2007年12月30日

年末の音模様

おとといで「ぴあのピア」が終わってしまった。
最終回は武満徹。ラスト1週間は前衛的な音楽ばっか聴かされて正直しんどかった('A`)

折りしもギタリストの福田進一さんのブログで、こんなCDが発売されると知って買ったばかりだった。
B000XQ9J4Eイン・メモリアム~武満徹ギター作品集
福田進一 武満徹 フェイン
コロムビアミュージックエンタテインメント 2007-12-19


武満氏はクラシックギターが好きだったそうで、ギター作品や、ビートルズなどのポップスや唱歌をギター用に編曲した作品がたくさんある。あと合唱曲でもいい作品があるよね…ってことで、ピアノソロ曲は聞いたことなかったので、武満徹をピアノ300年の歴史を辿ってきた番組の最終回に持ってくるNHKのセンスには正直はぁ?(゚听)と思ったのだった。
アマゾンで検索したら、どうやら私の方が外れてるっぽいけどw

調性もメロディもリズムもなく、てめぇの勝手な印象ばかり押し付けてくる(ようにしか聞こえない)現代曲は、耳に入ってくるだけで疲れてしまってはっきり嫌いなのだが、武満作品とかブローウェルとか、ギター用の現代曲って…なぜか好きだ。理由をしっかり考えたこともないけど…福田さんの演奏がナイスなのと、ギターという楽器がポピュラーで温か味のある音を出すからかな、と思う。

ピアノやオーケストラ楽器は歴史と共に音色が洗練されすぎて、現代曲の演奏では冷たく拒絶されてるよーに聴こえるけど、ギターはいつまでたっても何か垢抜けなくて、タレガによるギター編曲版ショパンなどはいつも ( ´,_ゝ`) プッ と笑ってしまうのだが、現代曲では「だがそれがいい」って感じになるのが面白い。

ブローウェルならナクソスでいいのが出てる。この辺↓
http://www.naxos.co.jp/title.asp?sno=8.554553&cod=2399
http://www.naxos.co.jp/title.asp?sno=8.554195&cod=2874



さて…
ぴあのピアを1年見てきて、ピアノ曲を聴くと弾きたくなってしまう性分が出てしかたなかった(^^;でもそんな欲求に対応できたのはせいぜいショパンあたりまでで、それ以降はただ指をくわえて見てるしかなかった我が身が口惜しい。だって楽譜ないし、技術もないし!

11月頃からやたらロマンチックな曲が弾きたくなって、ずっと前に図書館でコピーしたままになってた楽譜を漁って、欲求に応えられそうなアルベニスの「エボカシオン(組曲イベリア)」を引っ張り出している。フラットが7つもついてて、常に譜面と実際に聞こえてくる音が半音違うことにクラクラしながら音を拾って、なんとか弾けるようになるとまた別の曲を探し求め…今はグラナドスの「嘆き、またはマハと夜うぐいす(組曲ゴイェスカス)」の訳分からなさにキョエーと奇声を発しながら音を拾う年末。いつもなら能天気に「イタリア協奏曲」を弾いてるのにw でも俗に「サビ」といわれる部分の甘く切ないメロディは、スラスラ弾けもしないのにぐっとこみ上げるものがあって、これだからピアノは止められねぇ。
posted by ぶらんか at 11:46 | Comment(0) | 音楽? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月28日

年越し

いつものように猫を連れて病院に行ってきたのだが、完全予約日にも関わらず犬で一杯な病院内。ワンワン鳴いたりヒーヒーヒクヒクいったりする中で、猫をタオルに包んで抱き、あたりが騒々しいので猫の耳をふさぎながらw待っていたのだが、なかなか順番がこない。予約時間から30分以上待ってようやく呼ばれたときにゃもう、猫が全身で「不機嫌!」と言っていて、先生が平謝りだったw

今日はなぜか予約もしないで来る人がたくさんいたんだと…。
そっか、人としてしつけがなってないヤツが飼ってる犬など、しつけができてるわけないよな。ほんとに今日はワンワンうるさかった。
犬が嫌いなんじゃない。犬を飼う能力もないのに飼ってる人間が嫌いだ。


そんなことはともかく。
1週間前にやった血液検査の結果を知らされる…。
なんと。甲状腺ホルモン値も正常なら、腎機能値まで正常になってた。
工エエェ(´д`)ェエエ工

採血した1週間前は膀胱炎はちっとも良くなる気配ないし、食欲もなくて強制給餌してた(というか今もしてる)くらいで、眠りこける猫の傍らで「いよいよお別れのときが近いんだ」、とN響アワーをBGMに独り涙していた(´;ω;`)くらいなのに…そんな最悪のときでも正常値ですか?私バカですか??
この私がブラームスで泣くなんて!!ムキー

誰の腹から生まれてきたか知らないが、ウチの猫は本当に丈夫な体を授かっているらしい。

それにしても食べる量がものすごく減ったのは気になる。
まぁトイレに行くときくらいしか動かないので、それほどエネルギーが必要ではないのは確かだけれど…小さい猫缶開けても2日かかってやっと半分食べて、それ以降は「もうそれ飽きた」とそっぽを向く。食欲がないのか、わがままなのかはっきりしろぃ!

ともあれ今年もなんとか猫と年越しできそうだ。
posted by ぶらんか at 14:04 | Comment(3) | ねこ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月24日

クリスマスイブの一日

1224cake.jpgのーちぇでぱー
(気がつくと私は「きよしこの夜」をスペイン語で歌う)

今日は午前中はクリスマスケーキと格闘。
1個目はなぜかうまく膨らまなくて、やりなおした。orz
ケーキに挟むのはイチゴと黄桃とキウイをスライスしたやつ…って試しにそれぞれ味見してみたら、美味くないのなんの。そりゃこんな季節にイチゴ食べる方が狂っとる!ちゃんとしたキリスト教国のクリスマスのお菓子といえば、バターやドライフルーツをふんだんにつかった保存のきくお菓子であって、フレッシュフルーツを使ったデコレーションケーキ食うのは非キリスト教徒のアホだけじゃんね、バーカ!

といいながら、玄関で生クリームシャコシャコ。

(最近百均で買った小さい温度計がお気に入りで、いろんなところに置いて温度を測っているのだが、玄関の温度が冷蔵庫内と同じ10℃だったw ここでシャコシャコすれば決して失敗することなく泡立つのだ)
1層目は黄桃、2層目はイチゴとキウイを敷き詰め、それぞれクリームを挟んだら、表面をデコレーションする分がなくなっちゃった!それでこんな無愛想な出来上がりに。サンタさんのマジパンとか用意するアイディアもなかったので、いつも作るデコレーションケーキと何ら変わりなく、大した感動も湧いてこなくて、3時のおやつに食べちゃったw


午後はぼーっとテレビを見てた。
Jユースカップ決勝はFC東京 2-1 柏レイソル。
この黄色いユニを着た子が来年入ってくるなんて、複雑な気持ちだ。
CBとして落ち着いてプレーしていたけど、それ以上のインパクトは正直あまり感じず…というか、Jユースの決勝というからどんなすごい試合になるのかと思いきや、なーんだこんなもんか…と拍子抜けしたのだ。
まぁテレビと生では感じるものが全然違うのだけれど。

甲府への入団が決まっている柏の7番君は、確かに甲府が好きそうな子だなぁと思ったけど、あれだったらウチのヒロくんの方が…ひいき目ではあるが…もっと変態で面白いぞ…うん。がんばれ〜。

戦力的にも戦術的にも、コンサユースとそれほど差を感じないのに、実際には差が生じている。これはず〜〜〜〜っと感じていることなんだけど、育成部も当然気がついてるんだろうけど、なかなか縮まらないね…。


それからバルセロナのサッカーレッスンを。
レッスンもの見るの好きで、ピアノのスーパーレッスンは欠かさず見るし、バレエのも見たりするw 今回もまぁ自分じゃやらないけど、観戦のヒントになることがたくさんで、面白かった。しかし生徒役のお子様もカナーリ巧い上に吸収も早くて素晴らしかった。バルセロナの下部組織だから当たり前か。でもお子様たちの家はみんなお金持ちっぽかったのが意外というより、やっぱし本場でもそんなもんなのかと思ったり。


あとはお猫様にお食事を供して(というか、最近全然食べないので、強制給餌を復活させているorz)、鳥のから揚げを質素に食べて、そろそろ寝るかというところ。あっ、その前にここ2,3日、夜にトイレに起きた猫がトイレまで間に合わずにもらしてしまうらしいので、床に新聞紙を敷き詰めるように母から命令が下っていたのであった(−−;
ウチの猫、大丈夫なんかなぁ。
posted by ぶらんか at 22:24 | Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月23日

真駒内 南こう園

1223nankouen.jpgThis IS my soul food!

真駒内本町のオリンピアビルにある南こう園。(こうは交へんに邑)
子供の頃、真駒内曙団地に住んでて、父がたまに飲み会かなんかで遅く帰るときはいつもここのラーメンが晩ご飯だった。外で食べるラーメンといえばここか、母の実家近くにあるすすきのの「寶龍」。寶龍の方はじっさまが「あんな観光客向けのとこ!」と言い始めたので、いつしか行かなくなってしまったwので、南こう園のラーメンの味が私にとっては札幌ラーメンを代表するもので、他のラーメン屋に行っても、南こう園に比べてうまいとかまずいとか判断してしまう。

12年間の愛知県暮らしのあと、札幌に帰ってきて真っ先に行ったのも南こう園。あまりの懐かしさ、味の変わらなさに涙もちょちょ切れたっていやマジで。
それからちょくちょく通っているけれど、やはり時代の流れか、昔はスープに大きな油の輪っかが浮いていたけど、いつの間にかそれもなくなってあっさりしてると思う。炒めたもやしときくらげのトッピングがポイントw
奇を衒わない、昔ながらのラーメンである。

そして今時ラーメン1杯450円( ´Д⊂ヽ4つ頼んだら1杯350円!(これでも値上げした方で、帰ったばかりのころは350円くらいだったような気がする…)原油高騰で何でもかんでも値上がりしてるのに、こんな安くてやっていけるのかなと心配になってくる。

それからおばさんの焼くギョーザがまた美味いのだ。
うっ、今日も頼めば良かったなぁ。


※調べたらけっこうクチコミがあった
「ラーメンデータベース」
http://www.ramen.ne.jp/db/view.php?MiseCode=316801

「ラーマニ」にもw
ここ
posted by ぶらんか at 16:37 | Comment(0) | さっぽろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月17日

納得いかないこと

の前に、今朝あったバカみたいな出来事。

ちょっと前から「部屋の保温には床までとどくカーテンがよい」というので、だいぶ前に買ってあった長い遮光カーテンにつけかえたのだが、朝になっても暗いままで、目覚めがよろしくない。今日も早速寝坊しちゃった。顔を洗うのに水がお湯になるまで待ってられなかったので、冷たい水のまま洗顔していたら、

カキ氷を急いで食べたときのように、鼻の頭がツーーンとした!!!

札幌に生まれ育ってン十年、こんな経験は初めて。
ああ、もう冬は嫌じゃ…orz


さて。

Jリーグアウォーズは正直鹿島がかわいそうw
優秀新人賞のメンツも最初から「こりゃないだろ」な2人だったけど(小宮山っちゅー人はよく知らない)、新人王に選ばれた菅野サンが「こんな老け顔の人でも新人王に選ばれるということで…」と言ってたのに笑ってしまった。J2でキャリアを積んで、すでに中堅という風格を備えた2人に、J11年目(っていうか新居は、新居は…ムキー!!)ってだけで新人といってしまうのは、はっきり本人たちに失礼だと思う。

裏返せばそれだけJ1の本当の意味でのルーキーたちがだらしなかったってことか。
ふん。


で、納得いかないこと。
スカパーではオフシーズンも契約切られないように再放送のオンパレードなわけだが、

★2007 J.LEAGUEオフ企画★ クラブが選ぶ!07Jリーグ ベストゲーム

<コンサドーレ札幌>
第15節 C大阪 vs 札幌
【解説】長谷川治久【実況】高野勝正【リポーター】森田純史
12/17(月)22:00 Ch.182

なぜこの試合なのか納得いかん。
これは長居第2の試合でしょ?西嶋のクロスが元気の後頭部に当たってポッカリ入っちゃって1-0で勝ったやつ。

なんでこれがベストゲームなの?

勝つには勝ったけど、前半はセレッソの若手に苦しめられ、カナーリひどかった記憶がある。これがベストゲームってありえない。昇格特番かなんかで監督が言ってたベストゲームは、8月にドームでやったセレッソ戦(3-0で勝利)だから、そっちと間違えたのではないかと思う。

私がベストだと思うのは8月のアウェイ京都戦だけど。
セットプレーで先制し、前半終了間際にPKで追いつかれ、後半は逆転を許したけど、交代が功を奏し逆転勝ちを修めたあの試合。死にそうなくらい暑い中にも関わらず、90分に渡って狙い通りの試合運びができていたし、個人の力も光ってたし。まぁこの試合で全力を出し切ってしまったのか、これ以降は転落の一途だったんだけどw 

ハッΣ(゚д゚lll)だからベストなのか!?

納得いかないから、こんな試合ミネーヨヽ(`Д´)ノ
と、思ったらあと5分で始まるのか…。これからネットチェックしなきゃならんし、11時からは「アグリーベティ」を見るので、やっぱりミネーヨw
(620試合アンコールからいくつか試合をみたけど、時間がもったいなくてやっぱ全ゴールハイライトを見るだけでいいやと思う今日この頃…)
posted by ぶらんか at 22:02 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月15日

除雪第一回

灯油高騰の折、今年は雪が少なくて助かるね〜なんていってるそばから降ってきて、今はもういつもの冬景色orz
(うちの融雪槻は灯油で動く→もったいないので使ってない)

母が年を取って、椎間板なんとかになってしまい、肩が痛い足が痛いと言っててさすがに無理がきかなくなってきたので、今年から除雪は私が主体的にやらねばならんか…と頭では思っているが、深夜やってくる除雪車の音に起き出して階下でバタバタしてる気配は察しても、なかなか体が動かない。

で、無理矢理起きて3時過ぎ。
すでに母も、お向かいさんもお隣さんも出てきて、除雪車が道路脇に雪の塊を置いていかないように見張っていたw
うちの近所はきれいに除雪しないと気がすまない人ばっかりで、冬であろうともいつもと変わらぬ道路の幅を維持している。私は共産党政権下の農民よろしく、課された以上の仕事なんかやりたくない性格なので、体が痛いとか雪捨て場がないとかいってんのに、やらないでいい場所まで除雪してアホかと内心思っているのだが、おばさんたちにはこの合理性が全然通用しない(^^;

心の中でぶつくさ言いながらシャコシャコ雪を掻いていると、除雪車が止まってて、近くに人が…。あとで母に「何やってたの?」と聞くと、除雪車を運転してるおじさんに差し入れをしたという。ペットボトルのお茶と、ちょうど街の方で酒屋を営んでいるご近所さんが帰ってきて、ビールやら来年のカレンダーやらも差し入れした…ってそれワイロ!?w

雑な人だと、容赦なくでかい雪の塊を人ん家の前に放置して、「これのどこが除雪じゃゴラ!(と土木センターに苦情の電話)」みたいな仕事をしていく人もいるので、昨日がシーズン最初の除雪だったし「今年もよろしくね」と挨拶代わりの意味で…。いくら報酬はもらっているとはいえ、夜中のキツく、苦情を言われることは多くても感謝されることは少ない仕事。お茶くらいで気持ちよくやってくれるかどうかは知らないが、まぁ…お互い円滑に除雪作業をするためのちょっとした交際費ですよ。
ゴルフ接待やらに比べたら…ペットボトル100円よ〜♪

ところで酒屋のおじさんは私たち近所の人間にもカレンダーと、「甘酒でも作って」と酒かすを配ってくれた。わ〜い!
甘酒もいいけど、粕汁を作って食べよう。

…と、心だけは粕汁食べた気になって暖かくなって家に入り、すぐ布団にもぐりこんだけど…おなかのあたりが冷え冷えでなかなか寝付かれなかった…そして2日たった今もカイロ貼ってる。やっぱ除雪は嫌じゃ〜〜!
posted by ぶらんか at 22:08 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月09日

冬の園芸

11月30日に秋植え球根をもらっても困るばかりなのだが…
数種類の球根をもらってもらって400個。

地面を見たら、うちの庭の土はもう凍ってボコボコしてる。これじゃあおすそ分けしても迷惑なだけだろうと思ったが、案外快く引き受けてくれる人が多くて助かりました…。

翌日は暖かく、土を掘り起こすなら今しかない!という天気だったが、そんなことしてるヒマはとにかくない日だったので、諦めた。
そしたら、その後はもうチャンスはなかったorz 
なんで真冬日ばっかり続くんじゃ!幸い雪は少なくて、今もせいぜい2,3センチという程度だけど。

1208akiue.jpg結局植えるのを諦めて、寒いところに置いて春に植えることにしたが、耐寒性があまりないというフリージアはとりあえず植えてみた。2月か3月ごろに咲いてくれるとうれしいな。
この青い陶器の鉢に、黄色い花が無数に咲くときれいだろうなぁ。

ところが植えてしまってから、ふと園芸書を開いたら、「フリージアは草丈が伸びてつぼみがついたら、その重みで倒れてしまうことがあるので、植木鉢に半分くらいの土量で植え、成長に従って土を足して倒れないようにする」って書いてあるし。

早く言ってくれよ…('A`)

でも正直、冬になったらあんまし土をいじりたくないのねん。
倒れそうになったら支柱を立てるとか紐で縛るとかで工夫することにする。


さて、灯油ケチケチ作戦で室内温度が18℃を上回らない我が家。始めたばかりのころは18℃だと寒くて手が冷たくなってしんどかったけど、今は平気でピアノが弾けるあたり、やっぱり暑さ寒さなんていうものは相対的なもんなんだなぁ〜と思う。室温が低いと湿度は高めで、60%くらい。これはピアノのためにはいい湿度。いつもならどんどん下がる湿度をなんとか上げようと、洗濯物をかけたりしなければならなかったっけ。

でも室温18℃下でアイスクリーム食べると、さすがに凍えちゃうのが難点で。。夏は氷だが、冬こそアイスクリームがおいしい季節なのにさぁ〜。(道民癖が抜け切らない)
posted by ぶらんか at 14:26 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月04日

新たな病気

猫がオシッコのポーズをするも尿が出ないし、ずっとそわそわと落ち着かないというので、心配になって急遽病院に行って来た。

「触診ではそんなに膀胱にたまってないようですよ」
「え〜?じゃ、なんでトイレに行くんだ??」
なんて言ってる間に診察台にジョーー…

すわ、尿検査!!

膀胱炎だった…orz
そういえばなんとなくおしっこの量が少ないかなと思ってたんだ。
寒くて動かないし、暖房で空気が乾燥すると呼吸してても水分減っていくし、腎機能が低下してるし、、で尿の濃度が高くなって細菌感染しちゃったかなということだった。うーむ。

対処法は人間と同じで、抗生物質を飲んで、体を冷やさないようにして、水分をよくとることだから、薬をを飲ませていつもの皮下点滴を増やせば治るだろうけど、それにしても一度病気になると、次から次へと問題が起こるものなのね〜(−−)
お金がかかって仕方ないっす。

でも、「もう腎臓が機能してません!」なんて、もっと悪い予想をして行ったので、膀胱炎で済んで良かった。。
posted by ぶらんか at 22:48 | Comment(0) | ねこ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月03日

記憶に残るゴール

健作が引退するそうだ。

http://www.vortis.jp/news/detail.php?pressid=752
徳島 大森 健作選手引退のお知らせ

実は何日か前に、とあるワードで検索してたところ、懐かしい「健作研究室」が引っかかって、8月ごろまた手術をしたこと、リハビリ中だったこと、そして戦力外を言い渡されたことを全部読んでしまったのだった。リハビリしながら新しいチームを探すのは難しいことだろうし、「これがタイミングかな…」というのにずしーんときた。

健作が記録したゴールはただ一つ。
2000年7月29日の浦和戦@厚別の決勝点。前回昇格したこの年はエメルソンというすっ飛びぬけたFWがいて、たいそう得点を量産して昇格に導いてくれたけれど、この年最も記憶に残る点の1つがDFの健作の決めたゴールであり、その直前のやはり守備的な役割を担っていた田渕の1点だった。
そうか、10年あまりのプロ生活でこの1点だけだったのか…なんと感慨深い。

世の中には健作の倍以上も試合に出たり、何百と点を決める選手はたくさんいるけど、人の心にいつまでも残る1点を決められた人はそうたくさんはいないよね。
この1点、いつまでも忘れないよ。お疲れ様でした。

まずはどっかユースの指導者になってくれると、また長いつきあいができそうなのだが…w
どう?


現在に戻ると…
コンサドーレを応援することにあまりにも慣れすぎてしまったためか、年のせいでニューロンだかシナプスだかの接続が危うくなってるせいか、目を閉じれば蘇るほどのゴールは…今年のことなのに!Σ(゚д゚lll)

熱狂したといえば西きゅんの愛媛戦のゴールと、アウェイ京都戦のケンゴールかな。それにしたって何月何日の試合ってそらで出てこないよ、やばいよやばいよ…orz
いや、そこまで出てくるのはヲタクの域じゃんよ、きっとそうだ。そうに決まってる…。

まぁ来年はJ1なんだから、目を疑うようなミラクルなシュートを決められるようになってくれ。ミラクルな失点は勘弁。
posted by ぶらんか at 21:51 | Comment(2) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。