2005年01月31日

猫の恩義

練習試合記事を求めてプラプラしていたら、こんなニュースを見つけた。

”猫の恩返し”火事から飼い主救う
http://www.sponichi.co.jp/society/kiji/2005/01/30/02.html

飼い猫5匹と一緒に寝ていたおじいさんの家が火事になり、猫らが急を知らせて無事脱出に成功という美話仕立てのニュースだが…。

この記者は猫のことを何も知らない。

猫ともあろうものが

「おじいさん、火事です!早く逃げてください!!」

なんて… ( ´,_ゝ`) プッ
ないない、絶対にない。

この場合、おじいさんを引っかいて起こしたのは

「おい、火が出てるぞ、とっととドアを開けろ!(俺様が)逃げられねーだろ!!」

これが正解。

猫にとって人間とは
「自動えさ製造機」…足に体をこすりつけるとごはんが出てくる仕組み。
「自動ひまつぶし機」…代償として体を触らせなければならないのがめんどくさくはあるが、ねこじゃらしはまぁ、、面白い。
「自動トイレ掃除機」…一声鳴けばすぐにきれいに。ていうか何も言わないでも掃除できる全自動のやつがほしいなー。

こんなもんだ。_| ̄|○
でもまぁ、こんな片思い状態が愉快で楽しくて。これが猫を飼う醍醐味だ。
posted by ぶらんか at 13:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | ねこ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月29日

豚の角煮

人はなぜ豚バラ肉を柔らかく煮るのか。

たまに無性に煮込みたくなるのが豚バラ肉じゃないかと思う。
で、作るだけ作って、実は脂身が多すぎてあまり食べる気にならないという…

先日、NHKの「きょうの料理」で紹介されていたレシピ。
http://www.nhk.or.jp/partner/cooking/recipe/200501_4_1.html

グッチ裕三さんのレシピはいつもとてもアバウトでテケトーだけど、けっこうおいしいので、放送は楽しみにしている。
でもさすがに30分じゃとろとろにならないと思うので、経験を元に少しアレンジしてみた。

分量はこのままで、2センチに切った豚バラ肉をビニール袋に入れ、そこに黒砂糖を砕いて入れ、少し揉んで冷蔵庫で1〜2時間寝かせる。一晩くらい寝かせてもOK。

その肉を焼く。
砂糖がついているので、焼くと焦げやすいけど、煮込んだ後おいしそうな肉の色になる。
(↑これも誰かの受け売り)

鍋に落ちた余分な油をふき取り、肉がかぶるくらい水を入れ、分量の焼酎(泡盛)&しょう油を加える。ビニール袋に残っている砂糖も入れ忘れずに入れる。
肉の上にクッキングペーパーをかぶせ、肉が空気にふれないようにしてから、落し蓋をしてクツクツと好きなだけ煮る。火加減とか時間とか、ここの加減を工夫するのが角煮作りの醍醐味。

今日は昼過ぎに肉を仕込んで、煮始めたのは3時過ぎ。1時間位煮て、一度火を止めて含ませて、5時にもう一度火をつけて6時に晩御飯。長時間煮るから水を増やしたのはいいけど、何をトチ狂ったか焼酎としょう油もドバドバ入れてしまったので、少ししょっぱかった。でも

やわらかぁ〜〜ヽ( ´∀`)ノ
posted by ぶらんか at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月26日

今更野暮で蛇足だけど

山瀬の移籍に際して一言…

浦和へのリベンジ、オメデトウ>小山さん

小山さんの口から「山瀬は残留」と語られた、という情報が流れてきて、その3日後に移籍会見だったもの、私も相当に混乱したけど、当の小山さんもさぞかし…と思っていたわけで。今度こそ逃げられないように、頑張ってください。無理っぽいけど。
(もう3年経ったので時効成立かと思い、書いてみたw)

しかしキミの移籍会見というのはいつも、うしろめたい顔してやるんだね、山瀬くん。
自分勝手をしてると自分で分かっているからなんだろう。心機一転したい気持ちは分かるけど、ゲームと違って、一度始まってしまった人生と、キミに関わった人の気持ちをリセットすることなどできない。こんな言葉、軽軽しく使わない方がいいよ。もういい大人なんだから。

あと、どういうわけか知らないけど、「山瀬帰ってくるかも」と噂を信じたがったコンササポのみなさん(複数いるのかは不明)、お疲れ様でした。
( ´,_ゝ`) プッ




あーそんなことより名鑑だよ…orz
ものごと順序よくやりたい性格なので、1番目にいきなり新加入選手がいると、非常に困る…といっても1番はあの林クンだけど。まぁ開幕までにはボチボチと。

各紙の新加入選手紹介の家族構成を見ると、今年の選手もやっぱり「次男以下(その家族の2番目以降の子供)」が多い傾向。(でも徐君は当然?一人っ子。)
うーん、やっぱりねぇ。となんとなく納得。もう定説にしてしまおうか。

そうすると、前述の山瀬は3人兄弟の1番目、バリバリの長男なわけで、これもやっぱりなぁ…と納得。次男以下なら人に対して、もうちょっと甘えというか、交渉術というか、妥協というか、小賢しく上手いから。いくらサッカー人生は短いとはいえ、人生は長いんだから、まぁ肩の力を抜いて行こうよ、長男くん。
posted by ぶらんか at 12:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月25日

雪山観測

雪山

ついにこうなった。

昨日からBS画面にチラチラと銀の魚が泳いで見難いので、またパラボラアンテナの除雪しに屋根に上がらねば、と思っているのだが、この雪山を越えてはしごまで雪を漕ぐ気力がなく…。ていうか窓も埋もれてるよヽ(`Д´)ノ

「チャングムの誓い」がある木曜日までになんとかしなきゃ…こんなに積もったら、たとえ足を滑らせて下に落ちても死にゃしないだろう。体は無傷でも、埋もれたまま脱出できなければ死ぬけど。でも子供のころはじいちゃん家の2階の屋根から、除雪されてできた雪山へ飛び降りて良く遊んだし、屋根の雪と一緒に落ちなければ大丈夫かな。
posted by ぶらんか at 22:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | シリーズもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月23日

雪景色

2階の窓の外

うちの2階のベランダの今朝の風景。
この冬からの積もり積もったものだけど、昨日で完全に私の背丈(168cm)を越えました。
こんなだから、夜、カーテンあけっぱなしで電気をつけても覗かれる心配がない。(といってもカーテンしないと室温が下がるのであけっぱなしにしておくことはないけど)

除雪で肩こり悪化…_| ̄|○
posted by ぶらんか at 10:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月22日

番屋の湯

自宅の薄暗い部屋の中に「どさんこワイド」の"ようちゃん"こと木村アナ(この人)がいる。どさんこワイドの中継の待機場所になっているらしく、母がご丁寧にもカニ雑炊など供している。

お正月にだってついに出てこなかったカニなのに、まったく、北海道の主婦はなんだってこう、木村と明石に弱いのかね!!!

と私が仏頂面を臆面もなく彼の前にさらすと、彼は平然として例のオバサン口調で

ちょっとアータ、アータも早くこっちきて一緒に食べましょうよ!

と手招きをした。
う、なんちうリアルな夢…_| ̄|○


こんな夢見の悪い日もあって、今週は非常に肩が凝って苦しかった。一番ひどかったのは月・火あたり。首が回らなくなり、車線変更するのに左後方を目視で確認…

ぎゃああああ・・・・・

刺すような痛み。
もちろんバック駐車もできなかった。心眼で運転していた恐ろしい1週間だった。

それで今日は湯治に…石狩の「番屋の湯」まで。
http://www.banyanoyu.com/

南区の果てから札幌の北の果てまで。つーかもう札幌市じゃないし。
車で1時間ちょっとの旅。雪が降って視界が悪いので、あまりスピードは出せなかったけど、まぁまぁ快適なドライブだった。先日行った小金湯温泉もいいんだけど、10分くらいでついてしまうので、エンジンもあったまって、さて、と思ったとたんについてしまって面白くないのだ。

ネットで調べたところ、露天風呂から眺める日本海が絶景!!
とのことだったので、出かけたのだが…
吹雪で灰色の空しか見えなかったよヽ(`Д´)ノ

でも悪天候のおかげで、「人気があっていつも混んでいる」はずの温泉も、あまり人がいなくてゆったりできたので良かった。肌もつるつるになったし、温まって肩こりも軽減された。気が短くて長湯ができないので、30分そこそこで温泉を後にする。

帰り道は「ガトーキングダム」に寄ってケーキとお菓子を買ってきた。
ちょっと裏切り行為な気分が…でも価格帯も商品も違うし、住み分けができてるみたいだし、まぁいっか。コンサドーレがそこにいないと、あんまり行く気がしないのね。ごめん。

chapel.jpg

隣のホテルのチャペル。
まだテルメだったとき、結婚式に呼ばれてここまできたなぁと思い出して一枚。


雪はさらに激しくなり、ときどき渋滞にひっかかって、帰りはかなり時間がかかった。視界が悪く、ガラスも曇ってよく見えなくて緊張してぐったり…そして家に帰ってきてみれば、どっさり雪が積もってて、すぐに除雪をしなければならない状態だった。そうして約30分、せっかく温泉に行ったのに体は冷え、運転と除雪の重労働で、また肩がピーーーーーーーン…

無意味。
posted by ぶらんか at 22:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小さな旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月19日

ボールドの新作CM

昨日はちょっと疲れがひどくて、早めに横になっていた。
うとうとしてたら、窓ガラスがかすかにミチミチっと音を立て、体が揺れている感じがした。でも寝ぼけてるのか地震なのか良く分からないなーと思いながら、眠りに入っていった。

ウチではこの程度だったのだが、厚岸で震度5か。
なんてこった。


さて、このトドコンブログでひそかにヒット件数の多いこの記事
http://todoconblog.seesaa.net/article/622407.html
の続編。ボールドの新しいCMを昨日みたんだけど…

ボールド相変わらず洗濯にいそしんでいる彼氏。今度は白さを強調するためか、雪山&大雪原で洗濯物を干している。で、例によって男臭い方が現れて、「白くてどれがタオルだか分からない!」とかいいながら雪原に走り出し、洗濯物のタオルにつっこんでめくれたところで初めてタオルと雪の違いがわかるというお話。

('A`)… 

ありえねー。
冬に外で洗濯物干したら乾く前にバリバリに凍るべやー。
これだから本州の人間の考えることは…はんかくさいんでないの。

と盛り下がりまくりだったわけだが。

さて、道民の反応はいかに。


ちなみに我が家では冬は脱衣所に干すのだが、暖房と給湯用のボイラーがあって暖かいので、夏よりよっぽどさっぱりと乾いて気持ちがいい。
ただ年々乾燥肌がひどくなり、今年はウエストラインも衣服が当たるところがガサガサになってしまっているので、柔軟剤は極力抑えているところ。だから柔軟剤入りのボールドは使ってなくてゴメン。
posted by ぶらんか at 12:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月18日

街角にて

昨日、ストッキングを買いに、とあるスーパーの衣料品コーナーに寄ったところ

MY LIFE IS HEAD

というロゴが胸についたカットソーがディスプレーされていた。


私の生活は頭である。

いや、待て。




私の人生は頭である。




曽田さん?

店内撮影禁止で写真はとらなかったけど、その場で固まってしまった。
最近は英語だけじゃなくフランス語でなにやら書いたTシャツなんかもあるし、こうなるとさすがにチェックできないけど、外国語ロゴシャツなんて恐ろしくて着られまへん…

まぁ、外国人も日本語Tシャツを訳も分からず喜んで着てるからお互い様だけど。
ホベルッチなんか「白い恋人」を誇らしげに自分の公式Webにアップしてたしね。
posted by ぶらんか at 12:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月16日

猫騒動

プチクロワッサン昨日、やることもないのでクロワッサンを作っていた。
5,6センチほどの小さいクロワッサンを天板の上で2次発酵させていたところ、そのうち1個を猫が食べてしまったので大騒ぎ。

そりゃ卵や砂糖やバターが入っていて食欲をそそられるのは分かるが、それはナマだぞ…びっくりして背中を叩いて吐き出させようとしたが、すっかり飲み込んでしまった後だったのでとうとう出てこなかった。

昔は人間の食べ物には絶対手を出さない上品でしつけのいい猫だったのに、この頃は隙を見てはこうしてつまみ食いをする。老害おそろしや。
ていうか、悲しい。_| ̄|○

そんな変なものを食したけど、体調に異常はなさそうだったからまぁいいか…と思っていたら、今日のお昼近くになって急にトイレを行ったり来たりして落ち着かない。多量のウンコを出したのにまだおなかに残っている感じがするらすぃ。もういくら踏ん張っても水分しか出ないのに。
わおーわおー泣いて、「なんとかして」とすがるような目でこっちを見てる!

そんなの知るか、バカ!!

お湯を浸したティッシュでお尻を拭いたり、トイレを掃除したりする以外はオロオロして見守るしかできないのだよ、こっちは。かかりつけの獣医さんに電話しようかどうか悩んだが、1時過ぎにようやく落ち着いた。
抱き上げたら、さすがの肥満猫も少し軽くなったような気がした。

こんなことがなかったら今日は長沼か新篠津か、その辺へ温泉ドライブに行こうと思ってたのにーヽ(`Д´)ノ


食べ物の管理はしっかり…というお話でした。
posted by ぶらんか at 14:37 | Comment(1) | TrackBack(0) | ねこ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月09日

STAY GOLD

ちょっとちょっと、昨日の「乾杯コンサ」、BGMはなんじゃありゃ!!

スティービー・ワンダー「ステイ・ゴールド」

タクトくんがすぐ入ってきたから良かったようなものの、藤ヶ谷とのお別れに「ステイ・ゴールド」ってアンタ。

この曲は、その昔マット・ディロン主演の「アウトサイダー」のテーマ曲で、夕暮れのラストシーンにこの曲がかかると涙を流さずにいられない、感動的なバラードである。
(今まですっかり忘れてたけど…)

「アウトサイダー」は80年代初めのコッポラ監督による「青春映画」で、家庭に恵まれない不器用な反抗期の若者が「大人はわかってくれない」とか言いながら不良になって、仲間とつるんで、抗争で仲間が死んで泣いて…とってももどかしいお話。(^^;
もう少し大きくなった後でみた、ジェームス・ディーンの「理由なき反抗」と同じ系譜かも。あのころ、ディロンはジェームス・ディーンの再来とか言われていたし。

そのころの私はまだほんの子供で、主人公の気持ちがいまいち理解できなかった。ただただもどかしかっただけだ。
でも映画のラストは確か、主人公に明るい未来が待っているわけでもないし、絶望感はそのままだったよーな気がするけど、そんなときに「ステイ・ゴールド」がかかると、君は世間からはじき出されたアウトサイダーだけど、そのままでいい、そのままの君でも愛している、泣きながら一生懸命生きろというようなメッセージが聞いて取れて、とても慰められたのだ。そう、慰めの曲なんだ。

それを藤ヶ谷の思い出アルバムのBGMにかけるとは…
年寄り泣かせやがって。・゚・(ノД`)・゚・。
チクショーやられた!ふじがやーーーー




うまいなぁ、STV。


今日はクローゼットにしまいっぱなしの昔のカセットテープ漁ってみよう…
たぶんあるはず。
posted by ぶらんか at 13:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月08日

札幌駅

札幌駅長年酷使してきたPC付属のマウスがついに天に召されてしまったので、新しいのを買いにヨドバシへ行ってきた。そのついでに札幌駅に行っておのぼりさん的写真を撮ってみた。

きれいだけど、なんていうかテーマパークの中の建物みたいで生活感がなくておもちゃみたい。あんまし好きじゃないな。この駅舎&周辺テナント。

とはいっても駅のプラットホームあたりでは、様々な人の行き交いがあり、出会いと別れの小さなドラマがあったりして、それなりにロマンチックな雰囲気を味わえるだろう。ドラマなんて大げさな、と言いたくなるほど当たり前すぎる通勤通学の生活風景も見られる。
けど線路のない南区の住民はそこまで立ち入るチャンスもなく…。ふん。

私は観光するなら自然より、人の欲望渦巻く大都会の方が好みなのだけど、欲望も何も…駅の外はほとんど人がいないから。寒いからなぁ…。名古屋も駅の外に出ても車しか走ってなかったりするけど。

そんなこんなで札幌の中心部なら、すすきのが一番好き。雰囲気とにおいがあって。ただ、その雰囲気の呑み込まれ、あることないことしゃべったり、感覚で行動を起こして失敗した数々の経験が私をすすきのから遠ざけている今日この頃。(^^;
posted by ぶらんか at 22:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | さっぽろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月02日

猫と年越し

留守番猫パソコンを置いている机のとなりには椅子がおいてあって、そこは猫の寝床になっている。タオルと毛布を重ねておいてあるふかふかの寝床だ。
足腰が弱ってきた猫のために、椅子の隣にさらに低い机を置いて、踏み台に使えといってあるのに、そこまでモウロクしてないわ!と直接椅子に飛び乗ることで、猫としてのメンツを保とうとしている誇り高き14歳。

しかし…今日は見てしまった。
机に向かっていると、後ろからそろりとやってきて、私の横で椅子に飛び乗ろうと構えている。そしてすたっと跳躍!

が、後ろ足がすべって落ちてしまい、前足の爪を毛布に立てて、なんとか体勢を元に戻そうともがきぶら下がっている。毛布は椅子に固定してないので、猫の重みで一緒にずり落ちそうだ。無様。
飼い主は笑いをこらえながら、お尻を支え、上に乗るのを助けてやった。
「おばあちゃん、ほらしっかり。」でも猫は

もうこないよヽ(`Д´)ノ ウワァァァン

とすぐさま椅子を飛び降りて以来数時間、姿を見ていない。
猫なりに恥ずかしかったらしい。

このごろ、トイレに行くにも間に合わなくて、砂箱の外に粗相してしまうこともあるけど、そんな時でも決して叱らないように気を使っているんだけどなぁ。
そんな優しさもつらいですか?

思えば去年の初めごろ、便秘でうんうん苦しみだした時から猫の老いを感じて、「ひょっとして今年でお別れなのかなぁ」と覚悟して過ごしていたけど、薬を続けることで快便も復活、食欲は以前にも増して旺盛で、おかげさまで元気に年を越すことができた。秋まで生き延びれば15歳だ。でも今年も「今年でお別れかなぁ」と思いつつ日々を過ごすことには違いなく、避けられないのならそのときが安らかであってほしいと願う。

posted by ぶらんか at 13:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | ねこ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月01日

元旦

藤娘あけましておめでとうございます。
(「あけおめことよろ」で済ませられない世代)

ウチの雑煮はトリガラでスープをとってかつおだしとブレンドし、大根・にんじん・わらび・たけのこ・鶏肉にいくらをトッピングして食べる。

大晦日のうちに、トリガラを煮てダシを取るのだけど、今回のトリガラには肉がたくさんついていて、そのまま捨ててしまうのももったいなく、肉をこそげ取ってそのまま猫に食べさせるか、そぼろにしようかと案じるくらいたくさん取れた。

日ごろ料理に使う鶏肉といえば、モモか手羽という、すでににトリの形をしていないものだけど、トリガラは「なんだこの長細いの?」とほぐしてみたら細かい骨がバラバラと出てきて、わーーー頚椎だ!背骨だ!とカナーリ生々しい。肉をとったあとのトリガラはもうあとかたもなくバラバラで、酉年を明日に控えて何をやっているんだか…と思った大晦日だった。
食うために生きるために他の動物を屠る。自分でこの鶏の首を絞めたわけじゃないけど…結構いろいろ考えた。

元旦の午前中は除雪してたらほとんど終わってしまった。
すぐ天皇杯。
一番のトピックはやなり

ヌッツォキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

実態に合わない無茶な戦術を、個人技によって美しくまとめた、そんな君が代だった。
ていうか三郎くん、ひょっとして私のブログ読んでくれたのかしら。うふっ。ありがとぉ〜!
次のリクエストは米良美一だよ!

境内の松天皇杯が終わったら、暗くならないうちにと初詣に近所の石山神社へでかけた。3時を回って変な時間だし、地元の小さな神社なので全然混雑してなかった。おみくじは「末吉」でっかい仕事はやっても無駄らしい。(´・ェ・`)そっか。何かする前には深呼吸するように、って書いてあったのが印象的だったけど、境内にしばってきちゃったので、もう覚えてないや。今年のキーワードは「深呼吸」ということで行こう。

確か去年の元旦はテレビを占領されてて、ラジオで1人寂しくウィーンフィルのニューイヤーコンサートを聞いた恨みをここにつづったような気がするが、今年はちゃんとテレビで見られた。

コンサートも後半になると、ボチボチ私でも知ってるような有名な曲がかかり、「ピッツィカート・ポルカ」では指揮者のマゼールが楽団員からヴァイオリンをひったくって?弾き振りをしているかと思えば、続く「ウィーンの森の物語」のソロもツィターじゃなくて、またヴァイオリンをひったくって自分で演奏してた。んまかった。
それはそれは素晴らしいワルツだったのだけど、、第3ワルツのところでラッパの人が繰り返しを忘れて、1人で先に進んでしまったからさぁ大変!

というほどでもなかったけど、他はピアノで静かに繰り返しているのに、ラッパだけパッカパカとフォルテでやっちゃったので、一瞬ワヤだった。ウィーンフィルの人も人間、間違えることはあるんだなぁ。
でも「わーーやっちゃった!やっちゃった!」と思わず野次を飛ばしてしまった。

いうなればその昔、楢崎がゴールキックをミスってウィルにパスしてしまって、こちらの得点になったときにはやし立てた、あんな気分。

それからアンコールのお約束「美しく青きドナウ」の演奏が終わり、さあいよいよ「ラデツキー行進曲」だぞ、と鼻歌うたいながら待っている。画面にはもうエンドテロップが流れているが、このテロップが終わったらカメラが再びステージに戻って、演奏が始まるに違いない!と信じていた。それほどラデツキー行進曲はお約束なのだ。

でも、結局演奏はなかった。

スマトラ地震で多数の犠牲者が出、このことを忘れないためにとのことらしい。ラデツキーが演奏されなかったのは異例中の異例だから、そのことを思い出せば地震のことも思い出す、と。ドイツ語が分かれば、演奏の前にマゼールさんがそう言ってたのがわかったのに。ちぇー。残念だなぁ。でも未曾有の被害にこんなことからでも、どんどん支援の輪が広まっていきますように。

私も。日本赤十字社義援金募集ページ
http://www.jrc.or.jp/sanka/help/news/703.html
posted by ぶらんか at 23:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。