2004年12月30日

間違い電話再び

6時半に叩き起こされた。
アンタのケータイがさっきから鳴ってるから何とかしろという。

すわ、藤ヶ谷移籍が決まったか?!

なんて思うはずもなく、見れば全然見たことのない番号で。出ると男の声で

4r5tgyhjukoi:;lptrggjj.loi:/
(PCのキーボードをグリッサンドしてみましたw)

またハングルだよぉ('A`) 
こないだと同じ人か?と思ったけど、やっぱりコミュニケーションが取れないし、叩き起こされて機嫌がいいわけないので

うるせーバカ!市ね!

といって切った。…来年は2chから卒業しなきゃマズイな…
それからすぐ、また鳴ったのでドライブモードにしたら今はもうかかってこなくなったけど、今度またかかってきたら何かの対策をとらないとな、と思う。
まぁ相手が理解できない言葉で罵声を浴びせるのは、ちょっとストレス解消になっていいんだけど…Mの人かもしれないし。


ところで…2ちゃんねるといえば、管理人のひろゆき氏がなかなか面白い御仁で、メルマガをとってたりしてたのだが、いつの間にかBlogをやっていたらしい。「ゴッゴル」やってたときに知った。
念のためURL:http://blog.livedoor.jp/hirox1492/

多少青臭くて理屈っぽいけど、文体を含め、私はけっこう好き。
でも12月28日のペットの殺処分についてのコラムは…いや、内容には異論なく、リンク先の探偵ファイルのレポも前に読んでたんだけど、ペットブームの影で、人間の勝手な都合で年間何十万匹もの犬猫が殺されている、ひろゆき氏はこれでいいのかと問題提起してるのに、blogのアフィリエイトが

「心をこめたペット葬儀供養」
「埼玉・東京のペット火葬」

だって。微妙に空気が読めてねぇよ('A`) 
と脱力感に襲われたという話。

たいていのblogについてるアフィリエイトは、blogの内容に沿う広告が載るようなしくみになっているという話なんだけど、気が利いていると思ったことは皆無。
↑で最初に間違い電話かかってきたとき書いたBlogは、韓流なんか知るかバカ!という内容だったのに、ついたアフィリエイトは

「冬ソナのロケ地を巡る韓国3日間」

だったし_| ̄|○

そんな空気の読めないアフィリエイト&クリック広告だけど、今月はこのトドコンブログに414円の報酬がついた。(゚∀゚)以前は3ヶ月で39円だったのに、たったの一月で一度に食べきれないほどのチロルチョコが買える金額になって感激。

わざわざ(あるいはだまされて)クリックしてくださった方に感謝申し上げます。
posted by ぶらんか at 12:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月27日

雪まつり

ゆきまつり
なぜか今のところ私の嫌いなBNNしかソースがないが(朝日夕刊にのってた)、さっぽろ雪まつりの真駒内会場は来年限りで終わりなんだそうだ。(´・ェ・`)

http://www.bnn-s.com/bnn/bnnMain?news_genre=2&news_cd=220011027024

自衛隊は戦争で忙しいんだってさー…(多少曲解)

陸上自衛隊真駒内駐屯地が会場の真駒内会場はすべり台付きの大雪像が多いので、小さい子供のいる家族連れに人気の場所だ。私も小さい頃は近所だったこともあり、毎年遊びにいったものだ。ここで何度か書いたけど、私の死んだ父は自衛官で、真駒内駐屯地に勤めていたので、本が好きだった父はある年、こっそり図書館に連れていってくれた。
もう20年以上前の話だ。図書館は床が木でできた古い建物で、古い建物と本のにおいが独特の雰囲気を作り出し、そこはもう明治大正、子供ながらレトロな雰囲気にノックアウトされてしまった。

自衛隊の施設内だけに、雪まつり会場以外は立ち入り禁止なんだよと言われ、禁を犯して図書館に忍び込むスリルにドキドキしたっけ。今はかなりずーずーしくなったので、図書館くらい市民に開放して機密文書以外は自由に閲覧させろ、と思う。
(「のらくろ」とか「冒険ダン吉くん」とかあるんだよぉ)

父の思い出が直結した図書館に、いつかもう一度行きたいと思っているのだけど、雪まつりもやらないんじゃ、ますます市民から遠い場所になっちゃうね。
来年は大通はともかく、真駒内会場はお別れしに行かなきゃ…( ´Д⊂ヽ

甘酒にしようかな、やっぱりお汁粉かな、うふうふ。(←食い気で立ち直る人


さっぽろ雪まつり公式ページ:http://www.snowfes.com/
posted by ぶらんか at 22:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | さっぽろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月23日

小樽

小樽へ行ってきた。
目的は晩ごはんのおかずになりそうなお魚を買ってくること。

でも小樽のことはあんまし知らないわけで…。
とりあえず5号線をひた走って小樽駅に車を止める。天気は晴れてたり曇ってたり雪が降ってきたりあられが落ちてきたり、様々。

小樽駅隣の三角市場へまずは入ってみた。

んー…どうも品揃えが…
小樽市民はカニしか食わんのか!というくらいカニばっかりで、どうみても観光客向け。
接客も観光客向け。「送るよ!」

送るよって、札幌市民ですが何か。

傘を持って歩いていたので本州の人間だと思われたかな。
カニの他は乾物のホタテとかほっけの開きばかりで、鮮魚がない。てなわけで、全然食指が動かない。
でも逃げるに逃げられなかったので、「正月用にかずのこ買ってくわ」と母は一番安いかずのこを選んだ。1パック1500円。

何か心にしこりを残して市場を後にする。
なるべく地元の人が利用するような市場でないと。でも小樽のことはほとんど知らないし、さて…と雪を避けてアーケード街(都通セントラル)に入ると

ぱんじゅう屋発見!

ぱんじゅう屋さん私の大好きな札幌の狸小路7丁目のぱんじゅう屋さんはもう閉店してしまった。
あの味をもう一度!ということで勇んで入る。





ぱんじゅうでも狸小路のぱんじゅうとは違い、大きくて中身はつぶあんだった。皮もパリッとしてた。おいしいけど、私が慣れ親しんだのはもう少し小さくて、やわらかくてとろけるようなこしあんだったんだもん…違うんだもん…_| ̄|○




とますます鬱風味を漂わせながら、まぁせっかくきたし観光客を気取ってみようと運河ゾーンへ移動。マイクロバスから団体さんも降りてきた。その人たちと一緒に信号待ちをしたのだが、そこは突然中国大陸。海外からのお客様でしたのね。
小樽運河
特に説明は必要なかろう。

その後、倉庫群をプラプラし「かま栄」でかまぼこを買って、なんかこう、全体的に納得がいかないまま、天気も悪くなってきたので、5号線を東に向かって戻り始める。

何しに来たんだ、まったく…

と、右側に市場発見!その名も「入船市場」。
入船市場

うーん、名前が小樽っぽいですぞ。さっそく寄ってみる。
入るとすぐ目に飛び込んだのは八百屋さん。そして隣にお肉屋さん。

やった〜!普通の市場だーーー!!!

母は店先に一口サイズの揚げカマがならんでいるかまぼこ屋さんを見つけてテンションが上がったようだ。魚屋さんも普通に北海道っぽい魚が並べられている…感涙。
接客も日常モードだ。お客がいても媚を売らない、相手にしない。(爆

さかな子持ちのはたはたが大きくておいしそうだったので、ゲット。
うちは山形の海の方(温海)がルーツなので、はたはたには目がないのだ。
ゆでて、大根おろしをたっぷりのせ、醤油をかけて食べるのがんまい。



それから干しカレイと一口揚げカマを買って、すっかり機嫌がなおる。
ただし、さっき買ったかずのこがここだと1000円だったのがかなり悔しかった。

目的を達し、元気も取り戻したので

どぉ〜しても海を見るんだ!

と築港付近をうろうろ…雪はかなり強く降ってきて、周りが良く見えないのをいいことに、素人は入ってはいけません、みたいなところまで入り込んでしまった。

ロシア船テレビのドキュメントなんかでよく見る、中古車満載のロシア船w
船員さんが仕事をしていて、フラッシュたいて撮影したら何か大声で言われたので、慌てて逃げた。(こっちにどなったかどうかは定かじゃないけど)




帰りは国道337号線に入ってびゅんびゅんぶっ飛ばして(だって新港だもん…)、新川経由で帰ってきた。途中大通公園をぐるっと回ってついてにイルミネーションも眺めてきた。

ホワイトイルミネーション

札幌に帰ってきたらホッとした。
やっぱし私はさっぽろっ子だと実感した。
小樽は懐かしいものがたくさんだけど、やっぱり札幌とはちょっと何かが違う。はっきりこう、とは説明できないけれど。
posted by ぶらんか at 22:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小さな旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月22日

うわっ!

スポーツ新聞に品位と教養など求めたりはしないが
いくらなんでもこれはどうかと思う!!

http://www.sanspo.com/soccer/top/st200412/st2004122202.html

下の「大久保君これも覚えて!」のコーナー_| ̄|○
もう馬鹿ですか、アホですか。

こんなの審判に吐いたら何試合停止になるか…_| ̄|○


ただでさえ大久保なのに、余計なこと覚えさすな!


ていうかこんな言葉を堂々とネット上にアップして全世界に晒してるし
マスコミでしょ、テレビなら放送禁止用語だよ。
外国語だからって許されないっす。
堂々と「プ○マドレ」と書かれてるのをスペイン人が見たらひっくり返るよ!
恥を知れ、恥を。

大久保よ、分かってると思うが、マヨルカ島はキミの勝負の場であると同時に、風光明媚なリゾート地であり、ショパン愛好家にとっては大変に重要な土地であるのだ。(←ジョルジュ・サンドと恋の逃避行(/∇\)キャー をしたところ)言動には十分注意して、間違っても反日感情を起こさせることのないように。私がいつか観光しにいくまで!

サンスポもネタ確保のためにけしかけるなよ!
問題は大久保本人よりこんなニュースを「作る」マスコミの方だな、こりゃ。

ショパン
せめてものショパン
posted by ぶらんか at 16:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月20日

天皇杯のお昼

昨日、試合開始まで時間があるし、部屋の片付けでもするか…とごそごそやっていたら、例によって思い出に浸ってしまい、お昼になってしまった。

ピザがリクエストされていたので、ホームベーカリーに粉をセットして生地をつくり、丸く延ばして焼くだけなのに…この時点で1時になってザスパvsヴェルディの試合が始まってしまったので、やにわに緊張感が高まり、いくら延ばしてもピザが丸くならない!!

えーい、もういいや!と四角くなったピザにテケトーにトッピングしてオーブンで焼いたら、空気を抜くために生地にフォークで穴をあけるのを忘れたためか、普通のパンのように勢い良く膨らみ、オーブンから出てきたものはもはやピザといえるシロモノではなかった。

でもおなかに入ってしまえば同じ、おなかすいたし、とっとと食べよう!と切ってオーブンシートから持ち上げ…生地と紙がくっついてるんですけど。良くみるとオーブンシートの裏面に載せて焼いてしまったらしい。まったく緊張して物事やるとろくな結果にならないんだから…。
見た目は悪いが、ピザソースを使わない、オリーブオイルを引いただけのピザはなかなか美味だったのは救いかな。

そうして今にして思えばあっという間の94分。脱力〜〜〜〜〜


そのまま11時すぎまでウダウダやって、なんとかHPを更新して風呂に入って、さぁ寝るか…と部屋に引き上げたら、片付けどころか、余計にちらかった部屋が待っていた。_| ̄|○


やけっぱちでぶらんかちゃんの思い出の一品コーナー。

「はじめて買ってもらったLPレコード」
寺尾聡

寺尾聡の「Reflections」(「ルビーの指輪」が入ってる)
クラシックでも洋楽でもなく、寺尾聡。


ぶらんかちゃんの思い出の1枚
「いとこのひーちゃんの誕生日」
チョコクリーム

これ見たら、無性にバタークリームのクリスマスケーキが食べたくなってしまった。…今時売ってるのかしら?>バタークリームケーキ
posted by ぶらんか at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月17日

ドイツ戦

昨日のドイツ戦にはがっかりした…
そして心底落ち込んだ…

今までワールドカップ第1次予選とか、アジアカップとか、苦しみながらも勝ち進んで結果が出て、ジーコ解任だなんだと言いつつも、日本代表成長したよなーと納得してたし、ドイツ相手にもいい試合できるんじゃないかしらん?と楽観してた。それが結局手も足も出ずに3失点。ガッツリ。
まだまだ上には上がいるもんだ、その上とはかなり高いところにあるもんだと、自分の甘さを思い知らされた。

まぁ私には日本代表がほんとは弱かった、てのはどうでもよくて、つまり、代表がコンサで、ドイツがジュビロにみえて…

_| ̄|○

私はもともと5回戦勝利にそれほど浮かれてはいないけど、いい警鐘になりました。>ドイツ戦


あとは雑感。

スポニチのこの写真見てウエッ
http://www.sponichi.co.jp/hokkaido/kiji/2004/12/16/01.html

…可愛くない。
「頭の中で考えてることは全然違います」って顔してる。
18歳にしてすでにすれっからしだ。
それにひきかえ謙伍や野田くんの真面目で真摯で愛らしいことよ。
こんなのメじゃないぞ、がんばれ2人とも。


今日の朝日新聞にエゲレスの経済誌が北海道特集組んだとかかれてた。
http://www.asahi.com/money/topics/TKY200412170107.html

そうなのそうなの、なんだか実態はよく知らないけど「道州制」にやっきになってる知事が、同じ口で「北海道新幹線着工にこぎつけられてしゃ〜わせ(はぁと」なんて言ってるこの訳分からなさ。笑っちゃったのが、最後の道庁の役人のコメント。

「北海道が提示できる新しい価値や可能性をきちんと指摘してくれている。補助金はそうした新しい北海道を育てるためにも必要だ。世界の人たちに知ってもらえるよい機会になる」

おちょくられてるってのに、恥ずかしくないのか。
てか論旨を分かってないでしょ。役人には何を言っても無駄か。


それからテニスのアンナ・クルニコワとエンリケ・イグレシアスが結婚したって。昨日のスポーツ欄に小さく書いてあった…考えるだにキモチワルイ夫婦だ。オエッ


なんか今日は…。


続きを読む
posted by ぶらんか at 13:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月15日

みかん

蒲郡みかん
秋に遊びにきた愛知県の友達が、みかんを送ってくれた。わーいわーい!
お姉さんの嫁ぎ先のお父さんが作ったみかんだそうだ。こういうのは市場に出回っているのより絶対おいしいに決まってる!ということで、開けたときはもっとたくさん入っていたのだけど、急激に消費してしまったので、写真では少し寂しくなっている。

粒が大きくて甘いけど、酸味もしっかりしている味の濃いみかんだった。
Kちゃん、ありがとう!!




さて。



マリノス(笑)。

あの感動のちゃんぴよんしっぷから3日、J2昇格の決まっているJFLザスパに1-2v負け。
でも過密日程の中さらにさらに怪我人が出て、CS第2戦に出た選手が3人だけという状態で、ほとんどサテライトメンバーでやってたのだから、仕方ないかなーと思う。
だってマリノスサテにはコンササテも負けてないから(爆)。

ザスパにはイエロー累積で退場者が2人も出たのに、いくらサテ中心メンバーとはいえ、ちゃんぴよんチームが負けるなど、あっちゃいけないのかもしれないけど、でもやっぱりセットプレーですよ、スナカワさん。(常にご指名)弱いチームが数的不利に立っても勝つ方法は。

うん。次もがんばろう。PKの練習も一生懸命やろう。



それにしても山瀬弟にはがっかりしたな…北野くんはがんばってたね。



posted by ぶらんか at 22:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月12日

宮古島

サーターアンダギーなにげなくシーサーブログのトップページを見ていたら、こんな素敵なブログをみつけた。
http://pgup.seesaa.net/

カズのふるさとでなければ、存在もしらなかった沖縄の、もっと南西にある宮古島。
リンクをたどってみると、宮古島で民宿をやっている人が書いているブログのようだ。
http://deigo.seesaa.net/
http://www.mco.ne.jp/~d-5/

しばらく写真や宿泊案内を眺めて(←宿泊代安っ!)
日本は広いな大きいな…

こんなところから札幌へ。よく来たね、カズゥ( ´Д⊂ヽ
なぜか泣く。私にとっては宮古島はもうほとんど異国の風景だけれど、そこで生まれ育ったカズにしてみれば、札幌こそが外国に思えたことだろう。こないだのドカ雪とか。

私は札幌に生まれ育って、暑いより寒い方が好きで、あちこちでかけたあとで千歳空港に降り立ってキリっとした空気を味わうのが何より好きなので、南国の風景を見ても住みたいとは思わないのだけど、でもともかくまずは行ってみたいな宮古島。

いつかカズがビッグな選手になって、冬ソナツアーのようにカズの足跡をたどるツアーなんかできたらぜひ。
つーか、阪急交通社ならびにJALトラベル北海道様、あなたがたの先見の明というか、やけっぱち企画(倒れ)だと思ってた丸亀ツアー実現、まことにおめでとうございます。

中継のない大分戦、磐田の試合みてもつまんないし、沖縄にちなんでサーターアンダギーを作ってのんびりしてたけど、1-0のまま公式サイトのサーバーがぶっとんでしまってから、アンダギーをこねる手が震えてしまった。いや、もうとんでもないことになってきたっす。
posted by ぶらんか at 16:08 | Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月11日

小金湯温泉

小金湯温泉
母が昨日「どさんこワイド」で見たとかなんとかいって行きたそうにしてたので、小金湯温泉「まつの湯」に行ってきた。吹雪で周りがほとんど何も見えないんですけど…

うちから定山渓の手前にある小金湯までは車でほんの15分程度。さらに旧道から八剣山トンネル経由だと信号もなくとっとと着く。テレビで宣伝した翌日に行くなんてミーハーをすると、人ごみに遭うんだから…とぶつくさ文句を言ってみたが、この天気だし、有名な定山渓の影で穴場的存在の温泉ゆえか、空いてた。

なるほど、露天風呂は豊平川に面していてなかなかいい雰囲気。
しかし吹雪の中、裸でぽや〜っと川を眺めるのには寒すぎるので、湯船にしっかりつかると、今度は川が見えない。(^^;硫黄泉ということで、あの独特のにおいが結構強烈だった。室内の浴槽のお湯はそんなににおわなかったんだけど。はて。
でも本物の温泉に入ってるぅ〜という感じで、気持ちよかった。
ポカポカ。

近いし安いし(2時間500円)、今後も通う。
鮫肌どころか鯛のウロコのよーになっている足のスネがつるつるになるまで。



さて、ちゃんぴよんしっぷ第2戦。
試合はホームの浦和が1-0で勝ったが、トータル1-1の引き分けなので、延長戦突入。延長でも決着つかず、PK戦にまでもつれこんだが…

GKは榎本でしょ…?勝負あったジャン。

ってことでフツーにマリノスが勝ってしまった。
いや、でもフツーだなんて、簡単に片付けるのは失礼だ。岡ちゃんの作戦勝ち、それとマリノスの選手の経験豊富さからくる落ち着きかな…素晴らしかった。コンサの選手はいつ、あんなしっかりした選手になるだろう。うーん。


posted by ぶらんか at 23:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | さっぽろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月10日

ヤフーニュースより

女の私にはわかったような分からんような話だけど…

ノートPCの発熱で生殖能力低下
http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000047674,20079596,00.htm

子孫を残したいと思うびじねすまんな男性はちと気をつけましょう。


ていうかですね…
今はデスクトップPCを使ってるのでなんでもないが、初めて買ったPCがノートで(←ハードディスクが1GBしかない前世紀の遺物)、たいてい膝の上に乗っけて使っていた。まぁ私は女なので、使ってるうち膝がポカポカするのはいいことなのだけど、しばらくPCと共にいると、必ず




催してくる。



(お食事中の方、すんません)
おかげで毎日ですっきりお肌つやつや。ノートくん、今日もありがとう!
という日々だった。なぜか。

女友達に話しても分かってくれなかった。まだあのときはノートは一般的でなかったからサンプル数が足りなかったかもしれない。「ノートPCの発熱で腸内細菌活性化」についても検証してくれないかなぁ。立証されたら、次のパソコンは必ず再びノートを買う!
posted by ぶらんか at 15:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースにツッコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月08日

アフィリエイトは儲かるか?楽しいか?

チロルチョコ
このごろよく聞くアフィリエイト。
自分のサイトやブログに広告を貼り付けて、訪れた人がクリックしたりそこから商品購入などのアクションがあると、サイト運営者に報酬が与えられる仕組み。

トドコンの表紙にも1つだけ広告がついてるけど、あれは無料でアクセス解析してもらうかわりに強制的に載せられているもので、報酬はないのでアフィリエイトとは違う。開いたとたん出会い系の広告が出てきたりしてかなりカチっとくるのだが、「無料」とはけっして只じゃないので仕方ない。

このブログについてる「Blog Click」がアフィリエイト。
最初はつけていなかったが、ある日「つけたら抽選でi-podやる!」というお知らせがあったので、つけてみた。1台のi-podに200人からの応募があって、見事玉砕…


ていうかそもそもi-podって、何?(ばく



抽選も終わったし、広告カッコ悪いから外すかな、と思いつつも試しに「成果レポート」というリンクをクリックしてみたところ、こんなテケトーな日記サイトからも広告をクリックして、なんらかのアクションをしてくれた方が複数おられて、8月から11月末までの4ヶ月の報酬額が39円!

どうせこんなのクリックしただけじゃお金にならないし、と私自身はほったらかしにしてた。39円という少額でもお金になってるのに驚いたし、なんかじんわりとうれしい。

そうだ39円持って駄菓子屋さんに行こう!!チロルチョコ3個ゲットだ!
(小さな幸せ:プライスレス)


しかしよくよく読んだら、お金をくれるのは振り込み手数料630円まで貯まったらと注意書きがあった。そりゃそうだ。というか630円貯まった時点で申し込んでも全部手数料に取られてしまうから、それ以上貯めてからでないとダメってこと…なぜ私が手数料を支払うのか知らんけど、所詮は不労所得、こんなもんだろう。

で、さらにお知らせは続き、今度からキーワードマッチ型広告がそれまでは成果報酬だったのが、一部クリックしただけでOKとなり、その金額が1クリック=10〜15円という報酬にすると。今日になってまたまたお知らせがきて、「Blog Click」についてもクリック報酬に移行するらしい。


シーサー株式会社、ばっくれ予告か?


あー、これは私の性格なんで…
だって話がうますぎるジャン。
おそらく「一部の」というのが曲者だろうだけど、1クリック10円は破格だと思う。例えば私が自分のブログを1日10箇所クリックしただけで100円もらえると…それまで4ヶ月で39円だったのに。

そんな話に俺様が(クマAA略

…と不信感で一杯な割に、体はさっそく行動に移り、ブログのキーワードをリンクさせてみたのが昨日。何事も実験だ。といってもキーワードの選択もリンク先の選択も、私は一切何もする必要がなく、ただ日記を書いて「アフィリエイト有効」にチェックを入れただけだけど。

するとこう出た。
http://todoconblog.seesaa.net/article/1223912.html

キーワードはショパン、ワルツ、NHK、音楽、クラシック。

まぁ当り障りがないな…とまず「ショパン」をクリック。
するといきなり「じゃらん」の宿泊予約ページが出て、「ペンション ショパン」に飛んじゃった!

ペンションショパン…('A`) 

しかも栃木県那須郡ってどこよ…突然「こんなんどう?」言われても…。
誰それがショパンアルバム出したから買え、とかいうならともかく。

あと「NHK」で英語のテキスト販売のページに飛ばされた他は、リンク先が成立していなかった。ダメじゃん。「クラシック」をクリックするとサッポロビールのページに飛ばされるほど洒落ていたら、今後もはりきって続けるけど、このままじゃ使えないな。

毎日株や外貨投資、美容外科やキャッシングのことばかり書いてたら、的確にリンクされるんだろうね。ふっ。やっぱり世の中そんなに甘くない。





(今日の日記もキーワードリンクさせてみよう…何が出るかナァ…ふふふ…←なんだかんだいって楽しんでいる人)
posted by ぶらんか at 22:17 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月07日

トルコ行進曲

モーツァルト
聞くところによると、おととい丸井さんでやった和波&西嶋サイン会で、ヒロくんが「トルコ行進曲」を披露して、先輩和波をさしおいて女性ファンを幅広く獲得したという。

んー、でも私はベートーヴェンが弾けるマッチョマンとか、ドビュッシーをさらっと弾いちゃうテクニシャンが好みだなぁ。
あ、もちろんショパンは弾けて当然だから。残念。

(てなわけで今までピアノを弾く男の人に惚れたことがない)


つーかヒロくんの方で私なんかどうでもいいよね。ゴメン!


さてその「トルコ行進曲」、モーツァルトの方なので、正式名称は

ピアノソナタイ長調K331から第3楽章「トルコ風に(alla Turca)」

硬い(笑

ちなみに1楽章は素敵な変奏曲で、私はこっちの方をピアノの発表会で演奏した。
「トルコ行進曲」とか「エリーゼのために」とか「子犬のワルツ」などはピアノを弾かない人にも有名で、ピアノを習い始めた人には憧れの曲ではあるけれど、きれいに弾こうと思ったらなかなか難しい曲である。納得いく演奏ができるようになったのはつい最近だ。(遅い…)

この曲は指が動くとそれなりに弾けるけど、なーんかそれだけって感じでつまんない曲だと思ってた。あんまり好きではなかった。弾くと喜ばれるけど…だからヒロくんは正しい。

しかしいつだったか、NHKか何かでトルコを紹介する番組があって、そこでトルコの民族音楽を演奏しているのを聞いて一気に開眼!わぉ、トルコ行進曲に似てる!右手のメロディと笛の音色、ラッパや太鼓のリズムの左手、なるほどこういう曲を聞き取って自分のものにしちゃったのか、すごいなモーツァルト!やっぱりあんた天才だ。バカとか能天気とかウンコとかいって悪かった!
この曲を弾くのがとても好きになったのはそれから。

よく考えてみれば、冒頭に書かれている「alla Turca」は「トルコ行進曲」という愛称の元になったものだが曲のタイトルではなく、「トルコ風に弾け」という指示記号だ。
トルコ風に弾けといわれても、トルコの音楽を聞いたことがなければテンポやリズム感、メロディの歌わせ方など、工夫できるわけもなく。もちろん、これはオーストラリア人のモーツァルトが書いた曲だから、あくまで(西洋の)クラシック音楽の範疇で表現しなくてはならないが、モーツァルトが何に面白みを見出して作ったのか知らないでは、うまく演奏できなくて当たり前と言えば当たり前だ。演奏指示が守れていないのだから。

てなわけで、音楽は「民謡から攻めろ」を実感したのがこの曲の思い出。
それからいっとき変な音楽ばっかり聴いてたな…イランのロックとか中世ユダヤ人の音楽とか…濃すぎてすぐ離れてしまった。(^^;
posted by ぶらんか at 22:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月05日

チャンピオンシップの夜

2度の除雪にすっかりくたびれ果てて、ぼーっとしてたらちゃんぴよんしっぷが始まっていた。BSでしか放送がないと勘違いしていたので、BSで見た。すると画面がチラチラとして、写りが悪い。時間が経つにつれ、ますます悪くなる。変だなあと思ってスカパーをつけてみると、スカパーはすでに「受信できません」になってる。

あ、パラボラアンテナ除雪してない。_| ̄|○

スカパーのアンテナはベランダの柵についてるから簡単に除けるけど、BSのアンテナは地上波アンテナと同じところ、つまり2階の屋根の上にあるんだよ〜〜〜!!!
この時点でもう一度新聞のテレビ欄を見れば、TBSでも放送してることに気がついたのに…

たかが(爆マリノスと浦和の試合、なんでそんなに見たいのか、私のバカ!
ハーフタイムを迎え、再び帽子と手袋し、長靴をはいて、ぞうきん持って2階のベランダに出た。ベランダの柵を越え、屋根に出て、さらにハシゴを登ってそのはしごにくくりつけられているアンテナを目指す。あたりが暗くて良かった。高所恐怖症というわけじゃないけど、濡れた細いはしごをゴム長で登るのは滑って怖かった。

案の定、アンテナにはごっそり雪が積もっていて、それをぞうきんで払う。着替えたばかりなのにまた雪だらけに…無事はしごを降り、また柵を乗り越えて今度はスカパーのアンテナの除雪。40センチくらいこんもりと積もってた。これじゃあ受信できるわけがない。
湿った雪がぞうきんにまとわりつき、その雪を払おうとぞうきんをぶんぶん振ったら、どっかに飛んでってしまった。白いぞうきんだったので、もうどこにいったか分からん。
春になったら出て来い。

かくして…美しい画面が我が家によみがえった。

満足したらなんかどうでも良くなっちゃって…(←ほんとにバカ)
でも河合の得点シーンだけは見た。宮の沢のサテで当たったときは、ユニフォームのすそを出してだらしない小生意気なヤツだった彼が、こんな大事な試合で得点を決めるとわ!!実況氏の話によると、今日はレギュラーの那須をベンチに置いてのスタメンだったという。攻撃陣に怪我人が続出して、流れの中では決めにくいと思ったのか、岡田監督は一生懸命セットプレーの練習をさせたんだと。背の高い河合起用の采配がズバリ。相変わらず心憎い男である。

それにしても無関係なチームでも、サテで対戦した選手がこうしてチャンスを得て頑張っているのを見るのはうれしいものだ。あのときははゆまもいたっけ…。すっかりレギュラー定着したヴェルディの「そうちゃん」とか。うん、来年もサテも応援しよう。
posted by ぶらんか at 22:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いきなりやってきた!

うきゃ〜!
昨日まで積雪ゼロだった「札幌のフロリダ」と呼ばれる南区(今日から呼んでみた)でも大雪だ!それでも宮の沢での最後の練習を見に行こうと玄関を開けた瞬間
雪景色1玄関前


雪景色3道路


雪景色2裏のさくらんぼの木


あきらめた。


だってこの雪をどけずに家をあけては、帰ってきてから地獄だもの…_| ̄|○
本当は天気が良かったら、練習を見終わったらそのまま札幌西インターに入って小樽に行き、お寿司でも食べておいしいほっけの開きを買ってこようと思ってたのに。しかし道路情報によると札樽道は札幌JCT〜札幌西まで吹雪のため通行止めとのことで、そこは通らないにしても全市的に雪が降ってることが分かった。仕事ならともかく、遊びに出かけて雪に埋まったり渋滞に巻き込まれるのはヤダ。(今もう一回調べたら小樽まで通行止めになってしもた)
ということで今日はおとなしく家でちゃんぴよんしっぷでも見るしかないみたい…

でもここ数年、最後の練習は欠かさず見に行ってたから残念で仕方ない。
尾崎とはもう会えないのか…(´・ェ・`)

で、今はこの冬第1回目の除雪を終えて、汗が引いてちょっと寒い。
しかも木の枝に積もるほどの湿った雪だから重くて大変だった。やむ気配は今のところなく、夕方にはもう1回やらなければならないだろう。
posted by ぶらんか at 11:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月02日

流行語大賞

今年も12月になって流行語大賞の季節になった。

去年は初めて耳にする言葉ばかりで愕然としたけれど、今年はオリンピックがあって、私もそれなりにテレビを見ていたので、分かるものが多くてほっとした。

http://www.jiyu.co.jp/singo/

でも「チョー気持ちいい」なんてオリンピックが終わってから聞いたことないし。「チョー」なんて恥ずかしくて口に出すこともできないし。北島選手が金メダルとって、この言葉を発したとき「バカじゃないの?あったま悪い!コイツ」とそれまでの感動がブチ壊しに感じたもんだけど。まぁ世間がそれでいいなら別にいいや。

ていうか、オリンピックで一世を風靡した言葉といえば

「伸身の新月面が描く放物線は、栄光への掛け橋だ!」

これしかないと思う…でも文章だし、漢字も多いしね。(イヤミ
恥ずかしながら私も感動の涙を流したっけ。
で、個人的には「アテネ経由ドイツ行き」に激しく怒りを覚えたのもついでに書いておく。



「エビちゃんに似てるギター抱えた侍姿のお笑い芸人」波田陽区氏、「エビ似」ってことで噂には聞いていたけど全然知ろうともしなかった。が、2,3週間前になにげなくつけた「うたばん」で目が細くて鼻のでかい男の子が大写しになってて、あーこれがエビちゃん似っていう…とやっと存在を認めた。ので、「って言うじゃない…」が理解できて良かった。「うたばん」がなかったら知らないままだった。ギリギリセーフだった…ひゅ〜

確かに似てるけど、エビの方がうんと反射神経優れてますから。残念!

でもエビちゃんに似てるってだけで、つい若手路線な心配をしてしまう老婆心なコンササポの私。この人、この芸が飽きられたらその先どうするのか、、な………。


最後の「冬ソナ」は早くブームが去ってくれるよう祈るばかり。
なんなの、あの新興宗教みたいなヨン様”ファミリー”。キモチワル。
posted by ぶらんか at 13:18 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。