2005年05月28日

運のついた話

お天気が良かったので、厚別に出かける前に花の写真を撮ろうと庭に出た。

オダマキ
日当たりのいいところにミニオダマキが咲いていた。

アルペンブルー
写真では毒々しい色になってしまったが、アルペンブルーもいつの間にかこんなにたくさん咲いて。

先日植えたユリはそろそろ芽を出さないだろうか…と地面を見ると、平らにならしてあるはずの土が少しガタガタになってる。もー、お母さんったら、ここにユリを植えたよって言っておいたのに、いじっちゃうんだから、と手で平らにならす。

すると、なんかべちょっとした感触のものが。何だろう?
次いで毎日かぎ慣れた臭いがした。
こ、これは・・・・・・・・・!!!!!!
ね、猫の〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!

ぎゃーーっという、もはや黄色くもない声を町内中に響かせ…るかと思いきや、人間とは本当にショックを受けると、絶句するものらしい。黙って、黙って持っていたスコップでその物体をどける。そして家に入って手を洗った。2回。
自分ちの飼い猫のモノすらつかんだことないのに、野良のなんか触っちゃって…へこむ。

そういえば以前も、同じ場所が引っ掻き回されていたので、ひょっとしたらそこは野良猫の便所になっているのかもしれない。猫の糞尿はなんの肥料にもならないどころか、草木を枯らせてしまうので、これ以上の使用を禁止するために、とりあえず木酢液を濃い目に溶いて撒いた。
そうして厚別へ出発したのだが…要は

今日の私は「ついてる」。ふっふっふ…もたげる自信。




勝ったし〜ヽ( ´∀`)ノ
帰りに寄ったスーパーでお魚もおまけしてもらったし〜ヽ( ´∀`)ノ
わーい!
posted by ぶらんか at 18:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月27日

順当

家でキリンカップを見ていたら、ウウ〜という消防車のサイレンが近づいて、国道からうちの前の道に入ってきたから驚いた。うちから50mくらい先のお宅が火事だった。別に見たい試合ではなかったけど、野次馬するのもなんかいやで、そのままテレビを見続けた。すると

UAEの華麗なカウンターアタック…ヽ( ´∀`)ノウワースゴーイ

90分、なんとか辛抱したが、なんちうツマラン試合!
火事見物に行けば良かったのか。
野次馬にでかけた母の報告によると、炎は見えず煙だけモウモウと上がっていたらしい。タバコの火の不始末だとか。怖いなぁ。

それにしても日本代表。
こんなツマラン試合してるのに、こんなにお客さんが入るのが不思議だ。何しに行ってるんだ、彼らは。いっぺん臨海に行け、臨海に!
ツマラン試合でも勝ってりゃまだ我慢もできるけど、順当に負けてるし('A`)

でも、今やアジア予選は通って当たり前という空気だけど、まだ1回しか予選通過したことないんだよね、よく考えれば。だからドイツに行けなくても、それはそれでやっぱり順当なことかもしれないね、ジーコちゃん。キミを責めるのもお門違いなのかもしれないね。でもジーコジャパンの試合はもう結構。バーレーン戦も見ないで寝る。だって次の日6時に出発しなきゃならんもん。
posted by ぶらんか at 21:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月25日

これからの予定

1年中で最も忙しい6月7月がやってくる。
いや、何が忙しいって週末の移動がw
最近、土日の疲れがなかなかとれなくっていけねぇ。(ヲイ

Jリーグが開幕する3月は、道内はまだ冬眠中だから余力があって、「もっと試合みたい〜〜〜!!」と叫んでいるのだが、5月に入るとどのカテゴリーも大会が始まるので、把握して選り分けるのから大変。

いろいろ吟味した結果、目下の観戦予定は

5/28 J2草津戦@厚別 13:00〜
5/29 練習試合サテvsU-18@ドームサブG 11:00
6/ 4 プリンスリーグ@旭川 10:00
6/ 5 総理大臣杯@厚別 11:15
6/11 J2徳島戦@ドーム 14:00
6/12 サテライトJEF戦@ドームオープンアリーナ 14:00
6/19 北海道クラセン@夕張 11:00

以下もうわかんない。
それにしてもまんべんなく見られる、いいスケジュールだなぁ( ´∀`)

7月はさらに精緻に、完全犯罪を目論む殺人犯のように、どこでアリバイを作るか地図とにらめっこしなければ。2日は浜厚真=厚別のはしごできるかな。安全運転、命が惜しいのでやめようと思ってたけど、どうも帯北とはとても大事な一戦となりそうだし、山形もぶっつぶさなければならないし。

っていうかキロロってどこですか〜〜〜〜??!!

原油価格高騰の折、遠出は大変なのにキロロって…まったく。
さっさと宮の沢に芝を張りなさい。

新緑
新緑と我が足ヴィッツ。
posted by ぶらんか at 22:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月23日

ユキヤナギ

今日は雨。

ゆきやなぎ

「雨の日と月曜日は」の通り、月曜日に雨に降られるとちょっとガッカリ。
でも今の時期は草花が大きくなるための大切な恵みの雨。それに昨日、義経も言っていたではないか。「春の雨は気持ちがいい」と。毎度、あのヘタクソな演技には心底('A`) なのだが、雨に打たれてみんなで笑うシーン、一昔前の青春ドラマじゃあるまいし、クサくて良かった(良かったのかよw)。
だから私も今日は傘を持たずに家を出た。



どーせ車だし。

今日の写真はうちの車庫の脇に植えてあるユキヤナギ。
満開になると小さな白い花がこぼれるように咲いて、とてもきれいなのだけど、この種類はつぼみがピンク色で、咲くと白くなるので、つぼみの時期に写真をとらないとどもこもならん、というもの。
posted by ぶらんか at 21:40 | Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月22日

窓猫

2月に書いたこの記事
http://todoconblog.seesaa.net/article/2080576.html
の三角窓から入ってくる風が気持ちがいいのか、老体に鞭打って久しぶりによじ登った猫。

窓猫

ペルー戦はあんまり退屈だったので、こうやって写真を撮ったり猫と遊んだり。用事を早く済ませていそいで帰ってきて損した。
あー早く7時にならないかなぁー。
posted by ぶらんか at 15:30 | Comment(4) | TrackBack(0) | ねこ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピアノ・マン

今噂の「ピアノマン」の話題。
http://www.nikkansports.com/ns/general/p-so-tp0-050519-0005.html

まだ記憶も戻ってないし、相変わらず素性がわからんみたいだけど、クラシック畑の人じゃなさそうだな…と、弾く曲が「白鳥の湖」だということから思う。クラシックピアノを徹底的に仕込まれた人なら、普通はピアノのために作曲された曲を弾くだろう。あの顔だと、ショパンやシューマンとか。(顔できめるやつ)

ふと考える。
もし、私がどこぞの海に水揚げされて、記憶喪失状態だったら、何を弾くのかなぁ。うーん。てんてんパラパラなような気がする。で、それを聞いた人に「タッチが荒いからプロじゃないな」とか言われるんだ…きっと。あ、落ち込んだ。_| ̄|○

ピアノ・マンと言えば、ビリー・ジョエル。
ビリー・ジョエルの「ピアノ・マン」は名曲だ。

アルバムジャケットは怖いが。まるで地縛霊かヤク中の手配写真。
でも若い。お肌はつやつや。

このころのビリー・ジョエルは内面に訴える(っていえば聞こえはいいが、ありていに言えば暗い。でもレベルの高い内容の濃い作品群)作品が多くて、このアルバムの前に出した第1作「コールド・スプリングハーバー」は全然売れなかったそうだけど、このピアノ・マンでやっとブレイク。
でもピアノ・マンにしても、8分の6拍子、つまりブンチャッチャブンチャッチャと3拍子でワルツ…なのよね。ロック・ポップスのヒットチャートの中では異色だ。こんな曲はコードをじゃかじゃかかき鳴らすだけのギタリストには書けまい。

ピアノ弾きが作るポップスが好きだ。ビリー・ジョエルの他、カーペンターズとかエルトン・ジョンとか。メロディがきれいだし、アレンジもピアノを前に作ったのが分かって。私自身がピアノを弾くから、ある種の手法に耳慣れててなじみやすいだけなのかもしれないけど。

だから初期のビリー・ジョエルの作品はどれを聴いても大満足。
しかし86年リリースの「The Bridge」あたりからジャカジャカロック色が強くなって、それ以降のアルバムはあまり聞く気がしなくなってしまった。歌詞もニューヨークのナイトクラブの人間模様を描き、小さな映画にもなりそうな「ピアノ・マン」の世界や、斜に構えて社会的風刺をしたりしてた時代から、結婚して子供ができて、愛娘よ〜パパはキミを守る〜〜とかになっちゃったら、ねぇ…('A`)

クラシックを含む伝統芸能の世界では5,60代は円熟期の真っ只中なのに、流行モノの世界はつらいな…でも「New York State of Mind」は、今やジャズのスタンダードのようになってるし、過去の曲に対して、年を経た新たな表現もあるだろう。ライブで見たいものだ。できれば小さなライブハウス(って今は死語?つか、「生きている家」って怖いよね)で、ビリーがピアノを前に弾き語るというしみじみとしたスタイルの。
posted by ぶらんか at 11:38 | Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月21日

春の庭

今日はいい天気!

プリムラ
まずは小さくプリムラから。

ムスカリ・青ムスカリ・白
青いムスカリと白いムスカリ。

パンジー
久しぶりに寄せ植えなど。

オキナ草
オキナ草。

エゾツツジとチューリップ
ツツジはもうすぐ終わり気分。ここは日当たりが悪いのでチューリップはまだつぼみ。

さくらんぼの花
八重桜よりも早く咲いたさくらんぼの花。
これがみんな実になってくれたらうれしいのだけど、大きくなるのはほんのちょっと。(^^;
posted by ぶらんか at 11:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月18日

逆境また逆境

朝、いつものようにJ's Goalをチェックしていて、連勝・連敗記録の数え方の変更ありと知る。
コンサドーレのJ2連勝記録は16連勝から14連勝に減ったが、でもまだJ2記録に残ったようだ。延長で勝利をもぎとった試合も多かったから、90分内で決着をつける今となっては、これを破るのは相当難しいんじゃないかなと思う。でも破るのはやっぱり札幌であってほしい…な、なぁ〜(^^;

ともあれ、引き分けの価値が認められて良かった。「引き分けはさんで○連敗」って頭にきたもん…去年。いくつ負けたかは負けすぎて忘れた。


ところで。J's Goalにまたこんな記事を発見。
「刈谷市制55周年記念」プレシーズンマッチ刈谷大会「6月25日(土)名古屋対G大阪」開催のお知らせ [ 名古屋 ]
http://www.jsgoal.jp/club/2005-05/00019406.html


いや、ほんと、どうでもいいニュースなんだけど。
昔、刈谷に住んでたので。へー、刈谷で大黒くんが拝めるのかぁ〜(コータとか言わないw)と少し嬉しくなってしまった。

刈谷はデンソー本社がある町で、車しか走ってない、愛知県ではありきたりな工場の町だけど、私がその町の高校に通っていたころ、サッカーが強いと評判だった。はず。私にはサッカー部のエースに恋するという甘酸っぱい思い出もないし、全校上げてサッカー部や野球部の応援をすることもなかったし、サッカーに関する記憶は全然ないんだけど…。

Jリーグが始まった93年にはもう札幌に帰ってきてたので、愛知県でのサッカーの盛り上がりは測りかねるけど、もし、私が今現在も刈谷に住んでいたとして、コンサのようにグランパスを応援しているだろうか、JFLデンソーの応援にかけつけているだろうか、と考える。

たぶん、ないな。

名古屋グランパスが会社の運転資金集めのために、500円缶バッジ募金なんかするわけないもん。
コンサドーレは会社組織が脆弱で、グタグタで情けなくて、どぉ〜しようもないクラブだけど、「私がなんとかしなきゃ!」と人を熱くさせることのできる、やり方がひじょーーに小憎らしいクラブだもんだで…グランパスはこの方式はとてもマネできまい? ふははははははは・・・・!!!

あれ?

勝ち誇ってるし。_| ̄|○ハジカイタ…
そうじゃなくて、、あの缶バッジ募金のときは、なんかまるで”大雪が降った日に近所総出で協力し合って除雪する”みたいな雰囲気があって、なんだか札幌らしいなぁと思った記憶がある。おまけにたくぎんが破綻して失意のどん底だった年にJ昇格だから、夢を託した人はたくさんいたんだよ…。思えば最初から逆境だったこのクラブ。
でもそれがなかったら、私なんか興味を持つこともなかっただろうな。
posted by ぶらんか at 13:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月17日

アヨロ温泉

昨日の室蘭行き。

GW中に「母恋めし」とか「日帰り温泉ドライブ」とか、ローカル番組で変に情報を仕入れていたおかげで、サテはともかく楽しかった。

ローカルニュースで、ほっき貝の炊き込みご飯をおにぎりにした「母恋めし」がにわかに脚光を浴びているというので、1日40食限定だというそのお弁当を買いに、母恋駅に寄った。12時ごろだったけど、もう売り切れてた。

テレビでやったばかりだもん、当たり前だよね〜。
流行り物のために奔走したり、並んだりという面倒なことをする趣味はないので、お昼は他のものにしようとすっぱりあきらめて、とりあえずスタジアムへ向かう。キックオフまでまだ2時間もあるので、道の駅行ってハンコもらってこよう…。スタジアムを素通りして「みたら室蘭」へ。が、私の車の前を観光バスが邪魔をする。もっさりと動かないバス。

見えないんじゃ、邪魔なんじゃ〜〜!!

と、その前のバスに道を譲られるようにして、コンサバスが横切るのが見えた。おおっ、選手も到着したんだ。とたんにうれしくなって、ストーカー行為開始。が、前のバスが相変わらずもっさりと私の行く手を阻む。あんまり邪魔で、「ぶつけたろか、コイツ!」とムキになっていると、そのもっさりバスがコンサバスのあとに続いてスタジアムへ入ってった。

もっさりバスは柏の選手たちを積んでいたのだった。
醜態晒さないでよかった…(^^;
なんのこっちゃ。

試合は割愛。
山の民なので、室蘭に行ったら地球岬やイタンキ浜から憧れの海をながめるのが定番なのだけど、雨がついに止まなかったので、行っても仕方ないと思い、さっさと36号線を上る。

この日はローカル番組で紹介されてた虎杖浜温泉にいく目的もあった。
一瞬「フィリピンかよ!」と突っ込んでしまったアロヨ温泉じゃなくて「アヨロ温泉」が源泉かけ流しでよいという評判だったので。

温泉は国道沿いに大きな看板があったので、迷わずにいけた。
温泉の公式?サイト:http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Forest/6449/

ん、ボロい。
でもどことなく懐かしい。ユースホステルの趣。
しかも入泉料が300円って…銭湯370円の時代ですが、それでいいんですか?という安さ。札幌近郊で源泉かけ流しというと、豊平峡温泉が思いつくけど、1000円も取られるのに…(当然カレーライスは別料金w)

ただしさすが300円だけあって、脱衣所に貴重品ロッカーはなく、洗い場に石鹸・シャンプーの備え付けもなく、露天風呂もない。薄暗い脱衣所は静かで、トタン屋根に雨があたるのが聞こえる。この頃はどこへいっても高気密住宅だから、久しぶりにこんな音聞いた。古ぼけて汚い(不潔という意味ではない)けど、不思議に心が落ち着く…昭和生まれだからかなー。古い建物のもつ、かび臭さも実は好きだ。

お風呂場には、私のようなドライブ帰りの遊び客の姿はなく、1日の疲れを流しにきた近所のおばちゃんという感じの人たちが静かに体を洗っている。石狩の番屋の湯は好きでたまに行くけど、あそこは人気スポットゆえにいつも混んでいて、ざわざわしている。それに慣れてると、この静けさは…ん〜渋い。

湯船は深く、お尻を下ろすと頭のてっぺんまで沈んでしまうほどだけど、寒いところで寒い試合を見た後だけに、首まで浸かれてありがたかった。「ぬるめのお湯でじっくり半身浴」なんかできるか、お風呂は熱いお湯に首まで浸かるんだ!!という主義だし。ちょっとぬるぬるとしたお湯で、海辺の温泉のわりにそれほどしょっぱくなかった。温泉のお湯を飲めるようにもなっていた。

アヨロ温泉、温泉の質はもとより、雰囲気が気に入った。もう少し札幌から近ければ、足しげく通えるのになぁ。えーと、次の室蘭行きは…
posted by ぶらんか at 00:28 | Comment(3) | TrackBack(2) | 小さな旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月14日

猫砂考

猫を飼うための必需品、猫のトイレ砂。
朝寝猫

砂と一口に言っても数種類あって、それぞれ長所短所がある。
鉱物系、木・紙系、シリカ…。うちは安い鉱物系のを長いこと使っていたが、安いのは掃除するときや、猫が砂をかいてオシッコを隠すときに、もわっと細かい粉が舞い上がり、辺りがザラザラする。数年前、この細かい粉に嫌気がさしたのか、猫がオシッコをしなくなってしまい、あわてて少し高価な粉の出ないタイプのものに替えたところ、めでたくオシッコは復活したが、粉の出ないのはなぜかオシッコを固めるのに大量の砂を使う。とっても不経済…。そして重たくてスーパーで買い物するのも結構大変。

紙くずから作った「紙の砂」は軽くて扱いが楽で、燃やせるゴミに出せるのでエコロジーとはいうが、オシッコを吸収させてから固める(乾く)までに時間がかかり、トイレがジメジメしてにおいがこもる。猫・人間双方に不評だった。
シリカは臭い・扱い共に楽そうだが、高価なので試してない。(^^;

さて、どうするか…と思っていたところ、先日利用したペットフードの通販の会社が、猫砂の試供品をプレゼントしてくれた。試供品といっても8Lの普通の市販サイズで、「へぇ〜太っ腹だねー」と思ったけど、「ひのきの猫砂」だ。木屑系は紙の砂と同じで、ジメジメするんじゃないのかな、と最初は懐疑的だった。おまけに「オシッコするとひのきのいいにおいが辺りにたちこめます」ってアンタ、臭いを残さないために排泄後にカシャカシャとそれを埋めるっていうのに、他の臭いが上がってきたら、猫がビックリしていつまでもトイレから出られないじゃん!!そんな人間の都合で…と笑ったりもした。

でもこれが案外…良かったりする。
オシッコの吸収は早く、しかもコンパクトに固まるので、あまり砂を使わない。粒が大きくて粉塵も出ない。軽い。燃やせるゴミに出せる。値段も定価は高いが、安売りを狙えば500円以下でいけそう。いいじゃん、これ。と人間的には納得の商品なのだが、猫はどうか。最初、自分のオシッコがさわやかに香ることに、やっぱりビビっていたようだが、今はすっかり慣れて普通に使っている。トイレの外におもらしすることも減った気がする。(←年取ってから間に合わないのか、潔癖症が進んだのか、汚いと箱の外にやりやがる)

今のところ気になる短所もないので、うちはしばらくひのき製で行く予定。
猫が若いうちは何を使っても双方気にならなかったけど、年を取ると健康第一でいろいろ試さなければならないようだ。まぁ昨今のペットブームのおかげで、試すのも楽しくなってくるほど商品がたくさんあるのはありがたいこと。
posted by ぶらんか at 10:20 | Comment(2) | TrackBack(0) | ねこ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月13日

サクラサク

青空

今日はいい天気だったなぁ。
できればお布団干したかった。
んで、布団叩きもって「しばくぞ!」とか叫びながらバシバシして…

写真は通りがかりの桜の木。
まだまだ満開には程遠い咲きっぷり。
春先には日本人、というか本州の人はさくらさくらと心待ちにするけど、私はライラックが咲くことの方がずっと楽しみだ。愛知県に住んだことでその心情をなんとか理解することができるけど、札幌に帰ってきたら、やっぱりライラック。だって…たぶん、北海道では桜も梅もつつじもレンギョウもこぶしも、みんな一遍に咲くから。日本の国の花、さくらといえどワン・オブ・ゼムでしかない。ライラックはそんな第1陣に少し遅れたころ、芳香と共に咲き始めるから、存在感がある。

で、実はさくらより梅の方が好きだ。梅は実がなるし〜。
明日は厚別帰りに平岡公園に寄ってみようかな?混んでいるだろうなぁ。
posted by ぶらんか at 22:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月10日

しょうが酢

毎日あんまり寒いので、今日はついにババシャツ復活させてしまった。

この頃はドーム観戦ですっかり体がなまってしまい、準備も怠って、みぞれまじりの夕張でサッカー観戦レベルではとんでもなく薄着だった。完全に冷えて、観戦後温泉に飛び込んでも汗一つ出なかった。しょうが酢を飲んでやっと回復しただよ…
週末の厚別は完全防寒で。靴も冬のブーツで行こうと思う。

※しょうが酢
黒酢の中にスライスしたしょうがを入れ、1ヶ月ほどおく。
お湯で10倍程度に薄め、好みで砂糖やはちみつを入れて飲むとポカポカ( ´∀`)

5月にもなって何の紹介してるのやら。




posted by ぶらんか at 22:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月08日

ドライブ中に発見

ヤリキレナイ川夕張へ向かう途中の由仁町で見つけた噂のヤリキレナイ川。
中途半端な守備で無様に負けたチームや、ロスタイムに失点して勝ちきれなかったチームのサポートをしてたりすると、身につまされる名前だ。
看板の傾き具合もまた絶妙で、そこはかとなく脱力感を湛えていて秀逸。







posted by ぶらんか at 18:09 | Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月02日

題名のない音楽会

昨日のうちに書いておけばよかったけど、

やい、「題名のない音楽会」、もう許せん!

スペインという国の紹介すんのにビゼーの「カルメン」使うの止めれ!
それ、スペインじゃないっつーの!!キー!バカにして〜〜!!

http://www.tv-asahi.co.jp/daimei/html/onair/back/05/0501/index.html


「アランフエス協奏曲」があるでしょ、アランフエスが。
ファリャの「火祭りの踊り」を知らんのか?アルベニスの「入り江のざわめき」は。
タレガの「アルハンブラの思い出」は!
モンポウは…まぁいいや。

そんなこんなで明日っからアルベニスとグラナドスを弾きまくる予定。


アマゾンの商品券ほしさにアソシエイト・プログラムに入ってみたので、早速私好みの「アランフエス協奏曲」をおすすめしようと思ったら、こんな↓バナーしか出ないんでやんの。



ペペ・ロメロのギター&マリナー+アカデミー。
これはいい。絶対。
posted by ぶらんか at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする