2006年02月26日

改めて女子フィギュア

まぁ、何か会話する前にさっとこういう雑談はするよね。

日刊スポーツより
千葉オシム監督が、トリノ五輪フィギュアスケート女子の荒川の優勝劇に、混戦のJリーグを重ね合わせた。
「ミスなく素晴らしい演技だったね。曲はトゥーランドットだったかな。上の2人はまさかの失敗だった」と振り返った。さらには「実は銅メダル予想だったんだけどね。スポーツとはつくづく何が起こるかわからないもの」とうなずいた。Jリーグについても「前評判が悪いところが得てして上にくる」と予言。チームに即戦力の補強はなかったが、混戦を制しての初優勝を静かに狙う。

けど、ちゃんとチェックしていたオシム様すごいww
銅メダル予想って、予想もしてたのか〜!
実に懐の深い人だ。

まぁ私もがんばっても銅だろな…と思ってた。
私の基準は相変わらず伊藤みどりちゃんだけど、ジャンプで彼女を超えた選手はまだいないが、日本人も欧米風の油っこい表情ができるようになってきたし、なんせみんなスタイルがよくなった。でも、それでも、スルツカヤには勝てないだろうと思ってた。だから彼女が転倒したときには

え゛〜〜〜〜っ!!!!ちょ、ちょっと待てや〜〜!!!!

と朝っぱらから絶叫したくらいにして。
これで勝てる!と喜んだのではない。決して。本当に純粋に驚いた。(コーエンのときは喜んだけどww)まさか我ら日本人がフィギュアで金メダルなんか取れっこないって頭から信じてたから。
時代は変わったものだ…

今日の「NHKスペシャル」を見て、高得点をたたき出すために、実に緻密に計算されたプログラムを演じていた事を知る。大舞台でノーミスで滑りきった精神力は立派だけど、そのためにしてきた念入りな準備があって、その準備に自信があったからこそのノーミスであり、滑走順や上の2人がずっこけた運はあくまでも二次的な要因でしかない。

綿密な作戦とそれに沿った完璧な遂行ですな。うむうむ。

イナバウアーはポイントにはならないけれど、観客の歓声が一番だったのはあのシーンだったし、荒川という選手の優雅な個性を際立たせるにはまた欠かせない演出だったと思う。あとなんでもないスケーティングが流れるようで、本当にきれい。

さて、彼女と対極にあるのが安藤美姫。
03年の日記に、すごい楽しみな選手だなと書いた覚えがあるけれど、たった3年後にこんなことになってしまうとは、とても残念。征也と同い年の彼女に、あまり厳しいことは言いたくないと昨年末の選考会のときから黙ってきたけれど、一体周りの大人たちは彼女に何をさせてきたのかと。

世界最高峰の大会で、調整不足って…恥でしょ。考えられない。
最後の選考会に照準を合わせ上位に立ちながら、過去のポイント差で選ばれなかった選手が気の毒でならない。そもそも全日本のときから準備不足と解説の佐藤有香さんに言われたくらいにして…('A`) 当時から怪我をしていたというし、「選ばない親心」もあるはず。18歳の選手の将来より、今現在のスポンサー料ですか。

試合後、批判の矢面に立たされるのは選手本人で、マスコミ応対も教えられてなさそうな受け答えがさらに印象を悪くさせている。コーチのコメントは今のところ見ていないし、彼女を選んだ当の協会の代表監督すら、彼女をかばうどころか「安藤は難しいと思ってた」とか言って突き放してるし。次は浅田でいくから安藤はもう用済みってことなのか?これじゃあ立つ瀬ないよね、安藤さん。

有望な小学生を集めて早くからエリート教育させた成果が、今回の金メダルを生んだらしいけど、何かすごいゆがんでるのを感じる。育成にお金はかかるし花形種目だし、注目するなという方が無理なのかもしれないけど、今回の安藤さんの周辺はおかしいことばかりだったと思う。安藤さんがきちんと自分と向き合い、再出発できる静かな環境が与えられることを願う。
頼むから真央ちゃんもつぶさないでくれ…>フジ_| ̄|○
posted by ぶらんか at 00:08 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月25日

フリージア

一足早く春がほしくて、数日前、花屋さんでフリージアを買ってきた。
買った時は茎に一番近い花が1つだけ咲いていただけだったが、3日たったらこんな感じ。
freesia.jpg

写真をとって画像を保存するとき、「フリージア」ってどういうつづりなのかな?と辞書検索したところ、『大辞泉』に

フリージアのあるかなきかの香に病みぬ/みどり女

という俳句が季語(春)の例として示されていて、とても印象に残った。
阿部みどり女(1886〜1980)、札幌生まれの俳人、かぁ。へぇー。

”あるかなきかの香”というよりはもっと強烈な香りを持った花だと、子供のころは思っていたけれど(鼻がいいので…^^;)、誰かがフリージアのそばを通り過ぎて、そのとき動いたほんのちょっとの風に香りが乗って届く感覚が「あるかなきか」ということなのか、匂いを感じてあっ!と瞬間、狂おしくなるのが「病みぬ」という感覚なのか、とあれこれ思ってみたりした。

お花屋さんにはもスイートピーもたくさん売られていたけれど、
私は断然、香りのフリージア。
posted by ぶらんか at 13:18 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月22日

詩のこころを読む

詩人の茨木のり子さんが亡くなった。(19日)

4005000096高1の現代文の教科書にこの「詩のこころを読む」の一節が紹介されていて、感銘を受けて本を買ったのが知ったきっかけ。一番感受性豊かな時期ではあるし…現代文の先生は若い女の先生で、授業はそんなに面白くなかったwけど、何か宿題を出されて、ノートにこの本から谷川俊太郎の詩を書き写して出した(キャ〜)ら、「ああいいよね…」という感じの返事を赤ペンで書いてくれたのがうれしかった記憶がある。
先生もまだ20代、若い感性にやたら響くのだ…この本の冒頭は。

この本は茨木さんがいいなと思った他者の詩について評論、というより「こうやって味わうんだよ」という若者への指針の書だと思っていたら、改めて読み返してみると、恋のこと、新たな命を生むということや、女は男より長生きをして、その人生の幕引きの後片付けをする生き物なんだよ、とまで書いてあって…。こりゃ、ほんとジュニア新書にしておくのはもったいない。大人になって、多少かたくなになったときに読むと、やっぱり何か解き放たれるものがある。詩の読み方指針以上に、人生の指針になりそうな。

これからもこの本をずっと大切にとっておこう。

どうでもいいけど私の手許の本は530円だけど、アマゾンみたっけ819円になってた。
この頃は新書も高くなったのね。
550円のハノンが1000円になってたのもショックだったけど…w
posted by ぶらんか at 12:40 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月19日

カーリング

幸か不幸か、カーリング日本女子の初戦があった火曜日の午後、発熱のため家にいたので、それを生中継で見たのだ。吐き気はするし体は痛いし、起きてないで寝ているべきではあったが…そのときは解熱剤が効いててちょっと具合が良くなってたから。

日本ではなじみのない競技だけに、第1戦目は解説の人が本当に一から、ルールと何をする競技なのか噛み砕いて教えてくれるので、とても分かりやすかった。

解説の人に助けられながら見ていると、だんだん分かってきて、なんか面白いぞ、コレ。
てなってきて、以後カーリングだけは忘れずにチェックしている。(逆にジャンプ見なかったオリンピックなんて初めてだよ…orz)昨日の優勝候補といわれるカナダとの試合は、第8エンド辺りから夢中になってしまって、小野寺さんのラストストーンがピタっと決まるたびに思わず歓声を上げ、勝利の瞬間は涙がちょちょぎれてしまった。こんなに熱く感激できるスポーツだったとは、前回大会まではわかんなかったなぁ。

そのあとダイヒョ〜のフィンランド戦だったから、すぐチャンネルを変えたんだけど…なんか…カーリングの石に比べ、あまりにも人の動きが雑でいきあたりばったりで、見るに堪えなく、テレビから離れた。まぁサッカーはミスと偶然が時にとんでもないことをやらかす、楽しいスポーツではあるが、昨日はカナダ戦勝利の余韻を大切にしたかったので。

2chでも実況板、芸スポ+を見る限り、好意的な書き込みがほとんどで、私のように今回初めて面白さを見つけた人も多そうだった。5人の代表選手がみんな若くて可愛いというのが大きいのだろうけどw あと、ハーフタイムに選手たちが持ち寄りでカットフルーツなどのおやつを食べながら作戦を練る姿がほのぼのとしてて(・∀・)イイ!という評価。五輪前に盛んにマスコミに喧伝されたモーグルとかハーフパイプのスレは怨嗟に満ちてたし、フィギュア女子なんてやる前から悪意で真っ黒だというのに…カーリング女子周辺だけはとてもさわやか。ビッグスポンサーがいない中頑張ると人の目はやさしいけど、競技続けるの難しいよね…彼女らが北海道に帰ってこられないのがなんともかんとも…。
posted by ぶらんか at 14:45 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

門外漢だけど

オリンピックが始まったので、そればっかりだけれど、ローリングストーンズが札幌に来るんだって。札幌に来るのは初めてのことらしい。
http://www.htb.co.jp/rs/index.html

ミック・ジャガー62歳かよ!!
まだ普通に子供を産み増やしてそうだけど(爆、なんかひ孫すらいそうだな…
隠しひ孫。

ローティーンで洋楽に目覚め、ハタチになる前に受験その他でムーヴメントに全くついていけなくなった身には、その音楽にほとんど興味をもっていないとしても、すげー尊敬できる。
あの入れ替わりの激しい音楽業界で、流行に乗り遅れずに、いや、流行に流されずに何十年も生き残り、60を過ぎても何万人を集めたコンサートができるのだから。みたとこ体型も維持してるみたいだし…(コレが一番すごいかも)

でもチケットがバカ高なのは、聴きに来る年齢層が高いだろうと踏んでのことか、彼らの老後のたくわえのためなのか。私のコンサのシーチケ代が2時間でふっとぶのか…
結構若い人も来ると思うなぁ。ストーンズだもの。

ところで東京と札幌のほかに、名古屋に行くんだって??
大阪でも福岡でもなく、名古屋に。
私が住んでた頃は、名古屋はそこはかとなく軽視されて、東京の次は大阪…といった「名古屋飛ばし」という言葉があったくらいだ。(新幹線もあやうく飛ばされそうになったしなw)
「名古屋飛ばし」が今でもあるのか知らないけれど、経済が絶好調なだけに名古屋人も自信を深めているのかなぁと思う。だったらなぜ札幌に来るんだ?となるけれど…(名古屋だったらまさか、市民会館の老朽化を放置したあげく閉鎖するようなことはないだろな)

まぁともあれ、いつまでもご健勝で、話題を振りまいてくれればこっちも幸せ。
こういう商売の人は無茶やって若くして命を落とす人も多いのだもの…。
posted by ぶらんか at 23:17 | Comment(0) | 音楽? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オリンピック1日目

2時に起きてジャンプ予選みるぞ〜〜!!!と9時半ごろ寝た。したっけ、


目が覚めたら夜が明けてた_| ̄|○


開会式を見た後、明るくなってからグーグー眠れる年じゃなくなってしまったので…
一度寝て、夜中に起きられるほど体力もなくなってしまったのか…

今大会の深夜放送は諦めた方がよさそうだ。

そんで朝、全てが終わってから原田さんの失格を知ったわけだが。
そりゃ代表選考のときから「いつまでも原田原田でもあるまい」と大して期待もしてなかったし、若手の突き上げのなさを嘆いていたりもしたけれど、選ばれたからには頑張ってほしいと思っていた。当然のことだ。
それが…失速ジャンプするならまだ諦めもつくが、規則違反でやる前に失格って

_| ̄|○

私らが健康診断の前に食事を抜いて抵抗を試みるも、それは無駄なことなのに、たった200gがてきめんに表れてしまう世界があるのね…。つい台所からはかりを出して、テーブルにおいてあったおにぎりの重量を量ってしまった。こ、このくらいのもので・・・!!
なんだろうこの脱力感。悲しい。とても悲しい。

そんなわけで、トリノ五輪全般へのモチベーションが下がった感がある。
船木もいないし。(ってまだ言ってる)


いや、せめてプルシェンコの美しい演技をみるまでは・・・・・


そういえば昨日の開会式の放送で、パバロッティのアリアが途中で切れて腹が立ったと書いたけれど、あのあと再放送で最後まで聴くことができた(゚∀゚)
ま、当然だぁな。(NHKにはそう易々と感謝しない)

ついでに昨日の代表サッカー。

アメリカってスポーツ大国を自認してたと思うんだが、なんだ、あの滑稽な会場。
しかしスポーツは入れ物じゃなく、やる人間ってか。

日本 2-3 アメリカ

今、新たなシーズンを迎えるに当たって、日本のプロサッカー選手たちは体を追い込み、いじめぬいて鍛えているところ。それは代表選手とて同じ。誰も彼も動きが鈍かった。ってことで、今の段階でアウェイでの国際試合を計画したJFAがアホという意見に同意する。でも見てるのが苦痛だった。後半、新戦力の選手たちが頑張ってたのだけが救い…

って、この台詞、いつも言ってるような気がするのはなぜだ。
posted by ぶらんか at 10:50 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

トリノ五輪スタート

5時に目が覚めたのでテレビつけたら、もう日本選手団の入場は終わってた(´・ェ・`)

んじゃ、聖火の点灯を見守るか…とストーブをつけ、ふとんにくるまってゴロゴロしながら見る。もうこういう派手な演出には飽き飽きなのだけど…ルネッサンスやらバロックやら、歴史的なコスチュームに身を包んだ人々の、無駄にお金のかかってそうな芝居がかった大仰な催し物は、後の時間のダイジェストでは華麗にスルーされていた件。

それまではたまに話題になる2020年の夏季五輪に札幌が立候補するか否かのトピックについて、私は開催は反対、でもどぉ〜〜〜〜〜〜〜してもオリンピックというのなら、冬の五輪をもう一度やるべ。という風に考えていたのだけれど、この開会式を見たらそれもイヤになっちゃった。
札幌では冬の夜に2時間も3時間も外でじっと座って芝居見物なんかでけん。

まぁそれでも五輪旗にソフィア・ローレンとか、あーイタリアはオペラの音楽使いまくりでいいなぁとか、聖火の点灯はスペクタクルでカッコよかったとか、楽しめるところはあった。
そうそう、選手入場の際のBGMはなにやら懐かしい曲ばかり流れていたっけ。実況アナによると、誰でも聞いたことがある70〜80年代の世界的ヒット曲を選んだんだそうだ。世界的といっても米英のポップスだけどなー。でもおかげさまで退屈せずにすんだ。上手い。

で、まだ生きていたのか!と思わずつぶやいてしまったオオトリのルチアノ・パバロッティ「誰も寝てはならぬ」のアリア、、さすが本場は贅沢だのう…と早朝にとても儲かった気分で聴いていたら、いきなりニュース画面になっちまっただ。音楽ぶったぎり。

受信料返せ。

なーにが「NHKは全部やる」だ。ウソツキ。(−−#


さて、、肝心の競技だが…
道産子選手が多い冬の大会だけに、ローカルでも盛んに特集組んでやっていたけれど、今回ほど盛り上がってこない大会もないような。ジャンプ。やはし札幌市民的にはジャンプに磐石なものがないと、安心して楽しめない。好調なのが岡部さんだけで、あとは本番に弱い葛西(爆、イマイチ実績が分からない16歳、か。しかしここにきて原田さんが復活の気配で、当初ノーマルヒルだけに出場の予定が、ラージヒルと団体にも出すかもという感じになっているらしい。ワキワキするマスコミ…
こっちは心配で心配でたまらないよ…('A`) はらだーーーーー

ジャンプだけはがんばってナマで見る予定。

posted by ぶらんか at 09:23 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

寄る年波

数日前、ヤフーで見つけたニュース。
以下引用

昨年10月、麻薬所持容疑によりニューヨークで逮捕された英国出身の歌手ボーイ・ジョージ容疑者は、無実を主張し争う構えを見せている。
 ジョージ容疑者は1日、ロングコート姿でマンハッタン刑事裁判所に出頭。審問を受けた。
 同容疑者の弁護士ルー・フリーマン氏が審問の延期を要求したことから、
次回の審問は3月8日に行われることになった。

 同容疑者は昨年10月、強盗に入られたと警察に通報。
警官がアパートメントに駆けつけたところ、コカイン13袋を発見した。
 フリーマン氏は審問後、ロイターに対し「ジョージの無実を主張する。全面的に争うつもりだ」と述べた。
 有罪が確定した場合、最高15年の禁固刑になる可能性がある。
 同容疑者には虚偽通報の容疑もかけられている。


この事件はちょっと前に知ってた。
一度手を染めてしまうと、止められないのかしら…と20年前のことを思い出して。
事件より、驚いたのは、現在のボーイの・・・・・・姿だ。

george06.jpg

ちょ…

人気絶頂の頃の美しい姿に興味のある人はこのへんでチェックしてけろ。
まぁ20代前半の、人間誰しもが一番美しい姿のまま40代を過ごせとは言わないけどさ…太りやすい体質なのは昔っから分かっていたんだけどさ…これじゃああんまりじゃないの。週末ごとにどこぞのサッカーチームを応援しにスタジアムにでかけ、ゴール裏でがなってるオヤヂそのものじゃないの。そんな人生ヤダ!!って言ってたじゃないの…ボーイ…_| ̄|○

しかし、私の部屋のコルクボードにずっと貼られている彼の写真(クリック拡大)
george95.jpgこれは95年発行の雑誌「Clique」の裏表紙の裏っ側の広告。95年ならボーイ・ジョージ34歳。この頃には歌手としての活動は日本まで伝わってこなくなっていたし、私もすっかり洋楽は聴かなくなってたので、どうしてるのかわからなかったのだけど、これみて「相変わらずきれいにしてるんだなぁ( ´ー`)」と安心して、思わず切り抜いた。それをずっと飾ってあるものだ。(同じボードに飾られているその他の男→ベートーヴェン、チェ・ゲバラ、ウラディーミル・アシュケナージ。我ながらスゲー取り合わせ。でも不思議なことに4人に共通点がある。さすが私。)

10年ってそういう年月かぁ…

ていうか貼りっぱなしのまま10年経った、というのもショックだ…
しかし、人のことガッカリとかいう権利は、私にはない。だって私も10年でかなり太っちゃったんだもん。今の私はこの写真のボーイにキレイ度・おしゃれ度で負けてるし、、ステキな40代を迎えるために、これから10年がんばらなくっちゃ。
と、グータラ生活を戒めるのであった。心では。
posted by ぶらんか at 19:39 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雪山観測第2報

今年は楽だと思ったのに〜〜〜〜

0205mado.jpg

つい10日前にこんな余裕ぶっこいていたら、案の定というかなんと言うか。

昨日は除雪に追われて&シーサー重杉で更新できず。

東レ・パンパシフィック・オープン準決勝でヒンギス快勝
世界ランキング4位のシャラポアを6-3、6-1のストレート、66分で片付けたとさ。圧勝。
雪かきしてたのでorz第2セットの第2ゲームから見始めたのだけど、ほんと気持ちのいい勝ち方であった。冴え渡るサーブ&ボレー、ラリーでもコントロールされた深いショットでシャラポアに何もさせなかった。4大大会でもこんな見事なゲームしてくれるなら、これからの女子テニスが楽しみになってくるというもの。でかい体を使ったサーヴィスだけ、パワーだけのゴリゴリテニスにどれだけ一石を投じられるか。(そんな中エナンとか頑張ってると思うけど、まるで田渕が11人いるサッカーを見てるみたいで、マジメだけど華がなくて…イマイチ。)

数年前、一旦はパワーの前に屈してしまったヒンギス、昔はキライだったけどw、これなら応援するのもやぶさかでない。


・「紅はこべ」面白かった〜
http://www3.nhk.or.jp/kaigai/benihakobe/
なぜかBSで平日の昼間に再放送していたこの海外ドラマ、朝、テレビ欄を見なかったらチェックしそこなっていたところだ。

なぜ、イギリスのドラマの主人公は男も女もイケメンじゃないのか。
(ホーンブロワーを除く)

という毎度の根本的な不満はあるがw、大好きな歴史モノに加え、こういう義賊の活躍する話は好きだ。義賊という言い方は正しいか分からないけれど。またこのドラマでは貴族を助ける王党派の「紅はこべ」が対抗するのは共和派のロベスピエールとその腹心のショーブランで、彼らが悪役となるところだが、悪役っぽく描かれてないのがまた面白い。その中間に血も涙もない真の敵がいるからだけれど、ショーブランとは敵同士ながらたまに助け合っちゃうし、まるでルパンと銭形のとっつぁんの関係。

それにしてもロベスピエールといえば、「ベルサイユのばら」しか読んでないから(爆、清廉潔白なイメージを持っていたけれど、このドラマのロベスピエールは神経質でやたら身なりに気を遣っていて、ちょっとすっとぼけていて、新たな世界だった。フランス革命はドラマの題材になるな。

原作本を読んだらまた楽しめるだろうか。
posted by ぶらんか at 11:33 | Comment(0) | シリーズもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする