2006年08月31日

8月の読書

今月読んだ作品リスト。
暑かったので活字を追う気になれず、マンガが多かったw

・大佛次郎「帰郷」
・石坂洋次郎「青い山脈」

ウチの本棚にある文学全集をあてずっぽうで引っ張り出したらこの2人の本だった。
どちらも第二次世界大戦直後の日本が舞台で、その頃の人々の気分が良く分かる作品だった。

最近は「自虐史観からの脱却」とか、主に2ちゃんねらーだけどw、歴史観の見直しが盛んになってきた。60年たって科学的に検証すべきときが来ているんだなぁと思う。そんなとき、なぜ前の時代の人が、戦争前の日本を全否定するような形で捨て去り、新しい時代を切り開いていこうと思ったのか、不思議に思ったらこの小説を読むとなんとなく分かってくる。

それにしても「純情キラリ」の戦時中の時代考証おかしすぎ。
若いスタッフだけで作ってるんだろか?勉強不足にもほどがある。
空襲と大地震と一緒にすんなよー('A`)


・二ノ宮知子「のだめカンタービレ」

だいぶ前から友達に読め読めと薦められていたのを、やっと読むことができた(゚∀゚)
音大モノで、音を絵で表すという…それを今度はドラマ化するという…
怖いもの見たさで見るつもりw

音大時代はいいものを持っているのに、欲がなくてどこか宙ぶらりんだった主人公のだめ、フランス留学を契機に音楽的・人間的に成長を見せているので、つづきが楽しみではある。音大時代の方が楽しいキャラクターがたくさん出てて、コメディとしては楽しいけれど、クラヲタとしてはフランスに行ってからの方が読んでいて充実感があるw

で、作品中に扱われた音楽が聞きたくなって、押入れからダンボールに放り込んだままのCDを引っ張り出してはガシャシャと探して聞く日々。

・村山文夫「スーパーさぶっ!!劇場」

サカダイはいつもこの4コママンガだけ本屋で立ち読み。ついに単行本になり、今までに3冊+ジーコジャパン激闘編の4冊が出てるらしい。今回はどんなもんだべ…ととりあえず1巻だけ買ってみた。だいたい00年〜02年日韓大会直前くらいまでかな。トルシエとか懐かしい顔がたくさん。あーこういうことあったなぁと思い出してくる。

代表モノがほとんどだけど、コンサドーレを扱ったのが3本あって…全部柱谷がらみ…全然笑えなかった。笑うどころか、ギャグマンガなのにむかつきさえもした。
苦しい思い出も時間が解決してくれるなんて、ウソだ!!!ガーーーーッ

蛇足:「スーパーさぶっ!!劇場」読んだら、なんか「8ビートギャグ」が懐かしく、たまらなく読みたくなってきてしまった。なぜ捨てちゃったんだろ…orz

※とりあえずサイトはあるらしい。
http://www7a.biglobe.ne.jp/~rock8beat/
posted by ぶらんか at 21:35 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

クラシックの流行モノ

芸スポ+をうろうろしていたらば…

「冥王星」収録のクラシックアルバムが大ブレイク オリコン初登場59位にランクイン

以下デイリースポーツより
「冥王星」アルバムが大ブレーク
 国際天文学連合(IAU)の定義変更で惑星から外された「冥王星」という曲名入りクラシックアルバム「惑星(冥王星付き)」が、大きくセールスを伸ばしていることが28日、分かった。

 同アルバムが発売されたのは23日。だが、翌24日のよもやの“降格”が、売り上げに火をつけた。発売する東芝EMIでは28日に1万枚の在庫が切れ、さらに1万枚のオーダーが殺到。生産が追いつかない状況という。オリコンデイリーアルバムチャートでは、26日付で26位。また、ネット通販大手「amazon」では同日に音楽チャート1位を獲得する大ブレークとなった。

 「惑星」は英の作曲家、ホルストの作品。7つの星の名前の楽章で作られた。00年に英の作曲家、コリン・マシューズが「冥王星」を作曲し、追加。今回、世界最高峰のオーストリア「ベルリン・フィル」が演奏し、音楽監督サイモン・ラトルが現代の惑星数に合わせて録音した、はずだった。もともとの「惑星」には冥王星はなく、事実上、この作品が最後の“冥王星付き”となる可能性が高いという。


まーた便乗商法か…
と、ちょっとまて。下の方。

世界最高峰のオーストリア「ベルリン・フィル」が演奏し

えーと、もしもし?
それはもしや「オーケストラ」のことですか?
スポーツ新聞のゴシップ担当記者が無理にこういう記事を書くから…
笑いをかみ殺すのにえらい苦労したじゃないか!
ベルリン・フィルを「」で囲んでるあたりで、「もう無理すんな…」とつぶやいてしまった。ははは。

ちなみにオリコンの該当記事はこちら
http://www.oricon.co.jp/news/music/32678/

本作は、今やクラシック人気No.1楽曲である「惑星」をベルリン・フィルが久々に録音するというだけでも、2006年音楽界の大ニュースとなっていたが、今回の「惑星」騒動でさらに注目を集めることになった。

「惑星」がクラシック人気No1だってぇ?はぁ??(゚听)
売上No1くらいにしとけー
(じゃあどれが人気No1なのかという問いには回答不能)

と、いいながら試しにアマゾンのクラシックベストセラーを覗いてみる。
1時間ごとに更新されるそうだけど、私が開いたときはこんな感じ。

1. ホルスト:惑星(冥王星付き) 〜 ラトル(サイモン)

2. ショパン・リサイタル ユンディ・リ/デビュー 〜 ユンディ・リ

3. 限りなき世界(初回限定盤)(DVD付) 〜 パトリツィオ・ブアンネ

4. 100曲モーツァルト =10枚10時間3000円= オムニバス(クラシック)

5. ポートレイト 〜 ユンディ・リ

6. ラ・カンパネラ~ユンディ・リ/リスト・リサイタル 〜 ユンディ・リ

7. ショパン:スケルツォ第1-4番 〜 ユンディ・リ

8. 交響詩 希望 Symphonic Poem‘"Hope"(DVD付) ~ 葉加瀬太郎

9. ホルスト:惑星 〜 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

10. ベスト・クラシック100 〜 オムニバス(クラシック)


ユンディくん売れすぎ!

クラシック界も話題性と顔だよな…結局。
(ユンディ君の演奏は決して嫌いじゃないけどな)

しかし…誰が買ってるのか知らないけど、4位のアルバム。たくさん入ってその値段はお得感ありまくりだけど、ただひたすらモーツァルト…飽きるぞ。死ぬぞ。しまいに嫌いになるぞw
そしてどれを聴いてもたぶん、同じだ。(暴言
posted by ぶらんか at 21:02 | Comment(0) | 音楽? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月19日

オクラを育てよう 最終回

前回のお話
http://todoconblog.seesaa.net/article/22327677.html

おとといの夜(てか昨日の午前2時半ごろ)、すごい雨の音で目が覚めた。
寝ぼけた頭で「雨であのオクラがもげたら大変!!」と思い起こし、飛び起きて外に出て救出した。
しっかりと覚醒した頭で考えれば、もげるわけないよ…('A`)

まぁそんなこともあり、大事にしたおかげで晴れて収穫の日を迎えることが出来た。

0819okra.jpg
長さ約10センチ(ほぼ原寸大)
はさみでパッチン。

わーい取れた〜ヽ( ´∀`)ノ

いやーん、おヒゲがチクチクするぅー
スーパーのはあんまり鮮度がないんだな…と分かってしまった。

しかし、たった1本、どうやって食べるかなぁw

0819okra2.jpg
あと1週間くらいすれば、数本単位で収穫できそうではある。


=総括=
北海道でのオクラ栽培は…温度管理に工夫が必要。
16℃以下では生育しないようだ。畑に地植えした苗は大きくならずに消えてしまった。てことで、プランター植えで暖かいところに移動できるようにして正解だった。気温が上がらないときは「やっぱ栽培は無理か」と諦めかけたけど、8月になって猛暑が続いたときはオクラ1人元気だったのが笑えた。(^^;
posted by ぶらんか at 10:44 | Comment(0) | シリーズもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

代表2戦目

達彦坊ちゃんを早く復員させてくれ…毎日ツマラン_| ̄|○

昨日の代表戦。
アジアカップ最終予選
日本 2-0(0-0) イエメン
得点者:阿部、佐藤(寿)


今年の2月からリーグが始まってたのを忘れてた、ってか知らなかったような気がする。前監督時代のメンバーがそのまま登録されてるので、オシムになって呼ばれた選手はみんな「追加登録」という形になり、背番号が30番台とか40、50番台まで…!!道都大学かよw

まぁそれはそうと、当日の道新朝刊には「山瀬が軸」とデカデカと書いてあったので、またスタメンなんだろなと思ってたのだが…スタメンどころか出場もしませんでしたが、何か?
まったく道民は道民が好きだから。 ( ´,_ゝ`)

NHKで見たのだが、ゲスト解説がハラヒロミはいいとして、山本"人間力"昌邦が出てたのがイラついて…。このオヤジ大嫌いだ。ちょっとアテネ五輪の監督だったからって、あれだけダメチームに貶めたくせに、アテネ組を「達也が〜啓太は〜」ってオマエのものじゃねーよ!!うるさい!!

といちいち口答えしてたので、試合のことはほとんど覚えていない…
バカですぅ〜

まぁ、昨日のような引いたチームが相手なら、道民新聞じゃないが、山瀬のようにドリブルができて且つゴール前に飛び込んでいける選手がいたほうがいいじゃないかな、とセルジオ風に思ってたが、それは後半になって羽生を投入したことでよくなった。それにしてもこの人、目がでかい。ギョロ目。

まだ2試合目、オシムがやりたいサッカーを分かってる選手はほぼジェフ組だけで、まだ頭の中がごっちゃな選手がいる中、セットプレーで2点もぎとって勝って、まぁ良かったな。でも、ゴール前でボールをゴールに流し込むことに対しては、オシム戦術も何も、こまごま考えることないだらぁ?ちゃんと決めりんよ、巻ぃーー

総じて昨日の感想。
ジェフユースサポが羨ましい。
posted by ぶらんか at 09:44 | Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

テレビは放送時間を守れ〜

しかし…首相が神社にお参りにいくことの何がそんなにニュースなのか、マスコミ各社に聞きたいね。朝の連ドラ延期してまで実況することか、バカ!!(「純情キラリ」は再放送があるけど「君の名は」は一回ぽっきりなんだぞ、春樹さーん!)
日本のマスコミがやたらめったら騒ぐから、中韓も便乗するんじゃないの。

小泉も「心の問題」っていうなら選挙公約に掲げるな。
んなもん実現したからって景気回復するか?
政治問題化してるのはどっちなのかと。

あーもぉ、みんな大っ嫌い!!


イラついておりますw
NHKスーパーピアノレッスン―ロマン派を弾く
こないだもテポドン騒ぎで「純情キラリ」中止になったし(95年の大震災以来のことらしい)、先週の「スーパーピアノレッスン」も高校野球で延期になり、今日の放送も限りなく怪しい。今回の「ロマン派を弾く」のダルベルト先生は60年代のクラシックレコードのジャケットで見たような、そんなレトロなナイスミドルで、放送楽しみにしてるのだ。(ちなみに前回のベロフはトルシエを理知的にしたよーな御仁だったw)

仕方ないから予習がてら、テキストの譜読みをしているわけだが…

シューベルトはやはりくどい。だだ長い。
好きになれん。
歌曲やアンプロンプチュは好きだけど、ピアノソナタのくどさ…ギトギトじゃん!これじゃあ女にもてなかろ。31歳で死んじゃって、もう少し長生きしてたらすっきりといい曲作れるようになったかもしれないのに惜しかったね。と、言いたい放題ながらそれでも努力して読んだけど、1楽章の展開部を前に挫折したorz メロディはなかなかきれいなんだけど、つなぎがねぇ…ディフェンスラインや中盤で延々とボール回しするけど、全然シュートまでいけないサッカー見てるみたいだよ。

それが終わったらリストにシューマン…('A`)

一応、今までの先入観を取り払おうと思って、嫌いだと思ってきたものを好きになれるんならその方がいいと思って、がんばっては見るのだが、すでにして挫折の一歩手前である。先生がナイスミドルなのが救い…
posted by ぶらんか at 10:51 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月14日

オクラを育てよう その6

前回のお話
http://todoconblog.seesaa.net/article/22232783.html

その5で撮った花は1日でしぼんでぽろりと落ち、
0814okra.jpg

実になった。
現在長さ2.5センチ。

また、花は毎日2つ3つと咲いていて、スーパーで売られてるパック1つ分くらいは収穫できるかな、と取らぬ皮のなんとやら。

しかし1パックくらいしかならないなら、あんまし元が取れないなぁ。
肥料とか元手がようけかかっとるでねえ(ケチな名古屋人口調)
来年はもっとたくさん種まきしてみようかな?

でも毎日観察するのも楽しいな。
posted by ぶらんか at 11:43 | Comment(0) | シリーズもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

オクラを育てよう その5

前回のお話
http://todoconblog.seesaa.net/article/21953825.html

一輪、花が咲いた。
0811okra.jpg
葉の下にひっそりと咲くから中心に光が当たらない(´・ω・`)

色は種が入ってた袋の写真よりはクリーム色に近く、中心は紫色で、想像してたより美しい花だった。アオイの仲間だけど、ムクゲの花にも似ている。

夜になったらしぼんでしまった。
1日花かな。

説明書には花後4〜5日の若い実を収穫とある。
あと1週間で収穫できるか???ワクワク

って1本だけかい。
posted by ぶらんか at 21:19 | Comment(0) | シリーズもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月09日

オシム初采配

ついでに忘れない内に残しておくか…

日本 2-0 トリニダード・トバゴ
得点者:三都主2

すんごい久しぶりに、素直に日本を応援できたwww
この4年間、その戦いぶりが全然好きになれなくて、相手チームが点を取ると喜んでたから…すごい鬱屈したものから解放されて、ほんと助かった。

しかし、チームとしてやって当たり前のことを、当たり前にやっている日本代表をことさら「いいですねぇ〜」と絶賛するのは、ほんとどうかと。彼らはプロだぜよ。

とセルジオちっくに言ってみる。

それほど今日の試合に特別な感慨はなかった。
てかちょいと個々のレベル差はあれ、結構見慣れたものなよう・・・な?
えっ…

うーん。


勝ったとはいえ、選手はこれが競争の第一歩というだけあって、気合入りまくりで、前半飛ばしすぎて、35分すぎからはぐだぐだになってしまった。まぁ親善試合なら、ペース配分など考えず、ガンガン行ってもらって結構。

また選手のほとんどがユース年代から一緒にやってきた面々で、さらにマリノスとレッズのチームメイトで占められていて、連係の多くはその積み重ねに負うところが多く、ぽっと出の(失礼w我那覇なんかはかなり浮いた存在に見えたけれど、これからまたさらに多くのチームの選手が入り混じって、新たにチームが組み立てられていく様を追うのは楽しみ。その広がりはジーコ時代と比較にならん。
すんごい楽しみ。


posted by ぶらんか at 22:59 | Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あづい

札幌では7日連続の真夏日だそうだ。99年以来7年ぶり。
明日も30℃以上の予報で、8日連続となると21年ぶりなんだと。

もういい加減にしてくれ…

老猫が心配で…家にいると猫の姿ばかりチェックしてしまう。
食欲がなくなったらアウトだなと思うので、こっちも必死である。

そういえばニュースで動物園のサル山で、氷を置いて涼ませていたな…と思いつけば氷をひとかけ舐めさせたり。足の裏と舌でしか体温調節できないというのだから、氷を舐めた後は人心地?つくようで、ポリポリとエサを食べたりもする。

ならば…
今度は缶詰のフードを冷蔵庫で冷やしてやってみたら、喜んで食べた(゚∀゚)
いつもなら、「こんな冷たいもの、食えるか!」とそっぽを向くのに。(←というか冷たいとにおいがしないらしい)

それでも食べる量が減ってるんだよなぁ…うーむ。


ところで何がいいのやら、最近の猫のお気に入りの場所
0809neko2.jpg

扇風機を枕にするのがマイブーム。
(それにしても古い扇風機だしょ…たぶん征也と同い年ww)

別アングル
0809neko.jpg

ねーちゃん、真下にいたって涼しくなかろ?

と思うのだが…
直接風にぴゅーぴゅー吹かれるのはいやなようで、家具や壁に当たってはねかえってきた風で涼んでいる?らしい。

まだまだ暑い日は続く予報、ちゃんと夏を越せるかしらん…。
posted by ぶらんか at 22:24 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

昨日の功名が辻

ドリコムRSSが5日くらいからぶっこわれていたらしく、JBAもトドコンのブログリストも表示されないまま。昨日復旧したらしいけど、案の定、エントリを上げても吸い上げてもらえない。

自分のブログはいいんだけど、他所様のブログが読めないのはツマランのぅ…

今は徐々に戻っているみたいで一安心。
だけどブラウザの「お気に入り」をこのところあまり使わないでいたけど、それも危険だなと思った。

まぁあんな試合の後だからどうしても読みたいわけじゃないけどさ。


昨日の試合はいつもより1時間キックオフが早かったおかげで、「功名が辻」を見逃さずに済んで良かった。昨日は山内家の一粒種、かわいいヨネちゃんが大地震で死んでしまうという悲劇的なエピソードが中心だった。

原作を知らずに見てるので、まさかここで死んでしまうとは思わなかった。
遺体のそばで呆然と子守唄を歌う千代のシーンからは涙も鼻水もダーダー…の予定だったのだが、仲間由紀恵の泣きの演技があまりに稚拙で、「うわ〜〜〜ん」ってなんだよ('A`) 涙がまぶたのあたりでせき止められてしまい、ただ唖然。

声を上げて泣くのはいい。
けど、いつかの一豊の浮気が発覚したときと、同じ泣き方ってどうよ??
大事な大事な一人娘が死んだんだぞ!


ちょっと最近また「ガラスの仮面」を一気読みしてたので、こんな感想w
姉狼を失ったときと、スチュワートが死にそうなときの鳴き方は違うのです!
(月影先生風)
posted by ぶらんか at 12:18 | Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

初選出

昨日、ゴロゴロしながらマリノスとセルティックの親善試合を見てたっけ、やっぱマリノスは隅々までいい選手揃えてんなぁ〜と感じ入った。マジメで誰もサボらないし…ただ、そのマジメなのが徒になってて、あの順位になってんのかもなぁ、などとナマイキにも思ったりして。

そんな翌日、ママンが山瀬山瀬言ってるから…
何っ、追加招集かよ!!

えーと、最初に呼ばれた13人が

GK 川口 能活/ジュビロ磐田
GK 山岸 範宏/浦和レッズ
DF 三都主アレサンドロ/浦和レッズ
DF 坪井 慶介/浦和レッズ
DF 田中 隼磨/横浜F・マリノス
DF 田中 マルクス闘莉王/浦和レッズ
DF 駒野 友一/サンフレッチェ広島
MF 今野 泰幸/FC東京
MF 長谷部 誠/浦和レッズ
MF 小林 大悟/大宮アルディージャ
FW 我那覇 和樹/川崎フロンターレ
FW 佐藤 寿人/サンフレッチェ広島
FW 田中 達也/浦和レッズ

で、昨日さらに
DF 栗原 勇蔵/横浜F・マリノス
MF 中村 直志/名古屋グランパスエイト
MF 鈴木 啓太/浦和レッズ
MF 山瀬 功治/横浜F・マリノス
FW 坂田 大輔/横浜F・マリノス

計18人に。けど今ちゃんが怪我、アレックスが病気でダメっぽくて16人。
こんのぉ〜〜〜〜あんたって子はどうしていつもそうなの!!!!
普段は何しても壊れなさそうな頑丈な体してるくせに…orz

それはともかく。
親善試合でええ選手だのう…と思ってた3人が追加となって、私も見る目があるなぁとちょっと得意になってしまう。(でも実は上野に対して一番萌えていたのだけど)
そして名古屋の中村っていうのもかなりうれしい。あのチームで一番目を引く選手だし、顔も濃い目で…

しかし、道新には、誰が書いた記事か知らないけど、「別に海外遠征の予定もないチームの選手なのに、追加招集のゴタゴタって何だコノヤロウ(超要約)」と批判めいたことが書かれていた。

どうしてこんなどうでもいいことに批判の矛先を向けるかね?
何度も同じチームのクラブハウスに足を運んで取材するのが面倒だからとかいうつもりだろうか?批判するなら、こんなとんでもない時期に代表戦を組んだ協会だろうに。ずれてるなぁ。
「自由」をはきちがえた記事もよく見かけるし…選手の技術は日々向上してるけど、それを伝えるマスコミの技量(テレビ中継含む)の向上が遅々として進まないのが、日本サッカーの発展を遅らせてるとこもあると思うのだ。いやマジで。

あとtotoやってる文部科学省の出先機関はとっとと死んでしまえ。
くじが売れないからってJリーグ批判かよ!アホか!!天にツバしてどうするよ。


あーマスコミ批判をしたかったわけじゃなくて…

2度の大怪我に腰痛で手術だなんて、25歳でもう終わりかと思ってたけど、今もまだ完全復活にはもう少しという感じで、選ばれるのは早過ぎないかと心配にもなるけど、良かったなぁ…としみじみ。4年の月日がいろいろ洗い流してくれたことに感謝。
posted by ぶらんか at 09:51 | Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月05日

オクラを育てよう その4

前回のお話
http://todoconblog.seesaa.net/article/21652701.html

0805okra2.jpg
オルトラン散布から1週間、虫はすっかりいなくなった。
札幌にしては暑い1週間を外で過ごして、草丈は…あんまし変わってない。
うーむ…肥料足りないかなぁ。それとも夜の気温低下か…?

ちょ、この写真、窓の向こうに猫が写ってるww

やはり気を使う日々ではあるが、2,3日前からなんとなく気がついていた
0805okra.jpg
つぼみ。( ´∀`)

植物は植物で、「こりゃ早く花を咲かせて実をつけないと、冬になってまうわ(←なぜか岐阜弁)」と思ったのかもしれない。

収穫できるか??オクラ!!
posted by ぶらんか at 11:43 | Comment(0) | シリーズもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする