランやカフェといったオシャレな店が建ち並ぶちょっとしたスポットになっている。昔はこの上に藻岩山スキー場がある他は民家がポツポツとあるばかりで、黙々とスキーをかついで山を登る通過点でしかたなかったんだけど。学校でのスキー遠足や家族でスキーってときもみんな歩いたんだよね…ウチ、車なんかなかったし、、その健脚ぶり、今はとても考えられん!

しかし今年は変な紅葉だったなぁ。
毎日裏の硬石山を見てたけど、ついに「今が一番キレイ!!」と思えるタイミングに出会えなかった…。赤や黄色になる前に、枯れ葉色になってしまった木あり、かと思えば隣のはまだ青々としていたり。猛暑の年は紅葉があんまりきれいじゃなくなるらしいけど、今年はそれほど暑くなかったけどな。
来年はきれいな紅葉が見たいナ。

ところで今朝、いつものNHK−FMの「クラシックカフェ」で、ふと気づけばグリーグの「春に寄す」かけてて、その季節感のなさに泣けたw

演奏を公開してる人がいました↓
http://musicinyourheart.seesaa.net/article/38034703.html

グリーグのピアノ曲では一番有名なのではないかな?子供の学習向けにポピュラーなピアノ曲ばっかり録音したアルバムに入っていた。冒頭は右手が和音で伴奏、左手が静かに歌いだすのだけど、まだ表向き春の気配が感じられない雪原も、日は冬の間のそれと違って光に力があって、足元の雪からはポタポタと水滴が垂れてて…(ブーツで踏むとパキパキと割れて面白いやつw)

この曲を聴くたびそんなシーンを思い浮かべて、「札幌に帰りたいなぁ〜」と思っていた中学生の頃。まぁ私は道民といっても札幌しか住んだことないから、雪原とかいってもどーせ想像力の範囲は真駒内公園がせいぜいで、フィンランドのグリーグが知ったら鼻で笑うかもしれないけどw
上の奏者は本州の人だからか、雪解けが始まろうとする北国の情景&光や風のパワーは知らないのだろうし、暖かさが強すぎる感じがするな。

というわけで、雪解けどころかまだ初雪も降ってないっつーのに「春に寄す」もないだろーよ!鬱々とチャイコフスキーの「秋の歌」でも流しておけ!(←これほど初雪前のうんざりした気持ちを表す曲もないと思っている)
posted by ぶらんか at 20:45 | Comment(0) | さっぽろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

コンサ降格

昨日試合後、カーペンターズの再放送を見たのだけど、ピアノソロで「Yesterday Once More」を弾くリチャード・カーペンターさんを見ながら「歌う人がいないって寂しいわねぇ」とつぶやいていた母。最近、母は庭先を横切っていく野良猫ならともかく、今年死んだネコの写真に話し掛けてるし、うーん、これはちょっとヤバいと思ったので(^^;、今日は日刊スポーツを買って読ませたところ、ぱ〜っと顔が明るくなって「オシムさんはいいわねぇ」ときたもんだ。

飛ばしかどうかはほっといて、ファンが求めてるのはこーゆー”希望”なんだと思うわ。。HFCの中の人は営業がんばってねぇ。

さて…コンサドーレのJ2降格なんて、十分予想していたことだから(ごめん、去年の今ごろからこれで昇格してもJ1残留なんて無理って思ってた)別にショックでもないのだが、この試合の影?でらんたが選手権の全道大会を初戦敗退したのはかなりの波乱でびっくりした。ファンサイトに集う人たちは明らかにこの結果に狼狽していた。

宮澤くんは去年「選手権より高円宮杯に出たかった」と言っていたけれど、そういうことを言う人は稀で、他の多くの高校生にとっては選手権こそ夢の舞台。そして室蘭大谷ほどのチームになると、初戦敗退なんて許されないこと。トーナメントだし、勝負は時の運だからといっても何の慰めにもならないんだろうなぁ。来年また頑張ろうよ…プリンス優勝は譲らないけどネ。

他にも帯北が破れたりと波乱があって、来週の準決勝は

北海vs登別大谷
白石vs旭川実業

という組合せになった。下馬評どおり、コンサユースもプリンスで散々苦しめられた北海と旭実が決勝戦を戦うことになるんじゃないかしらん?と予想してるけど、どうだろう?? 決勝戦の日は大切なヴェルディ戦があるのでビデオ観戦になると思うけど。STVのお涙頂戴なしつこい実況に苦戦は必至だ。昨日のスカパーだって「負ければ降格」って何べん言ったよ??分かってるし、何度もいうなバカーーー

実況といえば、昨日のスカパーでピッチ解説の健作が、コンサ選手にエールを送るのはいいんだけど、「ピッチにいる選手はサッカー人生かけるくらいの気持ちでやってほしいですね!」とか言ってたなぁ。つい

お前が言うな!

と突っこまずにいられなかったw あの年、いつもロスタイムに同点に追いつかれて泣きそうな顔をしてたのは誰?失点シーンを振り返る平川さんに「間合いをつめるのがあと数センチ足りない」って言われてたのは誰?つーかあそこまで追い込まれたら、どうあがこうと何にもできないことくらい、知らない君でもないだろう…?
下手に選手時代を知ってるとツッコミ所満載でいかん。

ところで三浦監督が就任してから、ず〜っと批判的に彼を見てきたけど、降格が決まったら、「いっそ途中で解任された方がよっぽど楽だったよね、お疲れさん」ってなぜかとても優しい気持ちになってるのが、不思議。何なんでしょ。こんな悔しくもなんともない降格というのも今までないけどネ。
posted by ぶらんか at 21:44 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

カーペンターズ・オールリクエスト

1018koyo.jpg普段、どこに行くにも車に乗る人間が、たま〜に歩いて買い物に出て、雪虫に苦しめられる。わたくしの細〜い目の中にも入ってくる雪虫、勘弁してけれ…。ふと空を見上げると、粉雪のように空を舞う雪虫の大群にビックリ!

今日は山がかすんで見えるのは天気が悪いせいだと思っていたけど、まさか雪虫のせいじゃないよね…こわい〜

写真は平岸霊園。

昨日、以前から楽しみにしていた「カーペンターズ・オールリクエスト」がBS2で放送された。カーペンターズ大好きなので、チェックせずにはいられない。それを今日、ゆっくり見る。
http://www.nhk.or.jp/carpenters/

私とカーペンターズの出会いは、中1の時だ。中学校に上がって、ギターマンドリン部に入ってマンドリンを始めたのだけど、2曲目に与えられた曲が「Yesterday Once More」だった。(ちなみに初めてもらった曲は「恋はみずいろ」だぴょん)まぁ、あとで知ったことだが、そのときにはもうカレンさんはあの世に旅立ったあとだった…。ジョン・レノンやジョン・ベルーシなんかも興味をもったころにゃもう死んでたっていう、なんか間の悪いときに中2期を迎えた私。

まぁ世はこないだもなんか書いたような気がするが、ブリティッシュロックだかポップスの全盛期で、私もカルチャー・クラブにトチ狂うようになったので、おこづかいもそんなにないし、カーペンターズまで手はまわらなかったけど、FMでかかると聴いていたかな(←毎週「FMレコパル」で赤ペン使ってチェックするんだよ〜w)。
ロックだなんだっていっても、所詮私はモーツアルトやらベートーヴェンやら古典派で育ったようなもんなので、調和のよい音楽でないと結局落ち着かない。その点カーペンターズは初めて聴いても古巣に帰ったような気がする( ´ー`)

大学生になって多少金回りがよくなると、ベストアルバムをぽちぽち買いだして、就職すると輸入盤ワゴンセールを漁りまくったので、なんかよーわからんコレクションになっているけど、だいたい作品を一通り揃えてるのではないかと思ってたら、昨日聞いた曲の中では知らない曲が2曲あったのが悔しくて、ワゴン再アタックの必要性を感じたw

そんななので、もちろん来日コンサートにも行ったことないし、映像も「Please Mr.Postman」のプロモビデオをその昔MTVで見たことがあるくらいで、歌っているカレンさんをじっくり見るのはほぼ今回が初めて。しかし、兄妹デュオで兄ちゃんはキーボードの前に座り、妹がドラムを叩いていて、誰も動き回らない不思議なライブの光景、他にないよ!ドラマーがボーカル兼任するのはそんなに珍しいことじゃないけど、これじゃあカメラさん困っちゃうw
でもドラムの腕はすごいのでは。門外漢でよく分からないけど。

ゲストで出た60歳を越えたリチャードさんからはそんなそぶりは全然見えなかったけど、私が何かで聞いた話では、カーペンター家でまず才能を認められたのは兄のリチャードで、バンドを作ったのも兄だし、曲を作るのもアレンジするのも兄だし、当然兄が中心人物でカレンはオマケでしかなかったのに、ある日何の気なしにカレンに歌わせたらこれがまたいい声で、カレンの歌声はみんなに愛されてカーペンターズは一躍スターになったけど、微妙に兄と妹の立場が逆転してしまい、兄はそれを面白く思わなかったから、妹は兄には随分気を遣っていた…。てなことが頭にあったので、リチャードがむっつりピアノを弾いているビデオがあると、「あ、やっぱし」なんて思ったのだが、真相は…NHKにゃその辺突っ込む気もないんだろうな(^^;

番組は2時間という時間で、語りたがるおじさんが2人もいて、リチャードさんの通訳に多少時間とられたこともあり、聴きたい曲がかからなくてちょっと消化不良…。リクエストしてないくせに文句を言う。
だけど
http://www.nhk.or.jp/carpenters/list.html

ここには聴きたい曲がないんだもん。(てことはビデオもないってことなんだろう)
っていうか、メロディも歌詞も出てくるんだけど、タイトルが出てこないので、リクエストしようがないっていう…。私はポップスでもクラシックでも、曲名を知らないでも一向に気にしないタチなので、こういうとき困ってしまう。確か「Because We Are In Love」とかなんとか、カレンが結婚するときに作った曲だと思う!マリッジブルーを母の愛で乗り越えラブラブで結婚式に突入!という感動的でおめでたい曲だ(←私が書くと情緒もなんもなくなるな…名曲なのに)。

まぁ自分で探してかけよ…。

(文中、30代後半以降にしか分からないワードちりばめてしまいました。若者は…興味があればググって下さいw)
posted by ぶらんか at 22:38 | Comment(0) | 音楽? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

サテジェフ戦

今日のサテは行かないつもりだったけど、召喚の呪文がケータイに届いていて、吸い寄せられるように宮の沢へ行ってきましたよっと。呪文の通り、つるくまひろ一セット(←エリプロで鍛えられてきた3人)揃ってたw わーい。

謙伍・純貴2トップは「早くみたいよね〜」と何年か前に夢想していたのだが、サテとはいえ夢が現実になったのね。ベンチのつるくまひろが気になって、感慨にふけるどころではなかったけど。かわいいユース君も昇格してしまえば「はいそれまーでーよ」な感覚になっている今日この頃。

それにしても謙伍よ。
キミはユースの時は頼めばいっくらでも点を決めてくれたのに…ハットトリック大王がどうしたんだよ、ヲイ…。

対戦相手のジェフは番号の大きな選手ばかりで、どうやらジェフリザーブの選手が中心だったらしい。だからって人のことを言えた立場ではないのだが、どっちも3つもパスがつながれば奇跡!みたいなボコボコしたサッカーをやっていて、全然つまらん…。ユースにつられて出てきたけど、やっぱり家でのんびりしてたかったな、と後悔するのに時間はかからなかった。

でもやがてヨンデが痛んで、さぁヒロ登場。すごく戸惑っているのがありあり。トップでは基本的に攻撃は誰も助けてくれないから全責任をもって、自分で全部やんなきゃいけないからさ、、ドリブルで切れ込んだらなんとかダヴィのようにメチャクチャでもシュートまでいかないと…。

ヤスはこのチームで長くやってるだけあって、その辺はよく分かっているらしく、素晴らしいドリブルで突っこんでいくも、周りを使わないからつぶされたり、無理な体勢でシュートを打たざるを得なくて「あ゛〜」というジジくさいため息を一身に吹きかけられている。ヒロは周りのフォローを期待してパスをタッチに出したり、出しどこなくてキープしてる間に奪われたり。うんうん、ユースだったらそこはセオリー通り必ず怜大が走って受けてくれるよねって、分かる人には分かるっていうんじゃダメなんだよorz

なんだかなぁ〜
チームになっていないサテライト。
今季初めて見にきたのだが、これでAグループ無敗って信じられないな。

鶴ちゃんは後半から入って、最初はやっぱりおっかなびっくりだったけど、徐々に慣れて終盤には随分攻撃参加してた。熊ちゃんはヒロと交代というのがガッカリだったけど(ユースが3人入ればOBもちっとはパスサッカー思い出すだろぉ?w)時間が少なかったのが残念!3人はどんな感想をもったかな。今日の経験をJユースカップに活かしてほしいな。

そのJユースカップ、コンサユースは3試合消化して3勝、勝ち点9・得点14・失点0と好調な滑り出し。しかしこれからいよいよジェフユース、ヴェルディユースと2枠を争う戦いが始まるので、ぐぐっと集大成していかないと!
今年こそはヴェルディに1勝してみたいもんだ。(と、毎年言ってるような気がするワ…)
posted by ぶらんか at 22:33 | Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月08日

昨日のニュース

昨日は非常にくたぶれた一日だったけど、そういえば笑っちゃったニュースもあった。

全裸の外国人が皇居のお堀に飛び込み遊泳&警官相手に大暴れ(痛いニュース)
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1181137.html

テレビでもやってたけど、お堀に落ちたものを拾うからって、何も全部脱がなくても…。唯一おまわりさんだけは必死だったけど、野次馬はみんなニヤニヤして眺めてて、面白い映像だった。人のハダカってなんでこう、笑えるんだろね??

でもテレビでは「自称スペイン人」とか「スペイン語を話す外国人」と言われていて、ここんとこがいまいち解せなかった。スペイン人って総じてモラルには厳しくて、ああいうことはしない人たちだと思ってたから。私の偏見によれば、公衆の面前で全部脱いじゃうなんておっさんは、イギリス人以外にありえない…。

って、今日の道新。

英国人が皇居の堀泳ぐ 石垣で警官が取り押さえる

 7日午前11時20分ごろ、東京都千代田区の皇居前の和田倉濠に男が入った。男は堀の中を泳ぎ、駆け付けた警視庁の警察官がボートから説得しようとしたが、石を投げるなどして抵抗。午後1時ごろ、石垣に上ったところを警察官が取り押さえ、保護した。(中略)

  丸の内署の調べでは、男はスペイン在住の英国人で、40歳という。仲間のスペイン人男女7人と観光で日本を訪れ、現場近くの交番に「バッグを堀に落とした」と届けた直後に飛び込んだ。仲間は「(男は)朝から興奮した状態だった」と話しているという。

ほらみろ。
中2でブリティッシュ・インヴェイションの世界にはまり、98年にイギリスを放浪し、02年にワールドカップボランティアでイングランドサポーターのおもてなしをした私には、いかにスペイン語をしゃべってカムフラージュしようと通用せんよ。円高になってきたからとっとと国に(・∀・)カエレ!! (←98年はすごい円安で英国旅行は貧窮を極めた…)


あと、昨日から今日にかけてはノーベル物理学賞に3人、科学賞に1人の日本人が授与されるということで、ご本人たちよりもマスコミがワーイと喜んでいるけれど、何が評価されて受賞になったかという説明になると、文系頭では半分も理解できないのだな、哀しいかな。

でもRSSリーダーに登録してるブログのエントリーに、日本は実はこの分野ではとても優秀なんだよ〜と書いてあるのがあって、ほう…と感心していたところ。そのブログは元々、サッカーの、しかもユース関連の記事が読めるからってことで登録したのに、サッカーファンと一口に言ってもいろんな分野に通じた人がいて、サッカー以外にもいろいろ知恵が授けられるものだ。
posted by ぶらんか at 21:40 | Comment(0) | ニュースにツッコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

もうかんべんしてくれ…

と思ったニュースが2つもあって今日はガックリ疲れたわ。

その前に。
今日、私は生まれて初めてネズミを見た!!!!
自宅の玄関を出たすぐ前の道路に排水口があるのだけど、その鉄製の蓋のところで何か一生懸命小さな体を動かすものがある。最初は雀が水浴びをしてるんだと思って、気にならなかったけど、一向に飛び立つ気配がないので、あれれ?とよく見たらふわふわの体には羽がついてない…なんだこれ!リス?!(←うちの近所にはキツネもクマも住んでいるんだから、こう思っても可笑しくない!!今思うとちょっとバカだけどw)両手で一生懸命顔をこすっている様子がかわいくて、へぇ〜と遠巻きに眺めていたら、こちらの気配を察したらしく、きびすを返して走りだした後ろ姿に長〜いシッポが…

ギャ〜ッ!ネ、ネズミ〜〜!!

札幌に生まれて30ン年、野ネズミをみたのはこれが初めてざます。
昔、祖母が6条の家の台所にネズミ捕りを仕掛けていたのはなんとなく覚えているけど、その成果を子供に見せたりはしなかったし…コーフンして母に話したら、鼻で笑われたorz 私が今日見たネズミはペットのハムスターみたいに小さくて、ほんの手のひらサイズだったけど、普通はもっと大きいんだってぇ?

今までネズミを見たことなかった私の現在の秋の夜長の愛読書はコチラw
ハーメルンの笛吹き男―伝説とその世界 (ちくま文庫)
ハーメルンの笛吹き男―伝説とその世界 (ちくま文庫)

「ハーメルンの笛吹き男」は単なる伝説や寓話じゃなくて、実際にあった話だった!
集められた子供達はどこに連れて行かれたのか。古文書を検証しながら13世紀ドイツの時代背景や庶民の生活がどんなものだったか解説し、伝説の謎に迫る、中世好きな人にオススメの一冊。


今日はこんだけ書いたからもういっか…。
勘弁なニュースとはもちろん監督続投要請と、犬飼サンのお便りなんだけど。
1つ目のニュースは「それもこれもあと2ヶ月の辛抱だから」と思って、なんとかギリギリ踏ん張ってた私の気持ちをポッキリ折った。見事に折れたわ〜。モウダメ。

勝ち点3を取ることだけが全てという人が、もうずっと勝ち点3はおろか1すら取れないというのに、これ以上続けて何が残るの?また数日前には強化部長も留任すると報道があった。この無様な降格の責任は誰がとるの?選手を何人かクビにしてそれで終わり?

ひょっとして、「去年まさか昇格するとは思いませんでした。でもJFLみたいに昇格を断るわけにいかないし、戦力を整えるお金もないから、降格してもしかたないと思います。昇格したのは運が良かっただけで私らのせいじゃないから、降格も私らの責任じゃありません。byフロント」これが本音なのかなって。なんてね。な〜んてね。

犬飼サンのお便りは相変わらず駄々をこねる子供のごとき文章で、まともに取り合うのもバカらしいけど、やる気をなくすには十分のパンチを食らいました、はい。

まったく…
posted by ぶらんか at 21:13 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

後出しじゃんけんだけど

いまさらだが、2,3日前にダヴィの移籍がなくなったときにつらつらと書いたものがあったのだけど、いろいろ取り紛れてそのままになってたのを、貼ってみる。

正直な胸のうちを明かすと、ガッカリしました…>ダビ残留
これから来季に向け、お金はあったほうがいいもん…。
HFCは「テメこのやろ、お前らの内輪もめのあおりを食って、ダヴィが出れなかったFC東京戦は負けるわ、観客動員は減る?わで散々だった。謝罪と賠償を」ってアルサードに保証を求めていくみたいだけど、えーと、ダヴィでもブルーノでも今ちゃんでももちろんなく、勝利すら思案の外で、純貴のJデビューだけを目当てにいそいそと当日券買って見に行った私がいるから、その損害を証明するのは難しいぞ。つーかダヴィが出て、なおかつ得点をあげてもなお、試合には負け続けて今何連敗中だっけ?(;゚∀゚)

でも確かにあの東京のしょぼさを考えると、ダヴィがいたら勝てたかもしれないけどねぇ…。実際にお金をもらうとかは別にして、Jリーグなめんなよ!と中東に釘を刺しとくことはいいかもしれない。
お金持ってる人にとっては何言われてもへっちゃらだろうけどさ。ちくしょ〜!

これで余計な事を考えずに1つでも多く勝ってなんとか残留を、って祈る人が多いようだけど、FC東京戦ではなんかようやく、ダヴィにはもう頼れないから1人1人しっかりやろうって気概がちょいと見えただけに、また元の”ダヴィお願いサッカー”に戻ってしまっては、再びつまらないことになってしまうと思ったりで、お金のほかにもガッカリな理由がここにもう一つ。ダヴィ頼み脱却に成功すればそれでよし。


悪い予感がまた当たってしまった…orz
経験値ばっかり積んで、もう100歳の老人になった気分だよぉ〜。


ところで。
ユースの草津戦はどうだったのかな、とぐぐってみたけど、あまりヒットせず。でもなんかこんな変なの見つけたんですけど。

Yahoo!ズバリ予想
http://yosou.yahoo.co.jp/yoso.html?yoso=8268

ユースの試合まで当てっこするのかよ…。
オッズはまぁいたって普通だが、コメントがさ…。
知らない人はトップが弱いとユースも弱いと思い込んでるみたいなのね。
もうずっと長いことこの風評被害に悩まされているコンサユースorz
posted by ぶらんか at 20:54 | Comment(2) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月04日

果楽里のパフェ

1004soft.jpg昨日、夜中にトイレに起きた。階段で足を滑せて転げ落ちたorz 残り2,3段というところだったので、しりもちだけで済んだけど、滑らせた右足がちょっと痛くて「これは右足首靭帯損傷だ…(なんか難しく言ってみたいお年頃で)」てな感じだった。

でも今は足首やお尻はなんでもなくて、首や背中が痛いっす…。
寝ぼけてて気が付かなかったけど、あちこちぶつけていたのだろうか。今日からトイレに起きなくて済むように、8時以降は水分とるのやめよっと。

さて、今週末はユースもトップもいないので、地味に買い物をして過ごす。
近所のマックスバリュの中にある果楽里というお菓子屋さんでアイスクリーム休憩〜。これはブルーベリーパフェ(315円)。紙コップだったけど、お水も出してくれてよいサービスをしてくれる…と思ったっけ、アイスに冷たい水を飲んだらさすがにもう凍える季節だな(^^;;
マイブームの「まじりっけなし」よりはあっさり系だけど、甘酸っぱいブルーベリーソースがたっぷりかかって、下にはシリアルが詰まってて美味しかった。
posted by ぶらんか at 16:17 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする