2005年09月29日

特任教授

昨日のスポニチに岡田監督が岩教大の特任教授になるという記事があって、岡ちゃんを含め5人ってどんな顔ぶれだろう?とちょっと気になっていたところ、今朝の道新:

特任教授に元コンサ監督・岡田さん、伊在住彫刻家・安田さんら招く 道教育大
 
 道教育大(村山紀昭学長)は二十八日、来年度新設する特任教授に、サッカーのコンサドーレ札幌元監督で現横浜F・マリノス監督の岡田武史さん(49)や、美唄市出身でイタリア在住の彫刻家安田侃(かん)さん(60)ら五人を招くと発表した。「来年度から芸術・スポーツ課程に特化する岩見沢校の目玉の一つにしたい」としている。

 ほかは、フランス在住のフルート奏者工藤重典さん(50)=札幌市出身=と、ドイツ在住のバイオリニスト安永徹さん(53)、ピアニスト市野あゆみさん(50)夫妻で、いずれも国際的に活躍している。

 特任教授制度は学外の専門家たちに知識や経験、技術などを直接、学生に伝えてもらい、教育効果を上げる狙い。年に数回、主に岩見沢校の学生に講義したり、演奏活動の指導を行ったりする。

 契約は一年ごとに更新する予定。同大は「学生たちが一流の技に触れ、大きな刺激を受ける絶好の機会。今後はさらに特任教授の数を増やしていきたい」としている。


とのこと。
工藤重典キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!

講義のついでに札幌でコンサートやってくれないかしらん。
福田さんも呼んで。(;´Д`)ハァハァ

私が工藤氏を知ったのは福田氏との「黄金のデュオIII」というCDだけど、これはどうやら廃盤になっているらしい…?(札幌中央図書館にある)
古典から現代ものまで幅広くレパートリーに持っている人の話は面白かろう。教育大やるなぁ。
うわ〜いいなぁ。

えっ、岡田キョージュ?
ま、まぁ、来くんがんばって…

数日の講義だとしても、わざわざ北海道に来るにはそれなりに時間と、講義のための下準備もいるだろうし、シーズン中に監督業やりながらできる仕事ではないと思うのだけど。ワールドカップでリーグが中断しているときにやるのかな?それとも来年は「気楽な稼業」をするのかな?
posted by ぶらんか at 21:34 | Comment(2) | ニュースにツッコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月28日

今月の「月刊コンサドーレ」

先月、「月刊コンサドーレ」を探して彷徨した苦い経験があるので(つーか発売日から3日しかたってなかったのに)、今月は早めにちゃんとした本屋に行った。昨日のこと。ん?発売日が24日だったから、やっぱり3日後か。

ま、入手するのが困難だったり簡単だったりしても、内容はいつもスカスカ…。
それが分かってて買うのはお布施だと思っているから。
編集してる人も義務感だけで、楽しくないだろうな>仕事

作る側も読む側も義務感か!売る側はいわんやおや。

内容スカスカと毒づきながらもこれからネタにするわけだがw
「コンサ戦士への50の質問 野田達郎編」っすよ。

私は「楽器のできるサッカー選手」にやたらめったら好感を持つ(あの永井雄一郎でさえもw)のだが、野田くんが幼少の折、ヴァイオリンを習っていたとそこに書かれていて、今、きゅんきゅんしている。はは。
ファン感で一つ、ヒロくんと何か演奏をしてみてくれないだろうか。
ベートーヴェンのロマンスヘ長調とかー。きゃー

男の子にヴァイオリンっていいな〜( ´ー`)
私も子供ができたら、男の子にはヴァイオリンを仕込ませようと思っていたのだ。(なぜか過去形)
できればピアノである程度の基礎を作ってからバイオリン転向。

なぜヴァイオリンか。
それは…将来、万一食うに困ったとき、ヴァイオリンなら駅や狸小路に立って演奏すれば一食くらいは稼げるから。ピアノは楽器を持ち運べないもん。ピアノでは食えない。
…ああ、実感!

って、芸術的要素による理由はナシなのか。
あと、ソリストまでなれなくてもオーケストラに入れるし。ピアニストは孤独だ。

でもピアノこそ、男が弾く楽器だと、このごろしみじみ思う。体力が…
posted by ぶらんか at 12:50 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月25日

もう…サイアクだ…

今日はサテに出かける前に、年中行事である桃ジャムを作ろうと思って、なべに桃を入れて火にかけた。煮詰めるのに時間がかかるし、少しいいかな、と思って台所を離れ、パソコンで遊んでたんだ…。
しばらくして「まだかな?」と鍋を覗くと

ジャムっつーかプリンにかけるカラメルみたいに、黒く香ばしい物体がそこにあった。


あああ…
なんでこう、悪いことばかり起こるのか…




もうガッカリ。
posted by ぶらんか at 10:22 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月22日

新米議員君

ごく普通の26歳のサラリーマンの兄ちゃんが、たまたま開いた自民党のHPから、何の気なしに作文を提出したら、党から公認もらって比例区の名簿の末尾に載せてもらって、あれよあれよという間に衆議院議員のセンセイになってしまったというお話。

へぇ〜〜〜〜〜〜〜っとまずはうなった。

政治家になるには、政治家の親戚で、なおかつワセダの政経あたり出てないと、なれないもんだと思ってた…そら中には大仁田さんみたいな変な人いるけど、常識的にはそういう特殊な環境で生まれ育って、それなりに手法を伝授された人でないと、と思ってたのだ。

それが、作文書いて面接4回で採用って、、わりと簡単なのね。
その辺の就職活動となんら変わらないばかりか、出自も学歴もあんまりこだわってないようで、好感さえ覚えたぞ。
まぁ、自民党もまさかこんなにバカ勝ちするとは思ってなくて、準備しておいた名簿の人数が足りなくて社民党に議席を1つ恵んでしまったくらいだから、あのボク僕ちんを議員にさせるつもりは全くなかったのだろうけど…でもひとつ参考に、あのお調子者っぽいボクちんの書いた作文を国民に公開してみてはくれないだろうか。自民党の知性もそれで明らかになるというもの。

で、その26歳杉村太蔵センセイ、当選した当初は秘書6人つけてもらえるとか、新幹線のグリーン席にただ乗りできるとか大はしゃぎだったが、26歳という若さなら、「グリーン車も議員年金も要りません!」と言うだけの左翼っぽいところがほしいところなのだが、なんかただ喜んでるみたいだったな…。
左翼じゃなれないか、自民党w

彼のOJTは一体誰がやるのか、「リーマンを政治家に仕立てる」手順を追っていきたいものだ。んで、任期満了の4年後には「プロジェクトX」で彼の軌跡を…と思ったら、「プロジェクトX」打ち切りだってさぁ。
posted by ぶらんか at 22:05 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月18日

昨日の事故

マリノスとFC東京の試合をみていた。
決定機を欠くつまんない試合で、もぉーとっとと終われ!!とイライラしながら見ていた。
すると40分すぎに東京の石川くんが、いやぁ〜な倒れ方をしてアウト。
きっとあれは治るのに半年かかるアレだと思う…_| ̄|○

速報Jリーグで各試合のダイジェストをみると、秋に入って荒れたピッチが多いのがわかる。芝だとて生き物なので1年365日完璧に整えるのは不可能だと思うけど、頼むわ、少しでも怪我人が出る要素を減らしてください。本当に。
今日の厚別も、昨日雨の中試合をやったから、荒れているはず。そして明日の厚別もさらに荒れてしまうと思う。もう心配で心配で…。

さて、石川くんが負傷した時点で、東京はすでに交代枠を使い切っていたので、10人での戦いを余儀なくされたわけだが、ロスタイム表示が5分。そのロスタイムに事故が起こった。
ジャーンとルーカスがハイボールを競ったときに、頭と頭をぶつけ、ジャーンはまぶたを切って流血、ルーカスは倒れこんで動かなくなってしまった。そのときはこんな重大なことになるとは思わなかったので、3人治療でピッチアウトしたらやばいじゃん!!などとコーフンしていたのだが、ルーカスを運び出す気配もないとなると、事の重大さがだんだん分かってきて…。

ジャーンはすぐ止血して体はプレーできる状態だったけれど、ショックは強く、激しく泣いていた。 もう敵味方なく、双方の選手が彼を慰めたり、ルーカスを心配そうにのぞきこんだり。とぎれた試合への集中力を保つなんていう雰囲気ではない。実況アナウンサーは「ピッチまで救急車を乗り入れる模様です」というものの、救急車はなかなか来ず、時間は9時を過ぎてしまって、字幕「BSニュースは9時5分から」ってこら、まだ試合途中だぞ!!最後までやらんか!!NHKのバカ!無責任!
そして救急車がピッチに入ってきたところで、ニュースの時間になってしまった。

10分待って「速報Jリーグ」でも愛子さんはニコニコしたまま何も語らず…ネットでは情報が錯綜して訳わからず…今朝は布団の中でうだうだするつもりが、

Σ(゚д゚ )ハッ!ルーカスどうなった!?

と思い出して、飛び起きて新聞読んだ。寝起きいいなw
診断は「脳振とう、および頸椎(けいつい)捻挫」、要経過観察で即入院…か。
テレビでは苦痛で顔をゆがめていたのが写ってたけど、意識不明だったようだ。実はずっと危険な状態だったんだな。幸い意識は取り戻しつつあるそうなので、このまま順調に回復して、後遺症もないように祈る。
もうライオネル・リッチーとか言わないから(髪形が変わっちゃったのでもう言ってないけどさ)、早く元気になって…
posted by ぶらんか at 09:42 | Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月16日

きのうの「チャングムの誓い」

昨日のチャングムはチェ女官長熱演で、主人公チャングムが正義感を振りかざすや〜〜な女に見えてしまった。ただでさえあまのじゃくな性格だし、悪役の悪あがきって大好き。人間臭くて。
しばらく前からチャングムが権力者の後ろ盾を得て、女官長とその一族に「謝れ!謝れ!」と言ってるのみると、むずむずとお尻のあたりが落ち着かなくなったのは、私が常にかの国の人から謝罪と賠償を要求されている日本人だからだろーか。(^^;だから「嫌だ、絶対に謝らぬ!!」と言い切ったクミョンを「そうだそうだ、アンタ悪くない、頑張れ!!」と応援していたくらいにして。(実際クミョンの罪状はイマイチ不明…金鶏を逃がしたことか?)
そもそも、オマエが父の身分を公言しさえしなければ、母は死なずに済んだのに、何をたわけたことを。

ともあれこれで母と師匠の仇をとって、王様に褒められて、願い事は叶って、ついでに彼氏もゲットして、めでたしめでたし。この世の春。というところだけど、仇を取ったところで喜びを分かち合いたい人は皆もうこの世になく、ふと孤独感にさいなまれ涙を流すチャングム…というシーンがあったことは、ドラマが引き締まってとてもよかったと思う。あれがなくて、ただウハウハしてるだけなら、次回作は「宮廷女官 サリョンの誓い」でどうぞ、って感じだもの…。

最終回みたいな雰囲気の48話だったが、あと6話残っているらしい。
長い、長いよチャングム。おかげで「大奥」も「電車男」も見れずじまい。
いや、「電車男」なんかどうでもいいけど…「大奥」を逃したのは惜しい。
posted by ぶらんか at 21:29 | Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月12日

思い出話

夕方近くになって、昨日の晩ご飯のことを思い出している。
昨日はサンマの塩焼きとなすびのお味噌汁。
サンマにはたっぷりの大根おろしに昆布ぽん酢をかけて。
炊きたてのご飯には納豆。
自家製キュウリの浅漬けで箸休め。

んまかったなぁ〜〜〜
純和風の質素なご飯。



おなかへった。('A`)
posted by ぶらんか at 17:09 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月08日

ホンジュラス戦

キリンカップ
日本 5-4 ホンジュラス

セルジオ氏がホンジュラスのことを「ホンジューラス」と言ってたのに好感を持った。日本語では「ホ」にアクセントを置いて読むけど、セルジオが正しい。もっともスペイン語では「オンデューラス」だけどな。その辺はまぁいいや。
それにしてもホンジュラスの選手に、ゲバラとカストロがいたのには笑った。
んで、天才画家のベラスケスがハットトリックって、違うがな。

試合は…例によって余り見る気の起こらない、ゆるゆるな試合で。
行き当たりばったり守備で失点しないとしたら、そりゃ奇跡か、相手もとんでもなくヘタなだけだ。雑な試合。で、あちらの監督さんにも「攻撃は素晴らしかったが、守備にももっと力を入れた方がいい」とか言われてるし。だよねー。

まぁ明るく解釈してみれば、攻撃センスは練習すれば身につくというものではないけど、守備に関しては練習すれば向上できるものだから、ワールドカップまでに一生懸命練習すれば、なんとかなるじゃないかな。

なんとかなるんだろうか、本当に。
posted by ぶらんか at 12:46 | Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月05日

お葬式

私の祖母の妹の夫の兄のお嫁さんが亡くなって、今日お通夜があるので、アッシーがてらお前も出席しろと申し付けられた。_| ̄|○
念のため、もう一度コピペする。


私の祖母の妹の夫の兄の嫁さん


がお亡くなりになったのだ。



かなり他人だと思わないか…?
もちろん会った事はない。


だぁー…今夜、7時半までに帰れるかしら・・・・・・・
前半5分だから、最大遅れて7時40分がリミットだ。




あお〜〜〜ん…(遠吠え)
posted by ぶらんか at 12:13 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月04日

昨日のスカパー

昼間にSBSカップやってた。
毎年静岡でやるU-18の試合で、一度見てみたかったんだ。わーい。
マイクを見るのは、おととしの北海道国際ユース以来かな。
大きくなって…って元から大きかったけど。顔も大人っぽくなった。
髪の毛が黒髪に…学校が金髪禁止なのか?なわけないか。
プレースタイルは相変わらず上手くはないが丁寧で…進路は知らんけどいい選手になっておくれ。

それにしてもさすがサッカーどころのテレビ局だけあって、SBSアナウンサーの実況はうまかった。道内のテレビ局アナもこのくらいやってほしいもんだ。スカパーでハム彦実況されると、いつもとても恥ずかしいんだから。
( ´-`)。oO(キー局とてレベルが高いわけじゃないが…ねぇ?角沢サン・・・・)

夜はJ1。
鹿島−浦和を中心に、横浜−名古屋をチラ見しつつ。
タイミングはずしまくりで、どの得点シーンも見られなかった_| ̄|○
それにしてもトゥーリオって嫌な選手。たしかに空気の読めない主審は腹が立つけど、そこまで切れるほどのことか?長谷部も。まったくみっともなかった。もっと感情をコントロールできるようにならないと、つまらん退場で迷惑がかかるのはチームでしょ。それこそ子供が見たらどう思うかな?自分の思い通りにならなくて、ギーギー言ってるんだよ?大の大人が。
まぁそれでチームが奮起して2点ビハインドを追いついてしまうのだから、そういうシナリオに基づいた自作自演というなら、なんも言わん。

というか、家本が降臨してたのはこっちじゃなくて、横浜-名古屋戦だったわけだが…
今日は平穏無事に済みそうかなぁ?と思いきや、後半ロスタイムに炸裂してしまった。横浜が1-2で追う展開で終了間際、エリア付近でゲットしたFKを、山瀬がファーに蹴りこんだら笛がピーーー。名古屋の古賀がゴール前の競り合いでファールをおかしたという判定で、イエロー(古賀は2枚目だったので退場)&横浜にPK。

家本劇場キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!

家本のことは、あれもエンターテイメントの1つとして受容するしか道がないような気がしてきた…('A`) しかし他チーム同士の試合だからこんなこと言ってられるのであって、、もし、あいつが、ここ一番という重要な試合に、やってきたらと思うと、うー…
posted by ぶらんか at 08:59 | Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする