2004年10月31日

秋のバラ

今日も結局一日疲れた〜とゴロゴロしてたら終わってしまった。
厚別には行ってない。テレビで見た。
個人的には北海を応援しつつ見てた。17年ぶりの全国大会出場、おめでとう!!
で、練習試合いつやる?いつやる?(;´Д`)ハァハァ

17年ぶりということは、今日試合をやった選手らがバブバブ言ってたころか…


深く考えるのはやめておこ。

今日の1枚。
秋のバラ
ブーケ

一度は台風で丸裸になったバラの木から見事に咲いてくれました。
穏やかに暖かかったのでまだいいや、と思って結局冬囲いもタイヤ交換もしなかった週末。なんか本当に疲れてて。ほよん。
posted by ぶらんか at 22:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月30日

真駒内中央公園

地図:http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E141.21.20.3N42.59.9.9&ZM=9
地下鉄真駒内駅から徒歩10分。(てか歩いたことないからわかんないやw)
南郵便局の隣にある。国道453号線沿いでもあるので、真駒内から支笏湖へ行くときに通りかかるところ。どうってことのない公園。そんなに広くもない。

でもここには札幌で(いや、真駒内限定かな?ひょっとして)初等教育を受けた人なら誰でも知っている、真駒内開拓の父エドウィン・ダンの記念館や銅像があるのだ。めったに話題に上ることはないけど。記念館はおしゃれな洋館で入場無料。


エドウィン・ダン記念館

某外務大臣ん家のアイスクリームを売ってる…エドウィン・ダンは真駒内で牧場を作った人だから、まちむら農場とまったく無縁というわけではないんだろうけど、なんかせっかくのおしゃれな洋館にそののぼりは…ダセー!

真駒内中央公園

ともあれ公園の中に入ると紅葉まっさかり。この公園も台風18号の直後は無残な倒木の姿がたくさん見られたが、今はきれいに片付けられていた。
でも…人がいない。(^^;

ちいさな池があって

池にはカモが
(クリックで拡大)
かなり人に慣れてる。
近所の人がパンを細かくちぎったのをやっていたのを見た。

それから公園の中央にはエドウィン・ダンの銅像が立ってる。
子供のころ、これによじのぼって写真を取ったなぁ。

エドウィン・ダン
(クリックで拡大)
公園の中から記念館を見る。

記念館を裏から見る
(クリックで拡大)
小さい公園なので10分もプラプラしたらもう終わり。
でも国道沿いで交通量が多い割に、公園の中は静かで木立の雰囲気もよく、池の水も澄んでなかなか気持ちがいいので、好きな公園である。
posted by ぶらんか at 22:42 | Comment(1) | TrackBack(0) | さっぽろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月29日

久しぶりのアップ

今週は初雪もあったせいで、終わっちゃった感が強く。
力が出ない。ほよよーん。
思い出浸りモード。

その割にトップページの「todo consadole 2004」というタイトルをそろそろ05年にせねば…思っていたりする。ていうかまだ続けようと思ってる?試合を見にいっても特段感想も持たないし、練習は昔ほど頻繁に見にいけないし、毎日どういう練習しているかレポすることに何か意味あんのか?と思ってたりするし(←末期的)、小ネタを元に選手をいじるのもなんだか飽きた(←決定的)というのに。

「結婚生活や恋愛関係が4年でだめになる法則」はよく聞くけど、考えてみればコンサドーレに深く興味を持ってからこの秋で丸4年だ!おおっ、法則通りなのか?

でも試合に出てない選手がどんなだか気になるから練習試合に行くし、ユースはますます好きだし、育成モードはちゃんと維持されて、「いぎだぐね〜!」と言いつつ時間がくればスタジアムに向かうし、あいかわらず生活の一部なんだけどなぁー。

ということはアレか。激しい恋愛感情を燃やしたのもつかの間、お互いにメッキがはがれ、なんとなくあきらめの境地に達し、いつしか配偶者を穏やかに「お父さん」「お母さん」と呼ぶようになった…よーなもんか?あとは平和に家庭環境を維持することに心を注ぎ、夢はチャーミーグリーン老夫婦になること…とφ(.. )

つまり今後もつかず離れずでコンサドーレというチームに寄り添っていくのかねぇ。

先のことはわかんないけど、サイトを閉鎖するのも非常なエネルギーが必要なので、まずはこのままです…。離婚したいけど子ども(=ユース)が…。
なんだか全く。
posted by ぶらんか at 12:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月19日

最近のウチの猫

今、私の膝の上には猫がどっかり座って顔を洗っている。
拾ってきたばかりのときは、両手で包めるほど小さくてミーミーと不安定な膝の上で震えていたのに、今じゃ膝一杯に広がって、それでもまだ「狭いからあぐらかいてくれ」と不満そうな顔をしている。重い。なんせ5キロの物体だ。

証拠写真
膝猫
どっかり。

ついでの近影
近影

いろいろやってたらうるさがって、飛び降りてどっかへ行ってしまった。
やれやれ。

**
思わずぶっ!と噴出してしまったブログ1題。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/7844/606479#606479

ブックマークしていつもチェックしている「フットボールは未来の兵器である」なのだけど…なんと、ジーコ解任デモを企画した彼が、ブラジル大使館でのパーティに潜入してジーコと会談?するというお話。で、そんな「いいこと」があったと、同じく解任派だったUGの管理人さんに話したら、じゃあ自分は川淵キャプテンとツーショット写真とってくる!と対抗心を燃やしているらしい。

かなり笑った。相当笑った。

ジーコ解任を声高に?叫んだ人が、本人に会ってドキドキして、しかも彼をファンだと思ったジーコからやさしくもてなしてもらって感激しちゃうのだ。(ジーコがパーティのホストだったわけじゃないけど)ジーコって本当に人柄の良さそうな人だ。

それより川淵会長とツーショット、、ってUGさんならやりかねないというか、絶対何かある!!はずなので引き続きBlogはチェックし続けようっと。わは。

posted by ぶらんか at 23:20 | Comment(3) | TrackBack(0) | ねこ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月18日

高校生、追加

さっきSTVニュース見てたら、高校サッカーの道大会の様子をやっていた。
今年はもういいや…と思っていたが、プリンスで見慣れた白や黄色やブルーのユニフォームを見たら、「おっ、どうなったどうなった?」と気になるから不思議。

早速。

準決勝 10月30日(土)@厚別公園競技場
第1試合 室蘭大谷vs札幌第一 11:00キックオフ
第2試合 北海学園vs旭川実業 14:00キックオフ

決勝  10月31日(日)@厚別公園競技場 12:00キックオフ

速報サイト
STV:http://www.stv.ne.jp/sports/soccer/sokuhou/index.html

放送予定(STV)
準決勝:10月30日(土) 26:05〜29:00(放送延長の場合あり)
決 勝:10月31日(日)12:00〜13:50 (試合終了まで放送 )

4チームともプリンスリーグ参加校なので、どのチームにも1人か2人くらい、印象に残った選手がいる。懐かしくなってプリンスのパンフをあらためて開いてみると、
らんたと第一が対戦したのは5月9日@厚別、このときは1-0で第一が勝利。
北海と旭実は7月3日@旭川富沢で、3-0で北海が勝利。

これから随分時間が経ったし、インターハイや新人戦で新たな戦力が伸びてきているかもしれないので、前回対戦はあんまり参考にならないかな。
どこが勝っても立派な道代表だけど、私は札幌市民なのでやっぱり第一と北海にはがんばってほしいなぁ。どっちのチームにもコンサユースは苦しめられたし。

てことで、私にとって厚別最終戦は23日からさらに1週間延びそうな気配である。




(昨日見たアシュケナージの大伍いや、第五の感想がいつまでたっても書けないや…。)
posted by ぶらんか at 22:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高校生と大学生

大学サッカーリーグ(一部)は札大が優勝。
春の総理大臣杯でまさかの準々決勝敗退ショックがあって半年、みごと復活したということなのかな。立て直し中の7月、コンササテライトとやった練習試合はターボ共々、鬼気迫る攻撃を90分に渡って持続させ、勝利を「もぎ取っていった」という表現がぴったりくるイレブンだったことを思い出す。それから予選から戦い続けて知事杯を制し、天皇杯ではホンダFCには及ばなかったけど、大学リーグでは6勝1敗で優勝。終わってみれば堂々の成績だ。

今年はそんな札大をよく見にいったなぁ。
本当は去年河端くんを見に栗山まで出かけたように、今年も大学リーグを1つくらいは見たかったのだけど、どうしてもユースと試合が重なってて!!空いてても函館までは行けないよヽ(`Д´)ノ
(去年、大学生はかわいくないからもう見ない、と言ったのはさりげなく撤回w)

一方の道都。
3月にキャプテン権東をコンサに拉致されたものの、総理大臣杯を制し、全国でも久々の初戦突破。でもそれから知事杯は準決勝で札大に破れ、大学リーグでは2敗して4位。道都はよくサテライトとの練習試合につきあってくれるけど、11日の試合はそういえばちょっと元気がなかったような…。ゴンちゃんの不在が響いているのだとしたら、すまん…。

情報元:北海道学生サッカー連盟

***
Jユース。
昨日の結果:コンサ1-1東京、市原5-1横浜FC
ということで、今のとこ1位市原(勝点6、得失点差+4)、2位東京(勝点4、得失点差+7)、3位札幌(勝点4、得失点差+1)、4位横浜(勝点0、得失点差-12)。市原、東京が3試合消化してこの点数なので、来週コンサが横浜に勝てば首位に立つことができる。昨日、負けないで良かったなぁ。ほんと。
来週はできれば大差で勝って、得失点差も稼ぎたい。あ、でも取らぬ皮の…で妄想に走るととんでもないことになるので、あまり書かないようにしておこう…。

ヨモ様によると、「決勝トーナメント進出には勝ち点が12は必要」ということなので、あと4試合で8点とらなくてはならない。ということは、2勝2引き分けが最低ライン。負けられない戦いがそこにはなんちゃら、の世界だなぁ。遠巻きに眺めているだけなのでチーム内のことは良く分からないが、3年生が引退しはじめ、1,2年生へシフトチェーンジしている最中のようだし、後半3試合はすべてアウェイに行って試合をしなくてはならないので、少々厳しいかもしれない。まぁユースに結果ばかり求めるのは禁止事項だけど、去年は尻つぼみに終わってしまった感があるので、今年はもうひと踏ん張り。
posted by ぶらんか at 13:05 | Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月13日

新しい本屋さん

コーチャンフォーミュンヘン大橋店に行ってきた。
http://www.coachandfour.ne.jp/

230号線からはミュンヘン大橋を渡るとすぐ左折で入れたけど、澄川方面からは右折させてくれないかも?東からは22条大橋あたりから、一旦豊平川のバイパスに入った方がいいかもしれない>たんこぶたん

オープンしてしばらくたったので車は余裕で入れたし、店内も空いていた。美しが丘店に初めて行ったときはなんて広いんだろうと驚嘆したけど、ほぼ同じ作りのミュンヘン大橋店には「ま、こんなもんか」。慣れって寂しいナァ。

入ってすぐCDコーナーが目に入ったので、まずそちらに。CDのバーコードを機械に当てれば、どのCDも試聴OK!という噂のシステムを使ってみようじゃないの。ふふふ、と勇んでいったはいいけど、いざとなると何を聴いたらいいかまごまごしてしまう。それと、家に帰って買ったばかりのCDをデッキに入れ、再生ボタンを押すときのあのわくわくした気持ちが、簡単に試聴してしまうと損なわれてしまうんじゃないか??なんて思ったりもして、機械はたくさん空いていたが、慎重に慎重を期してしまう。

品揃えは、クラシックとワールドミュージックが豊富かどうかしか確かめてないけど、クラシックの品揃えは随分ケチで、CDを横に置いたりしてスペースを埋めようとしている。在庫持ちたくないんだ。そうか、そうですか。激安BOXもなかった。_| ̄|○
でもNAXOSにスペースを使っていたのが救いで。で、ようやくNAXOSのマニアックなCDを1つ試聴してみる気持ちになって、バーコードを読ませてみる。音が聞こえてこないよぉー…と、無機質な女の声で

「このCDの試聴はできません。」

一部輸入盤など試聴できないものもあります。って確かに書いてあるな。ケチー。
んじゃ、これなら大丈夫だろう!と麗しのユンディー・リーくんのニューアルバムをかざしてみる。

「このCDの試聴はできません。」


_| ̄|○

結局聴いてみたいな、と思ったアルバムはみんな断られてしまった。…なぜだろう?
で、すっかり気分を害して、もうこねぇよヽ(`Д´)ノ とCDコーナーを後にする。

本屋の方は美しが丘店とだいたい同じ。文学全集なんか売っているのをみるにつけ、「そんなの図書館で借りりゃ十分」と思ってしまう、そんな無駄な品揃えも結構好きだ。しばらくぶらぶらして、そういえば以前からパオロ・マッツァリーノの「反社会学講座」を探していたことを思い出し、コンピューターで検索して見つけて、立ち読みしたら売り場でゲラゲラ笑ってしまいそうになったので、恥をかく前に買ってしまおうとレジに持っていってお金を払ってすぐに出た。

暗闇に浮かぶミュンヘン大橋はきれいだった。
ふん、また行くか。




悔しかったのでユンディー君サーチ!したら、ちゃんとネットで試聴できた…。
もうわざわざ店舗に足を運ぶ必要のない時代だったのね。
http://www.deutschegrammophon.com/eplayer/eplayer.htms?ID=yundili-chopin
ユンディー君、いいかも…。しかしブーニンのときはあんなにブームになったのに、彼はそれほどでないのはなぜだろう?ユンディー君の方がうんとハンサムなのに…。
posted by ぶらんか at 21:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月12日

いろいろ感想

日記をブログ化して2ヶ月たった。
このseesaaブログには頼みもしないのにアクセス解析がついていて、アクセス数とどこから来たのかくらいの解析をしてくれる。それをよると、最も多い検索ワードは「桃ジャムの作り方」みたい。
ためしにぐぐってみたらトドコンブログがトップだった。
ひゃあー、なんか照れるぜ!

てなわけで、当ブログの人気ページのご紹介。
http://todoconblog.seesaa.net/article/525041.html

あと、草花木果の「透肌マスクジェル」で訪ねてくる人も多いらしい。
そうか、化粧品を購入する前に他人の使用感を聞いておくというのは、賢い買い物の仕方だ。私はこの商品はヤケ食いならぬヤケ買い物で、バナー広告のイメージ戦略に破れ、一体何に効くのかも知らずに買ったので、全くのダメダメ消費者ね。(´・ェ・`)

※ヤケを起こさせた僕ちん達は静岡に行くことになった模様。ガンバレよー。

まぁせっかくなので、使って1ヶ月の感想など…。
透肌ジェルは化粧水の後に使う美容液で、さっぱりひんやりして気持ちがいい。ゆずの香りもさわやかで、つける楽しさがある。古い角質をスムースにはがしてツルツルのお肌に、ってことだけど、まぁ…そういわれてみれば、毎日続けてたときはファンデーションの乗りがよかったような気がする。(←ときどき忘れるので…^^;)ただみるみる毛穴が目立たなくなったとか、ツヤやハリが戻った!などの見た目の変化はあまりない。元々、若返りなんて信じてないし、美容に関してはそれほど興味が…。

以上。

イメージ戦略に破れたといえば、先日の「ボールド」だが、これも敗北決定かなぁ。
「やわらかぁ〜〜〜〜〜い」なんて頬ずりしたくならないもん。私のバスタオル。あと洗剤の匂いがちょっと「バッタモノのディオール」って感じがして、なんかいや。長年「ハミング」に慣れ親しんでいるから、その香水のような匂いはかなり鼻につく。でも身につけて尚且つ匂うほどの強さではないから、慣れるまでの辛抱かな。
ただ日常洗濯しているのは母なので、決定権は彼女にあり…今後も使うかどうかは不透明。気がついたらアリエール&ハミングに戻っているような気がする。
posted by ぶらんか at 22:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月11日

イタンキ浜その2

昨日は天皇杯が終わったあと、せっかくだから海を見に、再びイタンキ浜へ行った。
前回は6月12日、いい天気でこんな真っ青な海だった。
前の日記

今回は台風のあと、日暮れも近い4時をすぎて行ったせいもあるが
イタンキ浜
(クリック拡大:598KB)

とても厳しい海で…。
6月の写真は↑の波消しブロックの向こうまで歩いていって写したのだが、昨日は風が強く、波が押し寄せる音も恐ろしくて、とても同じ場所まで歩いて行けなかった。子供のころ海水浴で少し怖い目にあってから、海に対しては恐怖心が強くてダメ。

それなのに高波を求めてサーフボードを持ち、1人海に入っていった若者がいた。
そりゃ高波がなきゃできないスポーツだけど…とてもマネできないや。しかし他にも無人の車が4,5台止まっていたので、みんなサーフィンやってたのかしら。誰もいなかったような気がするけど(((( ;゚Д゚)))

***
今回の室蘭ドライブ、行きはいつものように支笏湖経由で行った。紅葉はきれいだった。ただ台風18号のおかげで南斜面の木々は葉を枯らしているものが多く、染め具合にムラありという感じだった。時間があるので車を止めて撮影大会できなかったのが残念。

長距離ドライブだと、車の中で何を聴こうか考えるのも楽しいが、昨日は出かけにぐずぐずしていて、CDを選ぶ時間がなかった。えーい、なんでもいいや!とつかんでみたら、カラヤンの「アダージョ」だった。若気の至りでその昔買ったやつ…。クラシックのオムニバス盤を買うなんて、魔が差したとしかいいようがない。それはともかくこの「アダージョ」、どれも一級の演奏なんだけど、甘ったるいというか弦が歌いすぎっていうか泣きすぎで、ドライブには全く合わないということが良く分かった。うん。

(今年の研究によれば、道路に木の枝が差し掛かってアーチになっているような森の道を走り抜けるときはヴィヴァルディがオススメ。サクサクっとヴィヴァルディ。)
posted by ぶらんか at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小さな旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月09日

訃報

昨日の記事だけれど。
ピアニストの園田高弘さん、死去。享年76歳。
http://www.asahi.com/obituaries/update/1007/002.html

ついこないだまでkitaraでベートーヴェンのピアノソナタ連続演奏会やってなかったっけ。こんなことなら一度でも聴きに行けば良かった。

公式サイト
スケジュールを見ると、来年まで演奏会が入ってるので、急な死だったことが分かる。もったいないなぁ。「レクチュア」はちょっと読み応えあるのでとりあえずブックマーク。

試聴するなら、こちら

追悼というわけでもないが、この報に接してから、バッハのインベンションをやおら開く。
というのも私が園田さんのレコード(をダビングさせてもらったカセット)を唯一持っているのが「インヴェンションとシンフォニア」だから。子供のころ、いよいよインベンションを始めるというときに、ピアノの先生に「これを聴いてごらん」と渡されたものだ。

5つの頃からピアノをはじめて、「メロディを弾く手が右手、伴奏をする手が左手」で左右を覚えた私にとって、そういった区別なく2つ、3つのメロディ(声)が絡まりあってできる複音楽は衝撃だった…というか面白くて仕方なかった。で、カセットはテープが伸びるんじゃないかというほど聞きまくった。実際の演奏になると譜読みが難しく、バロック音楽の装飾記号なんて今でもごまかしつつ弾いているくらいだから、耳で覚えたのをそのまま演奏、つまり園田コピーをしていた。音楽を表現するにあたって、問題外の行動。

だから今でも指が赴くままに弾いているのを楽譜で追うと、全然楽譜通りじゃなかったりする。あ゛〜もう、だめじゃん!と今になって洗い直ししていたら、2時間3時間あっという間に経ってた。やれやれ。園田氏の真似じゃないインヴェンションを20年もたってから考え始めるとは。

このカセット、探してみよう。
この他に興味を持って園田氏の演奏を聞くことはしなかったけど、ラジオなどで耳にした演奏は折り目正しいベートーヴェンだった。インヴェンションもしかり。
日本は偉大なピアニストを失ってしまったのだなぁ。


***
ところで、ピアノを練習する人間にとって避けて通れないのがこのバッハのインベンションだが、この前にさらっておくツェルニー100番やソナチネアルバムがつまんなくて辞める子が多くて、インベンションまで到達できる子はあまり多くはないはず。(バッハでまたふるいにかけられるわけだが…ここを乗り越えたらいよいよ憧れのショパンが待っているという感じ。)
去年、スカパーでやってた「Jリーグ28」でどっかの誰かがピアノを弾けます!と言っていて、「何が弾ける?」の問いに「バッハの8番」と答えていたっけ。「バッハの8番」とは有名なインベンションの8番ヘ長調だと思う、というかこれしかないのだけど、これが弾けるJリーガーかぁ…ははは。サッカーの練習と、ピアノのおけいこをバッハが弾けるまで両立してたなんてすごいなぁ。と思って。誰だっただろう…J2だったような気がするけどなぁ。
posted by ぶらんか at 22:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月07日

しまった…

U-20アジア選手権準決勝韓国戦を見逃してしまった。
ちゃんと新聞で確認して、23時になったらテレビをつければいいな、と心積もりしてたのに!しかもそれは録画放送で、実際の試合はそのころには終わって決着がついているはずなので、ネタバレ防止にサッカーサイトへのアクセスはやめとこう、とここまでやってたのだ。

しかしその後、いつものサイト巡りも終えて、パソコンの電源を落として風呂に入ったら全て忘れてしまった。体が冷えないうちにふとんに入って…「あれ?なんか今日はあったような気がするなぁ…」確かに考えたことは考えた。でもこのごろ海外ドラマは見てないし、

「水曜どうでしょう」か。
こんなのいいや、別に。大泉は1週間に一度が限度。(今週は1×8を見た)

さらに

「スポーツどーむ」?
起きて見るだけ時間の無駄。(←最近は録画すらしない)

と結局いつものようにゴロゴロしながら本を読んで、12時に寝てしまった。
物忘れが激しいなぁ。なんかヤバいぞ…。

でも要はU-19日本代表に興味がないからなんだろう。準々決勝はもっと早い時間にやってたから見たけど、なんかとても雑な試合をするチームだなぁという感想しか出てこなく、今ちゃんのときはそれほど気にならなかった”クマヴォイス”が耳障りでしんどかった。
韓国戦も準々決勝同様、延長戦までもつれこみ、PKの末破れたそうだ。
ま、PKで負けたならしょうがないねぇ。ワールドユースでがんばれ。

代表に詳しいBlogでは、ボランチの人材に乏しい年代と書いてあったよーな気がするが、智樹は…ヤンツーさんになついたようにあのクマに慣れるとは思えないし(爆、ボランチっつっても必要とされている今野型じゃない。カズの方が呼ばれる可能性は高いかもしれないなぁと思ったけど、どっちにしてもあのクマには貸したくないという貸し渋りの銀行屋さんな気持ち。カズはコンサドーレ札幌のリーサルウェポンだし。秘密裡に極秘にこっそり育てるんだ。

こんな勝手なことを勝手に考えて、ふと昨日の記事をみると

トラックバックが5件もついてる〜〜!(((( ;゚Д゚)))

何?何? 何がどうしたの!
ていうかトラックバックって何ですか!
この現象から考えるに、「同じテーマについて書いたボクのBlogも読んでみて」とつけるものなのかなぁ。私のは議論を深める系Blogじゃなくて、単に日々気がついたことをテケトーに書いてる日記なので、少々むずかゆい。(昨日のだって地下鉄の現状というより思い出話だし。)
でもまぁ、せっかくなので興味のある人はリンクたどって行ってみてくださいまし。
posted by ぶらんか at 13:34 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月06日

地下鉄

このごろブラウザのスタートページをgoogleニュースにしている。
まぁじっくり見たり見なかったりという使用頻度ではあるけれど。

今朝のトップニュースは名古屋地下鉄の環状化だった。地下鉄では全国初だそうだ。すげー。名古屋の大学を卒業して、愛知県を離れていつの間にかン年以上たち、その間何度か遊びに行ったけれど、いつ行ってもどこかで工事していてせわしないなぁと思っていたら…。地下より先に都市高速はとっくの昔に整備してしまったらしく、昔は名古屋駅から名古屋空港までバスで1時間近くかかっていたのが30分くらいで着くようになっている。遊びに行くたび便利になっていった名古屋。
それもこれもみんな、おトヨタ様のおかげ、うらやますぃ。

便利で羨ましいってだけで、住みたいとは思わないけどね!あんなとこ!(負け惜しみ)

地図とか路線図とか眺めるの好きなので路線図をさっそく。
http://www.kotsu.city.nagoya.jp/subway/subway-rosen.htm

ほんとにめいじょうせんがわっかになっとるがや!

いつの間にか「名古屋大学」なんて駅ができてるし。昔は「本山」で降りて、バスか15分くらい歩かなきゃならなかったのになぁ。って私は名大卒ではないのだが。大学に入ったばかりの頃、名大生になりすまして構内を歩いているうちに道に迷い、うろうろしてたら東山動物園に出てびっくりしたことがあったっけ…あのときはなんてビッグアドベンチャーしたんだろうと思ったけど、札幌の尺度で考えたら、面積はそれほど広い都市ではないのだ。(あくまでも「札幌の尺度」でみれば、の話)

それはともかく、もしまだ前の家に住んでて母校に通っていたとして、名城線がわっかになったからと言っても…ルートは変わらないみたいだ。なーんだ、残念。
でもあそこのスペイン料理の店へは行きやすくなったな、とか毎日田舎町から通学してた私や友人を捕まえて「最寄り駅がせめて地下鉄駅でないとね〜」などと都会っ子を気取っていた先輩の最寄り駅はここだったとか、いろいろ思い出して懐かしい。
今、彼がどこでどうしているのかは知らないが、家庭を持ってマイホームを春日井あたりに持っていたらせいぜい笑わせてもらおうじゃないの、と思ったが、この路線図では小牧線もつながっちゃったみたいだ。ちぇっ。

私だって田舎町から市外局番が3桁の180万人都市に格上げしたが、最寄の地下鉄駅まで相変わらずバスで15分だよヽ(`Д´)ノ  選挙の度に「石山に地下鉄を!」という候補に入れてきたけど、それは大ボラ吹きへの捨て票になってるよヽ(`Д´)ノ 最近はそのホラすらも吹かなくなったよヽ(`Д´)ノ

札幌の地下鉄にはまったく夢を抱けない。とほほ。
posted by ぶらんか at 11:16 | Comment(2) | TrackBack(5) | ニュースにツッコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月03日

秋の庭

久しぶりに庭に出てみた。
台風で丸裸になったバラはもうじき雪が降るというのに葉の芽を出し、もう一度花を咲かせようとしている。健気…。

色づき始めたドウダンツツジ。(クリックで拡大)

ドウダンツツジ

物置の影でひっそりと咲いていた白いシュウメイギク。

シュウメイ菊

地上に目を移すと…
あれっ?いまどきクロッカスが咲いてる!

クロッカス

とりあえずこの一輪だけだったけど、何か勘違いしちゃったのかな?

そしてヘンテコな花、コロチカム。

コロチカム

球根からいきなり花を咲かせる変なやつw
でもこの花が終わると、今度は葉だけ出てきて枯れて、次はまた花がポヤっと咲く。

初雪の前にバラは間に合うかな…ちょっと無理かな。
この頃急に寒くなったし。
さて、そろそろ冬囲いの準備をせねば。
posted by ぶらんか at 16:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月01日

高橋はるみ

北海道新幹線のこーんな記事を、ついうっかり「ニュー速+」で見つけてしまった。ニュー速なんて見れば見るほどムカツクからあんまり行かないようにしていたのに。

東京まで1時間半でいけるのに、陸を伝って4時間?意味があるのか。

というより、まずそもそも

作るお金がない(生み出すことができない)のにほしいほしいいうな。
バカ道民。バカ田舎政治家。
例えるなら、コンササポがベッカムに来てほしいとおねだりするようなものだ。万一、じゃがほっけ社長が撹乱して大枚はたいて獲得したとして、スーパーな選手1人いたくらいで何が変わるって。短期的にはお客さんはたくさんくるだろう。でも効果はそれだけだ。スターが1人加わっただけでは、コンサドーレが恒常的な「スター軍団」になるはずもない。


高橋はるみ。


132 名無しさん@5周年 New! 04/10/01 10:52:32 ID:kwB1lAvp
あの伝説の女子高生プログラマーって、知事になったのか。
知らなかった・・・。


スレッドでは見事にスルーされていたこの発言に、あっ!と思った私…年がばれるな。そうそうそうそう、確かにはるみといった。あの彼女。「高橋はるみ」だったんだ。

80年代初めに起こったパソコンブーム、我が家ものせられて1台買ったのだ。PC8801とかだったと思う。もちろん今のようにクリック1つでなんでもできるようなものじゃないので(そもそもマウスなんかないし)、使い方もイマイチ分からず、というか、パソコンとは何のために使うのか全然分からず、あっという間に兄の部屋のちょっとカッコいいインテリアになってしまったわけだが…。まだなんとか使ってみようともがいているときに、母に「女子高生が書いた本だって」といって渡された、BASICのゲームプログラムの本の著者が高橋はるみさんだった。

BASIC言語の解説と、はるみさんが作ったゲームのプログラムと。
こんな訳の分からん英語と数字を組み合わせて、ゲームを作るなんてすごい天才だ!
…と、今でも思う。
それをフツーは機械に弱いとされている女性、さらにまだ高校生がこんな本を出してしまうのだから、本当にどんな人なのかなぁと。

素性は今でもわからないらしい。

高橋はるみ論

今のゲームから見ると笑っちゃうほど単純だけど、プログラムを自分で一つ一つ入力し、実行して動いたときの感激は今でも覚えてる。結局、本を読めば自分でもこんなゲームが作れるようになるという触れ込みではあったけど、まだ小学生で、また理解できる頭もなかったので、すぐに飽きてそれっきりになってしまった。他の人も似たようなものだったんだろう、パソコンブームもすぐに終わった。で、高橋はるみさんのことも今の今まで忘れていたわけだが…。

同一人物だなんて、とんでもない!
プログラマーのはるみさんは襟にレースのついた白いブラウスの似合う(←当時ものすごく流行っていた^^;)、役人気質と無縁な女の子だもん。まぁ…勝手な想像だけど。今ならしっかり者のおかあさんになってるかもしれない。プログラマーとしてバリバリやってる姿はあまり想像できないところが、ミスマッチングの妙というか、不思議なキャラクターだったなぁ。



とりあえず新幹線建設推進派の言い分もリンクしておくか。北海道新幹線のページ
posted by ぶらんか at 22:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。