2006年01月27日

祝・生誕250年

Googleの表紙までモーツァルトバージョンになってる…
(ロゴをクリックすると「モーツァルト」の検索結果が表示された)
しかしなぜモーツァルトだけこんなに騒がれるのかな〜〜〜〜

といいながら、今日は私の車のBGMもモーツァルトのアリア集だったわけだが。
(実は1ヶ月くらい入れっぱなし聴きっぱなしなんだけどwモーツァルトのアリアを聴きながらだと、ノリノリで運転できる)

ピアノは只今ショパンが絶賛マイブーム中なので特に何も弾かないけど、いきなり弾けといわれて弾ける曲っても「やさしいソナタ」とK331(トルコ行進曲がついてるやつ)くらいだ…
そして家にあるモーツァルトのCDは…ほとんど持ってない(爆

とりあえず「アマデウス」のサントラ盤を聴くか。
しかし演奏はマリナー&アカデミーだから、私好みでちょうどいい。
ピアニストのオススメはアリシア・デ・ラローチャ。
でも10年前くらいに生演奏を1回聴いただけで、CD持ってないorz

だってモーツァルトってどうしても「いつでもいいや」って気持ちになって、積極的に聴こうって気にならないのだ。結末の分かったドラマをもう一度見る気にならないのと同じで。だから「モーツァルトよりロシアものにチャレンジしてみようかな」と路線変更してしまう。

演奏の方もテクニックのなさをごまかしつつ毎日やってるので、テクニックが丸裸にされるモーツァルトは宿敵といっていい。しかし将来年をとって、ボケて意識がすっかりイッちゃったばあさんになって、老人ホームに預けられたとき、ボケてるくせに毎日ピアノの前に座って奏でるモーツァルトのなんと無垢で美しいことか…→CD化決定 ということを目論んでいるので、練習はしておかねばとは思っている。
ボケばあちゃんが弾くのはショパンでもベートーヴェンでもなく、モーツァルトでなければならない。絶対モーツァルトでなければならない。




でもまぁ…これで誕生日も終わったし、今年の残りの11ヶ月はショスタコービチ(生誕100年)に費やすわ〜♪
モーツァルトはいつでもいい。



posted by ぶらんか at 22:56 | Comment(0) | 音楽? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月24日

株のお勉強

父が死んで、株券が残された。
買ったときの3分の1にまで値を下げた株券w
父の唯一の趣味といってもいい株式だけど、若かりしころに派手に損をしたことがあったらしく、娘には手を出させなかったし口も挟ませなかった。だけど、父は死んで株券は残ってる…。
売っぱらってすっきりしちゃおうかとも思ったが、なんせ3分の1にまで値下がりしてて、父のお金とはいえ損をするのはヤダ。(ケチ)

さて。
だったらどうするべ、と思ってる頃にホリエモンだのヒルズ族だのがもてはやされ始めて、ネットで気軽に売買できる時代へ突入してたらしい。で、年頭に当たり、とりあえず勉強してからでないと、と思い立ってど素人向けのハウツー本を読んでたりしてた。実は。恥ずかしながら(/∇\)キャー

その本は素人が読んでもミーハーで、株式買ったら株主優待でいろいろ得するよ♪ といったお気楽さ。父がそんな楽しい投資生活を送っていたようには見えなかったのだが…。
まぁそんなところはざっと読み飛ばして、株の仕組みのあたりを読んでいたので、今回のライブドア事件にさっそく応用できる知識がちょっぴりあって、助かった。(^^;

しかしマスコミというのはヒステリックというかミーハーというか、飛びつくだけ飛びついて、実は何も本質を明らかにしてないのではないかと思う。拘置所に行く車を追いかけてる場合か?
そんなとき経済の勉強というより、面白い読み物として日々チェックしていたブログでもライブドア事件について触れられていて、そのショッキングな内容にしばらく何も手につかなかった。(小心者)

債券・株・為替 中年金融マン ぐっちーさんの金持ちまっしぐら

野口さんは自殺じゃなく他殺だって言い切ってる。
な、なんかこの事件、恐いよ恐いよ(((( ;゚Д゚))) ガクガクブルブル
それにしてもこういうお金のプロが語る内容というのは、現実に即していてきれいに整理されていて、本当に分かりやすい。さらにこのようないいブログのトラックバックを辿っていくと、司法のプロの私見やら有益な情報がさっさと手に入って、短時間ですごく賢くなれるな。テレビ新聞は見れば見るほど情報の出し手の感情が入ってきて混乱する。特にテレビの垂れ流しはひどい。

ネットがなかったら、東京やNYでバリバリ働いてる専門知識を持ったエリートの意見など、知り合いでもいない限り聴くこともできないわけで、あーやっぱりアンタ偉いよホリエモン、と変なところに還流wしてしまうのだが…まぁでもとりあえず今はネット株式はやめとこ…。やっぱし素人が生半可な知識で手を出して太刀打ちできるものじゃないわ。ただでさえ私、度胸がなくてtotoもナンバーズも買えないし。(なんか違う)

ところで母によると、ある夜、父が夢枕に立って「株は今に絶対上がるから売るな」と言ったらしい。そんなわけで証券会社の助言も専門知識も何も、ただ夢のお告げに頼って「私、売らないわ!!」と母は決意した。人は死ぬとホトケになるからな、私の父でもあの世で超能力を身につけたのかもしれん。そして実際に少しずつ上がっていた。ライブドアの強制捜査までは。orz



ともあれ…何者かによる陰謀説にどきどき…漫画の読みすぎか?
posted by ぶらんか at 22:38 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

ショパン探訪

DHCからカタログ雑誌がきた。
母がサプリメント厨(爆 なのでこの手のやつはよく来るのだ。私自身はサプリメントをそれほど信頼してなくて、たまーに肌荒れしたときにビタミンEをとるくらい。

で、パラパラともっともらしい事を書いた雑誌をめくっていると、いきなり往年のピアニスト、バックハウス(1884〜1969)のショパンのCDが紹介されているではないか。バックハウスといえばベートーヴェン、ベートーヴェンといえばバックハウス(…じゃないと思うけどな)というくらい、ベートーヴェン弾きとして有名なこの人の、ショパンの録音が残されているとは…

知っていたけど(^^;、どこにも見つからないしなんせ古い録音だから、聴くことはかなわないだろうと思ってたので、色めきたった。

買います買いますともさ!買うから値段と入手方法を言ってくれ!!

が…「DHCの食品・サプリを8000円以上お買い上げの人にプレゼント」だと。
そ、そんなバカな(;´Д`)
http://www.neoplex.co.jp/special_dhc_back.html

えーん、さすがにCD1冊に8000円もかけてられないよ〜〜
こんなケチな商売するDHCなんか嫌いじゃ嫌いじゃ〜〜〜。゚(゚´Д`゚)゚。


ルイサダのショパンが聴きたいだけなのに、なんかどんどん脱線していくな。
ルイサダといえば先日、ようやく手に入れた。

B000CBNYZUグラナドス:ピアノ組曲「ゴイェスカス」
ルイサダ(ジャン=マルク)

グラナドスかよ!!!

と自己ツッコミ…。
でもこれでいいのだ。
Goyescasの名の通り、スペインの作曲家グラナドスが同じくスペインの画家ゴヤのロココ調の光溢れた絵画(まちがっても晩年の「黒い絵」シリーズじゃないぞw)からインスピレーションを得て作った「幽玄」という言葉がぴったりの繊細かつ華麗なピアノ曲集である。私が持っているのはスペインを代表するピアニスト、アリシア・デ・ラローチャの演奏のものだけど、ルイサダのはよりリズムが強調されてピシっとした感じの演奏だった。でも泣かせる旋律のところはもう最大限に歌っていて、これがまたうっとり…。
posted by ぶらんか at 22:05 | Comment(0) | 音楽? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月21日

今年の雪山観測

0121mado.jpg
去年はこちら↓
http://todoconblog.seesaa.net/article/1709828.html

うん、だいぶ少ない。去年が異常だったから。
ちなみにパラボラアンテナの除雪回数は今シーズンはいまだゼロ。
ヽ( ´∀`)ノわーい
しかし今後どんな天気になるか…油断禁物。

今年は全国的に雪が多いらしく…私の友達は東海地方に住んでいる人が多いのだが、どの年賀状にも雪が多くてヤダと書いてあったっけ。でも「このくらいで大変といってたらよっちゃん(私のニックネーム)に申し訳ないよね」と気遣ってくれる人多数。みんなやさしいなぁ。そのとき札幌はそれほど降ってなかったし、もとより雪には慣れっこなのでそんな気遣いは無用なのだ。たぶん。というか、どれほど大変か説いてみたところで、雪のない地方に住む人には本質的に理解できまい。

と「津南町からの中継」を見るたびそう思う。

能天気なリポーター&東京のスタジオのマヌケ面コメンテーターを見ると、口では偉そうなこといってるわりに何にもわかってなくて、思わず首をしめたくなってくるもんなぁ…('A`) おまえ、ジジババの除雪実況してる暇あるなら、スコップ奪っておまえがヤレ!と何度思ったことか。でも集まった除雪ボランティアのあまりの使えなさに(現場にスニーカーでやってきたとかw)、派遣を断った自治体もあるそうで、人を集めればいいというものじゃないのね…とほほ。
posted by ぶらんか at 14:56 | Comment(3) | シリーズもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月16日

1週間のまとめ

1週間更新をしなかった。
なんかこう、いつもじんわり疲れていて、気力が…体力が…_| ̄|○
頭の中では書きたいことが浮かんでは消え、浮かんでは消えしていたけど、体がそれに対応できなかった、結局。

書きたかったこと
1、「トリビアの泉」スペシャルで2キロの魚を持ち運んだドラ猫、すげ工エエェ(´д`)ェエエ工 と、1つ1キロのダンベルを両手に握り締めて思う。ウチの猫はトリのからあげ1切れが限度だ。まさしく箸より重いものは持てない深窓?なので。

2、同じく「トリビアの泉」スペシャルで知ったトリビア。「熊に襲われた飼い主を助ける雑種犬は、100匹中3匹」。忠犬への道はけわしい。

3、NHKの大河ドラマ「功名が辻」織田信長は完全にミスキャストっつーか、石原軍団はどうしてこう揃いも揃って芝居が下手なんだ!!ドラマ全体に漂う加齢臭がイヤ。

く、くだらないな(^^;

4、近所のスーパーの本屋でふと見つけて買ったら、すごく面白かった本。
408747304X救命センターからの手紙―ドクター・ファイルから
浜辺 祐一
ドラマ「ER」の世界はフィクションでしかない、とゆーのは散々頭にあるけれど、人が命の危険にさらされたときの周囲の人間が見せる「本音」のすごさはドラマと同じ、というかドラマ以上で、いろいろ考えさせられた。
「救急救命」とは言っているが、生より死を扱う内容の方が多いので、ガンを長患いしていた祖父のことや、父の死に際のことを思い出してしばらく苦しかった…。面白い本なので、売り場にあった同じ筆者のあと2冊も読んでみたいけど、いろいろこみ上げてくるので、今は深追いはしない。

5、遠くの友達に「のだめカンタービレ」、面白いから読んでみろと薦められた。やはし読まないとだめかw 調べたら今までもう14巻出ていて、中身を確認せずに全巻そろえるわけにはいかん。さて…と考えながらなぜか「オルフェウスの窓」を読む毎日。
posted by ぶらんか at 13:10 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月08日

大雪

factory.jpg昨日、ファクトリーにでかけたのはお昼ちょっと前。いい天気だった。
真駒内のラーメン屋さんでお昼を食べてから行こうと真駒内へ向かうと中、雪がもこもこ降ってきた。そしてラーメン食べて、豊平川のパイパスを北上するとどんどん雪が強くなる。

ファクトリーでは楽しいひと時を過ごした。バーゲンでいいバッグを格安で手に入れることもできた。もっとあちこち見て歩きたかったけど、とにかく雪がすごいので家の周りの除雪が気になり、とても長居できず、そそくさと帰ることにした。もう真っ白で前の車のテイルランプだけが頼りという状態で、精神的にクタクタ。でも家に帰れば除雪が待ってる。この降り方だと、寝るまでに2回はやらないとだめだろう。

うんざりしながらバイパスを抜けて川沿に入る。ここまで来たら家まであと5キロほどだ。すると雪が弱まってちらちらという感じ。あれっ?路面もコンクリートが露出していて、どうみてもこれは降ってない道路。急に気持ちに余裕が出てきたので、スーパーに寄り道して駐車場案内のバイトくんに様子を聞くと、お昼からこんな感じのお天気だったらしい。工エエェ(´д`)ェエエ工

我が石山に入ると雪は完全にやみ、空が見え、しかも夕焼けで、遠くの恵庭岳のシルエットもはっきり浮かんでる。反対車線をすれちがう車を見ても雪に降られた様子がない。そして家の前の積雪はさらっと2cmほどだった。
あの大雪は何だったんだ?白昼夢でも見てたのか??

…てなことは、実は、よくある。

思うに、日本海からの強い風と雪雲を藻岩山がシャットアウトしてくれてるのではないかと。
結局、夜になっても雪が降ることもなく、今朝はさらっと払いのけて除雪終わり。
そういえば記録的な大雪が降った10年位前も、車は断念したけどバスが動いていて、無事に職場にたどり着いたのは私だけという日があったっけ。その日、バスが動いていたのはじょうてつだけだった…w
地下鉄沿線から遠いし、過疎が進むばかりの石山地区だけど、マイホームはやっぱし一戸建てでないと!という人にはマジオススメ。

map.jpg
posted by ぶらんか at 11:02 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月07日

生誕○年とか没後○年とか

NHK-FMのクラシック番組で、やたらモーツァルトばかりやったかと思えば、シューマンばっかり、ショスタコービチばっかりの放送が続いて、はて?とよくよく聞いてみれば、今年はモーツァルト生誕250年、シューマン没後150年、ショスタコービチ生誕100年なんだそうだ。

モーツァルトだけは知っていたから、今年はなんやかやとモーツァルトばっかり聴かされるわけだな('A`) と覚悟していたら、他にもメニューがあるんだ。
ヒマなので、ギョーカイの人のプロモーションの助けになれば、と高校の教科書の「作曲家年表」を開いてみる。

それによると2006年は…
ウェーバー没後180年
リスト没後120年
ファリャ生誕130年、没後60年
レスピーギ没後70年

うーん、正直金儲けはできないメンツだ。

いつかスペインに行ったとき、プラド美術館でだっけか(たくさん美術館があって忘れた)「ゴヤ生誕225年」で記念の展覧会をやってたよーな気がする。「225年って…あんたそれこじつけ」と思ったけど、この手法を取り入れると、

2006年は
ヴィヴァルディ没後265年
リスト生誕195年
ヴェルディ没後105年
ムソルグスキー没後125年
マーラー没後95年
シェーンベルク没後55年
ストラビンスキー没後35年


…どう考えてもやっぱりこじつけでしかないな。
ていうか私、ヒマすぎ。('A`)
posted by ぶらんか at 11:37 | Comment(2) | 音楽? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月05日

納得いかない

ぼんやり年末年始に見たテレビの思い出話をしてみる。

1、「大奥〜華の乱 年末スペシャル」
んー、わりとおもろかったかな。お伝の胸の谷間には私も釘づけになってしまった…(ばく
お伝ファンとしては(つかファンになっちまったのか!)、彼女がのし上がり増長していく様をもう少し丁寧に見られたらよかったな〜 なんて。
正直柳沢の初恋物語はどうでもいい。本当はああいうことがあったのよ、と言われても、どう考えてもやっぱり本編とはつながらないから。

2、ウィーンフィルのニューイヤーコンサート中継
テレビでは見られなかったので、ラジオで聴いた。
今年の指揮者はマリス・ヤンソンスさん。
今年はしょっぱなから「春の声」「英雄の生涯」といった、私でも知ってる有名な曲をやってくれたし、モーツァルト生誕250周年だそうで、フィガロの序曲や「モーツァルト党」(モーツァルトの有名な曲をワルツにアレンジしてさらにメドレーにしたもの)があったおかげで、耳になじみの曲が多く、いつもより楽しかった。今年こそラデツキー行進曲が聴けて良かった。

3、「有名人格付けチェック」
なんかこの番組好きで…。味覚調査は仕方ないけど、音や絵画の目利き部門は結構マジになってやってしまう。今回はクラシックギター。Aは100年前だかに作られた名器、Bは練習用の5万円ギターという。私はBだと思ったら、こういう答えだし…今でも納得できない。なんでだ。
Aの音色は乱雑で音に伸びがないし、第一響いてないし、こんなのを有難がって何千万も出して買うヤツ、バカ!!あと、演奏家もど下手!こんなんじゃ聞き比べできないっ!!

って、テレビの前で散々言った私の立場がないじゃないか…_| ̄|○

とても価値のある楽器ということで、日常的に弾く人がいなかったかもしれない。また、いつもは外国にある楽器を日本に持ってきたせいで、環境が変わり音が変わったかもしれない。
とかなんとか言って、メンツを保とうとしている今日この頃…。でもあのギタリストは本当に下手。マジで下手。あんなに粒の揃わない「愛のロマンス」、私が弾いてるのか?と思っちゃったもん。ぷんぷん。
posted by ぶらんか at 22:05 | Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月01日

戌年なので

今度こそ犬画像。
testu.jpgお向かいのお宅のてっちゃん。正月で家族揃って外出してしまい、てっちゃんだけおいてけぼりを食らったらしい。
ウチの猫同様、もう結構おじいちゃん。
私は大きい犬に近寄るのが少し恐いので、道路を越えて近寄って、なでなでしたりコミュニケーションを取ったことはないのだが、道路越しに挨拶をするくらいの関係で、長い付き合いなので声をかけるとこうしてカメラ目線になってくれた。狛犬のように微動だにしない。カメラを向けると目をそむけるうちの猫と大違いだ。

このてっちゃんとウチの猫はお互いにずぇ〜ったい目を合わせないのだ。面白いくらいに。でもうちで猫を外であそばせているときに、お向かいのおばさんがうちの猫に近寄ってヨシヨシとかわいがる振りをすると、てっちゃんはとても悲しそうな声をあげて鳴く。「そりゃないですぜ、おっかさん。よその、しかも猫なんか可愛がるなんて殺生な」と言ってるような。

ちなみに、反対にうちの母がてっちゃんにキャットフードの残りをあげに行っても、うちの猫はぜーんぜん気にしない。「アタシの食べ残しでよかったら食べてちょーだい」てなとこか?しかし飼い主的にはもう少し違うアクションを期待したいところなのに…やっぱ犬の方が賢いな。

ところで…
この写真をとったのは、近所の石山神社にお参りに行った帰りなのだが、神社で買ったおみくじは「大吉」だった!!わーいヽ( ´∀`)ノ
そしてちょうど郵便屋さんが年賀状を配達するところにも出くわしたのだが、バイクの後ろについていた配達員の名札を見たら、もんじゃと同姓同名の人だったのでびっくり。

なんとなく新年早々縁起がいいような気がした。
posted by ぶらんか at 20:39 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

戌年だけど

猫の写真。
060101neko.jpg

ゆうべ、なぜか無料放送だったプレミアリーグを母と見ながら(変な親子だ…)、傍らに眠っている猫のことを語り?合った。衰えの見える猫がこうして今年も無事に年越しできるとは思わなかった、と。

今年は秋になったら16歳。
便秘防止の水薬は毎日与えているが特に病気はなく、どこが悪いわけじゃない。元気は元気。
でも食欲にムラがあるし、小さくケホケホと咳をしたり、寝ながらウムウムのどをならしたりしてる様は人間のジジババそっくりで、あー年取ったんだなぁと思わされる。

やはりこの子と一緒にいられるのも今年限りなんじゃないかと思う。
04年暮れのこのブログにも同じことを書いているし…。
一休さんじゃないけど何がめでたいのかワカラン新年に、来るべき飼い猫の死を考えるこの数年。
でもこうやって覚悟を決めたような書き込みをして、今年の年末に「てなこといって無事にまた越せたよ」とほっとするための願掛けをしているようなものなので、ああ神様たのんます。

さて、天皇杯の前に初詣行ってくるか。



posted by ぶらんか at 12:02 | Comment(0) | ねこ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。